日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:インストールの準備
第 2 章:インストール手順
第 3 章:検証
第 4 章:インストレーション後の作業
第 5 章:エラーリカバリ
付録 A:インストール実行例
付録 B:XPG4ロケールデータファイルのインストレーション
付録 C:検証プロシージャの出力例
付録 D:ファイル一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 OpenVMS Alpha | HPE 日本

日本語 OpenVMS Alpha
V7.3-2 インストレーション・ガイド


目次 索引

第 5 章
エラー・リカバリ

この章では,日本語 OpenVMS Alpha オペレーティング・システムのインストレーションで発生する可能性のあるエラーと,その対処方法について説明します。

5.1 インストレーション・エラー

エラー, %JSYVMSAXP-E-BADVMS, OpenVMS/Japanese Alpha V7.3-2 requires OpenVMS Alpha V7.3-2


対処方法: 標準版 OpenVMS Alpha のバージョンが V7.3-2 ではないので,標準版 OpenVMS Alpha V7.3-2 のキットをインストールしてから,日本語 OpenVMS Alpha オペレーティング・システム V7.3-2 をインストールします。

エラー,%JSYVMSAXP-E-NOLOCALE, Japanese locale data files are not installed on this system.
%JSYVMSAXP-E-NOLOCALE, You must install VMSI18N0731 kit first.


対処方法: ロケール・データ・ファイル・キット VMSI18N0731 がインストールされていない,または VMSI18N0731 インストール時に日本語サポートが選択されていません。 VMSI18N0731 キットから日本語サポートをインストールしてから,日本語 OpenVMS Alpha V7.3-2 本体をインストールします。

エラー, %JSYVMSAXP-E-BADCONFIG, this system is not configured to install OpenVMS/Japanese Alpha


(1): 現在のシステム・ディスクのフリー・ブロック数が,日本語 OpenVMS Alpha V7.3-2 のインストールに必要な最低限のフリーブロック数に満たない場合には,次のメッセージを表示します。


You must have 88,000 free blocks to install. 
 
     This system is not configured correctly.  Please see 
     'OpenVMS/Japanese Alpha installation guide' for preparing 
     your system to install. 


対処方法: システム・ディスクのスペースが足りないので,不必要なファイルを消去するなどの対処をしてください。詳細は, 第 1.8 節 を参照してください。


(2): 日本語 OpenVMS Alpha V7.3-2 をインストールするために必要なグローバル・ページ, またはグローバル・セクション が不足している場合には,次のメッセージを表示します。


You must have 12,000 global pages, and 54 global sections to perform 
to install. 
 
     This system is not configured correctly.  Please see 
     'OpenVMS/Japanes Alpha installation' guide for preparing 
     your system to install. 


対処方法: 本書の 第 1.9 節 を参照してください。

エラー,%JSYVMSAXP-E-INVTTY, terminal class driver is not TTDRIVER
-JSYVMSAXP-E-INVTTY, this may cause some unrecoverable system failure


対処方法: ターミナル・ドライバが標準の TTDRIVER でないため,インストレーションが中断されます。システム・パラメータの TTY_CLASSNAME を "TT" に設定し直した後,システムをリブートしてください。システム・パラメーターの設定の詳細については,『 OpenVMS システム管理者マニュアル』を参照してください。

5.2 検証エラー

日本語 OpenVMS Alpha のインストレーション検証時のエラーには,以下のようなものがあります。

エラー,%DCL-E-OPENIN, error opening SYS$TEST:[directory]JSY$IVP.COM; as input
-RMS-F-DEV, error in device name or inappropriate device type for operation


対処方法: 論理名 JSY$TEST が定義されていないので,日本語 OpenVMS Alpha のスタートアップ・プロシージャ
SYS$STARTUP:JSY$STARTUP.COM を実行し,JSY$TEST に,SYS$COMMON:[SYSTEST.JSY] を割り当ててください。

詳細は, 第 4 章 を参照してください。

エラー, %RMS-E-PRV, insufficient privilege on file protect violation


対処方法: SYSPRV 特権がプロセスについていないので,以下のようにして,この特権を付けるか,特権を持ったアカウント(SYSTEM など)から実行してください。


    $ SET PROCESS/PRIVILEGES=SYSPRV    


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項