日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:システム構成の概要
第 2 章:ビジネス要件とアプリケーション要件の決定
第 3 章:システムの選択
第 4 章:インターコネクトの選択
第 5 章:ストレージ・サブシステムの選択
第 6 章:SCSI と Fibre Channel ストレージに対するマルチパスの構成
第 7 章:ストレージ・インターコネクトとしての Fibre Channel の構成
第 8 章:可用性を目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 9 章:可用性とパフォーマンスを目的とした CI OpenVMS Cluster の構成
第 10 章:スケーラビリティを目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 11 章:システム管理の手法
付録 A :インターコネクトとしての SCSI
付録 B :MEMORY CHANNEL 技術概要
付録 C :CI-to-PCI アダプタ (CIPCA) サポート
付録 D :マルチサイト OpenVMS Cluster
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
OpenVMS Cluster 構成ガイド


目次 索引

第 7 章
OpenVMS Cluster ストレージ・インターコネクトとしての Fibre Channel の構成

OpenVMS の大きな利点は,ネットワーク構成と OpenVMS Cluster System 構成用のインターコネクトとプロトコルを幅広くサポートしていることです。この章では,シングル・システム用のストレージ・インターコネクトと,マルチホスト OpenVMS Cluster システム用の共用ストレージ・インターコネクトとしての Fibre Channel 用 OpenVMS Alpha サポートについて説明します。

この章の構成は,以下のとおりです。

  • Fibre Channel の概要 ( 第 7.1 節 )

  • Fibre Channel 構成の要件と制限事項 ( 第 7.2 節 )

  • 構成例 ( 第 7.3 節 )

  • Fibre Channel アドレス,WWID,デバイス名 ( 第 7.4 節 )

  • Fibre Channel テープのサポート( 第 7.5 節 )

  • AlphaServer コンソールによる Fibre Channel の構成 ( 第 7.6 節 )

  • OpenVMS で使用するための HSG のセットアップ ( 第 7.7 節 )

  • 共用 Fibre Channel システム・ディスクによるクラスタの作成 ( 第 7.8 節 )

  • オンライン再構成 ( 第 7.9 節 )

Fibre Channel 構成のマルチパス・サポートについては, 第 6 章 を参照してください。

注意

この章では,Fibre Channel インターコネクトを模式的に図示します。ノードとストレージ・サブシステムが接続されている部分は水平線で表します。物理的には, Fibre Channel インターコネクトは, 図 7-1 に示すように,スイッチから常に放射状に配線されます。

ストレージ・サブシステムにおける複数の SCSI ディスクと SCSI バスも簡略化されています。 1 つ以上の HSGx コントローラがホストに対する論理ユニットとしてサービスする複数のディスクと SCSI バスは,図では単独の論理ユニットとして表示されています。

この章では,表現を簡略化するために,HSG という語を使って HSG 60 と HSG 80 の両方を表しています。ただし, 表 7-2 のように, HSG 60 と HSG 80 の違いを強調する場合は例外です。このような場合は, HSG60 または HSG80 を使用しています。



Fibre Channel は,他のインターコネクトに比べさまざまな利点を備えた ANSI 標準ネットワークとストレージ・インターコネクトです。その主な特徴を 表 7-1 に示します。

表 7-1 Fibre Channel の特徴
特徴 説明
高速伝送 毎秒 1.06 GB,全二重,シリアル・インターコネクト (毎秒 100 MB のデータを同時に送受信可能)
媒体の選択 OpenVMS は,光ファイバ媒体をサポートしています。
長距離インターコネクト OpenVMS は,リンク当たり 500 m のマルチモード・ファイバとリンク当たり最大 100 km のシングルモード・ファイバをサポートしています。
複数のプロトコル OpenVMS は,SCSI--3 をサポートしています。将来は IP,802.3,HIPPI,ATM,IPI その他をサポート予定。
各種トポロジ OpenVMS は,スイッチ FC (高いスケーラビリティの複数同時通信) と複数のスイッチをサポートしています。将来的には,複合アービトレーション・ループとスイッチをサポート予定。

現在,OpenVMS 実装は,次のものをサポートしています。

  • シングル FC スイッチ・トポロジ

  • 複数の FC スイッチ (ファブリック)

  • リンク当たり最大距離 500 m のマルチモードの光ファイバ媒体

  • 最大距離 100 km のインタースイッチ・リンク (ISL) 用のシングル・モードの光ファイバ媒体

図 7-1 はスイッチ・トポロジを論理的に表した図です。 FC ノードは,Alpha ホストかストレージ・サブシステムのどちらかです。ノードからスイッチまでの各リンクは,専用の FC 接続です。スイッチは,ノード・ペア間で保存/送信パケットの配信をします。非結合ノード・ペア間の同時通信はスイッチでサポートしています。

図 7-1 スイッチ・トポロジ (論理図)


図 7-2 は,Fibre Channel スイッチ・トポロジの実体図を表しています。 図 7-2 は解りやすくするために簡素化しています。一般的な構成では 第 7.3.4 項 に示すように,可用性を高めるために Fiber Channel インターコネクトを多重化しています。

図 7-2 スイッチ・トポロジ (実体図)




7.2 Fibre Channel 構成のサポート

OpenVMS Alpha は, 表 7-2 にリストされている Fibre Channel デバイスをサポートしています。 Fibre Channel ハードウェア名の規則では,Fibre Channel 固有のハードウェアを G という文字で表します。他の Fibre Channel 機器による Fibre Channel 構成はサポートしていません。オペレーティング・システムとファームウェアの必要最小バージョンを確認するには,リリース・ノートを参照してください。

すべての OpenVMS Fibre Channel 構成で,実行している OpenVMS バージョン用の最新のアップデート・キットを使用することをお勧めします。

これらのキットのルート名は FIBRE_SCSI です。 FIBRE_SCSI は以前は FIBRECHAN と呼ばれていました。このキットは,次のウェブ・サイトから入手することができます。


http://www.compaq.com/support/ 

表 7-2 Fibre Channel ハードウェアの構成要素
構成要素名 説明
AlphaServer 800, 1 1000A, 2 1200,4000, 4100,8200,8400,DS10,DS20,DS20E,ES40,GS60,GS60E,GS80,GS140, GS160,および GS320 Alpha ホスト
HSG80 Fibre Channel コントローラ・モジュール。2 つの Fiber Channel ホスト・ポートを装備。 6 つの SCSI ドライブ・バスをサポート。
HSG60 Fibre Channel コントローラ・モジュール。2 つの Fibre Channel ホスト・ポートを装備。2 つの SCSI バスをサポート。
MDR Fibre Channel Modular Data Router。SCSI テープまたは SCSI テープ・ライブラリへのブリッジです。MDR は,Fibre Channel スイッチに接続する必要があります。MDR は Alpha システムには直接接続できません。
KGPSA-BC,KGPSA-CA OpenVMS Alpha PCI とマルチモード Fibre Channel とを接続するホスト・アダプタ
DSGGA-AA または -AB および DSGGB-AA または -AB 8 ポートまたは 16 ポート Fibre Channel スイッチ
VLGBIC 長距離 Gigabit インタフェース・コンバータ(GBIC)。シングル・モード光ファイバ・ケーブルを使った長距離構成で使用されます。 VLGBIC の注文番号は 169887-B21 です。
シングル・モード,光ファイバ・ケーブル シングル・モードの光ファイバ・ケーブルは最大 100 Km まで使用できます。
BNGBX- nn マルチモード光ファイバ・ケーブル ( nn はメートル単位の値)

1AlphaServer 800 で,KGPSA をインストールした場合は,必須 S3 Trio を無効にする必要があります。
2このモデルでは,FC ディスクのコンソール・サポートは使用できません。

OpenVMS は,最新の『StorageWorks Heterogeneous Open SAN Design Reference Guide 』(AA-RMPNA-TE) および Data Replication Manager (DRM) のユーザ・マニュアルで説明されている Fibre Channel SAN 構成をサポートします。これには,以下のサポートが含まれています。

  • マルチスイッチ FC ファブリック

  • 最大距離 500 m のマルチモード・ファイバのサポート,およびシングル・モード・ファイバを使用した最大距離 100 km のインタースイッチ・リンク (ISL) のサポート。さらに,DRM 構成は, Open Systems Gateway と Wave Division Multiplexors を使用した長距離 ISL を提供します。

  • ファブリックおよび HSG ストレージの OpenVMS 以外のシステムとの共有

StorageWorks のマニュアルは StorageWorks のウェブ・サイトから入手できます。最初に製品を検索してから,マニュアルにアクセスできます。WWW アドレスは,次のとおりです。


http://www.compaq.com/storage 

StorageWorks のマニュアルで説明されている構成内では,OpenVMS は以下の機能と制限があります。

  • すべての OpenVMS ディスク機能 (システム・ディスク,ダンプ・ディスク,シャドウ・セット・メンバ,クォーラム・ディスク,および MSCP サービス対象のディスク) がサポートされます。各仮想ディスクには,クラスタ内で一意の識別子を割り当てる必要があります。

  • OpenVMS は,StorageWorks マニュアルで指定されている数のホスト,スイッチ,およびストレージ・コントローラをサポートします。一般的に,ホストおよびストレージ・コントローラの数は,利用可能なファブリック接続の数によってのみ制限されます。

  • プラットフォームあたりの Fibre Channel ホスト・バス・アダプタの数は,プラットフォーム・タイプによって決まります。現在,最大のプラットフォームでは,そのプラットフォームで実行されている OpenVMS インスタンスの数に関係なく,最大で 26 のアダプタをサポートします。

  • OpenVMS では,HSG を SCSI-3 モードで稼動する必要があります。また, HSG がデュアル冗長構成の場合,HSG はマルチバス・フェールオーバ・モードにする必要があります。HSG は,これらのモードで稼動する他のシステムとだけ共有できます。

  • OpenVMS Fibre Channel ホスト・バス・アダプタは FC スイッチに直接接続する必要があります。ホスト・バス・アダプタの,Fibre Channel ループへの接続,または別の Fibre Channel エンド・ノードへのポイント・ツー・ポイント接続はサポートされません。Fibre Channel スイッチの他のポートは,Fibre Channel ループまたは QuickLoop へ接続できます。 StorageWorks SAN Switch QuickLoop は,ファブリックのサービスと Fibre Channel Arbitrated Loop (FC-AL) 管理を組み合わせた Fibre Channel トポロジです。

  • KGPSA-BC または KGPSA-CA のどちらも,S3 Trio 64V+ ビデオ・カード (PB2GA-JC/JD) と同じ PCI バスには接続できません。AlphaServer 800 で, KGPSA をインストールした場合は,必須 S3 Trio を無効にする必要があります。

  • ファブリックのホストは,シングル・クラスタとして構成できます。または複数クラスタと非クラスタ・ノードのいずれか,あるいはその両方として構成することもできます。各クラスタおよび各非クラスタ・システムからそれぞれのストレージ・デバイスに排他的アクセスができるようにする必要があります。HSG アクセス ID または FC スイッチ・ゾーニング,あるいはその両方を使用すると,各 HSG ストレージ・デバイスは,1 つのクラスタまたは 1 つの非クラスタ・システムからのみアクセスできます。

  • HSG は,制限された数の接続をサポートします。接続は,HSG の特定のポートと特定のホスト・バス・アダプタとの通信が非揮発性レコードとして記録されます。 HSG CLI コマンド SHOW CONNECTIONS を参照してください。HSG ACS V8.5 では,最大 64 の接続が許可され,ACS V8.4 では最大 32 の接続が許可されます。接続制限は,シングルおよびデュアル冗長性コントローラのどちらでも同じです。
    FC ファブリックが大きく,アクティブな接続の数が HSG の制限を越えている場合は,接続数を減らすために,ファブリックを再構成するか,FC スイッチ・ゾーニングを使用していくつかの HSG ポートからアダプタのいくつかを「隠す」必要があります。
    HSG は,ホスト・バス・アダプタを切断しても,接続テーブルから接続情報を削除しません。このため,ユーザは CLI コマンドを使用して接続情報を明示的に削除し,テーブルが一杯にならないようにする必要があります。

この構成サポートは,このマニュアルの改訂時点で有効なものです。

すでに説明した構成に加え,OpenVMS は SANworks Data Replication Manager もサポートしています。これは長距離で Fibre Channel を使用するためのリモート・データ保管ソリューションです。詳細は,次の StorageWorks のウェブ・サイトを参照してください。


http://www.compaq.com/products/storageworks 



7.2.1 Fibre Channel 修正キット

新しい Fibre Channel ハードウェアとより大規模な構成の取り込みは,継続的に行われています。新しいハードウェアとより大規模な構成を使用する場合は, OpenVMS の Fibre Channel サポートを拡張しなければならない場合があります。 OpenVMS のリリースとリリースの間での Fibre Channel ソフトウェアの拡張と修正は,修正キットを使って行うことができます。実行しているオペレーティング・システムのアップデートについては,Fibre Channel のウェブ・サイト ( http://www.openvms.compaq.com/openvms/fibre/) と弊社のサポートのウェブ・サイト ( http://www.compaq.com/support/) で,ご使用のOSバージョンに関する情報を参照されることをお勧めします。

各キットの最新バージョンは,常に弊社のサポートのウェブ・サイトにあります。

7.2.2 複合バージョンと複合アーキテクチャのクラスタ・サポート

共用 Fibre Channel OpenVMS Cluster ストレージは,複合バージョンと複合アーキテクチャの両 OpenVMS Cluster システムでサポートされています。この場合,以下の構成要件を適用します。

  • 同じストレージ・デバイスに対する共用アクセス用に構成されたホストは,すべて同じ OpenVMS Cluster にあるものとする。

  • クラスタ内のすべてのホストに,LAN,CI,または DSSI など共通クラスタ通信インターコネクトが必要である。

  • FC との直接接続を備えるすべてのホストでは,OpenVMS Alpha の以下のバージョンのいずれかを実行する必要がある。
    7.3
    7.2-1H1
    7.2-1
    7.2---AlphaServer モデルに応じてDEC-AXPVMS-VMS72_HARDWARE-V0100 --4.PCSI 修正キットおよびコンソール・リビジョン 5.4 以上を使用 (リリース・ノートを参照)

  • FC ディスクの MSCP サービスを受けるホストは,すべて以下のいずれかのアップデート・キットかそれ以降の MSCP サービスをインストールしているものとする。

    • Alpha システム

      • バージョン 6.2: ALPDRIV20_062

      • バージョン 7.1: ALPDRIV11_071

      • バージョン 7.1-2: DEC-AXPVMS-VMS712_DRIVER-V0300--4.PCSI

    • VAX システム

      • バージョン 6.2: VAXDRIV07_062

      • バージョン 7.1: VAXDRIV05_071

      • バージョン 7.2: VAXDRIV01_072

  • DECevent バージョン 2.9 以降は,エラー・トレースに使用します。それ以前のバージョンの DECevent は Fibre Channel をサポートしていません。



7.2.3 Fibre Channel と Volume Shadowing for OpenVMS

Fibre Channel サポートが OpenVMS Alpha に導入され, Volume Shadowing for OpenVMS を使用した,直接接続の Fibre Channel ストレージのシャドウイングが利用できるようになりました。 OpenVMS Alpha バージョン 7.2-1 では,このサポートが Fibre Channel マルチパス・デバイスのシャドウイングにまで拡張されています。

7.2.4 Fibre Channel および OpenVMS Galaxy の構成

Fibre Channel は,すべての OpenVMS Galaxy 構成でサポートされています。 Galaxy 構成の詳細は,『OpenVMS Alpha パーティショニングおよび Galaxy ガイド』を参照してください。

7.3 構成例

この節では,Fibre Channel の構成例を示します。構成は,最初に示す最小の構成に,冗長構成要素を加えて,可用性,パフォーマンス,およびスケーラビリティのレベルを上げていく方法で,交互に構築していきます。

7.3.1 デュアル・ポート・ストレージを備えたシングル・ホスト

図 7-3 は,ストレージ・インターコネクトに Fibre Channel を使用したシングル・システムです。

図 7-3 1 つのデュアル・ポート・ストレージ・コントローラを備えたシングル・ホスト


この構成の以下の点に着目してください。

  • HSG ストレージ・コントローラのデュアル・ポートにより,ストレージ・サブシステムの可用性とパフォーマンスが向上します。

  • スイッチの予備ポートにより,システムを拡張できます。

  • パフォーマンスを最大にするために,論理ユニットを 2 つの HSG ポートに分散できます。

  • スイッチと HSG は単一点障害 (Single point of failure (単一機器の障害がシステム全体の障害になる)) になり得ます。より高い可用性を実現するためには,Volume Shadowing for OpenVMS を使用して,別の Fibre Channel スイッチと HSG コントローラにデータを複製します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項