日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:デバッガ・コマンド・ディクショナリ概要
第 2 章:デバッガ・コマンド・ディクショナリ
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
デバッガ・コマンド・ディクショナリ


目次 索引


システム空間
    SET BREAK コマンド
    SET STEP コマンド
    SET TRACE コマンド
    STEP コマンド
システム・サービス,SSI によるサポート
システム・サービス呼び出しと静的ウォッチポイント
システム・ダンプ・デバッガ
集合体
    DEPOSIT コマンド
    EXAMINE コマンド
    SET WATCH コマンド
    値の表示
    値の変更
終了
    デバッグ・セッション #1
    デバッグ・セッション #2
終了ハンドラ
    実行
    デバッグ
    表示
出力構成
    設定
    表示
シンボリック・モード
シンボル
    SET SCOPE コマンド
    検索規則
    シンボリック・モード
    定義
    表示 #1
    表示 #2
    呼び出しスタックに基づいた検索
シンボル化
    アドレス
    レジスタ
実行
    開始または再開
        CALL コマンドによる
        GO コマンドによる
        STEP コマンドによる
    中断
        ウォッチポイントで
        ブレークポイントで
    マルチプロセス・プログラム
    モニタ
        SHOW CALLS コマンドによる
        トレースポイントで
スクロール・モード
静的ウォッチポイント
静的ウォッチポイントおよび AST
静的ウォッチポイントとシステム・サービス呼び出し
セミコロン(;)
    コマンド区切り文字
ソース・ディレクトリ
    検索リスト #1
    検索リスト #2
    検索リスト #3
    表示
ソース表示
    SEARCH コマンド
    SET SCOPE/CURRENT コマンド
    SET STEP コマンド
    TYPE コマンド
    使用できない
    マージン
    呼び出しスタック上のルーチン
ソース・ファイル
    位置
    記憶位置 #1
    記憶位置 #2
    使用できない
    正しいバージョンの #1
    正しいバージョンの #2
    正しいバージョンの #3
属性
    表示 #1
    表示 #2
タスキング (マルチスレッド) プログラム
    SET EVENT_FACILITY コマンド
    SET TASK コマンド
    SET THREAD コマンド
    SHOW EVENT_FACILITY コマンド
    SHOW TASK コマンド
    SHOW THREAD コマンド
端末
    デバッガ入出力,分離
デバッガ
    オンライン・ヘルプ
デバッガ・コマンド
    概要
    オンライン・ヘルプ
    形式
    反復 #1
    反復 #2
    反復 #3
    反復 #4
取り消されたルート・ディレクトリ論理名
トレースポイント
    起動
    設定
    遅延検出
    取り消し
    表示
    プログラムの再実行による保存 #1
    プログラムの再実行による保存 #2
    プログラムの再実行による保存 #3
    無効化
    例外
同期化
    SET VECTOR_MODE コマンド
    SHOW VECTOR_MODE コマンド
    ベクタ化されたプログラムのデバッグ #1
    ベクタ化されたプログラムのデバッグ #2
    ベクタ化されたプログラムのデバッグ #3
動的プロセス設定
動的モード
ハイフン(-)
    行継続文字
範囲
    コロン (:)
バックスラッシュ(\)
    グローバル・シンボル指定子
パラメータ
    デバッガ・コマンド・プロシージャ
引数,プログラム #1
引数,プログラム #2
評価
    %CURVAL 組み込みシンボル
    
    メモリ・アドレス
表示,デバッガ,画面モード
    移動
    拡大
    現在の
    作成
    縮小
    除去
    スクロール
    選択
    属性 #1
    属性 #2
    取り消し
    抜き出し
    非表示
    表示 #1
    表示 #2
    ペーストボード
    保存
    リスト
フォーリン・コマンド
ブレークポイント
    起動
    境界に合っていないデータの
    設定
    遅延検出
    取り消し
    表示
    プログラムの再実行による保存 #1
    プログラムの再実行による保存 #2
    プログラムの再実行による保存 #3
    無効化
    例外
プログラム
    引数 #1
    引数 #2
プロセス
    デバッガ制御からの解放
    デバッガとの切り離し
    デバッガを接続する
プロンプト
    デバッガ
ヘルプ
    デバッガの
変数
    モニタ
ベクタ化されたプログラム
    CALL/[NO]SAVE_VECTOR_STATE コマンド
    EXAMINE/OPERANDSコマンド
    SET VECTOR_MODE コマンド
    SHOW VECTOR_MODE コマンド
    SYNCHRONIZE VECTOR_MODE コマンド
ベクタ命令
    ACTIVATE BREAK/VECTOR_INSTRUCTION コマンド
    ACTIVATE TRACE/VECTOR_INSTRUCTION コマンド #1
    ACTIVATE TRACE/VECTOR_INSTRUCTION コマンド #2
    CANCEL BREAK/VECTOR_INSTRUCTION コマンド
    CANCEL TRACE/VECTOR_INSTRUCTION コマンド
    DEACTIVATE BREAK/VECTOR_INSTRUCTION コマンド
    SETBREAK/VECTOR_INSTRUCTIONコマンド
    SET STEP VECTOR_INSTRUCTION コマンド
    SET TRACE/VECTOR_INSTRUCTION コマンド
    STEP/VECTOR_INSTRUCTION コマンド
保持デバッガおよびSPAWN/NOWAIT
マージン
    ソース表示
マージン,ソース表示
待ちモード
マルチプロセス・プログラム
    CALL コマンド
    CONNECT コマンド
    DEFINE/PROCESS_SET コマンド
    DISCONNECT コマンド
    EXIT コマンド
    GO コマンド
    QUIT コマンド
    SET MODE [NO]INTERRUPT コマンド
    SET PROCESS コマンド
    SHOW PROCESS コマンド
    STEP コマンド
    STOP コマンド
    WAIT コマンド
命令
    SET SCOPE/CURRENT コマンド
    オペランド #1
    オペランド #2
    表示
        呼び出しスタック上のルーチン
メッセージ
モード
    CANCEL MODE コマンド
    SET MODE [NO]DYNAMIC コマンド
    SET MODE [NO]G_FLOAT コマンド
    SET MODE [NO]INTERRUPT コマンド
    SET MODE [NO]KEYPAD コマンド
    SET MODE [NO]LINE コマンド
    SET MODE [NO]OPERANDS コマンド
    SET MODE [NO]SCREEN コマンド
    SET MODE [NO]SCROLL コマンド
    SET MODE [NO]SEPARATE コマンド
    SET MODE [NO]SYMBOLIC コマンド
    SET MODE [NO]WAIT コマンド
    SHOW MODE
モジュール
    関連情報
    設定
問題点と制限事項
    ウォッチポイント,静的
    ウォッチポイントのサポート
    システム・サービス
    静的ウォッチポイント


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡