日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
リファレンス・セクション
付録 A:廃止されたコマンド
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引

この例では,システム内の全プロセスを表示しています。

ここで表示されている情報は,以下を含んでいます。

  • プロセス識別子(PID)−プロセスを区別するための,32 ビットのバイナリ値。

  • プロセス名−プロセスを区別するための,15 文字までの英数字。

  • プロセス状態− COM (computing),HIB (hibernation), LEF (local event flag) 待ち, CUR (実行中) 等のプロセスのアクティビティ・レベル。マルチ・プロセッサのシステムでは,プロセスを実行しているプロセッサの CPU ID も表示されます。
    SHOW SYSTEM コマンドは,システムを停止させずにプロセス情報を収集します。この例では,SHOW SYSTEM コマンドが表示データを収集している間にプロセス情報が変化しています。このため,この例では同一の CPU (CPU ID 6) 上で実行中のプロセスが 2 つ (GAWAIN と S. Whiplash) 表示されています。

  • 現在の優先度−プロセスに割り当てられた優先度レベル ( 大きいほど優先度が高い )。 1

  • プロセス I/O の総数 1 −プロセスの実行中に生じた I/O 処理の回数。直接 I/O の回数とバッファド I/O の回数からなります。

  • 累積 CPU 時間 1 −プロセスが使用した CPU 時間の量。

  • ページ・フォルトの回数 1 −プロセスのワーキング・セットに含まれていないページを参照した時に発生した例外の回数。

  • ページ数 1 −プロセスが現在占有している物理メモリの, CPU 固有のページ数。

  • プロセス識別記号− B という文字はバッチ・ジョブを, S はサブプロセスを,N はネットワーク・プロセスを表します。

  • 利用者識別コード(UIC)−プロセスに割り当てられた 8 文字の 8 進数。 /FULL 修飾子が指定された場合のみ表示されます。

#2

$ SHOW SYSTEM /CLUSTER
OpenVMS V7.3 on node ALPES 14-DEC-2001 09:09:58.61 Uptime 2 2:27:11
Pid       Process Name   State  Pri I/O       CPU   Page flts Pages
31E00041  SWAPPER        HIB    16    0  0 00:00:02.42      0     0
31E00047  CACHE_SERVER   HIB    16   58  0 00:00:00.26     80    36
31E00048  CLUSTER_SERVER CUR     9  156  0 00:00:58.15   1168    90
31E00049  OPCOM          HIB     7 8007  0 00:00:33.46   5506   305
31E0004A  AUDIT_SERVER   HIB     9  651  0 00:00:21.17   2267    22
31E0004B  JOB_CONTROL    HIB    10 1030  0 00:00:11.02    795   202
   .
   .
   .

この例の SHOW SYSTEM コマンドは,Alpha システムから発行され,クラスタの全ノード内の全プロセスを表示しています。

#3

$ SHOW SYSTEM /NODE=EON
OpenVMS V7.3 on node EON 14-DEC-2001 09:19:15.33  Uptime 2 02:29:07
Pid       Process Name   State  Pri I/O      CPU    Page flts Pages
36200041  SWAPPER        HIB    16    0  0 00:00:12.03      0    0
36200046  ERRFMT         HIB     8  263  0 00:00:05.89    152   87
36200047  CACHE_SERVER   CUR    16    9  0 00:00:00.26     80   51
36200048  CLUSTER_SERVER CUR     8   94  0 00:00:30.07    340   68
36200049  OPCOM          HIB     6 2188  0 00:02:01.04   1999  177
3620004A  AUDIT_SERVER   HIB    10  346  0 00:00:10.42   1707   72
   .
   .
   .

この例の SHOW SYSTEM コマンドは VAX システムから発行され,ノード EON 上の全プロセスを表示しています。

#4

$ SHOW SYSTEM/NOPROCESS/CLUSTER/FULL
OpenVMS V7.3 on node AAAAAA 12-MAY-2001 10:29 AM Uptime 3 16:37:39
        AlphaServer 8400 5/440
OpenVMS V7.2 on node BBBBBB 12-MAY-2001 10:29 AM Uptime 3 12:42:56
        VAX 6000-540
OpenVMS V7.2 on node CCCCCC 12-MAY-2001 10:29 AM Uptime 3 16:26:52
        VAX 7000-760
OpenVMS V7.1 on node DDDDDD 12-MAY-2001 10:29 AM Uptime 3 16:41:35
        DEC 4000 Model 610
OpenVMS V7.2 on node EEEEEE 12-MAY-2001 10:29 AM Uptime 3 16:26:10
        VAXstation 3100/GPX
 

この例では,クラスタ上で使用可能なノードの個々の稼動時間,およびオペレーティング・システムのバージョンのみを表示しています。これは,/NOPROCESS 修飾子がプロセスの表示を禁止するからです。また,/FULL 修飾子は,システムが動作しているハードウェアのタイプも表示します。

#5

$ SHOW SYSTEM/PROCESS=S*
OpenVMS V7.3 on node AAAAAA 12-MAY-2001 10:30 AM Uptime 3 12:43:55
  Pid    Process Name  State   Pri  I/O      CPU    Page flts Pages
20C00101 SWAPPER         HIB    16    0  0 00:00:00.05      0     0
20C0010E SHADOW_SERVER   HIB     6    7  0 00:00:00.03     32     4
20C0010F SECURITY_SERVER HIB    10   35  0 00:00:02.16    292   323
20C00110 SMISERVER       HIB     9   67  0 00:00:00.20    152   131
20C0011A STEFANELLI      CUR 0   4   63  0 00:00:00.29    538    55

この例は,文字 S で始まるプロセスのみを表示しています。

#6

$ SHOW SYSTEM/NOHEADING/OUTPUT=SYSPROC.DAT
20C00101 SWAPPER         HIB    16    0  0 00:00:00.05      0     0
20C00105 CONFIGURE       HIB    10   24  0 00:02:00.86     41    21
20C00107 IPCACP          HIB    10    9  0 00:00:00.04     33    43
20C00108 ERRFMT          HIB     7 3583  0 00:00:04.31     50    61
20C00109 CACHE_SERVER    HIB    16    3  0 00:00:00.02     27    35
20C0010A CLUSTER_SERVER  HIB    10   11  0 00:00:00.10     59    75

この例は,/OUTPUT 修飾子を用いてヘッダ情報を表示せずに,システム・プロセスの表示情報を SYSPROC.DAT ファイルに書き込んでいます。このようにして,/NOHEADING 修飾子がヘッダ情報の表示を禁止するため,処理のためにデータ・ファイルを作成することができます。

#7

$ SHOW SYSTEM/IDENT=20C0010D/FULL
OpenVMS V7.3 on node AAAAAA 12-MAY-2001 10:35 AM Uptime 3 12:48:19
        DEC 4000 Model 610
  Pid    Process Name State  Pri   I/O      CPU    Page flts  Pages
20C0010D JOB_CONTROL   HIB    10    41  0 00:00:00.25     51     66
         [SYSTEM]                                             528Kb

この例は,PID 番号を指定してシステム・プロセスを表示しています。

#8

$ SHOW SYSTEM/OWNER=TIMMER
OpenVMS V7.3 on node AAAAAA 12-MAY-2001 10:34 AM Uptime 3 12:47:37
  Pid    Process Name State  Pri   I/O      CPU    Page flts  Pages
20C00119 DECW$TE_0119  LEF     6   334  0 00:00:01.00    975    657
20C0011A TIMMER        LEF     8    63  0 00:00:00.29    538     55
20C0011B _RTA1:        CUR 0   4   554  0 00:00:01.72   1771     70

この例は,ユーザ TIMMER が所有するプロセスを表示しています。

#9

$ SHOW SYSTEM/STATE=L*
OpenVMS V7.3 on node AAAAAA 12-MAY-2001 10:36 AM Uptime 3 12:49:46
  Pid    Process Name State  Pri   I/O      CPU    Page flts  Pages
20C00119 DECW$TE_0119  LEF     6   334  0 00:00:01.00    975    657
20C0011A STADLER       LEF     8    63  0 00:00:00.29    538     55

この例は,文字 L で始まるプロセス状態のプロセスを表示しています。

#10

$ SHOW SYSTEM/MULTITHREAD
OpenVMS V7.3 on node ZIMBER 30-OCT-2001 11:34:11.51 Uptim  8 20:21:31
  Pid    Process Name    State Pri  I/O      CPU    Page flts  Pages
0000008C SECURITY_SERVER HIB    11  131  0 00:55:25.25   4370   194 M
$ SHOW SYSTEM/MULTITHREAD/FULL
OpenVMS V7.3 on node ZIMBER 30-OCT-2001 11:34:13.98 Uptime 8 20:21:34
        AlphaStation 400 4/233
  Pid    Process Name    State Pri  I/O      CPU    Page flts Pages
0000008C SECURITY_SERVER HIB    11  131  0 00:55:25.26   4370   194 M
0000010C                 HIB    11
         [SYSTEM]                                              1552Kb

この例は,/MULTITHREAD 修飾子および /MULTITHREAD と /FULL 修飾子を組み合わせた場合の結果を示します。

#11

$ SHOW SYSTEM/CLUSTER/TOTAL/SUBPROCESS/GRAND_TOTAL
OpenVMS V7.2-2  on node CHEER  27-JAN-2003 16:09:26.94  Uptime  3 23:20:43
  Pid    Process Name State  Pri     I/O      CPU       Page flts  Pages
262000AC DTGREET      LEF      4     757  0 00:00:06.76       476    493  S
Total of 1/31 total processes.
OpenVMS V7.3-2  on node GATOR  27-JAN-2003 16:09:26.95  Uptime  1 14:41:58
  Pid    Process Name State  Pri     I/O      CPU       Page flts  Pages
27000428 DTWM         LEF      4   26422  0 00:00:11.61       715    846  S
270004B9 SYSTEM_141   HIB      1     155  0 00:00:00.12       351    393  S
Total of 2/37 total processes.
OpenVMS V7.3-1  on node FISHER 27-JAN-2003 16:09:26.97  Uptime  5 02:16:57
  Pid    Process Name State  Pri     I/O       CPU       Page flts  Pages
25A00149 DTWM         LEF      4  395380  0 00:12:51.27       712    837  S
25A010AE SYSTEM_76    HIB      1     209  0 00:00:00.66       339    381  S
Total of 2/34 total processes.
OpenVMS V7.1-2  on node MONKEY 27-JAN-2003 16:09:27.05  Uptime  1 14:56:02
  Pid    Process Name State  Pri     I/O      CPU       Page flts  Pages
26C00130 DTWM         LEF      6    5868  0 00:00:11.84       642    777  S
Total of 1/31 total processes.
OpenVMS V7.3-2  on node QUERY  27-JAN-2003 16:09:27.10  Uptime  3 22:16:23
  Pid    Process Name State  Pri     I/O      CPU       Page flts  Pages
26601139 SYSTEM_203   HIB      2     157  0 00:00:00.68       346    387  S
2660013A DTWM         LEF      4  275709  0 00:10:24.99       728    852  S
Total of 2/37 total processes.
Grand total of 8/183 processes on 6 nodes.
 

この例の SHOW SYSTEM コマンドは,クラスタの各ノード上のサブプロセスとプロセスの合計を示します。最終行には,クラスタ (8) のすべてのサブプロセスの総計と,その後にクラスタ (183) のすべてのプロセスの総計が順に示されます。

注意



-- swapped out -- 



SHOW TERMINAL

指定したターミナルの現在の属性を表示します。各属性は,SET TERMINAL コマンドで指定したオプションに対応しています。

形式

SHOW TERMINAL [装置名[:]]


パラメータ



装置名[:]

属性を表示するターミナルの名前を指定します。省略時には,使用中のターミナル(論理名 SYS$COMMAND)の属性を表示します。

説明

SHOW TERMINAL コマンドは,端末の速度,幅,行数,グラフィック,および装置タイプなどの端末設定情報を表示します。

SHOW TERMINAL コマンドは,端末のフォールバック属性が有効になっていても,それを表示しないことに注意してください。 Terminal Fallback 機能 (TFF) を許可すると, Terminal Fallback ユーティリティ (TFU) を起動して, SHOW TERMINAL/FALLBACK サブコマンドを実行できます。詳細は,『OpenVMS Terminal Fallback Utility Manual』 ( ドキュメンテーション CD-ROM に用意されています ) を参照してください。


修飾子



/BRIEF

ターミナル属性として,より共通に使われるサブセットを表示します。

/FULL (省略時の設定)

すべてのターミナル属性を表示します。

/OUTPUT[=ファイル指定]



/NOOUTPUT

コマンドの出力先を指定します。この修飾子を指定しなかった場合や, /OUTPUT 修飾子だけを指定してファイル指定を省略した場合には,出力は論理名 SYS$OUTPUT が割り当てられている,現在のプロセスにおける省略時の出力ストリーム,または装置に出力されます。

/OUTPUT 修飾子に部分的なファイル指定 ( たとえば,ディレクトリだけ ) を指定した場合は,SHOW という省略時のファイル名と,.LIS という省略時のファイル・タイプが使用されます。ファイル指定には,ワイルドカード文字を使用することはできません。

/NOOUTPUT 修飾子を指定した場合は,どこにも出力されません。

/PERMANENT

LOG_IO(論理 I/O )特権,または PHY_IO(物理 I/O )特権が必要です。

指定されたターミナルの永久属性を表示します。


#1

$ SHOW TERMINAL/BRIEF
Terminal: _RTA1:      Device_Type: VT300_Series  Owner: _RTA1:
                                              Username: REHOR
Terminal Characteristics:
   Speed:   9600      Page:  62          Width: 80
   No Remote          Hostsync           TTsync
   No Modem           Broadcast          Wrap
   No Hangup          No Disconnect      Overstrike editing
   No Dialup          Application keypad Line Editing

この例では,SHOW TERMINAL コマンドは,より共通に使われるターミナル属性のサブセットを表示しています。

#2

$ SHOW TERMINAL/FULL
Terminal: _TTE4:       Device_Type: VT102         Owner: FRANKLIN
Physical Terminal: _LTA49
   Input:   9600      LFfill:  0      Width:  80      Parity: None
   Output:  9600      CRfill:  0      Page:   24      
Terminal Characteristics:
 Interactive        Echo               Type_ahead    No Escape
 No Hostsync        TTsync             Lowercase     Tab
 Wrap               Scope              No Remote     Eightbit
 Broadcast          No Readsync        No Form       Fulldup
 No Modem           No Local_echo      No Autobaud   Hangup
 No Brdcstmbx       No DMA             No Altypeahd  Set_speed
 Line Editing       Overstrike editing No Fallback   No Dialup
 No Secure server   No Disconnect      No Pasthru    No Syspassword
 No SIXEL Graphics  Soft Characters    Printer port  Numeric Keypad
 ANSI_CRT           No Regis           No Block_mode Advanced_video
 Edit_mode          DEC_CRT            DEC_CRT2      No DEC_CRT3

この例の SHOW TERMINAL コマンドは,この特定のターミナルの属性を表示します。もし別のユーザに割り当てられたターミナルの値を表示している場合は, Input,Output,LFfill,CRfill,width,Page,および Parity 値は示されません ( 次の例を参照してください )。

#3

$ SHOW TERMINAL/FULL
Terminal: _RTA1:      Device_Type: VT300_Series  Owner: _RTA1:
                                              Username: VILLA
Remote Port Info: NODE12::SMITH
   Input:    9600     LFfill:  0      Width:  80      Parity: None
   Output:   9600     CRfill:  0      Page:   62
Terminal Characteristics:
 Interactive        Echo             Type_ahead         No Escape
 Hostsync           TTsync           Lowercase          Tab
 Wrap               Scope            No Remote          Eightbit
 Broadcast          No Readsync      No Form            Fulldup
 No Modem           No Local_echo    No Autobaud        No Hangup
 No Brdcstmbx       No DMA           No Altypeahd       Set_speed
 No Commsync        Line Editing     Overstrike editing No Fallback
 No Dialup          No Secure server No Disconnect      No Pasthru
 No Syspassword     SIXEL Graphics   No Soft Characters Printer port
 Application keypad ANSI_CRT         Regis              No Block_mode
 Advanced_video     Edit_mode        DEC_CRT            DEC_CRT2
 DEC_CRT3           No DEC_CRT4      No DEC_CRT5        Ansi_Color
 VMS Style Input

この例の SHOW TERMINAL コマンドは,すべてのターミナル属性を表示しています。




現在の日付と時刻を表示します。

形式

SHOW [DAY]TIME


#1

$ SHOW TIME
   3-NOV-2001 00:03:45
 

この SHOW TIME コマンドは,現在の日付と時刻を表示します。




指定された論理名を検索し,最初に検索された等価名を表示します。検索する論理名テーブルを指定できます。

論理名テーブル内の論理名カタログを表示するには,論理名テーブルに対する読み込み(R)アクセス権が必要です。


形式

SHOW TRANSLATION 論理名


パラメータ



論理名

等価名を表示する論理名を指定します。

説明

SHOW TRANSLATION コマンドは,指定された論理名を,1 つまたは複数の論理名テーブルで検索し,最初に一致したものの等価名を返します。検索したいテーブルを指定することができます。テーブルを指定しない場合は,論理名 LNM$DCL_LOGICAL で定義されたテーブルが検索されます。

論理名 LNM$DCL_LOGICAL には,論理名テーブルのリストとその検索順序が含まれます。LNM$DCL_LOGICAL を再定義しない限り,プロセス論理名テーブル,ジョブ論理名テーブル,グループ論理名テーブル,システム論理名テーブルが,この順序で検索されます。最初に一致したものが表示されます。 SHOW LOGICAL /TABLE=LNM$DIRECTORIES LNM$DCL_LOGICA Lコマンドを実行すると, LNM$DCL_LOGICAL の現在の定義を確認できます。

テーブルに同じ名前を持つ 2 つ以上のエントリがあり,それぞれのモードが異なる場合は,一番外側の ( 最も特権が少ない ) モードを持つ名前の変換が返されます。

SHOW TRANSLATION コマンドは,SHOW LOGICAL コマンドに似ています。ただし,SHOW TRANSLATION コマンドは,DCL コマンド・インタプリタ内部で実行されます。これに対し,SHOW LOGICAL コマンドは,イメージを呼び出します。したがって,SHOW TRANSLATION コマンドは現在のイメージを終了させません。また,ユーザ・モード論理名を取り消しません。名前の反復変換も表示されません。


修飾子



/TABLE=名前

検索される論理名テーブルの名前を指定します。省略時の値は,LNM$DCL_LOGICAL です。

複数の論理名テーブルに変換される論理名を使用して,論理名テーブル名を指定した場合には,論理名に一致するものが見つかるまで,各テーブルが指定された順に検索されます。


#1

$ SHOW TRANSLATION PAYROLL
PAYROLL = DISK1:[ACCOUNTS.WORKING]FACTOR1.DAT;37 (LNM$PROCESS_TABLE)

この SHOW TRANSLATION コマンドは,論理名 PAYROLL の等価名と,この論理名が検索された論理テーブル名を表示しています。この例では PAYROOL は,プロセス論理名テーブル LNM$PROCESS_TABLE から検索されています。

#2

$ DEFINE DISK  DKA1:
$ DEFINE/GROUP DISK  DKA2:
$ SHOW TRANSLATION DISK
  DISK = DKA1:(LNM$PROCESS_TABLE)

この DEFINE コマンドは,DISK という論理名を,プロセス論理名テーブルとグループ論理名テーブルの両方に登録します。そのあと,SHOW TRANSLATION コマンドは,DISK という論理名に対応する等価名を表示します。省略時の設定では SHOW TRANSLATION コマンドは,プロセス・テーブル,ジョブ・テーブル,グループ・テーブル,およびシステム・テーブルをこの順序で検索し,最初に検出された等価名を表示します。この例では論理名 DISK は,グループ論理名テーブルより前にプロセス論理名テーブル (LNM$PROCESS_TABLE) から検索され,その等価名が表示されています。

#3

$ RUN ORION
[Ctrl/Y]
$ SHOW TRANSLATION TERMINAL
  TERMINAL = _TTT3: (LNM$PROCESS_TABLE)
$ CONTINUE

この RUN コマンドは,ORION.EXE というイメージを実行します。 CTRL/Y によってイメージに割り込みをかけたあとで,SHOW TRANSLATION コマンドで論理名の割当てを表示します。CONTINUE コマンドは,イメージの実行を再開します。

#4

$ SHOW TRANSLATION/TABLE=LNM$SYSTEM USER
  USER = "DKA2:"  (LNM$SYSTEM_TABLE)

この例では,USER という論理名の等価名を表示します。論理名テーブルが指定されているので,論理名テーブルの省略時の検索順序にはしたがわず,指定された LNM$SYSTEM という論理名テーブルだけが検索されます。 LNM$SYSTEM は,システム論理名テーブルです。

#5

$ DEFINE/TABLE=LNM$PROCESS_DIRECTORY MYPROC -
_$ TEST_TABLE, LNM$PROCESS
$ SHOW TRANSLATION/TABLE=MYPROC FILER
  FILER = "[SMITH.FILER]"   (TEST_TABLE)

この例では,検索したい論理名テーブルのリストを,論理名 MYPROC に割り当てています。まず,ユーザが定義した TEST_TABLE という論理名テーブルを検索し,次にプロセス論理名テーブル LMN$PROCESS を検索するよう指定しています。論理名 MYPROC は,プロセス・ディレクトリ・テーブルである LNM$PROCESS_DIRECTORY に登録されます。 MYPROC 論理名テーブル内で論理名 FILER を検索すると, TEST_TABLE と LNM$PROCESS がこの順に検索されます。最初に一致したものが表示されます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡