日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:システム構成の概要
第 2 章:ビジネス要件とアプリケーション要件の決定
第 3 章:システムの選択
第 4 章:インターコネクトの選択
第 5 章:ストレージ・サブシステムの選択
第 6 章:SCSI と Fibre Channel ストレージに対するマルチパスの構成
第 7 章:ストレージ・インターコネクトとしての Fibre Channel の構成
第 8 章:可用性を目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 9 章:可用性とパフォーマンスを目的とした CI OpenVMS Cluster の構成
第 10 章:スケーラビリティを目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 11 章:システム管理の手法
付録 A :インターコネクトとしての SCSI
付録 B :MEMORY CHANNEL 技術概要
付録 C :CI-to-PCI アダプタ (CIPCA) サポート
付録 D :マルチサイト OpenVMS Cluster
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
OpenVMS Cluster 構成ガイド


目次 索引



CI インターコネクトでは,冗長的な,独立した送受信 CI ケーブル・ペアにより,OpenVMS Cluster の可用性を最大限に発揮することができます。 CI では,HSC コントローラや HSJ コントローラ間のデュアル・ポート・デバイスによりディスクやテープまで複数のアクセス・パスを利用できます。

5.5.1 サポートされているコントローラとデバイス

CI インターコネクトでは,次のコントローラとデバイスをサポートしてます。

  • HSJ ストレージ・コントローラ

    • SCSI デバイス (RZ,TZ,EZ)

  • HSC ストレージ・コントローラ

    • SDI デバイスと STI デバイス (RA,ESE,TA)

    • K.SCSI デバイス (RZ,TZ,EZ)



5.6 DSSI ストレージ

DSSI 方式の構成では,適度な記憶容量とともに,システム用のストレージに対する共用直接アクセスが可能です。DSSI インターコネクトでは,OpenVMS Cluster のストレージに対する共用アクセスを最も経済的に実現できます。

この項のストレージの表には,すべての製品が網羅されているわけではありません。

5.6.1 サポートされているデバイス

DSSI 構成では,次のデバイスをサポートしています。

  • EF シリーズ・ソリッド・ステート・ディスク

  • RF シリーズ・ディスク

  • TF シリーズ・テープ

  • DECarray ストレージ・アレイ

  • HSD ストレージ・コントローラ

    • SCSI デバイス (RZ,TZ,EZ)

関連項目: RZ,TZ,EZ SCSI ストレージ・デバイスについては, 第 5.7 節 を参照してください。

5.7 SCSI 方式のストレージ

SCSI (Small Computer Systems Interface) バスは,ANSI 業界標準のストレージ・インターコネクトです。SCSI バスには合計で 8 ノードまたは 16 ノード (内 3 ノードを CPU にすることが可能) を接続できます。

5.7.1 サポートされているデバイス

次のデバイスは,1 本のホスト SCSI バスまたは複数の SCSI バスに接続できます。

  • RZ シリーズ・ディスク

  • HSZ ストレージ・コントローラ

以下のデバイスは,1 本のホスト SCSI バスにだけ接続できます。

  • EZ シリーズ・ディスク

  • RRD シリーズ CD-ROM

  • TZ シリーズ・テープ



5.8 Fibre Channel 方式のストレージ

Fibre Channel インターコネクトは,ANSI 業界標準のストレージ・インターコネクトです。

5.8.1 ストレージ・デバイス

HSG ストレージ・コントローラは,1 つのホスト Fibre Channel インターコネクトまたは複数の Fibre Channel インターコネクトに接続できます。

5.9 ホスト方式のストレージ

ホスト方式のストレージ・デバイスは,ローカル・アダプタにより OpenVMS Cluster メンバ・システムにローカルに接続できます。ローカルに接続されたこのストレージは,ノードを MSCP サーバとして構成すれば,他の OpenVMS Cluster メンバにも開放できます。

ローカル・アダプタでは,各ディスクを 2 本のアクセス・パスに接続できます (デュアル・ポート)。デュアル・ポーティングにより,ノード間のディスクの自動フェールオーバが可能になります。

5.9.1 内部バス

ローカルに接続されたストレージ・デバイスは,システムの内部バスに接続します。

Alpha システムでは,次の内部バスを使用します。

  • PCI

  • EISA

  • XMI

  • SCSI

  • TURBOchannel

  • Futurebus+

VAX システムでは,次の内部バスを使用します。

  • VAXBI

  • XMI

  • Q-bus

  • SCSI



5.9.2 ローカル・アダプタ

次に示すのは,ローカル・アダプタとそのバス・タイプです。

  • KGPSA (PCI)

  • KZPSM (PCI)

  • KZPDA (PCI)

  • KZPSC (PCI)

  • KZPAC (PCI)

  • KZESC (EISA)

  • KZMSA (XMI)

  • PB2HA (EISA)

  • PMAZB (TURBOchannel)

  • PMAZC (TURBOchannel)

  • KDM70 (XMI)

  • KDB50 (VAXBI)

  • KDA50 (Q-bus)


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項