日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 部:デバッガ概要
第 1 章:デバッガ概要
第 2 部:コマンド・インタフェース
第 2 章:デバッガの起動
第 3 章:プログラム実行の制御とモニタ
第 4 章:プログラム・データの検査と操作
第 5 章:プログラム内シンボルへのアクセス制御
第 6 章:ソース・コードの表示の制御
第 7 章:画面モード
第 3 部:DECwindows インタフェース
第 8 章:DECwindows Motifインタフェースの概要
第 9 章:デバッグ・セッションの開始と終了
第 10 章:デバッガの使用方法
第 4 部:PC クライアント・インタフェース
第 11 章:デバッガの PC クライアント/サーバ・インタフェースの概要
第 5 部:高度なトピック
第 12 章:ヒープ・アナライザの使用
第 13 章:その他の便利な機能
第 14 章:特殊なデバッグ
第 15 章:マルチプロセス・プログラムのデバッグ
第 16 章:ベクタ化されたプログラムのデバッグ
第 17 章:タスキング・プログラムのデバッグ
第 6 部:付録
付録 A :定義済みのキー機能
付録 B :組み込みシンボルと論理名
付録 C :各言語に対するデバッガ・サポートの要約
付録 D :EIGHTQUEENS.C
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
デバッガ説明書


目次 索引



OpenVMS Alpha システムでは,大きいテーブル (配列) が初期化されるときに,STEP コマンドを使用して COBOL プログラムで INITIALIZE 文を実行する場合,デバッガは非常に長い時間と多くのリソースを使用することがあります。

この問題を回避するには,INITIALIZE 文をステップ実行するのではなく, INITIALIZE 文の後の最初の実行可能な行にブレークポイントを設定します。

C.9 DIBOL (VAX のみ)

次の各サブトピックでは,デバッガによる DIBOL のサポートについて説明します。

C.9.1 言語式の演算子

言語式でサポートされている DIBOL の演算子を次に示します。

種類 シンボル 機能
接頭辞 # 丸め
接頭辞 + 単項正符号
接頭辞 - 単項負符号 (否定)
挿入辞 + 加算
挿入辞 - 減算
挿入辞 * 乗算
挿入辞 / 除算
挿入辞 // 商が小数となる除算
挿入辞 .EQ. 等値
挿入辞 .NE. 不等
挿入辞 .GT. 大なり
挿入辞 .GE. 以上
挿入辞 .LT. 小なり
挿入辞 .LE. 以下
挿入辞 .NOT. 論理否定
挿入辞 .AND. 論理積
挿入辞 .OR. 論理和
挿入辞 .XOR. 排他的論理和



C.9.2 言語式とアドレス式の構造

サポートされている DIBOL の言語式とアドレス式の構造を次に示します。

シンボル 構造
( ) 部分文字列
[ ] 添字指定
.(ピリオド) レコードの構成要素の選択



C.9.3 データ型

サポートされている DIBOL のデータ型を次に示します。

DIBOL のデータ型 VMS のデータ型名
I1 バイト整数(B)
I2 ワード整数(W)
I4 ロングワード整数(L)
Pn パック 10 進数文字列(P)
Pn.m パック 10 進数文字列(P)
Dn 数値文字列,ゾーン記号 (NZ)
Dn.m 数値文字列,ゾーン記号 (NZ)
An ASCII テキスト(T)
配列 (なし)
レコード (なし)



C.10 Fortran

次の各サブトピックでは,デバッガによる Fortran のサポートについて説明します。

言語式でサポートされている Fortran の演算子を次に示します。

種類 シンボル 機能
接頭辞 + 単項正符号
接頭辞 - 単項負符号 (否定)
挿入辞 + 加算
挿入辞 - 減算
挿入辞 * 乗算
挿入辞 / 除算
挿入辞 ** べき乗(VAX 固有)
挿入辞 // 連結
挿入辞 .EQ. 等値
挿入辞 == 等値
挿入辞 .NE. 不等
挿入辞 /= 不等
挿入辞 .GT. 大なり
挿入辞 > 大なり
挿入辞 .GE. 以上
挿入辞 >= 大なりまたは等値
挿入辞 .LT. 小なり
挿入辞 < 小なり
挿入辞 .LE. 以下
挿入辞 <= 小なりまたは等値
接頭辞 .NOT. 論理否定
挿入辞 .AND. 論理積
挿入辞 .OR. 論理和
挿入辞 .XOR. 排他的論理和
挿入辞 .EQV. 同値
挿入辞 .NEQV. 排他的論理和



C.10.2 言語式とアドレス式の構造

サポートされている Fortran の言語式とアドレス式の構造を次に示します。

シンボル 構造
( ) 添字指定
.(ピリオド) レコードの構成要素の選択
% (パーセント記号) レコードの構成要素の選択



C.10.3 定義済みのシンボル

サポートされている Fortran の定義済みのシンボルを次に示します。

シンボル 説明
.TRUE. 論理値TRUE
.FALSE. 論理値FALSE



C.10.4 データ型

サポートされている Fortran のデータ型を次に示します。

Fortran のデータ型 VMS のデータ型名
LOGICAL*1 バイト符号なし (BU)
LOGICAL*2 ワード符号なし (WU)
LOGICAL*4 ロングワード符号なし (LU)
LOGICAL*8(Alpha固有) クォドワード符号なし (QU)
BYTE バイト(B)
INTEGER*1 バイト整数(B)
INTEGER*2 ワード整数(W)
INTEGER*4 ロングワード整数(L)
INTEGER*8(Alpha 固有) クォドワード整数(Q)
REAL*4 F 浮動小数点数(F)
REAL*4(Alpha 固有) IEEE S 浮動小数点数(FS)
REAL*8 D 浮動小数点数(D)
REAL*8 G 浮動小数点数(G)
REAL*8 (Alpha 固有) IEEE T 浮動小数点数(FT)
REAL*16 (Alpha 固有) H 浮動小数点数(H)
COMPLEX*8 F 複素数 (FC)
COMPLEX*8 (Alpha 固有) IEEE S 浮動小数点数 (SC)
COMPLEX*16 D 複素数 (DC)
COMPLEX*16 G 複素数 (GC)
COMPLEX*16 (Alpha 固有) IEEE T 浮動小数点数 (TC)(Alpha 固有)
CHARACTER ASCII テキスト(T)
配列 (なし)
レコード (なし)

LOGICAL データ型を表すのに内部的には VMS の符号なし整数のデータ型 (BU,WU,LU,QU) が使用されるとしても,LOGICAL 変数および LOGICAL の値が言語式で使用されている場合は,デバッガはコンパイラと同様に LOGICAL の変数および値を符号付きとして処理します。

デバッガは LOGICAL 変数および LOGICAL 式の値を .TRUE. や .FALSE. ではなく,数値でプリントします。LOGICAL の変数や値で有効なのは,通常は下位ビットだけで,0 が .FALSE.,1 が .TRUE. です。しかし,Fortran では,LOGICAL の値のすべてのビットを操作することが許されており,言語式の中で LOGICAL の値を使用することができます。この理由から,LOGICAL 変数や LOGICAL 式の整数値全体を見なければならない場合があるので,デバッガがそれを表示します。

(1.0,2.0) などの COMPLEX 定数は,デバッガの式ではサポートしていません。

REAL*4 型および COMPLEX*8 型の浮動小数点数は,コンパイラのスイッチに応じて,F 浮動小数点数または IEEE S 浮動小数点数で表現されることがあります。

REAL*8 型および COMPLEX*16 型の浮動小数点数は,コンパイラのスイッチに応じて,D 浮動小数点数,G 浮動小数点数,または IEEE T 浮動小数点数で表現されることがあります。

OpenVMS Alpha システムでは,デバッガは複素数変数を含む式を評価できません。この問題を回避するには,複素数変数の内容を調べ, EXAMINE コマンドによって表示された複素数変数の実数部と虚数部を使用して,式を評価します。

C.10.5 初期化コード

/CHECK=UNDERFLOW 修飾子または /PARALLEL 修飾子を使用してコンパイルしたプログラムをデバッグする場合には,次の例に示すようなメッセージが表示されます。


DBG> RUN FORMS
Language: FORTRAN, Module: FORMS 
Type GO to reach main program
DBG>

"Type GO to reach MAIN program" というメッセージは,メイン・プログラムを開始する前に実行が中断されるため,デバッガの制御のもとで初期化コードを実行できることを示します。GO コマンドを入力すると,メイン・プログラムの先頭に設定されます。その時点で, GO コマンドを入力すると,他の Fortran プログラムの場合と同様に,プログラムの実行を開始できます。

C.11 MACRO-32

次の節では,デバッガによる MACRO-32 のサポートについて説明します。

C.11.1 言語式の演算子

MACRO-32 言語には,高級言語の式と同じ意味での式というものはありません。受け入れられるのはアセンブリ時の式と,限られた数の演算子だけです。デバッグ時に MACRO-32 のプログラミングで,他の言語の場合と同じくらい自由に式を使用できるようにするため,デバッガは, MACRO-32 自体には含まれていない多数の演算子を MACRO-32 の言語式の中で受け入れるようになっています。特に, BLISS 以後にモデル化された比較演算子とブール演算子はすべて受け入れます。間接参照演算子と通常の算術演算子も受け入れられます。

種類 シンボル 機能
接頭辞 @ 間接参照
接頭辞 . 間接参照
接頭辞 + 単項正符号
接頭辞 - 単項負符号 (否定)
挿入辞 + 加算
挿入辞 - 減算
挿入辞 * 乗算
挿入辞 / 除算
挿入辞 MOD 剰余
挿入辞 @ 左シフト
挿入辞 EQL 等値
挿入辞 EQLU 等値
挿入辞 NEQ 不等
挿入辞 NEQU 不等
挿入辞 GTR 大なり
挿入辞 GTRU 大なり符号なし
挿入辞 GEQ 以上
挿入辞 GEQU 以上符号なし
挿入辞 LSS 小なり
挿入辞 LSSU 小なり符号なし
挿入辞 LEQ 以下
挿入辞 LEQU 以下符号なし
接頭辞 NOT ビット単位のNOT
挿入辞 AND ビット単位のAND
挿入辞 OR ビット単位のOR
挿入辞 XOR ビット単位の排他的論理和
挿入辞 EQV ビット単位の同値



C.11.2 言語式とアドレス式の構造

サポートされている, MACRO-32 の言語式とアドレス式の構造を次に示します。

シンボル 構造
[ ] 添字指定
<p,s,e> BLISS同様のビットフィールドの選択

MACRO-32 アセンブラが作成する DST 情報では,記憶域を割り当てるアセンブラ指示文の前にあるラベルは,そのラベルが変数名である配列変数として扱われます。その結果,このようなデータを検査または操作するときに,高級言語の配列の構文を使用することができます。

次の MACRO-32 ソース・コードの例では,4 個のワードに格納されている 16 進数のデータをLAB4 ラベルで指定しています。


LAB4:    .WORD    ^X3F,5[2],^X3C 

デバッガは LAB4 を配列変数として処理します。たとえば次のコマンドは,各要素 (ワード) に格納されている値を表示します。


DBG> EXAMINE LAB4
.MAIN.\MAIN\LAB4 
    [0]:        003F 
    [1]:        0005 
    [2]:        0005 
    [3]:        003C

次のコマンドは,4 番目のワードに格納されている値を表示します。1 番目のワードは要素"0" で表されます。


DBG> EXAMINE LAB4[3]
.MAIN.\MAIN\LAB4[3]:    03C


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項