日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
リファレンス・セクション
付録 A:廃止されたコマンド
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引

ファイル指定には,ワイルドカード文字は使用できません。部分的にファイルを指定した場合(たとえば,ディレクトリだけ)には,ファイル名には SHOW,ファイル・タイプには LIS が使用されます。

/NOOUTPUT 修飾子を指定した場合は,何も出力されません。

/PAGE[=キーワード]



/NOPAGE (省略時の設定)

コマンド出力の画面表示をページャを介して行います。

次のキーワードを指定できます。

CLEAR_SCREEN ページモードで表示(毎回画面を消去する)
SCROLL スクロールモードで表示(毎回画面を消去しない)
SAVE[= n] n ページ分の履歴を保持する(前ページに戻ること等が可能)

/PAGE=SAVE 修飾子を指定すると最大 5 画面(最大 255 カラムまで)分の履歴を保存できます。ページャ内では以下のキーを使って画面の移動などができます。

キー・シーケンス 説明
Up arrow key, Ctrl/B 1行スクロールアップ
Down arrow key 1行スクロールダウン
Left arrow key 1カラム左シフト
Right arrow key 1カラム右シフト
Find (E1) 文字列検索を起動
Insert Here (E2) 半画面右シフト
Remove (E3) 半画面左シフト
Select (E4) 80/132 カラム切替え
Prev Screen (E5) 前ページに移動
Next Screen (E6), Return, Enter, Space 次ページに移動
F10, Ctrl/Z 終了(ユーティリティによっては異なる)
Help (F15) ヘルプ・テキストを表示
Do (F16) 最新(現在)画面と(履歴内で)最古画面の切り替え
Ctrl/W 再表示

/PAGE 修飾子は /OUTPUT 修飾子とは同時に使用できません。

/SEARCH="検索文字列"

/PAGE=SAVE 修飾子とともに使用し,表示される情報内で検索したい文字列を指定します。文字列にスペース文字等を入れたい場合は,検索文字列は二重引用符で囲まなければなりません。

情報が表示されている時に Find(E1) キーを押すと,検索文字列を動的に変更することができます。この場合は,引用符は必要ありません。

/SUMMARY

各キューについて,その実行中のジョブ,実行待ち状態のジョブ,保留中のジョブ,タイムド・リリース状態のジョブ,保持状態のジョブの総数を表示します。出力キューでは,待ち状態のジョブの総ブロック数も表示します。

/WRAP



/NOWRAP (省略時の設定)

/PAGE=SAVE 修飾子とともに使用し,画面の幅より長い行を改行表示するかどうかを指定します。 /WRAP 修飾子を指定した場合,はみ出す部分は次行に表示されます。

/NOWRAP 修飾子を指定した場合,はみ出した部分は左右にスクロールしながら見ることができます。


#1

$ SHOW QUEUE/ALL/BY_JOB_STATUS=pending
Printer queue KLEE$LCA0, stopped, mounted form DEFAULT
  /BASE_PRIORITY=4 /DEFAULT=(FEED,FORM=ELITE (stock=DEFAULT)) 
  /OWNER=[SYSTEM] /PROTECTION=(S:M,O:D,G:R,W:S)
 
  Entry     Jobname         Username        Blocks  Status
  -----     -------         --------        ------  ------
   2045     APPLICA         MARTIN             102  Pending
 
Batch queue SYS_TEX, available, on NODE22:: 
  /BASE_PRIORITY=3 /JOB_LIMIT=25 /OWNER=[SYSTEM] 
  /PROTECTION=(S:M,O:D,G:R,W:S)
 
  Entry     Jobname         Username                Status
  -----     -------         --------                ------
   1388     CHAPTER1.JOB    MARTIN                  Pending 
Generic batch queue CLUSTER_BATCH
  /GENERIC=(HMSCMS_BATCH,NODE22_BATCH) /OWNER=[SYSTEM] 
  /PROTECTION=(S:M,O:D,G:R,W:S)
  Entry     Jobname         Username                Status
  -----     -------         --------                ------
    936     no privilege                            Pending
   .
   .
   .
 

この SHOW QUEUE コマンドは,待ち状態のジョブを持つキューだけを表示しています。 /ALL 修飾子で,待ち状態のジョブをすべての表示するようにしています。エントリ 936 のジョブ情報は表示されていないことに注意してください。自分と同じグループのすべてのジョブを表示するには,GROUP 特権が必要です。また,すべてのグループのすべてのジョブを表示するには,OPER 特権が必要です。

#2

$ SHOW QUEUE/FULL ARMADA*
Batch queue ARMADA_BATCH, idle, on ARMADA::
  /AUTO_START_ON=(ARMADA::) /BASE_PRIORITY=3 /JOB_LIMIT=3 
  /OWNER=[SYSTEM] /PROTECTION=(S:M,O:D,G:R,W:S)
Printer queue ARMADA$PRINT, stopped, on ARMADA::LPA0,
 mounted form DEFAULT
  /BASE_PRIORITY=4 /DEFAULT=(FEED,FORM=ELITE (stock=DEFAULT)) 
  /OWNER=[SYSTEM] /PROTECTION=(S:E,O:D,G:R,W:W)
  Entry  Jobname         Username     Blocks  Status
  -----  -------         --------     ------  ------
    605  SET             DUDSON          140  Pending (queue stopped)
         Submitted 21-DEC-2001 16:14 /FORM=ELITE (stock=DEFAULT) 
         /PRIORITY=200
         File: _$5$DUA1:[DUDSON]SET.CLD;5
    606  CLOSE           DUDSON          140  Pending (queue stopped)
         Submitted 21-DEC-2001 16:16 /FORM=DEFAULT /PRIORITY=200
         File: _$5$DUA1:[DUDSON]CLOSE.TXT;2
Printer queue ARMADA$PRINTER_1, idle, on ARMADA::TTA3,
 mounted form DEFAULT
  <Printer queue on node ARMADA for a LN03R printer>
  /BASE_PRIORITY=4 /DEFAULT=(FEED,FORM=DEFAULT) /LIBRARY=SMU$DEVCTL 
  Lowercase /OWNER=[SYSTEM] /PROCESSOR=CPS$SMB 
  /PROTECTION=(S:M,O:D,G:R,W:S) /SEPARATE=(FLAG)
 

この SHOW QUEUE コマンドは,コマンドを発行したユーザの現在のすべてのジョブ・エントリに関する情報を表示します。キューに関する完全な情報,それらのキュー内のジョブ,ジョブに関係するファイルについて表示されます。

#3

$ SHOW QUEUE/SUMMARY
 
Batch queue HMSCMS_BATCH, available, on HMSCMS::
    Job summary:  1 executing,  5 holding
Server queue NM$QUE01, available, on NODE22::, mounted form DEFAULT
    Job summary:  2 executing
Generic server queue NM$QUEUE
    Job summary:  1 timed release
Batch queue PIZZA_BATCH, idle, on PIZZA::
    Job summary:  queue is empty
Batch queue NODE22_BATCH, available, on NODE22::
    Job summary:  1 executing,  1 timed release
Printer queue ARMADA$PRINT, stopped, on ARMADA::LPA0, mounted 
  form DEFAULT
    Job summary:  8 pending (565 blocks)
Terminal queue ALLBQ, stopped, on KATYA::TTA2, mounted form DEFAULT
    Job summary:  2 pending (445 blocks)
   .
   .
   .
 

この SHOW QUEUE コマンドは,すべてのキューと,そのキューに登録されているジョブの総数を表示します。

#4

$ SHOW QUEUE DOC$LN03
 
Server queue DOC$LN03, stopped, on NEWTON::, mounted form DEFAULT
 Entry  Jobname   Username  Blocks  Status
 -----  -------   --------  ------  ------
   436  DOCPLAN   HERSHEY        8  Retained until 11-JAN-2001 16:56
      %JBC-F-JOBABORT, job aborted during execution
        Completed  11-JAN-2001 15:56 on queue DOC$LN03
 

この表示には,保持ジョブが終了した日時と,それを実行したキューが含まれています。ジョブをキューに保持する条件を指定するためには, PRINT,SUBMIT,または SET ENTRY コマンドに /RETAIN 修飾子を指定します。この例では,ジョブの終了後 1 時間の間,ジョブを保持するように設定しています。キューのジョブ保持ポリシーによって, 16 時 56 分にジョブがキューから削除されます (/RETAIN 修飾子についての詳細は, PRINTSUBMIT ,または SET ENTRY コマンドの説明を参照してください )。




システム対して定義されたキュー属性情報を表示します。属性は,バッチや出力キューのユーザ定義の属性 ( たとえば,インクの色など ) です。

形式

SHOW QUEUE/CHARACTERISTICS

[属性名]


パラメータ



属性名

属性の名前を指定します。属性名パラメータには,ワイルドカード文字を使用できます。属性名パラメータの省略時の値は,アスタリスク(*)です。したがって,属性名が指定されなかった場合には,すべての属性に関する情報が表示されます。

属性名は,DEFINE/CHARACTERISTIC コマンドで作成します。 INITIALIZE/QUEUE, SET QUEUE, START/QUEUE の各コマンドに /CHARACTERISTICS 修飾子を指定すると,作成した属性名をキューに設定できます。また,PRINT,SUBMIT,SET ENTRY の各コマンドに /CHARACTERISTICS 修飾子を指定すれば,特定のジョブに対して設定することもできます。


説明

SHOW QUEUE/CHARACTERISTICS コマンドは,システムに定義された属性名および属性の数を表示します。特定のキューに関連した属性を調べるには, SHOW QUEUE コマンドに /FULL 修飾子を指定します。

修飾子



/OUTPUT[=ファイル指定]



/NOOUTPUT

コマンドの出力先を指定します。省略時には,SYS$OUTPUT( 通常は使用しているターミナル ) へ出力されます。ファイルへ出力するには,/OUTPUT 修飾子を使用してファイルを指定してください。

ファイル指定にワイルドカード文字は使用できません。部分的なファイル指定 ( たとえば,ディレクトリだけ ) を指定した場合, SHOW という省略時のファイル名と, LIS という省略時のファイル・タイプが使用されます。

/NOOUTPUT 修飾子を指定した場合は,何も出力されません。


#1

$ SHOW QUEUE/CHARACTERISTICS
Characteristic name                  Number
-------------------                  ------
BLUEINK                                   6
BROWNINK                                 25
COLOR_CHART                               1
REDINK                                    0
TEXMAC_JOB                                2

この SHOW QUEUE/CHARACTERISTIC コマンドは,システムで定義されたすべての属性を表示します。

#2

$ SHOW QUEUE/CHARACTERISTICS *INK
Characteristic name                  Number
-------------------                  ------
BLUEINK                                   6
BROWNINK                                 25
REDINK                                    0

この SHOW QUEUE/CHARACTERISTIC コマンドは,文字列 INK で終わる属性名とその番号を表示します。




システムで定義されたフォームの情報を表示します。フォームは,プリント・ジョブで使用する用紙のサイズとタイプ,およびテキストのレイアウトを定義します。

形式

SHOW QUEUE/FORM [フォーム名]


パラメータ



フォーム名

フォームの名前を指定します。ワイルドカード文字(* と %)を使用できます。フォーム名パラメータの省略時の値はアスタリスク(*)で,システムのすべてのフォームについて表示されます。

説明

SHOW QUEUE/FORM コマンドは,システムに定義されたフォームの名前と数を表示します。フォームの属性を表示するには,/FULL 修飾子を使用します。

システムで使用できるフォームを調べるには,SHOW QUEUE/FORM コマンドを使用します。1 つまたは複数のキューで使用できるフォームを調べるには, SHOW QUEUE コマンドに /FULL 修飾子を指定します。

フォーム名は,DEFINE/FORM コマンドで作成します。プリント・ジョブ用に特定のフォームを指定するには,PRINT コマンドまたは SET ENTRY コマンドで /FORM 修飾子を使用します。フォームをキューに割り当てるには, INITIALIZE/QUEUE,SET QUEUE,または START/QUEUE コマンドを使用します。


修飾子



/BRIEF (省略時の設定)

システム上のフォームに関して,簡単な情報を表示します。フォーム名,フォーム番号,簡単な説明が表示されます。

/FULL

システム上のフォームに関する,すべての情報を表示します。情報には,用紙サイズとマージン設定が含まれます。

/OUTPUT[=ファイル指定]



/NOOUTPUT

コマンドの出力先を指定します。省略時には,SYS$OUTPUT( 通常は使用しているターミナル ) へ出力されます。ファイルへ出力するには, /OUTPUT 修飾子を使用してファイルを指定してください。

ファイル指定にワイルドカード文字を使用することはできません。部分的なファイル指定 ( たとえば,ディレクトリだけ ) を指定した場合は, SHOW という省略時のファイル名と,.LIS という省略時のファイル・タイプが使用されます。

/NOOUTPUT 修飾子を指定した場合は,何も出力されません。


#1

$ SHOW QUEUE/FORM DEFAULT
Form name                         Number   Description
---------                         ------   -----------
DEFAULT                                0   System-defined default

この SHOW QUEUE/FORM コマンドは,省略時のフォームを表示します。

#2

$ SHOW QUEUE/FORM LN01*
Form name                            Number   Description
---------                            ------   -----------
LN01_LANDSCAPE (stock=DEFAULT)        105   132 by 66 (landscape)
LN01_LANDSCAPE_INDENTED (stock=DEFAULT)
                                      107   132 by 65 (landscape)
LN01_PORTRAIT (stock=DEFAULT)         106   80 by 60 (portrait)

この SHOW QUEUE/FORM コマンドは,文字列 LN01 で始まるすべてのフォーム名を,ストックも含めて表示します。フォーム名,フォームごとのストック,フォーム番号,フォームの概要が表示されます。

#3

$ SHOW QUEUE/FORM/FULL
Form name                     Number   Description
---------                     ------   -----------
132_51_STD (stock=DEFAULT)       102   132 by 51 (standard short)
    /LENGTH=51 /MARGIN=(BOTTOM=6)/STOCK=DEFAULT /TRUNCATE 
    /WIDTH=132
40_66_STD (stock=DEFAULT)        103   40 by 66 (standard labels)
    /LENGTH=66 /MARGIN=(BOTTOM=6)/STOCK=DEFAULT /WIDTH=40
BLUE_PAPER_STOCK (stock=DIGITAL_8X11_STOCK1412TEA)
                               22222 blue paper, DEC order# 22222
    /LENGTH=66 /MARGIN=(BOTTOM=6)/STOCK=DIGITAL_8X11_STOCK1412TEA
    /TRUNCATE  /WIDTH=80
DEFAULT                            0   System-defined default
    /LENGTH=66 /MARGIN=(BOTTOM=6)/STOCK=DEFAULT /TRUNCATE
    /WIDTH=132
LN01_LANDSCAPE (stock=DEFAULT)   105   132 by 66 (landscape)
    /LENGTH=66 /STOCK=DEFAULT /WIDTH=132
LN01_LANDSCAPE_INDENTED (stock=DEFAULT)
                                 107   132 by 65 (landscape)
    /LENGTH=65 /SETUP=(LN01_TOP_MARGIN_150) /STOCK=DEFAULT
    /WIDTH=132
LN01_PORTRAIT (stock=DEFAULT)    106   80 by 60 (portrait)
    /LENGTH=60 /SETUP=(LN01_PORTRAIT) /STOCK=DEFAULT /WIDTH=80
MEMO (stock=DEFAULT)             110   LN03 indented memo format
    /LENGTH=64 /MARGIN=(TOP=2,LEFT=5) /STOCK=DEFAULT /TRUNCATE 
    /WIDTH=80

この SHOW QUEUE/FORM コマンドは,すべてのフォーム・タイプとストックの名前を表示します。 /FULL 修飾子を指定しているので,各フォーム・タイプのイメージ・サイズも表示されます。




キューマネージャの情報を表示します。

形式

SHOW QUEUE/MANAGERS [キュー・マネージャ名]


パラメータ



キュー・マネージャ名

情報を表示したいキュー・マネージャの名前を指定します。ワイルドカード文字 (*と%) も使用できます。省略時の設定はアスタリスク(*) です。したがって,キュー・マネージャを指定しないと,すべてのキュー・マネージャの情報が表示されます。

説明

SHOW QUEUE/MANAGERS コマンドは,システムまたは OpenVMS Cluster 上のキュー・マネージャに関する情報を表示します。コマンドは,省略時の設定として /BRIEF 修飾子を仮定し,キュー・マネージャごとに名前,状態,およびプロセス・ノード名を含む 1行の説明を表示します。/FULL 修飾子は,次の情報を表示します。

  • キュー・データベース・マスタ・ファイルの完全なファイル指定 (共有マスタ・ファイルのディスク,ディレクトリ,およびファイル名)

  • キュー・マネージャの名前

  • キュー・マネージャの状態

  • キュー・マネージャ・プロセスが動作しているノード名 (キュー・マネージャ・プロセスが現在動作中の場合)

  • キュー・マネージャ・プロセスを実行できるノードの優先順位付きリスト

  • 特定のキュー・マネージャ固有の,キュー・データベース・ファイルを含むディスクおよびディレクトリ

キュー・マネージャ・プロセスが動作していない場合,そのキュー・マネージャに対して現在の記憶位置ノード名は表示されません。

キュー・マネージャの状態は,次のいずれかです。

状態 説明
Start pending キュー・マネージャ・プロセスは起動しているが,実行できるノードがクラスタに入るのを待機中。
Starting START /QUEUE /MANAGERコマンド,またはクラスタ内の他のノードからのフェイルオーバの結果,起動中。
Running 実行中。
Failing over クラスタ内の別のノードへフェイルオーバ中。
Stopping 停止中。
Stopped 停止中。START/QUEUE/MANAGERコマンドを実行するまで起動しない。


修飾子



/BRIEF

システムまたはクラスタ内のキュー・マネージャに関する情報を, 1 行の簡略形式で表示します。キュー・マネージャ名,状態,実行するノードが含まれます。省略時の設定は /BRIEF です。

/FULL

システムまたはクラスタ内のキュー・マネージャに関する全情報を表示します。 /FULL 修飾子は,/BRIEF 修飾子に優先します。

#1

$ SHOW QUEUE/MANAGERS/FULL
Master file:  SYS$COMMON:[SYSEXE]QMAN$MASTER.DAT; 
 
Queue manager BATCHQ_MANAGER, running, on BBBBBB:: 
  /ON=(BBBBBB, AAAAAA, CCCCCC, EEEEEE, *) 
  Database location:  DISK1:[QUEUES] 
 
Queue manager PRINTQ_MANAGER, starting, on AAAAAA:: 
  /ON=(AAAAAA, BBBBBB, CCCCCC, EEEEEE, *) 
  Database location:  DISK2:[QUEUES] 
 
Queue manager SYS$QUEUE_MANAGER, running, on FFFFFF:: 
  /ON=(FFFFFF, EEEEEE, CCCCCC, BBBBBB, AAAAAA, *) 
  Database location:  DISK1:[QUEUES] 
 
Queue manager TRANSFER_MANAGER, stopped 
  /ON=(AAAAAA, BBBBBB, EEEEEE) 
  Database location:  DISK1:[TRANSFER] 
 

この SHOW QUEUE/MANAGERS/FULL コマンドは,システムまたはクラスタ内のすべてのキュー・マネージャの全情報を表示します。

#2

$ SHOW QUEUE/MANAGERS
Queue manager BATCHQ_MANAGER, running, on BBBBBB:: 
 
Queue manager PRINTQ_MANAGER, starting, on AAAAAA:: 
 
Queue manager SYS$QUEUE_MANAGER, running, on FFFFFF:: 
 
Queue manager TRANSFER_MANAGER, stopped 
 

この SHOW QUEUE/MANAGERS コマンドは,キュー・マネージャの情報を簡略表示します。 /BRIEF は省略時の設定なので,指定されていません。

#3

$ SHOW QUEUE/MANAGERS/FULL SYS$QUEUE_MANAGER
Master file:  SYS$COMMON:[SYSEXE]QMAN$MASTER.DAT; 
 
Queue manager SYS$QUEUE_MANAGER, running, on FFFFFF:: 
  /ON=(FFFFFF, EEEEEE, CCCCCC, BBBBBB, AAAAAA, *) 
  Database location:  DISK1:[QUEUES]
 

この SHOW QUEUE/MANAGERS/FULL SYS$QUEUE_MANAGER コマンドは,指定したキュー・マネージャに関する情報を表示しています。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項