日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:システム構成の概要
第 2 章:ビジネス要件とアプリケーション要件の決定
第 3 章:システムの選択
第 4 章:インターコネクトの選択
第 5 章:ストレージ・サブシステムの選択
第 6 章:SCSI と Fibre Channel ストレージに対するマルチパスの構成
第 7 章:ストレージ・インターコネクトとしての Fibre Channel の構成
第 8 章:可用性を目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 9 章:可用性とパフォーマンスを目的とした CI OpenVMS Cluster の構成
第 10 章:スケーラビリティを目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 11 章:システム管理の手法
付録 A :インターコネクトとしての SCSI
付録 B :MEMORY CHANNEL 技術概要
付録 C :CI-to-PCI アダプタ (CIPCA) サポート
付録 D :マルチサイト OpenVMS Cluster
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
OpenVMS Cluster 構成ガイド


目次 索引



表 11-7 は,バックアップ用のデータ・コピーの提供方法を示しています。

表 11-7 データのバックアップ方法
データの種類 バックアップ方法
データベースが常時変化。トランザクションは必ず保存する。 データベース・バックアップ (静的であることがわかっているタイミングで) とデータベースに対するジャーナル・トランザクションを組み合わせて使用します。

関連項目: その他補足情報については,以下のマニュアルも参照してください。

  • 『RMS Journaling for OpenVMS Manual』

  • 『Guide to OpenVMS File Applications』

  • 『DEC Rdb Guide to Database Design and Definition』

  • 『DEC DBMS Database Design Guide』

  • 『DEC DBMS Database Maintenance and Performance Guide』

夜昼,週末を問わず常時データにアクセスする必要がある。 Volume Shadowing for OpenVMS ソフトウェアを利用してファースト・ディスク・バックアップを実行します。シャドウ・セットのマウントを解除し,シャドウ・セットを 2 メンバで再マウントし,3 番目のディスクを磁気テープにコピーして 3 メンバ・シャドウ・セットからメンバを削除します。この後,3 番目のディスクを再びシャドウ・セットに組み込むことができます。
バックアップ時間が長くてもデータを利用できるものとする。 OpenVMS Backup ユーティリティ (BACKUP) を利用してボリュームのイメージ・バックアップや,指定ファイル・セットのファイル単位コピーを作成します。 BACKUP では,コピーを別のディスク (またはディスク・セット) または磁気テープに作成できます。イメージ・コピーの復元では,イメージ全体をディスクに書き込む必要があります。復元したファイルは,復元したディスクから目的の宛先までコピーされます。

一方,イメージ・コピーは,ファイルを 1 つずつコピーするファイル単位コピーよりも高速です。バックアップ・コピーから 1 つのファイルを復元するのは簡単です。フィルタ単位復元では,復元したディスクのフラグメンテーションを大幅に削減できます。

データは静的である。 データのコピーを磁気テープにアーカイブし,オンライン・ファイルは他のバックアップ手順から除外するだけで十分です。このバックアップ方法は,プログラム・ソース,ドキュメンテーション・ファイル,配布キットに使用します。
スクラッチ・ファイルと中間ファイル。 これらのファイルにはバックアップをしなくてもかまいません。



11.11 テープのバックアップ

バックアップ・テープ・ストレージは,最も経済的なストレージ媒体です。テープは,オフライン・ストレージとして最も一般的な媒体であり,容量,経費,保存寿命もさまざまです。一般に,テープ・ストレージはリムーバブルであり,通常オフラインです。

バックアップ手順の詳細については,以下のマニュアルを参照してください。

  • 『OpenVMS システム管理者マニュアル』

  • 『OpenVMS システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル』



11.11.2 無人バックアップの長所

現在のテープ・ドライブ・テクノロジでは,オペレータの操作 (テープの交換など) なしで実行できる大規模バックアップ操作が可能です。このような無人バックアップでは,時間と人件費を大幅に節約できます。Tx 8x7 や TA91 などのテープ・マガジン付きのカートリッジ・テープ・ローダでは,オンライン・ストレージをほぼ 42 GB まで無人でバックアップすることができます。また, TC44 インターコネクト・アダプタを経由して,StorageTek 4400 ACS のようなロボットによる媒体アクセスをする装置を使用するとテラバイト容量のバックアップ・アーカイブが可能です。

11.11.3 Archive/Backup System for OpenVMS

Archive/Backup System for OpenVMS は,Storage Library System (SLS) に代わるシステムです。Archive/Backup では,経済的にシステム管理ができ,また器機の経費も削減できるだけでなく,データのセキュリティも守られます。 POLYCENTER Media Library Manager (MLM) と POLYCENTER Media Robot Manager (MRM) により,データを経済的なテープに保存し,バックアップしてアーカイブしたデータを簡単に探し出すことができます。POLYCENTER MLM と MRM は,OpenVMS ユーザに安全で信頼性が高く,テープと光学リムーバブル媒体までの完全アクセス自動化を,Odetics 5480 や Tx8x7 ファミリなど,ロー・コストな媒体ロボットにより実現した最初の HP 製品です。

11.11.4 StorageTek 4400 ACS

StorageTek 4400 ACS ストレージ・サイロは,TC44 アダプタを利用して HSC に,あるいは KCM44 アダプタを利用してシステムの XMI バスに直接接続できます。 StorageTek Silo は,IBM 3480 互換カートリッジ・テープのライブラリへのアクセスを自動化します。ライブラリには,最高で 16 のライブラリ・ストレージ・モジュールを保管できます。各モジュールには,最大で 1.2 TB のデータを 6000 本のテープ・カートリッジで保管できます。テープを要求すると,ロボット・アームが 45 秒から 90 秒以内にテープを探し出してマウントします。OpenVMS Backup ユーティリティなど,テープ・アプリケーションのデータ移動は TA90 テープ・ドライブと同じ方法で実行します。

11.11.5 テープ・ドライブのパフォーマンスとキャパシティ

表 11-8 は,さまざまなテープ・ドライブとそれを接続するインターコネクトについて,パフォーマンスとキャパシティを示しています。

表 11-8 テープ・ドライブ・パフォーマンスとキャパシティ
インターコネクト 説明
CI (STI テープ) TA92 は 2.6 MB/s でデータを転送できます。 IBM 3480 互換マガジン・カートリッジ・テープでは,38 GB のバックアップを無人で実行できます。パフォーマンスを最大限に発揮するには,TA92 を KDM70 コントローラで接続するか,テープ・ドライブまでのパスをディスク・ドライブまでのパスと分けるため,複数の CI アダプタで構成します。
DSSI The TF867 では,最高のテープ・パフォーマンスを実現できます。 1/2 インチ・カートリッジ・テープのマガジンには,最高で 42 GB のデータを無人バックアップできます。転送速度は 0.8 MB/s です。TF857 は TK50 テープと TK70 テープを読み取ることができ,そのマガジンには最高で 18 GB のデータを保存できます。
SCSI TSZ07 では,SCSI 構成により,9 トラックのリール間テープのアクセスが可能です。容量はリール当たり 140 MB,転送速度は 750 KB/s です。TZK10 は経済的ですが,SCSI 構成のテープ方式としては低速です。525 MB を保存できる 1/4 インチ・カートリッジを使用し,200 KB/s で転送することができます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項