日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
リファレンス・セクション
付録 A:廃止されたコマンド
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引


ヘッダの割り当て
    ディスク・ボリューム
ヘルプの表示
    省略時の設定のライブラリの
ヘルプ・ファイル
ヘルプ・ライブラリ
    作成
    ユーザ
変更
    省略時のコマンド言語インタプリタ
ベリファイ・タイプ
    コマンド・プロシージャ用の修正
ページング動的メモリ
    可用性と使用状況の表示
保護
    MOUNTコマンド
    インターチェンジ環境
    機密プロファイルの修正
    機密プロファイルの表示
    省略時の値の表示
    省略時の設定
    磁気テープ・ボリューム
    ディスク初期化時の省略時の設定
    ディスク・ボリューム
    ディレクトリ作成時の定義
    ファイル作成時の定義
    フォーリン・ボリュームの省略時の設定
保持デバッガ
補助制御プロセス
    ボリューム・マウント
ボリューム
    ANSI 標準と Files-11 形式
    Files-11
        属性の修正
        名前の記録
    書き込み保護
    共用
    公用作成
    最大ファイル数の指定
    シャドウイング #1
    シャドウイング #2
    シャドウイング #3
    シャドウイング #4
    シャドウイングによるマウント #1
    シャドウイングによるマウント #2
    初期化
    所有権
    所有権の指定
    ダンプ
    ディスク・クォータの表示
    ディスク・ファイルの削除
    ディスマウント #1
    ディスマウント #2
    非標準形式
    表示
    ファイル・ウィンドウのマップ・ポインタの割り当て
    保護
        MOUNTコマンド #1
        MOUNTコマンド #2
        回復
        シャドウイングによるマウント
        ユーザ・クォータ
    マウンティング
        オペレータ補助による
        フローム・ア・サブプロセス
    マウント
        フォーリン
    ラベル
ボリューム・セット
    MOUNTコマンド
    作成
    ディスマウント
    ボリュームの追加
ボリュームのアクセス可能フィールド
    文字の書き込み
ポート
    情報の表示
待ち状態
    現在のプロセス
    コマンド・プロシージャの処理を遅らせる
    バッチ・ジョブでのプロセスの同期
マルチプロセッシング・システム
    接続されたプロセッサの状態の表示
    付加されたプロセッサの起動
    付加されたプロセッサの終了
メールボックス
    プロセスの終了
メッセージ
    オンライン・ドキュメント
    端末へ送る
メッセージ・ファイル
    形式の設定
メッセージ・ロギング
    CONVERT/DOCUMENTコマンド
メモリ
    エラー回数の表示
    可用性と使用状況の表示
        プロセス・エントリ・スロット
        プロセス・バランス・スロット
    修正
    内容の置換
    内容を表示
モジュール・オブジェクト
    ファイルの終端レコードの分析
    分析
モジュール・トレースバック・レコード
    オブジェクト・ファイルの分析
モジュールの終端レコードの分析
モジュール・ヘッダ・レコード
    オブジェクト・ファイルの分析
文字列
    検索に大文字小文字の指定
    シンボル割り当て文
    ファイル内で検索
ユーザ
    会話型のターミナル名の表示
    システム上の名前の表示
    ディスク・クォータの表示
    ディスク・ボリュームの名前の記録
    要求への応答
ユーザ指定のジョブ保持
    SET ENTRY/RETAINコマンド
ユーザ指定の保持
    SUBMIT/RETAINコマンド
ユーザに指定されたジョブ保持
    PRINT/RETAINコマンド
ユーザ名
    ログイン時に指定
優先順位
    サブプロセス用に指定
    独立プロセス用に指定
    バッチ・ジョブに指定
    プロセスの変更
曜日
    主使用日に設定
    副使用日に設定
読み込みチェック
    APPENDコマンドによる
    COPYコマンドによる
    INITIALIZEコマンドによる
ライセンス
    機能しているものの表示
ライブラリ
    オブジェクト・モジュール
ラベル
    関係するコマンド・インタプリタの規則
    コマンド・プロシージャ #1
    コマンド・プロシージャ #2
    コマンド・プロシージャ #3
    コマンド割り込み規則 #1
    コマンド割り込み規則 #2
    磁気テープ
    磁気テープ・ボリューム・セット
    ディスク
    ディスク・ボリューム・セット
    ボリューム・ヘッダ
    ボリュームへの書き込み
    ボリューム用の指定
リソース・アフィニティ・ドメイン
    RADを参照
リモート・ファイル
    指定
粒度ヒント領域(GHR)
リンク・オプション指定レコード
    オブジェクト・ファイルの分析
レキシカル関数 #1
レキシカル関数 #2
    概要
レコード
    比較
    ファイルの終端の分析
    ファイルへの書き込み
    分析
        グローバル・シンボル・ディレクトリ
        再配置
        デバッガ情報
        パッチ・テキスト
        モジュール・トレースバック
        モジュール・ヘッダ
        リンク・オプション指定
    読み込み
レコードの再配置
    オブジェクト・ファイルの分析
レコード・ブロッキング
    ボリューム・マウント
レディ・アクセス
    ディスクのディレクトリ
ローカル・シンボル #1
ローカル・シンボル #2
ローカル・シンボル・テーブル
    シンボルの削除
    シンボルの入力
ログアウト
ログアウトと装置アクセス
ログイン
ログイン・コマンド・プロシージャ
    実行
    仮想ターミナルへの再接続
    別の名前の指定
ロック制限
    サブプロセス用に指定
    独立プロセス用に指定
ロングワードでダンプ
論理キュー
    割り当て解除
論理名
    CLOSE コマンドを使用した論理名の解除
    MOUNTでの
    解除
    作成 #1
    作成 #2
    装置への割り当て
    テーブルの作成
    表示
        等価名 #1
        等価名 #2
        変換 #1
        変換 #2
    プロセス・パーマネント
    割り当て #1
    割り当て #2
論理名SYS$OUTPUT
    RUNコマンドによる等価名の指定
論理名テーブル
    エントリの削除
    削除
    作成
    システム・エントリの削除
    システム論理名の登録 #1
    システム論理名の登録 #2
    表示
    論理名の登録 #1
    論理名の登録 #2
論理名の登録
    グループ論理名テーブル #1
    グループ論理名テーブル #2
    システム論理名テーブル #1
    システム論理名テーブル #2
    ジョブ単位の論理名テーブル
    ジョブ論理名テーブル
    プロセス論理名テーブル #1
    プロセス論理名テーブル #2


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項