日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 部:デバッガ概要
第 1 章:デバッガ概要
第 2 部:コマンド・インタフェース
第 2 章:デバッガの起動
第 3 章:プログラム実行の制御とモニタ
第 4 章:プログラム・データの検査と操作
第 5 章:プログラム内シンボルへのアクセス制御
第 6 章:ソース・コードの表示の制御
第 7 章:画面モード
第 3 部:DECwindows インタフェース
第 8 章:DECwindows Motifインタフェースの概要
第 9 章:デバッグ・セッションの開始と終了
第 10 章:デバッガの使用方法
第 4 部:PC クライアント・インタフェース
第 11 章:デバッガの PC クライアント/サーバ・インタフェースの概要
第 5 部:高度なトピック
第 12 章:ヒープ・アナライザの使用
第 13 章:その他の便利な機能
第 14 章:特殊なデバッグ
第 15 章:マルチプロセス・プログラムのデバッグ
第 16 章:ベクタ化されたプログラムのデバッグ
第 17 章:タスキング・プログラムのデバッグ
第 6 部:付録
付録 A :定義済みのキー機能
付録 B :組み込みシンボルと論理名
付録 C :各言語に対するデバッガ・サポートの要約
付録 D :EIGHTQUEENS.C
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
デバッガ説明書


目次 索引


キー (キーボード)
    定義
    定義済みデバッガ
    定義済みデバッガ
    定義の削除
    定義の表示
キー状態 #1
キー状態 #2
キー定義
    削除
    作成
    定義済みデバッガ #1
    定義済みデバッガ #2
    表示
キーのバインディング,カスタマイズ
キーパッド・モード #1
キーパッド・モード #2
基数
    現在の #1
    現在の #2
    指定
    複数言語プログラム
    変換 #1
    変換 #2
機密保護
    イメージ
    端末
キャッチオール・ハンドラ #1
キャッチオール・ハンドラ #2
強制終了機能 #1
強制終了機能 #2
強制終了機能 #3
共有リンク・イメージ #1
共有リンク・イメージ #2
共用可能イメージ
    CANCEL IMAGE コマンド
    SET BREAK/INTOコマンド
    SET IMAGE コマンド
    SET STEP INTOコマンド
    SET TRACE/INTOコマンド
    SET WATCHコマンド
    SHOW IMAGE コマンド
    デバッグ
    モジュールも参照
切り離されたプロセス,(DECwindows_Motif)ユーザ・インタフェースを使用しない
行番号
    %LINE組み込みシンボルも参照
    起動時の表示(あり/なし)
    シンボルとして処理
    ソース・ディスプレイ #1
    ソース・ディスプレイ #2
    ソース・ディスプレイ #3
    ソース・ディスプレイ #4
    トレースバック情報 #1
    トレースバック情報 #2
クォータ
    デバッガで必要とされる
組み込みシンボル
クライアント/サーバ・インタフェース,デバッガ
グローバル・シンボル #1
グローバル・シンボル #2
    シンボルを参照
グローバル・シンボル・テーブル
    GSTを参照
グローバル・セクション・ウォッチポイント
グローバル・ページ,デバッガで必要な
検査
    EXAMINE コマンド
    アドレス
    タスク #1
    タスク #2
    変数 #1
    変数 #2
    変数 #3
    ベクタ・アドレス式
    ベクタ・マスクの使用
    ベクタ命令
    ベクタ・レジスタ
    命令 #1
    命令 #2
    レジスタ #1
    レジスタ #2
    レジスタ #3
検索リスト
    ソース・ファイル
    有効範囲 #1
    有効範囲 #2
    有効範囲 #3
言語
    現在の
    設定
    複数言語プログラム
言語式
    DEPOSIT コマンド
    EVALUATE コマンド
    FORコマンド
    IFコマンド
    REPEATコマンド
    WHEN句
    WHILEコマンド
    アドレス式との比較
    評価
現在の
    値 #1
    値 #2
    値 #3
    値 #4
    値 #5
    イメージ
    
    記憶位置 #1
    記憶位置 #2
    記憶位置 #3
    記憶位置 #4
    記憶位置 #5
    基数
    言語
    表示 #1
    表示 #2
    有効範囲
    要素
現在のプロセス・セット
コード
    アドレス式も参照
    命令,アドレス式を参照
    命令も参照
構造体型
    レコード型を参照
後続データ
    論理的後続データを参照
コマンド・インタフェース
    デバッガ
        PCクライアント
        クライアント
        (DECwindows_Motif)での #1
        (DECwindows_Motif)での #2
        (DECwindows_Motif)での #3
        (DECwindows_Motif)での #4
    デバッガ・コマンドも参照
コマンド,キーのバインディング,カスタマイズ
コマンド形式
    デバッガ
コマンド・ビュー #1
コマンド・ビュー #2
コマンド・プロシージャ
    コマンドの表示
    省略時のディレクトリ
    初期化ファイル,デバッガも参照
    実行
    デバッガ
        
    パラメータの引き渡し
    表示の再作成
    ログ・ファイル
コマンド・プロセス・セット
コロン(:)
    範囲区切り文字 #1
    範囲区切り文字 #2
    範囲区切り文字 #3
    範囲区切り文字 #4
コンパイラ
    /DEBUG修飾子 #1
    /DEBUG修飾子 #2
    /DEBUG修飾子 #3
    /LIST修飾子
    /NOOPTIMIZE修飾子 #1
    /NOOPTIMIZE修飾子 #2
    コンパイラ生成型
    デバッグ用のコンパイル #1
    デバッグ用のコンパイル #2
サーカンフレックス
サーカンフレックス文字 #1
サーカンフレックス文字 #2
最終ハンドラ
最適化,デバッグへの影響 #1
最適化,デバッグへの影響 #2
最適化,デバッグへの影響 #3
    アドレス式,言語式を参照
    アドレス式を参照
    言語式を参照
識別子,検索文字列
システム管理
    マルチプロセス・デバッグ用
システム・サービス・インタセプションと/DEBUG
集合体
    DEPOSIT コマンド #1
    DEPOSIT コマンド #2
    DEPOSIT コマンド #3
    DEPOSIT コマンド #4
    DEPOSIT コマンド #5
    EXAMINE コマンド #1
    EXAMINE コマンド #2
    EXAMINE コマンド #3
    EXAMINE コマンド #4
    EXAMINE コマンド #5
    SET WATCHコマンド #1
    SET WATCHコマンド #2
    値の表示
    値の変更
    モニタ
終了
    デバッガ・セッションの
    デバッグ・セッション #1
    デバッグ・セッション #2
    ハンドラの実行
    プログラム #1
    プログラム #2
    マルチプロセス・プログラム #1
    マルチプロセス・プログラム #2
    マルチプロセス・プログラム #3
終了,デバッガ #1
終了,デバッガ #2
終了ハンドラ
    実行
    実行シーケンス
    デバッグ
    表示
出力
    DBG$DECW$DISPLAY
    DBG$OUTPUT #1
    DBG$OUTPUT #2
    ディスプレイ対象
    デバッガ,DBG$DECW$DISPLAY
    デバッガ,DBG$OUTPUT
出力構成
    設定 #1
    設定 #2
    表示 #1
    表示 #2
出力ディスプレイ(OUT)
初期化コード #1
初期化コード #2
初期化,デバッグ・セッション #1
初期化,デバッグ・セッション #2
初期化,デバッグ・セッション #3
初期化ファイル
    コマンド・プロシージャ,デバッガも参照
    デバッガ #1
    デバッガ #2
使用不可能なデバッガ・コマンド
シンボリック・モード
シンボル
    DST,GST,RST,有効範囲も参照
    DSTも参照
    GSTも参照
    RSTも参照
    SET SCOPE コマンド
    SHOW SYMBOL コマンド
    あいまいさ,解消
    あいまいさを解消する
    アドレス式との関係
    一意でない #1
    一意でない #2
    イメージ設定
    オーバロードされた
    共用可能イメージ
    行番号 #1
    行番号 #2
    組み込み
    グローバル #1
    グローバル #2
    検索規則 #1
    検索規則 #2
    コンパイラ生成型
    シンボリック・モード
    シンボル・テーブル内に存在しない #1
    シンボル・テーブル内に存在しない #2
    定義
    トレースバック情報
    パス名との関係
    表示 #1
    表示 #2
    変数 #1
    変数 #2
    変数 #3
    変数 #4
    ベクタ・レジスタ
    モジュール設定
    有効範囲も参照
    ユニバーサル #1
    ユニバーサル #2
    ユニバーサル #3
    ユニバーサル #4
    呼び出しスタックに基づく検索 #1
    呼び出しスタックに基づく検索 #2
    呼び出しスタックに基づく検索 #3
    呼び出しスタックに基づく検索 #4
    ラベル #1
    ラベル #2
    ルーチン #1
    ルーチン #2
    ローカル #1
    ローカル #2
シンボル化
    アドレス #1
    アドレス #2
    ベクタ・レジスタ
    レジスタ
シンボル・テーブル
    DST,GST,RSTを参照
    DSTを参照
    GSTを参照
    RSTを参照
シンボル・レコード
    シンボルを参照
実行
    開始または再開
        CALLコマンドによる #1
        CALLコマンドによる #2
        GOコマンドによる
        Goボタンによる
        Step-callボタンによる
        Step-Inボタンによる
        Step-Returnボタンによる
        STEPコマンドによる
        Stepボタンによる
    中断
        ウォッチポイントによる #1
        ウォッチポイントによる #2
        ウォッチポイントによる #3
        ブレークポイントによる #1
        ブレークポイントによる #2
        例外ブレークポイントによる #1
        例外ブレークポイントによる #2
    ベクタ化されたプログラム
    マルチプロセス・プログラム
    モニタ
        SHOW CALLSコマンドによる
        トレースポイントによる
    例外ブレーク後の再開
    割り込み
        Ctrl/Cによる
        Ctrl/Yによる #1
        Ctrl/Yによる #2
        Stopボタンによる
実行時シンボル・テーブル
    RSTを参照
実数型
条件ハンドラ
条件ハンドラ,デバッグ


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項