日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:システム構成の概要
第 2 章:ビジネス要件とアプリケーション要件の決定
第 3 章:システムの選択
第 4 章:インターコネクトの選択
第 5 章:ストレージ・サブシステムの選択
第 6 章:SCSI と Fibre Channel ストレージに対するマルチパスの構成
第 7 章:ストレージ・インターコネクトとしての Fibre Channel の構成
第 8 章:可用性を目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 9 章:可用性とパフォーマンスを目的とした CI OpenVMS Cluster の構成
第 10 章:スケーラビリティを目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 11 章:システム管理の手法
付録 A :インターコネクトとしての SCSI
付録 B :MEMORY CHANNEL 技術概要
付録 C :CI-to-PCI アダプタ (CIPCA) サポート
付録 D :マルチサイト OpenVMS Cluster
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
OpenVMS Cluster 構成ガイド


目次 索引



マルチパス構成では,OpenVMS でデバイスまでのパスを構成すると,最初の現在パスとして選択されます。この場合,以下のように HSx コンソール・コマンドで選択した優先パスの選択が無効になります。


HSG> SET UNIT PREFERRED_PATH=THIS_CONTROLLER 

または


HSG> SET UNIT PREFERRED_PATH=OTHER_CONTROLLER 

そのため,HSx コンソールから OpenVMS システム・マネージャで優先パスを設定するのはお勧めできません。 第 6.7.7 項 で説明したパスの手動切り替えコマンドを使用してください。

フェールオーバの発生時に,OpenVMS は以下の優先順位に従って代替パスを選択します。

  1. 手動スイッチ・コマンドでシステム・マネージャが指定するパス

  2. HSx コントローラ・モジュールから別のモジュールまでのフェールオーバが不要な直接パス

  3. HSx フェールオーバが必要な直接パス

  4. MSCP サービス対象のパス

OpenVMS は,以下のような理由から, HSx コントローラ・モジュール間で不必要にフェールオーバが行われないような仕組みになっています。

  • HSx コントローラ・モジュール間のフェールオーバが発生すると,同期する必要のあるキャッシュ・データの量にもよるが,約 1 秒から 15 秒の遅延が発生する。

  • デバイスまでのアクセスを共用する他のノードが,代替パスにより通信を再び確立する必要がある。



6.7.9 OpenVMS によるマルチパス・フェールオーバの方法

マルチパス・ディスクに対する I/O 動作が失敗し,(現在のパスまたは代替パス上の) 再試行で回復できる可能性がその障害プロセスで判明すると,以下のようにフェールオーバが実行されます。

  1. マウント検証が呼び出されます。

  2. マウント検証により,現在のパス上のデバイスとの通信が試行され,ボリュームが正しいかどうか確認されます。

  3. 現在のパスでマウント検証が失敗すると,以下の順序で新しいパスが検索されます。

    • HSx フェールオーバが不要な直接パスにおいて 2,3 回試行します (再試行回数は SYSGEN パラメータ MPDEV_LCRETRIES で制御します)。これは他に優先して選択の機会を与えるためです。

    • 任意の直接パスで再試行します。

    • サービス対象のパスをはじめとする任意のパスで再試行します。


    作業パスが見つかるか,マウント検証が時間切れになるまで以上の手順を繰り返します。

  4. マウント検証が成功すると,障害が発生したすべての I/O が再開され,新しい I/O が実行されます。



6.7.10 パス切り替え候補としてのパスの有効化または無効化

デフォルトで,すべてのパスがパス切り替えの候補になります。パスは,SET DEVICE コマンドに /[NO]ENABLE 修飾子を指定して,切り替え候補として無効化または再有効化できます。以下のような場合にこの操作をします。

  • 特定のパスに障害があることがわかっている場合や,そのパスにフェールオーバを実行するとクラスタのメンバ内にアクセスを失うメンバが発生する場合。

  • 選択したパスがサービス利用中であるとき,そのパスに対する自動切り替えを避けたい場合。

現在のパスは無効にできませんので注意してください。

パスを有効,無効にするためのコマンド構文は以下のとおりです。


$ SET DEVICE device-name/[NO]ENABLE/PATH=path-identifier

以下のコマンドでは,デバイス $2$DKA502 の MSCP サービス対象のパスが有効になる。


$ SET DEVICE $2$DKA502/ENABLE/PATH=MSCP 

以下のコマンドでは,デバイス $2$DKA502 のローカル・パスが無効になる。


$ SET DEVICE $2$DKA502/ENABLE/PATH=PKC0.5 

パスを無効にするときは注意が必要です。 図 6-20 にあるような無効な構成を作成しないようにしてください。

6.7.11 コンソールについての考慮

ここでは,パラレル SCSI マルチパス・デバイスとコンソールを併用する方法を説明します。FC マルチパス・デバイスとコンソールを併用する方法については, 第 7.6 節 を参照してください。

コンソールでは,一般的な,パス依存の SCSI デバイス名を使用します。たとえば,ディスクのデバイス名形式では,DK の後に,ホスト・アダプタを表す文字, SCSI ターゲット ID,LUN を続けます。

つまり,マルチパス・デバイスでは,アクセス時に使用するすべてのホスト・アダプタ名からなる複数の名前が使用されます。以下のコンソール出力例では,デバイス・コマンド,つまりコンソール・デバイス名が左列に表示されています。中央と右の列は,デバイス・タイプ固有のその他情報です。

ここで,たとえばデバイス dkb100とデバイス dkc100が同じデバイスまでの 2 本のパスとします。 dkb100は,アダプタ PKB0 を通るパスの名前であり, dkc100はアダプタ PKC0 を通るパスの名前です。これは中央の列を見ればわかります。ここでは,情報名に HSZ 割り当てクラスが指定されています。 HSZ 割り当てクラスにより,同じ HSZ デバイスまでの"デバイス"がどれかわかります。

注意

コンソールでは,コンソール INIT コマンドを発行するまで HSZ 割り当てクラスの値の変更を認識できません。


>>>sho dev 
dkb0.0.0.12.0              $55$DKB0                       HSZ70CCL  XB26 
dkb100.1.0.12.0            $55$DKB100                        HSZ70  XB26 
dkb104.1.0.12.0            $55$DKB104                        HSZ70  XB26 
dkb1300.13.0.12.0          $55$DKB1300                       HSZ70  XB26 
dkb1307.13.0.12.0          $55$DKB1307                       HSZ70  XB26 
dkb1400.14.0.12.0          $55$DKB1400                       HSZ70  XB26 
dkb1500.15.0.12.0          $55$DKB1500                       HSZ70  XB26 
dkb200.2.0.12.0            $55$DKB200                        HSZ70  XB26 
dkb205.2.0.12.0            $55$DKB205                        HSZ70  XB26 
dkb300.3.0.12.0            $55$DKB300                        HSZ70  XB26 
dkb400.4.0.12.0            $55$DKB400                        HSZ70  XB26 
dkc0.0.0.13.0              $55$DKC0                       HSZ70CCL  XB26 
dkc100.1.0.13.0            $55$DKC100                        HSZ70  XB26 
dkc104.1.0.13.0            $55$DKC104                        HSZ70  XB26 
dkc1300.13.0.13.0          $55$DKC1300                       HSZ70  XB26 
dkc1307.13.0.13.0          $55$DKC1307                       HSZ70  XB26 
dkc1400.14.0.13.0          $55$DKC1400                       HSZ70  XB26 
dkc1500.15.0.13.0          $55$DKC1500                       HSZ70  XB26 
dkc200.2.0.13.0            $55$DKC200                        HSZ70  XB26 
dkc205.2.0.13.0            $55$DKC205                        HSZ70  XB26 
dkc300.3.0.13.0            $55$DKC300                        HSZ70  XB26 
dkc400.4.0.13.0            $55$DKC400                        HSZ70  XB26 
dva0.0.0.1000.0            DVA0 
ewa0.0.0.11.0              EWA0              08-00-2B-E4-CF-0B 
pka0.7.0.6.0               PKA0                  SCSI Bus ID 7 
pkb0.7.0.12.0              PKB0                  SCSI Bus ID 7  5.54 
pkc0.7.0.13.0              PKC0                  SCSI Bus ID 7  5.54 

コンソールでは,現在のパスで I/O に障害が発生すると,デバイスまでの代替パスに自動的に切り替えます。多くのコンソール・コマンドでは,コンソールがアクセスするデバイスのリストを優先順に指定できます。デバイスの複数のパスに対応するマルチパス構成では,デバイスの複数のパスに対応するコンソール・デバイス名のリストを指定できます。たとえば,以下のようなブート・コマンドでは,最初に DKB100 パスでマルチパス・デバイスがブートされ,それが失敗すると,DKC100 パスでブートされます。


BOOT DKB100, DKC100 


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項