日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:システム構成の概要
第 2 章:ビジネス要件とアプリケーション要件の決定
第 3 章:システムの選択
第 4 章:インターコネクトの選択
第 5 章:ストレージ・サブシステムの選択
第 6 章:SCSI と Fibre Channel ストレージに対するマルチパスの構成
第 7 章:ストレージ・インターコネクトとしての Fibre Channel の構成
第 8 章:可用性を目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 9 章:可用性とパフォーマンスを目的とした CI OpenVMS Cluster の構成
第 10 章:スケーラビリティを目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 11 章:システム管理の手法
付録 A :インターコネクトとしての SCSI
付録 B :MEMORY CHANNEL 技術概要
付録 C :CI-to-PCI アダプタ (CIPCA) サポート
付録 D :マルチサイト OpenVMS Cluster
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
OpenVMS Cluster 構成ガイド


目次 索引



図 9-3 に示す,CI OpenVMS Cluster の構成要素は次のとおりです。

パート 説明
ホスト 1,ホスト 2 デュアル CI 対応の OpenVMS Alpha ホストまたは VAX ホスト。

解説: どちらかのホストに障害が発生しても,システムは処理を続行できます。正常時には,両方のホストのフル・パフォーマンスをアプリケーションに使用できます。

CI 1-1,CI 1-2,CI 2-1,CI 2-2 どちらのホストもデュアル CI アダプタ。アダプタ CI 1- n は,ホスト 1 の CI アダプタであり,CI n に接続されている。以下同様。

解説: どちらのホストの CI アダプタに障害が発生しても,残ったホストと HSJ ストレージ・コントローラまでの CI 接続をホストは維持します。ホスト上のどちらの CI アダプタも,別々のスター・カプラに接続されています。障害がなければ,両方の CI アダプタのフル・データ帯域幅と I/O 通信速度/秒のキャパシティをホストで利用できます。

スター・カプラ A (パス A ハブ), スター・カプラ B (パス B Hubs) 2 個の CI スター・カプラは,いずれも独立した 2 つのパス・ハブからなる。スター・カプラ A のパス・ハブは,両方の CI ともパス A ケーブルに接続されており,スター・カプラ B のパス・ハブは,両方の CI ともパス B ケーブルに接続されている。

解説: スター・カプラや接続ケーブルに機械的な損傷やその他のローカルな損傷が発生しても,残った CI パスに影響が出ることはまずありません。残ったパスとスター・カプラで両方の CI に対するフル接続は維持されます。パスが切断されても,障害が発生したパスに接続されているストレージ・コントローラとホスト・アダプタの帯域幅の可用性に影響があるだけです。すべてのパスを使用できれば, 両方の CI の帯域幅を組み合わせた帯域幅を利用できます

パス A CI ケーブル, パス B CI ケーブル 各パスのハブは,パス当たり 1 本の送受信ケーブル・ペアで CI ホスト・アダプタと HSJ ストレージ・コントローラに接続されている。両方の CI のパス A ケーブルは,いっしょに配線されているが,パス B ケーブルの経路とは異なる。
HSJ 1, HSJ 2 シングル StorageWorks キャビネットのデュアル HSJ ストレージ・コントローラ。

解説: どちらかのストレージ・コントローラに障害が発生しても, 2 つの HSJ 間で共用されている SCSI バスにより,障害が発生したコントローラが制御していたディスクの制御を残ったコントローラが引き受けます。両方のコントローラを使用できる場合,それぞれにディスクのサブセットのサービス担当を割り当てることができます。これにより,両方のコントローラの I/O 通信速度/秒と帯域幅とのキャパシティをクラスタで利用できます。

SCSI 1, SCSI 2 HSJ ペア間に接続されている共用 SCSI バス。

解説: どちらの HSJ ストレージ・コントローラからも共用 SCSI バス上の各ディスクにアクセスを提供します。これにより当該バス上のディスクのデュアル・ポート化を実装します。

ディスク 1, ディスク 2,... ディスク n-1, ディスク n 重要なディスクは共用 SCSI バスにより,HSJ ペア間でデュアル・ポート化されている。

解説: どちらかの HSJ に障害が発生しても,残った HSJ が障害の発生した HSJ が制御していたディスクの制御を引き受けます。

シャドウ・セット n によるシャドウ・セット 1 重要なディスクは,別の共用 SCSI に接続されているもう 1 つのディスクによりシャドウ化される。

解説: 接続先のディスクと SCSI バスのどちらか,または両方に障害が発生しても,残ったシャドウ・セット・メンバを利用できます。両方のディスクが利用できる場合,それらを組み合わせた READ I/O キャパシティと READ データ帯域幅キャパシティをクラスタで利用できます。



9.5.2 長所

構成 3 には,構成 2 の各構成要素の長所のほか,以下のような長所があります。

  • CI パスにローカルな損傷が発生しても,両方の CI を引き続き使用できる。

  • 構成 2 と同程度の経費で可用性を強化できる。



9.5.3 短所

構成 3 には,以下のような短所があります。

  • ホスト CI アダプタに障害が発生しても,またホストとのフル接続を維持している他の HSJ にディスクが自動的にフェールオーバされることが ない
    ホスト CI アダプタに障害が発生しても,MSCP サービスが有効になっていれば,残った OpenVMS システムは,HSJ のディスクから,障害が発生したアダプタを持つホストまでのサービスを開始します。

  • スター・カプラや接続ケーブルに障害が発生すると,両方の CI の同じパスに影響が出る可能性がある。

  • 両方の CI のパス n に影響を与える障害が発生すると,両方の CI の同じパスに影響が出やすい。

  • StorageWorks キャビネットに物理的な障害が発生すると,クラスタが使用できなくなる可能性が高い。



9.5.4 可用性とパフォーマンスの主な強化手法

構成 3 には,CI の物理的な分離を除き,構成 2 のすべての手法が盛り込まれています。構成 2 にない大きな長所は,パス別のスター・カプラ・キャビネットです。これにより,パス A ケーブルとパス A ハブをパス B ケーブルとパス B ハブから隔てることができます。

9.6 構成 4

CI 構成の可用性は,シャドウ・セット・メンバと,その HSJ コントローラが物理的に隔てられたことによって大幅に強化できます。その場合,シャドウ・セットのメンバを破壊してしまう機械的事故やその他のローカルな障害の発生を大幅に削減できます。この構成を 図 9-4 に示します。

図 9-4 冗長構成要素,パス分離スター・カプラ,重複 StorageWorksキャビネット (構成 4)


構成 4 は,構成 3 に似ていますが,シャドウ・セット・メンバとその HSJ コントローラが,物理的にも距離の離れた別々の StorageWorks キャビネットにマウントされている点が異なります。

StorageWorks キャビネット,パス固有のスター・カプラ・キャビネット,そして接続パス・ケーブルは,できるだけ離すようにします。たとえば, StorageWorks キャビネットとスター・カプラ・キャビネットをコンピュータ室の端と端に配置すれば,パス A ケーブルとパス B ケーブルが別々の経路をたどるように CI ケーブルを配線できます。

注意

構成 4 ( 図 9-4 ) で説明した分離 StorageWorks キャビネット手法は,構成 1 ( 図 9-1 ) と構成 2 ( 図 9-2 ) にも適用できます。



図 9-4 に示す CI OpenVMS Cluster の構成要素は次のとおりです。

パート 説明
ホスト 1, ホスト 2 デュアル CI 対応の OpenVMS Alpha ホストまたは VAX ホスト。

解説: どちらのホストに障害が発生しても,システムは処理を続行できます。正常時には,両方のホストのフル・パフォーマンスをアプリケーションに使用できます。

CI 1-1, CI 1-2, CI 2-1, CI 2-2 各ホストにデュアル CI アダプタ。アダプタ CI 1- n は CI n に接続されたホスト 1 の CI アダプタ。以下同様。

解説: どちらかのホストの CI アダプタに障害が発生しても,ホストは,残ったホストや HSJ ストレージ・コントローラとの CI 接続を維持します。ホスト上の各 CI アダプタは,別々のスター・カプラに接続されます。障害がなければ,両方の CI アダプタのフル・データ帯域幅のキャパシティと I/O 速度/秒のキャパシティをホストに活かすことができます。

スター・カプラ A (パス A ハブ),スター・カプラ B (パス B ハブ) 2 つの CI スター・カプラ。それぞれ独立したハブ・セクションからなる。スター・カプラ A のパス・ハブは,両方の CI のパス A ケーブルに,スター・カプラ B のパス・ハブは,両方の CI のパス B ケーブルに接続される。

解説: スター・カプラや接続ケーブルに対する機械的な損傷やその他のローカルな損傷で,残った CI パスが影響を受けることはほとんどありません。残ったパスとスター・カプラで,両方の CI の接続が維持されます。パスが切断されると,障害が発生したパスに接続されているストレージ・コントローラとホスト・アダプタで利用できる帯域幅に影響が出ます。すべてのパスを使用できるときは,両方の CI を組み合わせた帯域幅を利用できます。

パス A CI ケーブル,パス B CI ケーブル 各パスのハブは,パス当たり 1 本の送受信ケーブル・ペアで CI ホスト・アダプタと HSJ ストレージ・コントローラに接続されている。両方の CI のパス A ケーブルは,いっしょに配線されているが,パス B ケーブルの経路とは異なる。
HSJ 1,HSJ 2 デュアル HSJ ストレージ・コントローラ。それぞれ独立した StorageWorks キャビネットに格納。Volume Shadowing for OpenVMS により, StorageWorks キャビネット間でデータのコピーを保持する。

解説: StorageWorks キャビネットが破損したり,1 つのストレージ・コントローラに障害が発生すると,残った StorageWorks キャビネットにある残ったコントローラが,すべてのディスクのシャドウ・コピーを制御します。両方のコントローラが利用できる場合は,それぞれディスクのサブセットのサービスをするように割り当てることができます。ボリューム・シャドウイングでは,HSJ 間に READ I/O を分散させることができます。こうして,両方のコントローラの I/O 速度/秒と帯域幅のキャパシティをクラスタに活かすことができます。

SCSI 1, SCSI 2 プライベート SCSI バスは,HSJ に接続されます。

解説: 各シャドウ・セット・メンバにホスト・アクセスを提供します。

シャドウ・セット 重要なディスクは,ボリューム・シャドウイングにより,HSJ ペア間でシャドウ化されます。各 HSJ と,そのディスクは,互いの StorageWorks キャビネットとは物理的に隔てられた StorageWorks キャビネットに設置されます。

解説: StorageWorks キャビネット全体,またはディスク, SCSI バス,あるいは接続先の HSJ に障害が発生しても,残ったシャドウ・セット・メンバは利用できます。両方のディスクを使用できる場合は,それらを組み合わせた READ I/O 速度/秒キャパシティと READ データ帯域幅のキャパシティをクラスタに活かすことができます。



9.6.2 長所

構成 4 には,構成 3 のほとんどの各構成要素上の長所の他,以下のような長所があります。

  • 1 個の StorageWorks キャビネットに物理的な損傷が発生しても,クラスタが無効になることは少ない。

  • 別の HSJ に対するディスク・フェールオーバは問題ない。



9.6.3 短所

構成 4 には,以下のような短所があります。

  • 各ディスクまでの冗長パスがない。

  • シャドウ・セットに対する Write I/O に,他の方法の倍の CI 帯域幅が必要である。

  • 構成 2 や構成 3 よりも経費がかかる。



9.6.4 可用性とパフォーマンスの主な強化手法

構成 4 ( 図 9-4 ) には,構成 3 の手法がすべて盛り込まれています。物理的に隔てられた StorageWorks キャビネット間にシャドウ・セット・メンバを分散することができます。

9.7 まとめ

以上 4 つの構成では,いずれも可用性とパフォーマンスを以下の手法で実現する方法を説明してきました。

  • 冗長構成要素の追加

  • 重要なディスクのデュアル・ポート化

  • 重要なディスクのシャドウ化

応用手法としては,CI パス A ケーブルとパス B ケーブルおよびその付属ハブを分離する方法を構成 3 と構成 4 で説明しました。この手法では,ハードウェアを追加することなく,パフォーマンスを維持しながら可用性を強化できました。構成 4 では,シャドウ・セット・メンバとその付属 HSJ コントローラを物理的に分離することで,パフォーマンスを犠牲にせずに高い可用性を実現しました。

以上の構成方法を指針として,コンピューティングのニーズに合った手法を選択し,環境の変化に応じて適用してください。以上の構成例で説明してきた手法は,CI 構成が大きくなれば,そのまま拡張できます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡