日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V7.3-2
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:システム構成の概要
第 2 章:ビジネス要件とアプリケーション要件の決定
第 3 章:システムの選択
第 4 章:インターコネクトの選択
第 5 章:ストレージ・サブシステムの選択
第 6 章:SCSI と Fibre Channel ストレージに対するマルチパスの構成
第 7 章:ストレージ・インターコネクトとしての Fibre Channel の構成
第 8 章:可用性を目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 9 章:可用性とパフォーマンスを目的とした CI OpenVMS Cluster の構成
第 10 章:スケーラビリティを目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 11 章:システム管理の手法
付録 A :インターコネクトとしての SCSI
付録 B :MEMORY CHANNEL 技術概要
付録 C :CI-to-PCI アダプタ (CIPCA) サポート
付録 D :マルチサイト OpenVMS Cluster
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
OpenVMS Cluster 構成ガイド


目次 索引



DSSI は,シングル・パス,デイジー・チェーンの,マルチドロップ・バスです。エラー検出用にバイト・パリティとパケット・チェックサム機能を両方とも備えたシングル 8 ビットパラレル・データ・パスです。

4.10.1 利点

DSSI には以下の利点があります。

  • 高い可用性

  • CI より経済的な共用,直接アクセス

  • システムとストレージ間の直接通信

  • 埋め込みキャッシュによる高いパフォーマンス,インテリジェントなストレージ・コントローラ



4.10.2 保守上の注意

DSSI ストレージが CPU と同じキャビネットに組み込まれることはめずらしくありません。このような構成では,システムとストレージ・デバイスを別々のキャビネットに実装する構成と異なり,サービス時にシステム全体をシャット・ダウンしなければならないことがあります。

4.10.3 スループット

最大スループットは 32 Mb/s です。

DSSI には,最小限の CPU 処理オーバヘッドで済む非常にインテリジェントなアダプタがあります。

4.10.4 DSSI アダプタのタイプ

DSSI アダプタには 2 種類あります。

  • 埋め込みアダプタ。システムの一部を構成します。

  • オプション・アダプタ。別途購入してシステムに追加することができます。



4.10.5 サポートされているアダプタとバス・タイプ

以下に示すのは, DSSI アダプタとそれぞれがサポートする内部バスです。

  • KFESA (EISA)

  • KFESB (EISA)

  • KFPSA (PCI)

  • KFMSA (XMI)---VAX のみ

  • KFMSB (XMI)---Alpha のみ

  • KFQSA (Q-bus)

  • N710 (埋め込み)

  • SHAC (埋め込み)

  • EDA640 (埋め込み)

関連項目: 各アダプタの機能と注文番号については,次のウェブ・サイトにアクセスしてください。


http://www.hp.com/ 

「Products」の下の「Servers」を選択した後に,「AlphaServers」,および関心のある Alpha システムの順に選択します。選択したシステムでサポートされるすべてのオプションに関する詳細情報を入手できます。

4.10.6 DSSI 接続のストレージ

DSSI 構成では,HSD インテリジェント・コントローラにより,ディスク・ドライブを OpenVMS Cluster に接続します。DSSI における HSD コントローラは,CI における HSJ コントローラと同様の働きによって,ストレージを拡張するための構成をします。

また,DSSI 構成は,DSSI バスに直結した ISE (integrated storage elements) を使用します。各 ISE には,ディスクとディスク・コントローラまたはテープとテープ・コントローラのどちらかが組み込まれます。

4.10.7 複数の DSSI アダプタ

システムによっては DSSI アダプタを複数サポートし,シングル DSSI バスよりも高いスループットを実現しています。

1 つのシステムでサポートされる DSSI アダプタの最大数については, AlphaServer の Web ページで,関心のあるシステムのオプション・リストを確認してください。

4.10.8 DSSI クラスタ構成上の指針

以下の構成指針は,すべての DSSI クラスタに適用されます。

  • 各 DSSI インターコネクトには,最高で 8 つのノードを接続できます。その内,4 つはシステムに,そして残りはストレージ・デバイスに割り当てます。以下の各要素はそれぞれを, 1 つの DSSIノードとしてカウントします。

    • DSSI アダプタ

    • DSSI コントローラと SCSI コントローラの任意の数の HSDxx ファミリ

    • 任意の RF,TF,または EF 統合ストレージ要素 (ISE)


    場合によっては,物理的なケーブリングや終端制限により,DSSI インターコネクトに接続できるシステム数が 2 つか 3 つに制限されることがあります。以下に例を示します。

    • DSSI アダプタのバリアントにはバスを終端するものがあります。たとえば, N710 がその例です。そのため,DSSI インターコネクトには DEC 4000 システムを 2 つしか構成できません。

    • 一般に,DEC システムや VAX 10000 システムのサイズにより,DSSI インターコネクトに接続できるシステム数が制限されます。

  • 1 つのシステム内の各 DSSI アダプタは,別々の DSSI バスに接続するものとします。

  • VAX 6000,VAX 7000,VAX 10000 の各システムは, KFMSA アダプタで構成してください。

  • DEC 7000 と DEC 10000 のシステムは KFMSB アダプタで構成します。

  • PCI ベースの AlphaServer システムは,KFPSA アダプタで構成します。 EISA アダプタ(KFESA/KFESB) は,ほとんどの AlphaServer システムにも構成できますが,できれば KFPSA を使用してください。

  • HSD コントローラ間のデバイスのデュアル・ポーティングは,同じ DSSI インターコネクトが異なる DSSI インターコネクトに接続する限り,サポートされます。HSD コントローラとローカル・コントローラ間のデバイスのデュアル・ポーティングはサポートしていません。

  • 同じ DSSI バスに接続されたすべてのシステムには共通の電源か接地を使用してください。

関連項目: DSSI の詳細については,『DSSI OpenVMS Cluster Installation and Troubleshooting Manual』を参照してください。

4.11 LAN インターコネクト

Ethernet (Fast Ethernet と Gigabit Ethernet を含む),ATM,および FDDI は,LAN ベースのインターコネクトです。 OpenVMS は,ATM 上の LAN エミュレーションをサポートします。

これらのインターコネクトには,以下の機能があります。

  • OpenVMS Cluster システムとローカル・エリア・ネットワーク (LAN) 内でのシングル・パス接続

  • 複数のアダプタを使用した複数パスのサポート

  • 長距離インターコネクト
    表 4-2 に示す,各 LAN タイプに固有の最大長に加え,LAN と WAN インタースイッチ・リンク間のブリッジによって長距離を実現することができます。

  • ノードの物理的な広範囲にわたる展開

  • シングル・インターコネクトでの複数クラスタ (それぞれ最大 96 ノード) のサポート

複数の LAN アダプタについて説明した後に,サポートされている各 LAN インターコネクト (Ethernet,ATM,および FDDI) に固有の情報を示します。

4.11.1 複数の LAN アダプタ

複数の LAN アダプタがサポートされます。LAN アダプタは,さまざまなタイプの LAN を使用する場合でも,同じ LAN タイプに複数の異なるアダプタ・モデルを使用する場合でも対応することができます。

複数の LAN アダプタを使用すると,以下のことが実現できます。

  • 複数の LAN パスに負荷を分散してノード間のスループットを上げることができます。

  • ノード間の LAN 通信の可用性を改善することができます。



複数のノード間の LAN パスが利用できる場合,OpenVMS Cluster ソフトウェアは,以下の基準に基づいて,使用するパスのセットを選択します。この基準は厳密な優先順位で評価されます。

  1. パス上でのパケット損失の最新履歴
    最近,高いレートでパケットを損失しているパスは,損失過多 と呼ばれ,考慮対象から外されます。受け入れ可能な損失履歴を持つチャネルは, タイト と呼ばれ,使用対象としてさらに検討されます。

  2. 優先順位
    管理優先順位値は,個別の LAN パスとローカルの LAN デバイスの両方に割り当てることができます。LAN パスの優先順位値は,これらの優先順位の合計値になります。優先順位値が,タイト・パスの最上位優先順位値以下であるタイト LAN パスのみ使用対象としてさらに検討されます。

  3. 最大パケット・サイズ
    最大パケット・サイズが,すべてのタイト等価優先順位チャネルの中で最も大きいパケット・サイズの最大サイズと同じタイト等価優先順位チャネルは,使用対象としてさらに検討されます。

  4. 等価待ち時間
    前項までの基準を満たした LAN パスは,その待ち時間 (コンピューテッド・ネットワーク遅延) が最速のチャネルの待ち時間と非常に近い場合に使用されます。各 LAN パスの遅延は,そのパスのクラスタ通信トラフィックを使用して測定されます。 LAN パスが前項までの基準を満たさないため,クラスタ通信の使用対象から外された場合,そのパスの遅延は数秒間隔で測定され,遅延,またはパケット・ロスのレートが前項までの基準を満たすまで改善されているか確認されます。

パケット伝送は,上記の基準を満たすローカル・アダプタとリモート・アダプタ間のすべての通信パスにラウンド・ロビン方式で分散されます。

LAN は,距離が広い範囲におよぶ場合に適しているため,インターサイト・リンクのスループットを高可用性で強化する場合があります。これを行うためには,それぞれ別のインターサイト LAN リンクに接続されている,複数の LAN アダプタにより重要ノードを構成します。

インターサイト・リンクの故障は,通常,インターサイト・リンクの機械上の破損が原因です。これは,パスの多様性,つまり,複数のインターサイト・リンクのパスを物理的に分離することで回避できます。パスの多様性を利用すると,インターサイト・リンクに影響を与えるような災害によって構成が影響を受ける可能性は確実に少なくなります。

4.11.2 LAN ベースのクラスタの構成上のガイドライン

以下のガイドラインは,LAN ベースのすべての OpenVMS Cluster システムに適用されます。

  • Alpha および VAX システムは,さまざまな LAN アダプタを組み合わせて構成できます。

  • OpenVMS Cluster 通信に使用されるすべての LAN パスは,10 Mb/s 以上のスループットと少ない待ち時間で動作する必要があります。あるタイプの LAN のノードを別のタイプの LAN のノードに接続する場合は,ブリッジまたはスイッチにより変換する必要があります。LAN セグメントをブリッジ接続して,拡張 LAN を作成できます。

  • 複数の,異なる OpenVMS Cluster システムを単一の拡張 LAN に構成できます。 OpenVMS Cluster ソフトウェアは,クラスタ・メンバシップ・チェックを実行して,システムが正しい LAN OpenVMS クラスタに参加することを保証します。



4.11.3 Ethernet (10/100) および Gigabit Ethernet の利点

Ethernet (10/100) インターコネクトは,すべての OpenVMS Cluster インターコネクトの中で最も経済的です。

Gigabit Ethernet インタコネクトは, 第 4.11 節 の項に示されている利点に加え,以下の利点を提供します。

  • 超高速スループット (1 Gb/s)

  • クラスタ通信での Jumbo フレーム (フレーム当たり 7552 バイト) のサポート



4.11.4 Ethernet (10/100) および Gigabit Ethernet のスループット

Ethernet テクノロジによるベースバンドの伝送速度の範囲は以下のとおりです。

  • Standard Ethernet で 10 Mb/s

  • Fast Ethernet で 100 Mb/s

  • Gigabit Ethernet で 1 Gb/s

Ethernet アダプタにはハードウェア・アシストがないので,CI や DSSI の場合よりもプロセッサ・オーバヘッドが高くなります。

多くの Ethernet 接続ノードで OpenVMS Cluster システムを構成するときや, Ethernet が多くの PC やプリンタもサポートする場合,ネットワーク・デザイン全体のキャパシティを考慮してください。Ethernet 上の全体的なネットワーク・トラフィックにより,OpenVMS Cluster 通信に利用できるスループットが低下することがあります。 Fast Ethernet と Gigabit Ethernet では,スループットが大幅に改善することがあります。Ethernet アダプタを複数使用すると,全般的なネットワーク・トラフィックの負荷が軽減されてクラスタ・パフォーマンスが改善されることがあります。

関連項目: LAN 構成における指針については, 第 4.11.2 項 を参照してください。

4.11.5 Ethernet アダプタとバス

以下に示す Ethernet アダプタとその内部バスは,OpenVMS Cluster 構成でサポートされています。

  • DEFTA-xx (TURBOchannel)

  • DE2xx (ISA)

  • DE425 (EISA)

  • DE435 (PCI)

  • TULIP (PCI)

  • KZPSM (PCI)

  • DE450 (PCI)

  • DE500-xx (PCI)

  • DE600-xx (PCI)

  • DE602-xx (PCI)

  • DEGPA-xx (PCI)

  • 3COM (PCMCIA)

  • DEMNA (XMI)

  • TGEC (embedded)

  • COREIO (TURBOchannel)

  • PMAD (TURBOchannel)

  • DE422 (EISA)

  • DEBNI (VAXBI)

  • DEBNA (VAXBI)

  • SGEC (embedded)

  • TGEC (embedded)

  • DESVA (embedded)

  • DESQA (Q-bus)

  • DELQA (Q-bus)

関連項目: 各アダプタの機能と注文番号については,次のウェブ・サイトにアクセスしてください。


http://www.hp.com/ 

「Products」の下の「Servers」を選択した後に,「AlphaServers」,および関心のある Alpha システムの順に選択します。選択したシステムでサポートされるすべてのオプションに関する詳細情報を入手できます。

4.11.6 Ethernet FDDI 間ブリッジおよびスイッチ

透過的 Ethernet FDDI 間変換ブリッジでは,10-Mb/s Ethernet セグメントと 100-Mb/s FDDI リング間のインターコネクトを実装できます。この Ethernet FDDI 間ブリッジのことを (10/100) ブリッジともいいます。このブリッジは, FDDI フレーム・フォーマットと Ethernet フレーム・フォーマット間でネットワーク・データ・パケットを高速変換します。

関連項目: これらのブリッジの例については, 第 10 章図 10-21 を参照してください。

スイッチを使用すると,トラフィックを分離し,帯域幅を集約できるため,スループットを上げることができます。

4.11.7 Gigabit Ethernet クラスタの構成上の指針

Gigabit Ethernet クラスタでシステムを構成する場合は,以下の指針に従ってください。

  • 2 ノード Gigabit Ethernet クラスタにスイッチは不要です。ポイント間で接続できるからです。

  • ほとんどの Gigabit Ethernet スイッチは,Gigabit Ethernet または Gigabit Ethernet と Fast Ethernet を組み合わせて構成できます (100 Mb/s)。

  • 各ノードでは,スイッチまでをシングル接続とすることもできますが,複数のパスで構成して可用性を高めることもできます。AlphaServer モデル GS140, 8400,8200,および 4x00 は,それぞれ最大で 4 つのアダプタをサポートします。AlphaServer モデル 1200 と 800 は,それぞれ最大で 2 つのアダプタをサポートします。

  • OpenVMS バージョン 7.3 から Jumbo フレーム (各 7552 バイト) のサポートが利用できるようになりました。 (Jumbo フレームのサポートが導入される前は,クラスタ通信でサポートされるフレーム・サイズは,最大 1518 バイトの標準 Ethernet フレーム・サイズだけでした。)

  • DEGPA はブート・デバイスに使用できませんが,サテライトは Gigabit スイッチ上に構成した 10/100 Ethernet ネットワーク・アダプタを経由してブートすることができます。



4.11.8 ATM の利点

ATM には, 第 4.11 節 に示されている以外にも,以下の利点があります。

  • 最大 622 Mb/s までの高速伝送

  • ATM 上の LAN エミュレーションの OpenVMS サポートでは, 1516,4544 および 9234 の最大フレーム・サイズが使用できます。

  • ATM 上の LAN エミュレーションでは,1 つの物理 ATM アダプタを使用して複数のエミュレート LAN を作成できます。各エミュレート LAN は個別のネットワークとして表されます。詳細は,『OpenVMS I/O User's Reference Manual』を参照してください。

  • エミュレート LAN 単位の QoS を提供する ATM スイッチを使用して,クラスタ・トラフィックをさまざまなプロトコルを実行しているエミュレート LAN に割り振ることができます。詳細は,使用している ATM スイッチのマニュアルを参照してください。



4.11.9 ATM スループット

ATM インターコネクトは最大 622 Mb/s で伝送します。このスループットをサポートするアダプタは DAPCA です。

4.11.10 ATM アダプタ

OpenVMS Cluster システムでサポートされている ATM アダプタとその ATM アダプタがサポートされている内部バスは以下のとおりです。

  • DAPBA (PCI)

  • DAPCA (PCI) 351 (PCI)



4.12 FDDI (Fiber Distributed Data Interface)

FDDI は,光ファイバ・ケーブルまたは銅ケーブルを使用する ANSI 標準 LAN インターコネクトです。 FDDI では,1 つの OpenVMS Cluster システムに複数の Ethernet セグメントを接続する高速インターコネクトを提供することで 10 Mb/s の Ethernet を強化することができます。

4.12.1 FDDI の利点

FDDI には, 第 4.11 節 に示した LAN の利点に加え,以下の利点があります。

  • ノード間のハイ・スループットと長距離接続を提供

  • さまざまなトポロジをサポート



4.12.2 FDDI ノードのタイプ

FDDI 標準では,以下の 2 つのタイプのノードを定義しています。

  • ステーション
    ANSI 標準 SAS (single-attachment station) と DAS (dual-attachment station) は, FDDI リングに対するインターコネクトとして使用できます。ステーションはワイヤリング・コンセントレータに,またワイヤリング・コンセントレータはデュアル FDDI リングに接続すれば,リングをさらに安定させることができます。

  • ワイヤリング・コンセントレータ
    ワイヤリング・コンセントレータ (CON) は複数の SAS や CON から FDDI リングへの接続を提供します。このデバイスの例としては,DECconcentrator 500 があります。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項