日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
リファレンス・セクション
付録 A:廃止されたコマンド
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引

/SEARCH 修飾子を指定せずに /EXACT 修飾子を指定した場合, "Find キー" (E1) を押すと文字列検索が有効になります。

/HIGHLIGHT[=キーワード]

/PAGE=SAVE および /SEARCH 修飾子とともに使用し,一致した検索文字列の強調表示方法を指定します。一致した検索文字列があった場合は,行全体が強調されます。キーワードには,BOLD, BLINK, REVERSE, および UNDERLINE を指定できます。省略時の設定は BOLD です。

/IDENTIFICATION=pid

自分以外のプロセスを指定する場合には, GROUP または WORLD 特権が必要です。

情報を表示するプロセスの,プロセス識別番号(PID)を指定します。 PID は,プロセスが生成されるときに,システムから割り当てられます。 PID を指定する場合には,先行する0を省略できます。

/IDENTIFICATION 修飾子を指定した場合,プロセス名パラメータに優先されます。さらに,/MEMORY 修飾子する場合には, PID の値は現在のプロセスの PID でなければなりません。

/INTERVAL=n

/CONTINUOUS 修飾子とともに使用し,指定秒間隔で表示を更新します。

/MEMORY

プロセスの,動的メモリ領域に関する使用状況を表示します。 /MEMORY 修飾子は,現在のプロセスに対してのみ指定できます。



/OUTPUT[=ファイル指定]



/NOOUTPUT

コマンドの出力先を指定します。省略時には,SYS$OUTPUT(通常は使用しているターミナル)へ出力されます。ファイルへ出力するには,/OUTPUT 修飾子を使用してファイルを指定してください。

ファイル指定には,ワイルドカード文字は使用できません。 /OUTPUT 修飾子に部分的なファイル指定(たとえば,ディレクトリだけ) を指定した場合,SHOW という省略時のファイル名と, .LIS という省略時のファイル・タイプが使用されます。

/NOOUTPUT 修飾子を指定した場合は,何も出力されません。

/OUTPUT 修飾子は,/CONTINUOUS 修飾子と同時に指定できません。

/PAGE[=キーワード]



/NOPAGE (省略時の設定)

コマンド出力の画面表示をページャを介して行います。

次のキーワードを指定できます。

CLEAR_SCREEN ページモードで表示(毎回画面を消去する)
SCROLL スクロールモードで表示(毎回画面を消去しない)
SAVE[= n] n ページ分の履歴を保持する(前ページに戻ること等が可能)

/PAGE=SAVE 修飾子を指定すると最大 5 画面(最大 255 カラムまで)分の履歴を保存できます。ページャ内では以下のキーを使って画面の移動などができます。

キー・シーケンス 説明
Up arrow key, Ctrl/B 1行スクロールアップ
Down arrow key 1行スクロールダウン
Left arrow key 1カラム左シフト
Right arrow key 1カラム右シフト
Find (E1) 文字列検索を起動
Insert Here (E2) 半画面右シフト
Remove (E3) 半画面左シフト
Select (E4) 80/132 カラム切替え
Prev Screen (E5) 前ページに移動
Next Screen (E6), Return, Enter, Space 次ページに移動
F10, Ctrl/Z 終了(ユーティリティによっては異なる)
Help (F15) ヘルプ・テキストを表示
Do (F16) 最新(現在)画面と(履歴内で)最古画面の切り替え
Ctrl/W 再表示

/PAGE 修飾子は /OUTPUT 修飾子とは同時に使用できません。

/PRIVILEGES

プロセスの持つ特権とプロセス・ライトを表示します。特権だけを表示する場合は,/NORIGHT 修飾子も指定してください。プロセス特権を有効にするには,SET PROCESS/PRIVILEGES コマンドを使用します。

/QUOTAS

それぞれの資源について,プロセスの現在のクォータ値または限界値を表示します。クォータ値は,サブプロセスの作成による減少分も含まれた値です。限界値は,プロセス作成時の値です。

/RAD (Alpha のみ)

ホーム・リソース・アフィニティ・ドメイン (RAD) を表示します。

AlphaServer GS シリーズ・システム上でのみサポートされます。

/RIGHTS (省略時の設定)



/NORIGHTS

指定したプロセスの,現在のプロセス・ライトを表示します。プロセス・ライトを表示しないためには,/NORIGHT 修飾子を使用します。

/SCHEDULING_CLASS

指定したプロセスのスケジューリング・クラスを表示します。

/SEARCH="検索文字列"

/PAGE=SAVE 修飾子とともに使用し,表示される情報内で検索したい文字列を指定します。文字列にスペース文字等を入れたい場合は,検索文字列は二重引用符で囲まなければなりません。

情報が表示されている時に Find(E1) キーを押すと,検索文字列を動的に変更することができます。この場合は,引用符は必要ありません。

/SHELVING

プロセスが自動的にファイルをアンシェルブするかどうかを表示します。

/SUBPROCESSES

現在のプロセスが所有しているサブプロセス名を,階層構造の上から順に表示します。

/UNITS

現在プロセスが,バイト単位とブロック単位のどちらでディスク容量を報告しているかを表示します。この設定は,SET PROCESS/UNITS を使用して変更することができます。

/WRAP



/NOWRAP (省略時の設定)

/PAGE=SAVE 修飾子とともに使用し,画面の幅より長い行を改行表示するかどうかを指定します。 /WRAP 修飾子を指定した場合,はみ出す部分は次行に表示されます。

/NOWRAP 修飾子を指定した場合,はみ出した部分は左右にスクロールしながら見ることができます。


#1

$ SHOW PROCESS OCALA::MALIK
 14-DEC-2001 15:35:19.39  User: MALIK   Process ID: 28200364
                          Node: OCALA   Process name: MALIK
Terminal:        RTA5:
User identifier: [VMS,MALIK]
Base  priority:   4
Default file spec: WORK5:[MALIK]
Devices allocated: RTA5:
 

MALIK というユーザが,SHOW PROCESS コマンドを実行した例です。ノード OCALA 上のプロセスについて,以下のような簡単な情報を表示しています。

SHOW PROCESS コマンドの入力された日時
ユーザ名
プロセス識別番号(PID)
ノード名
プロセス名
論理名 SYS$INPUT に割り当てられた装置名
利用者識別コード(UIC)
基本の実行優先順位
省略時の装置(同じノード上のプロセスに対してのみ)
省略時のディレクトリ(現在のプロセスに対してのみ)
プロセスに割り当てられた装置,およびマウントされているボリューム

#2

$ SHOW PROCESS/ACCOUNTING
 14-DEC-2001 14:48:01.31   User: MALIK  Process ID:   28200364
                           Node: OCALA  Process name: "MALIK"
  
 Accounting information:
  Buffered I/O count:      4878  Peak working set size:      844
  Direct I/O count:        1284  Peak virtual size:         1176
  Page faults:             6100  Mounted volumes:              0
  Images activated:          22
  Elapsed CPU time:      0 00:01:20.51
  Connect time:          0 04:06:03.75
 

この SHOW PROCESS コマンドは,プロセスの会計情報を表示しています。 Peak working set size と Peak virtual size の値は, VAX 上では 512 バイトのページ数であり,Alpha 上ではページレット数です。

#3

$ SHOW PROCESS/PRIVILEGES
 
 14-DEC-2001 14:59:28.53  User: MALIK   Process ID:    28200364
                          Node: OCALA   Process name: "MALIK" 
   
 Process privileges:
  GROUP                may affect other processes in same group
  TMPMBX               may create temporary mailbox
  NETMBX               may create network device
 
 Process rights identifiers:
  INTERACTIVE
  DIALUP
 

プロセスの現在の特権を表示しています。

#4

$ SHOW PROCESS/QUOTAS
 
 14-DEC-2001 15:00:28.79   User: MALIK  Process ID:    28200364
                           Node: OCALA  Process name:  "MALIK"
   
 Process Quotas:
 Account name: VMS     
  CPU limit:                    Infinite  Direct I/O limit:       6
  Buffered I/O byte count quota:   17904  Buffered I/O limit:     6
  Timer queue entry quota:            10  Open file quota:       31
  Paging file quota:               24945  Subprocess quota:       8
  Default page fault cluster:         64  AST limit:             14
  Enqueue quota:                      30  Shared file limit:      9
  Max detached processes:             11  Max active jobs:       14
 

この例は,クォータ値と限界値を表示しています。 Paging file quota の値は, VAX 上では 512 バイトのページ数であり,Alpha 上ではページレット数です。

#5

$ SHOW PROCESS/SUBPROCESSES
 
 14-DEC-2001 15:44:59.39  User: MALIK  Process ID:   28200364
                          Node: OCALA  Process name: "MALIK_1"
 
 Processes in this tree:
 
 MALIK
   MALIK_1 (*)
     MALIK_2
 

現在のプロセス・ツリーを表示しています。現在のプロセスはアスタリスク(*)で示されます。現在のプロセスの親プロセス,およびサブプロセスが示されています。

#6

$ SHOW PROCESS/CONTINUOUS FRED
 
                           Process FRED                    12:26:53
   
   
   
    State               CUR            Working set              269
   
    Cur/base priority   8/4            Virtual memory          1713
   
    Current PC          7FFEE07E       CPU time         00:00:13.82
   
    Current PSL         03C00000       Direct I/O               246
   
    Current user SP     7FF785A4       Buffered I/O             646
                                                                
    PID                 226006C0       Page faults             3417
                                                                
    UIC                 [VMS,FRED]     Event flags         C8000007
                                                           C0000000
    SYS$SYSROOT:[SYSEXE]SHOW.EXE
 

この例では /CONTINUOUS 修飾子を指定しているので,プロセス FRED に関する情報は連続的に更新されます。 VAX では Virtual memory が, Alpha では Virtual pages が表示されます。いずれも,CPU 固有のページ数として使用される仮想メモリを示します。 Working set の値も,CPU 固有のページ数です。

#7

$ SHOW PROCESS/MEMORY
 
 14-DEC-2001 14:59:04.48   User: MALIK  Process ID:   28200364
                           Node: OCALA  Process Name: "MALIK" 
  
 Process Dynamic Memory Area  
     Current Size (bytes)   25600   Current Total Size (pages)   50
     Free Space (bytes)     22698   Space in Use (bytes)       2902
     Size of Largest Block  22496   Size of Smallest Block       15
     Number of Free Blocks      7   Free Blocks LEQU 32 Bytes     3
 

現在のプロセス MALIK の,動的メモリ領域の使用状況を表示しています。

Current size 各動的メモリ領域の現在のサイズを, VAX ではバイトおよびページ単位で, Alpha では 512 バイトのページレット単位で示します。
Free space 各動的メモリ領域の空き領域を示します。
Space in use 各領域から現在割り当てられている領域を示します。
Largest block 各プール領域の,最大連続領域のサイズを示します。
Smallest block 各プール領域の,最小空きブロックのサイズを示します。
Free blocks 各プール領域の,空きブロックの総数を示します。プール断片化のめやすになります。
Blocks LEQU 32 (VAXの場合)
Blocks LEQU 64 (Alpha の場合 )
VAX では 32 バイト以下の,Alpha では 64 バイト以下の,空きブロック数を示します。このような小さな空きブロックに割り当てが行われることはほとんどありませんので,この値も断片化のめやすになります。

#8

$ SHOW PROCESS OCALA::MALIK
 14-DEC-2001 15:35:19.39  User: MALIK   Process ID: 28200364
                          Node: OCALA   Process name: MALIK
Terminal:          RTA5:
User identifier:   [VMS,MALIK]
Base  priority:    4
Default file spec: WORK5:[MALIK]
Devices allocated: RTA5:
 

ノード OCALA のプロセス MALIK の情報の基本的な概略が表示されています。

#9

$ SHOW PROCESS/SHELVING LYONS
15-JUNE-2001  10:07:25.11   User: LYONS       Process ID:  20206A50
                            Node: BANANA      Process name: "LYONS"
Auto-unshelve: on
 

この SHOW PROCESS コマンドは,プロセス LYONS が自動的にファイルをアンシェルブすることを示しています。

#10

$ SHOW PROCESS/DUMP RALSTON
31-DEC-2001 10:38:32.48   User: RALSTON        Process ID:   20C0011B
                          Node: AAAAAA       Process name: "_RTA1:"
Image Dump: on

この例の SHOW PROCESS コマンドは,RALSTON プロセスのイメージ・ダンプ機能が有効になっていることを示しています。イメージ・ダンプは,イメージが未処理エラーのために終了したときに,アドレス空間の内容を SYS$LOGIN:(イメージ名).DMP という名前のファイルに書き込みます (イメージ名はファイル名と同じ)。

詳細については,SET PROCESS/DUMP コマンドの項を参照してください。




現在のファイル保護設定を表示します。これはターミナル・セッション,またはバッチ・ジョブで作成される,すべての新しいファイルに適用されます。

形式

SHOW PROTECTION


説明

ターミナル・セッションまたはバッチ・ジョブ中に作成される,すべての新しいファイルに適用される現在の省略時のファイル保護を表示します。 SET PROTECTION/DEFAULT コマンドを使用すると,任意の時点で省略時の保護を変更できます。

特定のファイルの現在の保護を確認するには, DIRECTOR/PROTECTION コマンドを使用します。


#1

$ SHOW PROTECTION
  SYSTEM=RWED, OWNER=RWED, GROUP=RE, WORLD=NO ACCESS
$ SET PROTECTION=(GROUP:RWED,WORLD:RE)/DEFAULT
$ SHOW PROTECTION
  SYSTEM=RWED, OWNER=RWED, GROUP=RWED, WORLD=RE
 

最初の SHOW PROTECTION コマンドは,現在の省略時におけるファイル保護設定の表示を要求しています。次の SET PROTECTION/DEFAULT コマンドは,同じグループの他のユーザに適用されるファイル・アクセスと,その他のシステム・ユーザに適用されるファイル・アクセスを変更します。次の SHOW PROTECTION コマンドは,変更後の省略時ファイル保護設定を表示しています。




キューおよびキューに登録されているジョブに関する情報を表示します。

ジョブに対する読み込み(R)アクセス権が必要です。


形式

SHOW QUEUE [キュー名]


パラメータ



キュー名

キューの名前を指定します。キュー名には,ワイルドカード文字(* と %)を使用できます。キュー名パラメータの省略時の設定は,アスタリスク(*) です。キュー名を省略すると,すべてのキューに関する情報が表示されます。

説明

SHOW QUEUE コマンドは,バッチ・キューのおよび出力キューの名前,タイプ,状態,および属性を表示します。またキューに入っているジョブについての情報も表示します。修飾子を指定せずに SHOW QUEUE コマンドを入力すると,OpenVMS システムは,指定したすべてのキューの名前,タイプ,状態,およびそれらのキューに入っているジョブについての情報をリストします。 SHOW QUEUE コマンドは,/BRIEF 修飾子を省略時の設定と仮定します。

OpenVMS Cluster では,SHOW QUEUE コマンドは,クラスタで使用できるすべてのキューについての情報を表示します。

キューについての情報,またはキューに入っているジョブの完全なリストが必要な場合は,SHOW QUEUE コマンドを使用します。特定のジョブに関する情報が必要な場合は,SHOW ENTRY コマンドを使用してください。


修飾子



/ALL_JOBS

指定されたキューに登録されている,すべてのジョブを表示します。ジョブ情報を表示するには,そのジョブに対して読み込み (R) アクセス権が必要です。

/BATCH

バッチ・キューと,そのキューに登録されているジョブについて表示します。

/BRIEF (省略時の設定)

キューおよびキューに登録されているジョブに関する,簡単な情報を表示します。情報には,キュー名,キュー・タイプ,キューの状態が含まれます。表示されるジョブについては,そのエントリ番号,ジョブ名,ユーザ名,ジョブ状態を表示します。 /FULL および /FILES 修飾子は,/BRIEF 修飾子に優先されます。

/BY_JOB_STATUS=(キーワード・リスト)

指定された状態のジョブを含むキューだけを表示します。省略時には,ユーザの所有するジョブだけが表示されます。状態として,次のキーワードを指定できます。

EXECUTING 次の状態のジョブを表示します。

ABORTING
EXECUTING
PRINTING
PROCESSING
STALLED
STARTING
SUSPENDED

ABORTING は強制終了中のジョブ, STALLED や SUSPENDEDは何らかの原因によって停止中であるが,その原因が解決されれば継続されるジョブ, PROCESSING や PRINTING は現在実行中であるジョブ, STARTING は初期化中のジョブを表します。

HOLDING 保留状態のジョブ。ジョブが無期限にキューに保持されていることを示します。
PENDING 待ち状態のジョブ。ジョブが実行の順番待ちをしている状態を示します。
RETAINED 実行後もキューに保持されているジョブ。ジョブは完了しているが,キューに残っている状態を示します。
TIMED_RELEASE 指定時刻まで保留されているジョブ。指定時刻に実行するために,キューに保留されている状態を示します。

この修飾子にキーワードを指定しない場合は,実際にジョブが登録されているキューだけが表示されます。

/DEVICE[=(キーワード・リスト)]

指定されたキュー・タイプのキューと,その中のジョブを表示します。

キュー・タイプには,次のキーワードを指定します。

PRINTER プリント・キューのジョブ
SERVER サーバ・キューのジョブ
TERMINAL ターミナル・キューのジョブ

キーワードを指定しないと,プリント・キュー,サーバ・キュー,ターミナル・キュー内のすべてのジョブが表示されます。

/EXACT

/PAGE=SAVE および /SEARCH 修飾子とともに使用し,大文字と小文字を区別した文字列検索を指定します。この場合,検索文字列は二重引用符で囲まなければなりません。

/SEARCH 修飾子を指定せずに /EXACT 修飾子を指定した場合, "Find キー" (E1)を押すと文字列検索が有効になります。

/FILES

それぞれのジョブに関連したファイルのリストを表示します。 /FILES 修飾子は,/BRIEF 修飾子に優先されます。

/FULL

キュー,およびそのキューに登録されているジョブ,そのジョブに関連したファイルに関する情報が,すべて表示されます。 /FULL 修飾子は,/BRIEF 修飾子に優先されます。

/GENERIC

汎用キュー,およびそのキューに登録されているジョブを表示します。汎用キューは,実行キューではありません。これは,特定タイプ(たとえば,ライン・プリンタ・ジョブ)のジョブを保持し,それを実行キューにダイレクトします。

/HIGHLIGHT[=キーワード]

/PAGE=SAVE および /SEARCH 修飾子とともに使用し,一致した検索文字列の強調表示方法を指定します。一致した検索文字列があった場合は,行全体が強調されます。キーワードには,BOLD, BLINK, REVERSE, および UNDERLINE を指定できます。省略時の設定は BOLD です。

/OUTPUT[=ファイル指定]



/NOOUTPUT

コマンドの出力先を指定します。省略時には,SYS$OUTPUT(通常は使用しているターミナル)へ出力されます。ファイルへ出力するには, /OUTPUT 修飾子を使用してファイルを指定してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項