日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:システム構成の概要
第 2 章:ビジネス要件とアプリケーション要件の決定
第 3 章:システムの選択
第 4 章:インターコネクトの選択
第 5 章:ストレージ・サブシステムの選択
第 6 章:SCSI と Fibre Channel ストレージに対するマルチパスの構成
第 7 章:ストレージ・インターコネクトとしての Fibre Channel の構成
第 8 章:可用性を目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 9 章:可用性とパフォーマンスを目的とした CI OpenVMS Cluster の構成
第 10 章:スケーラビリティを目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 11 章:システム管理の手法
付録 A :インターコネクトとしての SCSI
付録 B :MEMORY CHANNEL 技術概要
付録 C :CI-to-PCI アダプタ (CIPCA) サポート
付録 D :マルチサイト OpenVMS Cluster
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
OpenVMS Cluster 構成ガイド


目次 索引



この節では,OpenVMS に HSG を使用するための基本セットアップ要件を説明します。 HSG60 と HSG80 のセットアップ手順は同じですが,ここに示す例は, HSG80 の出力です。詳細については,『HSG80 Array Controller ACS Version 8.4 Configuration and CLI Reference Guide』を参照してください。

以下に,OpenVMS 用に HSG を構成するための手順を示します。

  1. HSG にデュアル・コントローラがある場合は,マルチバス・フェールオーバ・モードに設定します ( 第 7.7.1 項 )。

  2. コントローラの SCSI バージョンは SCSI-3 に設定します ( 第 7.7.2 項 )。

    注意

    コントローラの割り当てクラスの値は設定する必要はありません。このパラメータは, HSG 付きの OpenVMS では使用しないからです。

  3. OpenVMS から HSG コマンド・コンソール LUN (CCL) にアクセスする場合,デバイス識別子に割り当ててください ( 第 7.7.3 項 )。
    これにより,OpenVMS は CCL を汎用 SCSI デバイスとして構成します。

    注意

    OpenVMS の現在のバージョンでは,デバイス識別子を CCL に割り当てる必要があります。この要件は,将来のアップデートでは解消される予定です。

  4. HSG FC ポートのパラメータを設定します ( 第 7.7.4 項 )。
    各ポートの FC プロファイルは,PLDA に設定し,そのトポロジは FABRIC に設定します。

  5. 論理ユニットを HSG 構成に追加します ( 第 7.7.5 項 )。
    このとき,論理ユニット番号とデバイス識別子を各論理ユニットに割り当てる必要があります。

    注意

    論理ユニットの優先パス・パラメータは設定不要です。OpenVMS では,パス選択時に優先パス・パラメータを使用しません。

  6. HSG ホスト接続テーブルを構成します ( 第 7.7.6 項 )。



7.7.1 デュアル HSG をマルチバス・フェールオーバ・モードに設定

デュアル HSG をマルチバス・フェールオーバ・モードに設定するとき, HSG コンソールで以下のコマンドを使用できます。

  • デュアル・コントローラがフェールオーバに構成されているかどうかを確認するための最初の SHOW コマンド。

  • コントローラをマルチバス・モードにするための SET コマンド。他のコントローラが再起動します。

  • デュアル・コントローラがマルチバス・フェールオーバに構成されたかどうかを確認するための 2 番目の SHOW コマンド。

以上のコマンドの出力を 例 7-5 に示します。

例 7-5 デュアル HSG をマルチバス・フェールオーバ・モードに設定

 
HSG> SHOW THIS_CONTROLLER 
Controller: 
        HSG80 ZG80900677 Software R024F-0,Hardware  E01 
        NODE_ID          = 5000-1FE1-0000-0D10 
        ALLOCATION_CLASS = 0 
        SCSI_VERSION     = SCSI-2 
        Not configured for dual-redundancy 
            Controller misconfigured -- other controller present 
        Device Port SCSI address 6 
        Time: NOT SET 
        Command Console LUN is disabled 
Host PORT_1: 
        Reported PORT_ID = 5000-1FE1-0000-0D11 
        PORT_1_PROFILE   = SCC 
        PORT_1_TOPOLOGY  = OFFLINE (offline) 
Host PORT_2: 
        Reported PORT_ID = 5000-1FE1-0000-0D12 
        PORT_2_PROFILE   = SCC 
        PORT_2_TOPOLOGY  = OFFLINE (offline) 
        NOREMOTE_COPY 
Cache: 
        128 megabyte write cache,version 0012 
        Cache is GOOD 
        No unflushed data in cache 
        CACHE_FLUSH_TIMER = DEFAULT (10 seconds) 
Mirrored Cache: 
        Not enabled 
Battery: 
        FULLY CHARGED 
        Expires:             27-APR-2000 
        NOCACHE_UPS 
%CER--HSG> --13-JAN-1946 04:32:49 (time not set)-- Controllers misconfigured. - 
Type SHOW THIS_CONTROLLER 
 
HSG> SET MULTIBUS_FAILOVER COPY = THIS_CONTROLLER 
 
%EVL--HSG> --13-JAN-1946 04:38:37 (time not set)-- Instance Code: 07050064 (not 
yet reported to host) 
Template: 5.(05) 
Power On Time: 0. Years,284. Days,5. Hours,18. Minutes,27. Seconds 
Controller Model: HSG80 
Serial Number: ZG80900677 Hardware Version:  E01(29) 
Software Version: R024F(FF) 
Informational Report 
Instance Code: 07050064 
Last Failure Code: 08080000 (No Last Failure Parameters) 
 
%EVL--HSG> --13-JAN-1946 04:38:37 (time not set)-- Instance Code: 43010064 (not 
yet reported to host) 
Template: 4.(04) 
Power On Time: 0. Years,284. Days,5. Hours,18. Minutes,28. Seconds 
Controller Model: HSG80 
Serial Number: ZG80900677 Hardware Version:  E01(29) 
Software Version: R024F(FF) 
Informational Report 
Other Controller Serial Number: ZG80900641 
Failed Controller Target Number: 0.(00) 
LUNs Taken By This Controller: 
  00000000 
  00000000 
  00000000 
  00000000 
  00000000 
  00000000 
  00000000 
  00000000 
Instance Code: 43010064 
 
... 
%CER--HSG> --13-JAN-1946 04:38:37 (time not set)-- Received LAST GASP message- 
from other controller,Last Failure Code: 08080000 
HSG> 
 
... 
%CER--HSG> --13-JAN-1946 04:39:23 (time not set)-- Other controller restarted 
HSG> SHOW THIS_CONTROLLER 
Controller: 
        HSG80 ZG80900677 Software R024F-0,Hardware  E01 
        NODE_ID          = 5000-1FE1-0000-0D10 
        ALLOCATION_CLASS = 0 
        SCSI_VERSION     = SCSI-2 
        Configured for MULTIBUS_FAILOVER with ZG80900641 
            In dual-redundant configuration 
        Device Port SCSI address 6 
        Time: NOT SET 
        Command Console LUN is disabled 
Host PORT_1: 
        Reported PORT_ID = 5000-1FE1-0000-0D11 
        PORT_1_PROFILE   = SCC 
        PORT_1_TOPOLOGY  = OFFLINE (offline) 
Host PORT_2: 
        Reported PORT_ID = 5000-1FE1-0000-0D12 
        PORT_2_PROFILE   = SCC 
        PORT_2_TOPOLOGY  = OFFLINE (offline) 
        NOREMOTE_COPY 
Cache: 
        128 megabyte write cache,version 0012 
        Cache is GOOD 
        No unflushed data in cache 
        CACHE_FLUSH_TIMER = DEFAULT (10 seconds) 
Mirrored Cache: 
        Not enabled 
Battery: 
        FULLY CHARGED 
        Expires:             27-APR-2000 
        NOCACHE_UPS 
Other controller restarted 



7.7.2 HSG を SCSI-3 モードに設定

例 7-6 は,HSG を SCSI-3 モードに設定する方法を示したものです。デュアル構成の他のコントローラは,自動的に同じモードに設定されます。この設定を有効にするには,コントローラを再起動する必要があります。

例 7-6 HSG を SCSI-3 モードに設定

HSG> SET THIS_CONTROLLER SCSI_VERSION = SCSI-3 
Warning 4030: Any units that would appear as unit 0 to a host will not be 
              available when in SCSI-3 mode 
Warning 4020: A restart of both this and the other controller is required 
              before all the parameters modified will take effect 
%CER--HSG> --13-JAN-1946 04:42:28 (time not set)-- Restart of this controller- 
required 
%CER--HSG> --13-JAN-1946 04:42:28 (time not set)-- Restart of the other- 
controller required 
Restart of this controller required 
Restart of the other controller required 



7.7.3 デバイス識別子を CCL 用に設定

OpenVMS で CCL を構成する場合は,コントローラのペアに同じ識別子を割り当てる必要があります。この識別子は,クラスタ内のすべての HSG コントローラのペアに対して一意にする必要があります。

以下のコマンドは,コントローラのペアの CCL 用のデバイス識別子を 42 に設定します。これにより,OpenVMS は CCL を汎用 SCSI デバイスに構成します。デバイス名は $1$GGA42 になります。 SHOW THIS_CONTROLLER コマンドで設定を確認してください。


HSG> SET THIS_CONTROLLER IDENTIFIER = 42 

注意

OpenVMS の現在のバージョンでは,CCL にデバイス識別子を割り当てる必要があります。この要件は,将来のアップデートで解消される予定です。



各 HSG ポートのプロファイルを PLDA に設定し,トポロジを FABRIC に設定するには, 例 7-7 に示すコマンドを使用します。設定は, SHOW THIS コマンドと SHOW OTHER コマンドで確認できます。

各ポートには,5000-1FE1-0000-0D11 という形式の一意の 64 ビット識別子が割り当てられます。これらの識別子は,ラベル Reported PORT_IDの次の SHOW THIS 表示と SHOW OTHER 表示で確認できます。ホストと論理ユニットの間に設定できる複数のパスを,OpenVMS はこれらの識別子で表します。

注意

例 7-7 に示す,コマンド HSG> SET THIS_CONTROLLER PORT_1_PROFILE=PLDAは, ACS 8.4 を使用している場合に必要です。ACS 8.5 以上を使用している場合は,この手順を実行する必要はありません。)

例 7-7 HSG ポート・パラメータの設定

HSG> SET THIS_CONTROLLER PORT_1_PROFILE = PLDA 
Warning 4000: A restart of this controller is required before all the 
              parameters modified will take effect 
%CER--HSG> --17-MAR-1999 12:24:09-- Restart of this controller required 
Restart of this controller required 
HSG> SET THIS_CONTROLLER PORT_1_TOPOLOGY = FABRIC 
Warning 4000: A restart of this controller is required before all the 
              parameters modified will take effect 
%CER--HSG> --17-MAR-1999 12:25:02-- Restart of this controller required 
Restart of this controller required 
HSG> SET THIS_CONTROLLER PORT_2_PROFILE = PLDA 
Warning 4000: A restart of this controller is required before all the 
              parameters modified will take effect 
%CER--HSG> --17-MAR-1999 12:25:26-- Restart of this controller required 
Restart of this controller required 
HSG> SET THIS_CONTROLLER PORT_2_TOPOLOGY = FABRIC 
Warning 4000: A restart of this controller is required before all the 
              parameters modified will take effect 
%CER--HSG> --17-MAR-1999 12:25:39-- Restart of this controller required 
Restart of this controller required 
 
 
HSG> SHOW THIS_CONTROLLER 
Controller: 
        HSG80 ZG80900677 Software R024F-0,Hardware  E01 
        NODE_ID          = 5000-1FE1-0000-0D10 
        ALLOCATION_CLASS = 0 
        SCSI_VERSION     = SCSI-3 
        Configured for MULTIBUS_FAILOVER with ZG80900641 
            In dual-redundant configuration 
        Device Port SCSI address 6 
        Time: 17-MAR-1999 12:25:55 
        Command Console LUN is lun 0 (IDENTIFIER = 42) 
Host PORT_1: 
        Reported PORT_ID = 5000-1FE1-0000-0D11 
        PORT_1_PROFILE   = PLDA 
        PORT_1_TOPOLOGY  = FABRIC (offline) 
Host PORT_2: 
        Reported PORT_ID = 5000-1FE1-0000-0D12 
        PORT_2_PROFILE   = PLDA 
        PORT_2_TOPOLOGY  = FABRIC (offline) 
        NOREMOTE_COPY 
Cache: 
        128 megabyte write cache,version 0012 
        Cache is GOOD 
        No unflushed data in cache 
        CACHE_FLUSH_TIMER = DEFAULT (10 seconds) 
Mirrored Cache: 
        Not enabled 
Battery: 
        FULLY CHARGED 
        Expires:             27-APR-2000 
        NOCACHE_UPS 
 
HSG> SET OTHER_CONTROLLER PORT_1_PROFILE = PLDA 
Warning 4010: A restart of the other controller is required before all the 
              parameters modified will take effect 
%CER--HSG> --17-MAR-1999 12:26:46-- Restart of the other controller required 
Restart of the other controller required 
HSG> SET OTHER_CONTROLLER PORT_1_TOPOLOGY = FABRIC 
Warning 4010: A restart of the other controller is required before all the 
              parameters modified will take effect 
%CER--HSG> --17-MAR-1999 12:26:59-- Restart of the other controller required 
Restart of the other controller required 
HSG> SET OTHER_CONTROLLER PORT_2_PROFILE = PLDA 
Warning 4010: A restart of the other controller is required before all the 
              parameters modified will take effect 
%CER--HSG> --17-MAR-1999 12:27:08-- Restart of the other controller required 
Restart of the other controller required 
HSG> SET OTHER_CONTROLLER PORT_2_TOPOLOGY = FABRIC 
Warning 4010: A restart of the other controller is required before all the 
              parameters modified will take effect 
%CER--HSG> --17-MAR-1999 12:27:15-- Restart of the other controller required 
Restart of the other controller required 
 
HSG> SHOW OTHER_CONTROLLER 
Controller: 
        HSG80 ZG80900641 Software R024F-0,Hardware  E01 
        NODE_ID          = 5000-1FE1-0000-0D10 
        ALLOCATION_CLASS = 0 
        SCSI_VERSION     = SCSI-3 
        Configured for MULTIBUS_FAILOVER with ZG80900677 
            In dual-redundant configuration 
        Device Port SCSI address 7 
        Time: 17-MAR-1999 12:27:31 
        Command Console LUN is lun 0 (IDENTIFIER = 42) 
Host PORT_1: 
        Reported PORT_ID = 5000-1FE1-0000-0D13 
        PORT_1_PROFILE   = PLDA 
        PORT_1_TOPOLOGY  = FABRIC (offline) 
Host PORT_2: 
        Reported PORT_ID = 5000-1FE1-0000-0D14 
        PORT_2_PROFILE   = PLDA 
        PORT_2_TOPOLOGY  = FABRIC (offline) 
        NOREMOTE_COPY 
Cache: 
        128 megabyte write cache,version 0012 
        Cache is GOOD 
        No unflushed data in cache 
        CACHE_FLUSH_TIMER = DEFAULT (10 seconds) 
Mirrored Cache: 
        Not enabled 
Battery: 
        FULLY CHARGED 
        Expires:             27-APR-2000 
        NOCACHE_UPS 
 



7.7.5 HSG における論理ユニットのセットアップ

HSG における論理ユニットのセットアップの手順を 例 7-8 を基に以下に示します。

  1. HSG 上のすべての物理ディスク装置を CONFIG コマンドで構成します。

  2. 各ディスク装置を論理ユニットとして以下のように構成します。

    1. INITIALIZE コマンドでディスクを初期化します。

    2. ホストが認識できる論理ユニットとして初期化したディスクを ADD コマンドで追加します。
      HSG ストレージ・サブシステムで一意の論理ユニット番号を選択します。 例 7-8 では 20 を選択しています。そのため,論理ユニット名は D20 になります。

    3. OpenVMS デバイス名の基本になるデバイス識別子を SET コマンドで設定します。
      このデバイス識別子は,OpenVMS Cluster のすべての FC ディスクに対して一意であるものとします。 例 7-8 では 32020 を選択しています。そのため,論理ユニットの OpenVMS デバイス名は $1$DGA32020 になります。
      注意: FC デバイスが MSCP サービス対象の場合,このデバイス識別子に使用できる最大文字数は 9999 です。この制限事項は将来のリリースで解消される予定です。

例 7-8 HSG における論理ユニットのセットアップ

HSG> RUN CONFIG 
 
Config Local Program Invoked 
 
Config is building its tables and determining what devices exist 
on the subsystem. Please be patient. 
 
add disk DISK10000   1 0 0 
add disk DISK10100   1 1 0 
add disk DISK10200   1 2 0 
add disk DISK20000   2 0 0 
 
Config - Normal Termination 
HSG> SHOW DISK FULL 
Name          Type                      Port Targ  Lun        Used by 
------------------------------------------------------------------------------ 
... 
DISK20000     disk                         2    0    0        
          DEC      RZ1CD-CS (C) DEC 0306 
        Switches: 
          NOTRANSPORTABLE       
          TRANSFER_RATE_REQUESTED = 20MHZ (synchronous 20.00 MHZ negotiated) 
        Size: 8378028 blocks 
 
HSG> SHOW UNITS 
No LUNs 
HSG> INITIALIZE DISK20000 
HSG> ADD UNIT D20 DISK20000 
HSG> SET D20 IDENTIFIER = 32020 
HSG> SHOW UNITS FULL 
    LUN                                      Uses             Used by 
------------------------------------------------------------------------------ 
 
  D20                                        DISK20000    
        LUN ID:      6000-1FE1-0000-0D10-0009-8090-0677-0024 
        IDENTIFIER = 32020 
        Switches: 
          RUN                    NOWRITE_PROTECT        READ_CACHE            
          READAHEAD_CACHE        WRITEBACK_CACHE       
          MAXIMUM_CACHED_TRANSFER_SIZE = 32 
        Access: 
                ALL 
        State: 
          ONLINE to this controller 
          Not reserved 
          NOPREFERRED_PATH 
        Size: 8378028 blocks 
        Geometry (C/H/S): ( 3708 / 20 / 113 ) 
 



7.7.6 HSG ホスト接続の構成

HSG で,デフォルトのホスト接続情報を自動的に作成できます。また,ホスト接続情報はマニュアルでも設定できます。詳細については,『HSG80 Array Controller ACS Version 8.4 Configuration and CLI Reference Guide』を参照してください。自動設定をする場合,デフォルト設定を変更する必要があります。

初めて使用するときには,HSG にホスト接続は設定されていません。ホストを FC インターコネクトに接続し電源を入れると,HSG はホストを認識し, 例 7-9 のようにデフォルトの接続情報を作成します。このデフォルト情報の作成後,接続値を環境に応じた意味の値に変更できます。 例 7-9 を参照してください。

さらに,次の作業をします。

  • オペレーティング・システム名を各接続の VMS に設定します。 例 7-9 を参照してください。

  • 各接続の装置オフセット値がゼロ (0) に設定されているか,確認します。ゼロになっていない場合は,ゼロに設定します。

例 7-9 HSG ホスト接続の構成

 
HSG> SHOW CONNECTIONS 
No Connections 
HSG> SHOW CONNECTIONS 
Connection                                                                Unit 
   Name      Operating System    Controller  Port    Address    Status   Offset 
 
!NEWCON44         WINNT             THIS       2      210713   OL this       0 
           HOST_ID=1000-0000-C920-A7DB         ADAPTER_ID=1000-0000-C920-A7DB 
 
!NEWCON45         WINNT             OTHER      2      210713   OL other      0 
           HOST_ID=1000-0000-C920-A7DB         ADAPTER_ID=1000-0000-C920-A7DB 
 
!NEWCON46         WINNT             THIS       1      210713   OL this       0 
           HOST_ID=1000-0000-C920-A694         ADAPTER_ID=1000-0000-C920-A694 
 
!NEWCON47         WINNT             OTHER      1      210713   OL other      0 
           HOST_ID=1000-0000-C920-A694         ADAPTER_ID=1000-0000-C920-A694 
HSG> RENAME !NEWCON44 FCNOD1A_T 
HSG> RENAME !NEWCON45 FCNOD1A_O 
HSG> RENAME !NEWCON46 FCNOD1B_T 
HSG> RENAME !NEWCON47 FCNOD1B_O 
HSG> SHOW CONNECTIONS 
Connection                                                                Unit 
   Name      Operating System    Controller  Port    Address    Status   Offset 
 
FCNOD1A_O          WINNT             OTHER      2      210713   OL other      0 
           HOST_ID=1000-0000-C920-A7DB         ADAPTER_ID=1000-0000-C920-A7DB 
 
FCNOD1A_T          WINNT             THIS       2      210713   OL this       0 
           HOST_ID=1000-0000-C920-A7DB         ADAPTER_ID=1000-0000-C920-A7DB 
 
FCNOD1B_O          WINNT             OTHER      1      210713   OL other      0 
           HOST_ID=1000-0000-C920-A694         ADAPTER_ID=1000-0000-C920-A694 
 
FCNOD1B_T          WINNT             THIS       1      210713   OL this       0 
           HOST_ID=1000-0000-C920-A694         ADAPTER_ID=1000-0000-C920-A694 
HSG> SET FCNOD1A_O OPERATING_SYSTEM = VMS 
HSG> SET FCNOD1A_T OPERATING_SYSTEM = VMS 
HSG> SET FCNOD1B_O OPERATING_SYSTEM = VMS 
HSG> SET FCNOD1B_T OPERATING_SYSTEM = VMS 
HSG> SHOW CONNECTIONS 
Connection                                                                Unit 
   Name      Operating System    Controller  Port    Address    Status   Offset 
 
FCNOD1A_O           VMS              OTHER      2      210713   OL other      0 
           HOST_ID=1000-0000-C920-A7DB         ADAPTER_ID=1000-0000-C920-A7DB 
 
FCNOD1A_T           VMS              THIS       2      210713   OL this       0 
           HOST_ID=1000-0000-C920-A7DB         ADAPTER_ID=1000-0000-C920-A7DB 
 
FCNOD1B_O           VMS              OTHER      1      210713   OL other      0 
           HOST_ID=1000-0000-C920-A694         ADAPTER_ID=1000-0000-C920-A694 
 
FCNOD1B_T           VMS              THIS       1      210713   OL this       0 
           HOST_ID=1000-0000-C920-A694         ADAPTER_ID=1000-0000-C920-A694 


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項