日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
リファレンス・セクション
付録 A:廃止されたコマンド
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引

この例の SHOW DEVICESコマンドは, RZ56装置DKB0の状態をすべてリストするように要求します。

#4

$ SHOW DEVICES/REBUILD_STATUS
Device Name             Rebuild needed?
ADU15$DKA300:           Information unavailable
EDIV$DKA300:            Information unavailable
EMUL$DKB200:            No
EMUL$DKB300:            No
EMUL$DKB500:            Yes
FTA0:                   Not applicable
OPA0:                   Not applicable
 

この例では,EMUL$DKB500装置にマウントされたボリュームは,リビルドする必要があります。

#5

$ SHOW DEVICES/FULL NODE2$
Disk NODE2$DUA0:, device type RA81, is online, mounted,
error logging enabled
 Error count                 0  Operations completed            24195
 Owner process name             Owner UIC                    [11,177]
 Owner process ID     20200000  Dev Prot  S:RWPL,O:RWPL,G:RWPL,W:RWPL
 Reference count            16  Default buffer size               512
 Volume label        VMSDOCLIB  Relative volume no.                 0
 Cluster size                3  Transaction count                  17
 Free blocks            525447  Maximum files allowed          111384
 Extend quantity             5  Mount count                         1
 Volume status          System  ACP process name                     
 Caching disabled
Volume is subject to mount verification, file high-water marking
 
Disk NODE2$DUA1:, device type RA81, is online, error logging enabled
 Error count                 0  Operations completed                0
 Owner UIC               [0,0]  Owner process name                   
 Owner process ID     20200000  Dev Prot  S:RWED,O:RWED,G:RWED,W:RWED
 Reference count             0  Default buffer size               512
   .
   .
   .

この例では,ユーザは OpenVMS Cluster の NODE2 上の各装置についての情報をすべて表示するように要求しました。ここでは,最初の2つの装置 (マウントされた装置とマウントされていない装置) の情報だけが表示されています。

#6

$ SHOW DEVICE $1$DKB1:/FULL
 
Disk $1$DKB1: (VMSRMS), device type RRD40, is online, allocated,
deallocate on dismount,mounted,software write-locked,file-oriented
device, shareable, served to cluster via MSCP Server
 
Error count                 0  Operations completed              15
Owner process        "_FTA5:"  Owner UIC                      [1,4]
Owner process ID     2020005D  Dev Prot         S:RWPL,O:RWPL,G:R,W
Reference count             2  Default buffer size              512
Total blocks              256  Sectors per track                 32
Total cylinders             1  Tracks per cylinder                8
Allocation class            1                                      
 
Volume label       "VOLUME_1"  Relative volume number            64
Cluster size                0  Transaction count                  1
Free blocks                 0  Maximum files allowed              0
Extend quantity             0  Mount count                        1
Mount status          Process  ACP process name          "DAD2CACP"
 
Volume status:  ISO 9660.
Members of this volume set are $1$DKB7: (rvn 64), $1$DKB4: (rvn 8),
$1$DKB1: (rvn 1), $1$DKB12: (rvn 4096), $1$DKB16: (rvn 65535),
$1$DKB6: (rvn 32). 
 

この例では,ユーザは,ISO 9660 の部分的にマウントされたボリューム・セットのすべての情報を要求しています。ボリュームの状態は,メディア形式が ISO 9660 であることを示し,ボリューム・セット・リストは,現在マウントされているメンバのリストを示しています。

#7

$ SHOW DEVICES MUA1/FULL
Magtape $4$MUA1: (HSC70), device type TA79, is online, device is
 equipped with a stacker/loader, file-oriented device, available 
 to cluster, error logging is enabled.
 Error count              0  Operations completed                 0
 Owner process           ""  Owner UIC                     [SYSTEM]
 Owner process ID  00000000  Dev Prot           S:RWPL,O:RWPL,G:R,W
 Reference count          0  Default buffer size               2048
 Density               1600  Format                       Normal-11
 Host name          "HSC70"  Host type, avail             HS70, yes
 Allocation class         4
Volume status:  no-unload on dismount, odd parity.
 

この例では,ユーザはテープ装置 MUA1 のすべての情報を表示するように指定しています。

#8

$ SHOW DEVICE/FULL $1$DKA221
Disk $1$DKA221: (HSC952), device type RZ29, is online, mounted,
    file-oriented device, shareable, available to cluster, error
    logging is enabled.
 Error count               0  Operations completed               6509
 Owner process            ""  Owner UIC                      [SYSTEM]
 Owner process ID   00000000  Dev Prot            S:RWPL,O:RWPL,G:R,W
 Reference count         108  Default buffer size                 512
 Current preferred CPU Id  1  FastPath                              1
 Total blocks        8380080  Sectors per track                     4
 Total cylinders       65470  Tracks per cylinder                  32
 Host name          "HSC952"  Host type, avail              HS95, yes
 Allocation class          1
 Volume label  "GALAXY_X6L5"  Relative volume number                0
 Cluster size              4  Transaction count                   302
 Free blocks         4691760  Maximum files allowed            838008
 Extend quantity           5  Mount count                           2
 Mount status         System  Cache name        "_$1$DKA221:XQPCACHE"
 Extent cache size        64  Maximum blocks in extent cache   469176
 File ID cache size       64  Blocks currently in extent cache 237504
 Quota cache size          0  Maximum buffers in FCP cache       1734
 Volume owner UIC      [1,1]  Vol Prot    S:RWCD,O:RWCD,G:RWCD,W:RWCD
Volume Status:  ODS-2, subject to mount verification, protected
    subsystems enabled, file high-water marking, write-through
    caching enabled.
Volume is also mounted on MEAD.
 

このディスクは,Fast Path ポート PNA0 を経由して I/O を実行する装置です。このディスクに対して Fast Path が有効に設定されており,その Fast Path ポート PNA0 に対応付けられた優先 CPU である CPU 1 上で I/O が処理されます。

/FULL 修飾子は,Fast Path 装置についての付加的な情報も表示します。 Fast Path 装置は,クラス装置あるいはポート装置のいずれかです。クラス装置の例は HSC ディスクであり,ポート装置の例は CI です。 Fast Path クラス装置およびポートの両方について,Fast Path が有効であり,その装置が割り当てられている現在の CPU ID を表示します。さらに,Fast Path ポートについては,ユーザが設定した優先 CPU が存在している場合は,そのポートのユーザ設定優先 CPU も表示します。

現在の優先 CPU およびユーザ優先 CPU は, DCL コマンドの SET DEVICES/PREFERRED_CPU あるいは $QIO を使用することで,設定することができます。

I/O 性能を向上させるための Fast Path 機能の使用についての詳細は,『OpenVMS I/O User's Reference Manual』を参照してください。

#9

$ SHOW DEVICE/FULL PNA0
Device PNA0:, device type CIXCD, is online, shareable, error logging
    is enabled.
 Error count                 0  Operations completed              0
 Owner process              ""  Owner UIC                  [SYSTEM]
 Owner process ID     00000000  Dev Prot          S:RWPL,O:RWPL,G,W
 Reference count             0  Default buffer size               0
 Current preferred CPU Id    1  FastPath                          1
 

この例では,ポート PNA0 が CPU 1 に割り当てられ, Fast Path が有効に設定されていることを示しています。

#10

$ SHOW DEVICE/FULL PNA0
Device PNA0:, device type CIXCD, is online, shareable, error logging
is enabled.
 Error count                   0  Operations completed             0
 Owner process                ""  Owner UIC                 [SYSTEM]
 Owner process ID       00000000  Dev Prot         S:RWPL,O:RWPL,G,W
 Reference count               0  Default buffer size              0
 Current preferred CPU Id      1  FastPath                         1
 User preferred CPU Id         2
 

この例では,ユーザによる Fast Path 割り当てを示しています。

通常, ユーザ優先 CPU ID は現在の優先 CPU ID に一致します。上記の例でこれらが一致していない理由は,CPU 2 が停止しているためです。ポートは以前に CPU 2 に割り当てられていました。しかし,CPU 2 が停止した際に,オペレーティング・システムがポート割り当てを CPU 2 から CPU 1 に移動しました。

CPU 2 が起動していた場合は,オペレーティング・システムはその装置をユーザ優先 CPU に割り当てていたことでしょう。

#11

$ SHOW DEVICE/FULL DSA0
Disk DSA0:, device type RAM Disk, is online, mounted, file-oriented 
  device, shareable, available to cluster, error logging is enabled, 
  device supports bitmaps (no bitmaps active).
 Error count                 0  Operations completed               47
 Owner process              ""  Owner UIC                    [SYSTEM]
 Owner process ID     00000000  Dev Prot          S:RWPL,O:RWPL,G:R,W
 Reference count             2  Default buffer size               512
 Total blocks             1000  Sectors per track                  64
 Total cylinders             1  Tracks per cylinder                32
Volume label           "TST0"  Relative volume number              0
 Cluster size                1  Transaction count                   1
 Free blocks               969  Maximum files allowed             250
 Extend quantity             5  Mount count                         1
 Mount status           System  Cache name    "_$252$DUA721:XQPCACHE"
 Extent cache size          64  Maximum blocks in extent cache     96
 File ID cache size         64  Blocks currently in extent cache    0
 Quota cache size            0  Maximum buffers in FCP cache      404
 Volume owner UIC     [SYSTEM]  Vol Prot  S:RWCD,O:RWCD,G:RWCD,W:RWCD
 Volume Status:  ODS-2, subject to mount verification, file high-water
     marking, write-back caching enabled.
Disk $252$MDA0:, device type RAM Disk, is online, member of shadow set DSA0:.
 Error count                 0  Shadow member operation count    128
 Allocation class          252
Disk $252$MDA1:, device type RAM Disk, is online, member of shadow set DSA0:.
 Error count                 0  Shadow member operation count    157
 Allocation class          252
 

この例は,シャドウ・セットに対して書き込みビットマップが存在していること,またアクティブな書き込みビットマップが存在しないことを示しています。シャドウ・セットが書き込みビットマップをサポートしている場合には, "bitmaps active" または "no bitmaps active" とともに "device supports bitmaps" が表示されます。装置が書き込みビットマップをサポートしていない場合には,書き込みビットマップに関連するメッセージは表示されません。

#12

$ SHOW DEVICE/BITMAP DSA1
Device         BitMap     Size         Percent of
Name            ID       (Bytes)       Full Copy
DSA12:         00010001   652          11%
 

この例は,SHOW DEVICE/BITMAP 表示を示しています。このコマンドを使うと,ノード上の個々の書き込みビットマップの ID を調べることができます。 /BITMAP 修飾子は,他の大部分の SHOW DEVICE 修飾子と組み合わせることができないという点で,/REBUILD 修飾子に似ています。SHOW DEVICE/BITMAP 表示には簡易形式と詳細形式があり,省略時の設定は簡易形式です。表示全体を見るには,/FULL 修飾子を使用します。

アクティブなビットマップが存在しない場合は,ビットマップ・ファイル ID は表示されません。 "no bitmaps active" という語句が表示されます。




現ノード上で,大容量記憶制御プロトコル (MSCP) サーバによって制御されている装置に関する情報を表示します。/SERVED 修飾子は必須です。

形式

SHOW DEVICES/SERVED


説明

SHOW DEVICES/SERVED コマンドは, MSCP サーバとそれがサービスする装置についての情報を表示します。この情報は,主にシステム管理者が使用します。テープ・サーバがロードされていない場合にユーザが SHOW DEVICE/SERVED コマンドを実行すると,次のメッセージが表示されます。


%SHOW-E-TMSCPNOTLD, TMSCP-Server code not loaded 


修飾子



/ALL

この修飾子は,次に示されているすべての修飾子 ( ただし /OUTPUT 修飾子を除く ) によって表示される情報を表示します。

/COUNT

終了した転送操作の数を,転送のサイズによって並べ換えて表示します。また,MSCP サーバが開始してから実行された MSCP 操作の回数を表示します。

/EXACT

/PAGE=SAVE および /SEARCH 修飾子とともに使用し,大文字と小文字を区別した文字列検索を指定します。この場合,検索文字列は二重引用符で囲まなければなりません。

/SEARCH 修飾子を指定せずに /EXACT 修飾子を指定した場合, "Find キー" (E1)を押すと文字列検索が有効になります。

/HIGHLIGHT[=キーワード]

/PAGE=SAVE および /SEARCH 修飾子とともに使用し,一致した検索文字列の強調表示方法を指定します。一致した検索文字列があった場合は,行全体が強調されます。キーワードには,BOLD, BLINK, REVERSE, および UNDERLINE を指定できます。省略時の設定は BOLD です。

/HOST

MSCP に制御されているオンライン状態の装置を持つ,プロセッサ名を表示します。 SYSGEN(System Generation ユーティリティ ) の MSCP/HOST コマンドは, OpenVMS Cluster 内で一度に MSCP サーバに対して接続できるホスト数を決定します。

/OUTPUT=[ファイル指定]

ターミナルへの出力を,指定したファイルに出力します。ファイルを指定しなかった場合や,この修飾子を使用しなかった場合には, SYS$OUTPUT に出力されます。

/PAGE[=キーワード]



/NOPAGE (省略時の設定)

画面上への装置情報の表示を制御します。

次のキーワードを指定できます。

CLEAR_SCREEN ページモードで表示(毎回画面を消去する)
SCROLL スクロールモードで表示(毎回画面を消去しない)
SAVE[= n] n ページ分の履歴を保持する(前ページに戻ること等が可能)

/PAGE=SAVE 修飾子を指定すると最大 5 画面(最大 255 カラムまで)分の履歴を保存できます。ページャ内では以下のキーを使って画面の移動などができます。

キー・シーケンス 説明
Up arrow key, Ctrl/B 1行スクロールアップ
Down arrow key 1行スクロールダウン
Left arrow key 1カラム左シフト
Right arrow key 1カラム右シフト
Find (E1) 文字列検索を起動
Insert Here (E2) 半画面右シフト
Remove (E3) 半画面左シフト
Select (E4) 80/132 カラム切替え
Prev Screen (E5) 前ページに移動
Next Screen (E6), Return, Enter, Space 次ページに移動
F10, Ctrl/Z 終了(ユーティリティによっては異なる)
Help (F15) ヘルプ・テキストを表示
Do (F16) 最新(現在)画面と(履歴内で)最古画面の切り替え
Ctrl/W 再表示

/PAGE 修飾子は /OUTPUT 修飾子とは同時に使用できません。

/RESOURCE

MSCP サーバの制御する装置への入出力要求を処理するときに, MSCP サーバが使用できる資源に関する情報を表示します。

MSCP サーバを開始するために SYSGEN の MSCP コマンドで MSCP_BUFFER, MSCP_CREDITS,MSCP_LOAD,MSCP_SERVE_ALL などのシステム・パラメータを使用することで,これらの資源を使用できるようになります。

詳細については,『OpenVMS Cluster システム』あるいは SYSGEN のオンライン・ヘルプを参照してください。

/SEARCH="検索文字列"

/PAGE=SAVE 修飾子とともに使用し,表示される情報内で検索したい文字列を指定します。文字列にスペース文字等を入れたい場合は,検索文字列は二重引用符で囲まなければなりません。

情報が表示されている時に Find(E1) キーを押すと,検索文字列を動的に変更することができます。この場合は,引用符は必要ありません。


#1

$ SHOW DEVICES/SERVED
       MSCP-Served Devices on BIAK 28-MAY-2001 13:48:01.32 
 
                                             Queue Requests 
Device:          Status   Total Size     Current    Max    Hosts 
    11$DUA8      Online      2376153           0      2        6 
    11$DUA9       Avail      2376153           0      0        0 
    11$DUA10     Online      2376153           0      2        8 
    11$DUA11     Online      2376153           0      2        7 
    11$DUA13     Online      2376153           0      2        7 
    11$DUA14      Avail      2376153           0      0        0 
    11$DUA16      Avail      2376153           0      0        0 
    11$DUA17      Avail      2376153           0      0        0 
    11$DUA18     Online      2376153           0      1        4 
    11$DUA19     Online      2376153           0      4        7 
    11$DUA20     Online      2376153           0      1        7 
    11$DUA21     Online      2376153           0     17       12 

SHOW DEVICES/SERVED コマンドの出力例を示しています。第 1 カラムは MSCP サーバの管理する装置を,第 2 カラムはその装置の状態を,第 3 カラムはその装置の総サイズをブロック単位で示しています。

第 4 カラム (Queue Requests) はその装置に対する,現在の待ち I/O 要求数,および現在までの待ち I/O 要求数の最大値です。最後のカラムは,その装置がオンライン状態となっているノードの数です。

#2

$ SHOW DEVICES/SERVED/COUNT
       MSCP-Served Devices on BIAK 28-MAY-2001 13:49:52.41 
  . 
  . 
  . 
Request Count: 
     0-7:   951154      32-39:     2168        88-103:     1618 
    8-15:   197224      40-55:     2543       104-127:      189 
   16-23:   137707      56-71:     8343 
   24-31:      982      72-87:      141 
 
Operations Count: 
   ABORT            0   ERASE          22772   READ       1042206 
   ACCESS           0   FLUSH              0   REPLACE          0 
   AVAILABLE      611   GET COM STS        0   SET CTL CHR    176 
   CMP CTL DAT      0   GET UNT STS  4026024   SET UNT CHR   3630 
   CMP HST DAT      0   ONLINE           427   WRITE       259953 
   Total      5355799 

SHOW DEVICES/SERVED/COUNT コマンドの出力例を示しています。コロン (:) の左側にあるハイフン (-) で区切られた数字は I/O 要求のページ数です。コロンの右側にあるのは,MSCP サーバの処理した要求数です。

次の Operations Count というラベルの付いた表示は, MSCP サーバが処理した MSCP 操作の回数です。この例では, set-controller-characteristics (SET CTL CHR) 操作を 176 回実行し, set-unit-characteristics (SET UNT CHR) 操作を 3630 回実行しています。

#3

$ SHOW DEVICES/SERVED/RESOURCE
       MSCP-Served Devices on BIAK 28-MAY-2001 13:51:32.01 
  . 
  . 
  . 
Resources:         Total      Free      In Use 
    Buffer Area:     400       400           0 
    I/O Packets:       0         0 
 
                 Current   Maximum 
    Buffer Wait:       0         0 

SHOW DEVICES/SERVED/RESOURCE コマンドの出力例を示しています。 Total カラムは,バッファ領域のサイズ ( ページ数 ) と MSCP サーバが使用するために確保されている I/O 要求パケット数の総数を示します。 Free カラムは,バッファ領域の空きサイズ ( ページ数 ) と I/O 要求パケット数の空き数を示しています。

In Use カラムは,バッファ領域内で使用中のページ数を示しています。

Buffer Wait というラベルのついた行は,バッファ領域の確保待ちをしている I/O 要求数と,その数の今までの最大値です。

#4

$ SHOW DEVICES/SERVED/HOST
       MSCP-Served Devices on BIAK 28-NOV-2001 13:54:41.99 
  . 
  . 
  . 
                                           Queue Requests 
Host:            Time of Connection      Current    Max   Devices 
    IPL31     25-MAY-2001 21:44:06.44          0      1         0 
    DELAND    25-MAY-2001 21:44:09.98          0      1         0 
    HEAVEN    25-MAY-2001 22:03:15.67          0      7        10 
    VIVA      26-MAY-2001 09:44:11.96          0      1         0 
  . 
  . 
  . 

SHOW DEVICES/SERVED/HOST コマンドの出力例を示しています。第 1 カラムは,MSCP サーバに接続したクラス・ドライバ持つホスト名,次のカラムはその接続時刻を示しています。

Queue Requests カラムは,装置で現在実行中している I/O 要求の値,一度に処理した I/O 要求の最大値,およびそのホストでオン・ライン状態にある装置の数です。

#5

$ SHOW DEVICES/SERVED
       MSCP-Served Devices on HEN  3-DEC-2001 09:09:08.49 
                                         Queue Requests 
Device:         Status   Total Size    Current   Max  Hosts 
   254$DJB1      Avail            0          0     0      0 
   254$DUA2     Online      1216665          0     0      1 
   254$DUA4006   Avail            0          0     0      0 
 
      TMSCP-Served Devices on HEN  3-DEC-2001 09:09:08.74 
                                         Queue Requests 
Device:         Status    Position     Current   Max  Hosts 
   90$MUA7       Avail            0          0     0      0 
   90$MUA8       Avail            0          0     0      0 
   90$MUA50     Online         3804          0     0      0 

これは MSCP サーバと TMSCP サーバ装置の両方を接続しているノードからの SHOW DEVICES/SERVED コマンドの出力例を示しています。 MSCP サーバディスク装置の第 3 カラムは,ディスク装置のサイズを示しています。 TMSCP サーバの同じカラムには各テープの位置を示してします。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項