日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS Integrity | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

HP OpenVMS Integrity
アップデート・キット VMS84I_UPDATE-V0900 リリース・ノート


目次

第3章 VMS84I_UPDATE-V0900 キットで解決される問題

この章では、VMS84I_UPDATE-V0900 アップデートキットに含まれている各パッチキットで提供される機能、および修正される問題について説明しています。

なお、この章では、 VMS84I_UPDATE-V0900 アップデートキットで新たに提供されるパッチキットによる修正点のみを説明します。 VMS84I_UPDATE-V0900 アップデートキットは累積キットになっているため過去にリリースされたすべてのパッチキットが含まれていますが、以前のバージョンのアップデートキットで提供されたパッチキットによる修正については、それぞれのバージョンのアップデートキットのリリースノートを参照してください。

過去のアップデートキットのリリースノートについては、 第 4 章 を参照してください。

3.1 新機能

VMS84I_UPDATE-V0900 アップデートキットで提供する新機能はありません。

3.2 解決される問題

VMS84I_UPDATE-V0900 アップデートキットにより解決される問題を以下に示します。なお以降の各項の冒頭に、当該問題を解決するアップデートキット内のパッチキット名を示しています。

3.2.1 DECC$FD_LOCKING が定義されている場合にCRTL のwrite() API を使用するアプリケーションがハングする問題

キット名:VMS84I_ACRTL-V0200

問題の説明:

DECC$FD_LOCKING 論理名が定義されている場合、CRTL の UNIX I/O API は FD ミューテックロックメカニズムを使用して同期を取ります。ただし、CRTL write() API が取得済のFD ミューテックスロックを解除せずに失敗を返す場合がありました。この結果、同じ FD の後続のUNIX I/Oコールで同じミューテックロックを再度取得しようとするため、ハングが発生するという問題がありました。

関係するイメージ:

  • [SYSLIB]DECC$SHR.EXE

この問題を報告しているQuixおよびPTRケース:

QXCM1001201953、75-126-228

3.2.2 Bitvise Tunnelier SSH クライアントからのアクセスの際に SSH サーバでACCVIOが発生する問題

キット名:VMS84I_ACRTL-V0200

問題の説明:

CRTL readdir() API は、opendir() API でオープンされた特定のディレクトリ・ストリームのファイルリストを内部的に保持します。このリストは、現在の位置がそのディレクトリストリームの終わりに到達すると解放されます。特定の状況で、現在位置のポインタが既に解放済のアドレスを示す場合があり、この際にACCVIOが発生するという問題がありました。

関係するイメージ:

  • [SYSLIB]DECC$SHR.EXE

この問題を報告しているQuixおよびPTRケース:

QXCM1001194568、75-126-227

3.2.3 O_SYNC あるいは O_DSYNC フラグが設定されており DECC$FD_LOCKING が有効な場合に CRTL の write() が失敗あるいはハングする問題

キット名:VMS84I_ACRTL-V0200

問題の説明:

対象ファイルがO_SYNC あるいは O_DSYNC フラグが設定された状態でオープンされ、DECC$FD_LOCKING 論理名が有効な場合に、 CRTL write() が失敗するという問題がありました。これは、すでにロックされているFDミューテックロックを write()がロックしようとするために発生していました。

関係するイメージ:

  • [SYSLIB]DECC$SHR.EXE

この問題を報告しているPTRケース:

75-13-2448

3.2.4 CRTL の uname() API がイベントフラグゼロ(0)を待ってハングする問題

キット名:VMS84I_ACRTL-V0200

問題の説明:

CRTL の uname() APIは、 sys$getsyiw システムサービスを呼び出してシステム識別情報を取得します。 uname() は、イベントフラグ0 (EFN 0)で、またIOSB (I/O Status Block)無しで、このシステムサービスを呼び出します。このため同期化にはイベントフラグのみを使用します。 ASTルーチンがEFN 0を使用する場合、 AST はすでにイベントフラグを設定しその後クリアしているため、そのプロセスはイベントフラグが設定されるのを待って LEF状態でハングする可能性があります。

この潜在的な矛盾を回避するために、この API コールで EFN$C_ENF と IOSB を使用するように修正されています。

関係するイメージ:

  • [SYSLIB]DECC$SHR.EXE

この問題を報告しているQuixおよびPTRケース:

QXCM1001237573、75-126-283

3.2.5 CRTL のシンボリックリンクAPI readlink() で入力がシンボリックリンクでない場合の動作の問題

キット名:VMS84I_ACRTL-V0200

問題の説明:

CRTL の readlink() API は入力ファイル指定がシンボリックリンクでない場合も成功イベントを返していましたが、この場合、本来は EINVAL エラーを返すべきです。

本キットで、本来の動作に変更されています。

関係するイメージ:

  • [SYSLIB]DECC$SHR.EXE

この問題を報告しているPTRケース:

75-126-309

3.2.6 ファイルパス引数にVMS形式とUNIX形式が混在する場合に CRTL の lstat() および lchown() APIで ACCVIOが発生する問題

キット名:VMS84I_ACRTL-V0200

問題の説明:

CRTL の lstat() および lchown() APIのファイルパス引数には、有効なOpenVMS 形式あるいは UNIX 形式のディレクトリ指定を使用できます。無効なファイルパス入力が使用された場合にエラーを返すのがこれらのAPIの本来の動作ですが、ファイル指定で、たとえば "/a:[b]" のようにVMS形式とUNIX形式を混在させた場合、 lstat() および lchown() で ACCVIO を発生する場合がありました。

この問題は本キットで解決されています。

関係するイメージ:

  • [SYSLIB]DECC$SHR.EXE

この問題を報告しているQuixおよびPTRケース:

QXCM1001235387、75-126-282

3.2.7 ODS-5 ファイルの変更時に更新日がアップデートされない問題

キット名:VMS84I_BACKUP-V0100

問題の説明:

BACKUP/LIST/FULL により出力される更新日が正しくないという問題がありました。具体的には、表示される更新日が作成日と同じで、最新の変更日が反映されないという問題です。

この問題は本キットで修正されています。

関係するイメージ:

  • [SYSLIB]BACKUPSHR.EXE

この問題を報告しているQuixケース:

QXCM1001110273

3.2.8 BACKUPによるコピー操作で検索リストロジカルを使用した場合にディレクトリ構造が正しくコピーされない問題

キット名:VMS84I_BACKUP-V0100

問題の説明:

BACKUPコマンドによるコピー操作で入力ファイル指定に検索リストが使用された場合、ディレクトリ構造は正しく作成されますが、すべてのファイルがその親ディレクトリにコピーされるという問題がありました。

この問題は本キットで修正されています。

関係するイメージ:

  • [SYSLIB]BACKUPSHR.EXE

  • [SYSEXE]BACKUP.EXE

この問題を報告しているQuixケース:

QXCM1001195042

3.2.9 セーブセットのリストア中にBACKUP が SYSTEM-F-ACCVIO を報告する問題

キット名:VMS84I_BACKUP-V0100

問題の説明:

現在の作業ディレクトリ指定が、ルートディレクトリを含む論理名 (rooted directory) と組み合わせて指定されている場合、セーブセットのリストア中にBACKUP が SYSTEM-F-ACCVIO を報告するという問題がありました。

以下に例を示します。

S SET DEF SYS$SYSROOT: 
$ BACKUP/LOG SYS$SYSDEVICE:[MY_WORK]MY_SAVE.BCK/SAVE - 
SYS$SYSDEVICE:[MY_WORK1] 
%SYSTEM-F-ACCVIO, access violation, reason mask=00, virtual 
address=000000007ABEC000, PC=0000000000000000, PS=00000000 

この問題は本キットで解決されています。

関係するイメージ:

  • [SYSEXE]BACKUP.EXE

  • [SYSLIB]BACKUPSHR.EXE

この問題を報告しているQuixケース:

QXCM1001216049

3.2.10 ディスクからディスクへのイメージバックアップが完了しない問題

キット名:VMS84I_BACKUP-V0100

問題の説明:

ディスクからディスクへのイメージバックアップ操作が完了しないという問題がありました。この問題は、ダイレクトIOカウントの急速な増加と、多数の1ブロック読み書きIOを伴って発生します。この際、バックアップのソースディスクには、多数のファイルヘッダ(最大400000 エクステントおよび 4500 ヘッダ) を持つ過度に断片化されたファイルが含まれます。

この問題は本キットで解決されています。

関係するイメージ:

  • [SYSEXE]BACKUP.EXE

  • [SYSLIB]BACKUPSHR.EXE

この問題を報告しているQuixケース:

QXCM1001217085

3.2.11 増分リストア中にBACKUP がRMS-F-SYNエラーを報告する問題

キット名:VMS84I_BACKUP-V0100

問題の説明:

増分リストア操作でUCS-2形式のファイルがリストアされると、下記のようなエラーで処理が失敗するという問題がありました。

%RMS-F-SYN, file specification syntax error 

この問題は本キットで解決されています。

関係するイメージ:

  • [SYSEXE]BACKUP.EXE

  • [SYSLIB]BACKUPSHR.EXE

この問題を報告しているQuixケース:

QXCM1001240622

3.2.12 BACKUP-F-COMPINCONERR あるいはSYSTEM-F-ACCVIO エラーでBACKUP コマンドが失敗する問題

キット名:VMS84I_BACKUP-V0100

問題の説明:

V8.4で圧縮形式のセーブセットのリストアあるいはリスト操作を実行すると、 BACKUPコマンドが以下のいずれかのエラーで失敗するという問題がありました。

%BACKUP-F-COMPINCONERR, inconsistent compression indicator in compressed saveset-!AS 

あるいは

%SYSTEM-F-ACCVIO, access violation, reason mask=00, virtual address=FFFFFFFFB3D3467A, 
PC=0000000000000000, PS=00000000 

この問題は本キットで解決されています。

関係するイメージ:

  • [SYSLIB]BACKUPSHR.EXE

この問題を報告しているQuixケース:

QXCM1001146447

3.2.13 CTRL/Y の実行に続いていくつかの DCL 組み込みコマンドを実行した場合にプロセスがクラッシュする問題

キット名:VMS84I_DCL-V0100

問題の説明:

V8.4で CTRL/Y を実行していくつかのコマンドを実行した後に、 CTRL/Y 実行時の文脈に正しく戻らないという問題がありました。このためスタックの破損が発生し、最終的にプロセスがクラッシュするという問題がありました。

たとえば、以下のようにコマンドを実行した場合に、プロセスのクラッシュが発生していました。

$ HELP 
   [CTRL/Y]
$ X=1 
$ SHOW SYMBOL X 
$ CONTINUE 

この問題は本キットで解決されています。

関係するイメージ:

  • [SYSEXE]DCL.EXE

この問題を報告しているQuixケース:

QXCM1001179410

3.2.14 ユーザープログラムからの LIB$SPAWN の呼び出しが失敗する問題

キット名:VMS84I_DCL-V0100

問題の説明:

ユーザープログラムから呼び出した場合に、以下のようなエラーで LIB$SPAWN がフェールするという問題がありました。

%RMS-F-DEV, error in device name or inappropriate device 
type for operation 

この問題は解決されています。

関係するイメージ:

  • [SYSEXE]DCL.EXE

この問題を報告しているQuixケース:

QXCM1001203573

3.2.15 種々の予想外のアクセス違反により対話型プロセスが停止する問題

キット名:VMS84I_DCL-V0100

問題の説明:

対話型プロセスが以下のようなアクセス違反エラーでフェールする場合がありました。

%SYSTEM-F-ACCVIO, access violation, reason mask=00, virtual 
address=0000000000094754, PC=000000006754F4C1, PS=0000001B 
 
Improperly handled condition, image exit forced. 
Signal arguments: Number = 0000000000000005 
                    Name = 000000000000000C 
                    0000000000000000 
                    0000000000094754 
                    000000006754F4C1 
                    000000000000001B 
 
Register dump: 
R0 = 0000000000000000 R1 = 00000000677C4000 R2 = 0000000000000009 
R3 = 0000000000094754 R4 = 000000007FFCF818 R5 = 000000007FFCF8B0 
R6 = 0000000000000980 R7 = 0000000000000001 R8 = 00000000673AC980 
R9 = 0000000067D963E8 R10 = 00000000000067D9 R11 = 00000000673AC994 
SP = 00000000673AC880 TP = 0000000067C2A1C8 R14 = 000000006754DBD0 
R15 = 000000007FFD06F0 R16 = 0000000000000000 R17 = 0000000000000001 
R18 = 00000000675C67F8 R19 = 00000000673AC988 R20 = 00000000673AC988 
R21 = 0000000067D963E8 R22 = 00000000675C67F0 R23 = 00000000673AC9A8 
R24 = 0000000000000008 R25 = 0000000000000003 R26 = 0000000000054038 
R27 = 00000000673AC988 R28 = 0000000000000000 R29 = 00000000673AC920 
R30 = 0000000000005FC8 R31 = 0000000000030940 PC = 000000006754F4C1 
BSP/STORE = 000007FDBFFD46D0 / 000007FDBFFD4470 PSR = 00001213084AE010 
IIPA = 000000006754F4C0 
B0 = 000000006754DC70 B6 = FFFFFFFF801DC260 B7 = 000000006754DBD0 
 
Interrupted Frame RSE Backing Store, Size = 21 registers 
 
R32 = 00000000673AC990 R33 = 00000000673AC8C8 R34 = 00000000673AC988 
R35 = 00000000673AC994 R36 = 0000000000054038 R37 = 0000000000010000 
R38 = 0000000000000000 R39 = 0000000000000001 R40 = 00000000677C4000 
R41 = 0000000000000000 R42 = 00000000673AC9A8 R43 = 0000000000054038 
R44 = 0000000000010000 R45 = 000000006754DC70 R46 = C000000000000287 
R47 = 00000000677C4000 R48 = 0000000000030940 R49 = 00000000673AC988 
R50 = 0000000067D963E8 R51 = 00000000673AC960 R52 = FFFFFFFF803CA580 

この問題は解決されています。

関係するイメージ:

  • [SYSEXE]DCL.EXE

この問題を報告しているQuixケース:

QXCM1001226191, QXCM1001240391

3.2.16 JOB_LOGIN 時間に依存するコマンドが予想外の結果を示す問題

キット名:VMS84I_DCL-V0100

問題の説明:

JOB_LOGIN 時間に依存するコマンドのいくつかで、予想外の結果を示すという問題がありました。この問題は、サブプロセスからコールされた場合に、 JOB_LOGIN 時間の計算が不正確であったために発生していました。

以下に例を示します。

  1. F$CVTIME レキシカルでの例

    $ WRITE SYS$OUTPUT F$CVTIME("JOB_LOGIN") 
    2012-05-22 17:13:51.31 
    $ SPAWN WRITE SYS$OUTPUT F$CVTIME("JOB_LOGIN") 
    %DCL-S-SPAWNED, process SWEENEY_2504 spawned 
    %DCL-S-ATTACHED, terminal now attached to process SWEENEY_2504 
    1858-11-17 00:00:54.84 
    %DCL-S-RETURNED, control returned to process SWEENEY 
    

  2. DIR/SINCE での例

    $ DIR/DATE=CREATED LOGIN.COM 
    Directory DKA0:[TEST123] 
    LOGIN.COM;9 1 5-OCT-2011 12:14:44.41 
    LOGIN.COM;8 1 22-MAR-2010 10:08:31.36 
    LOGIN.COM;7 1 22-MAR-2010 10:07:45.18 
    LOGIN.COM;6 1 22-MAR-2010 10:07:17.63 
    Total of 4 files, 4 blocks. 
     
    $ DIR/DATE=CREATED LOGIN.COM/CREATED/SINCE=JOB_LOGIN 
    %DIRECT-W-NOFILES, no files found 
    $ SPAWN DIR/DATE=CREATED LOGIN.COM/CREATED/SINCE=JOB_LOGIN 
    %DCL-S-SPAWNED, process TEST123__35318 spawned 
    %DCL-S-ATTACHED, terminal now attached to process TEST123__35318 
     
    Directory DKA0:[TEST123] 
     
    LOGIN.COM;9 1 5-OCT-2011 12:14:44.41 
    LOGIN.COM;8 1 22-MAR-2010 10:08:31.36 
    LOGIN.COM;7 1 22-MAR-2010 10:07:45.18 
    LOGIN.COM;6 1 22-MAR-2010 10:07:17.63 
     
    Total of 4 files, 4 blocks. 
    %DCL-S-RETURNED, control returned to process TEST1 23__35922< br>$ 
    

関係するイメージ:

  • [SYSEXE]DCL.EXE

この問題を報告しているQuixケース:

QXCM1001218013

3.2.17 レキシカル関数 F$GETSYI が LCKMGR* sysgen パラメータの正しい情報を返さない問題

キット名:VMS84I_DCL-V0100

問題の説明:

レキシカル関数 F$GETSYI が LCKMGR* ファミリーのアイテムコードを不適切にフォーマットするという問題がありました。この値が奇数に設定されている場合は TRUE を返し、そうでない場合は FALSE を返します。

関係するイメージ:

  • [SYSEXE]DCL.EXE

この問題を報告しているQuixケース:

QXCM1001196103、QXCM1000472401

3.2.18 ENCRYPT /AUTHENTICATE が $STATUS シンボルに ACCVIO を返す問題

キット名:VMS84I_ENCRYPT-V0200

問題の説明:

下記のコマンドを実行した場合、正常終了したように見えますが、 $STATUS シンボルに返される値は%x1000000C (accvio)です。

$ ENCRYPT/AUTHENTICATE/AES=AES128/SECURITY=filename - 
_$ /DATABASE=filename/UPDATE /out=outfilename - 
_$ FileList /Multiple TEMPKEY 

この問題は解決されています。

関係するイメージ:

  • [SYSEXE]ENCRYPT$AUTH.EXE

この問題を報告しているQuixケース:

QXCM1001260584

3.2.19 ENCRYPT/AUTHENTICATE で生成されたログファイルをリストする際に TYPE /TAIL が機能しない問題

キット名:VMS84I_ENCRYPT-V0200

問題の説明:

TYPE /TAIL/CONTINUOUS は、以下のコマンドで作成されたログファイル(出力ファイル)に対しては機能しないという問題がありました。

$ ENCRYPT/AUTHENTICATE/AES=AES128/SECURITY=filename - 
_$ /DATABASE=filename/UPDATE /out=outfilename - 
_$ FileList /Multiple TEMPKEY 

この問題は解決されています。

関係するイメージ:

  • [SYSEXE]ENCRYPT$AUTH.EXE

この問題を報告しているQuixケース:

QXCM1001260598

3.2.20 エクスポーズされるAPI周りのコメントの不備

キット名:VMS84I_ENCRYPT-V0200

問題の説明:

HP が提供するencrypt$examples:encrypt_def.* ファイルのコメントが、エンドユーザーがこれらのサンプルファイルを簡単に使用するには十分でないという問題がありました。

ENCRYPT_DEF.PLI およびその他の ENCRYPT_DEF ヘッダファイルを通してエクスポーズされるAPI に関して十分なコメントを提供するように変更されています。

これにより、これらの API をエンドユーザーが使いやすくなっています。

関係するイメージ:

  • [SYSHLP.EXAMPLES.ENCRYPT]ENCRYPT_DEF.ADA

  • [SYSHLP.EXAMPLES.ENCRYPT]ENCRYPT_DEF.BAS

  • [SYSHLP.EXAMPLES.ENCRYPT]ENCRYPT_DEF.FOR

  • [SYSHLP.EXAMPLES.ENCRYPT]ENCRYPT_DEF.H

  • [SYSHLP.EXAMPLES.ENCRYPT]ENCRYPT_DEF.MAR

  • [SYSHLP.EXAMPLES.ENCRYPT]ENCRYPT_DEF.PAS

  • [SYSHLP.EXAMPLES.ENCRYPT]ENCRYPT_DEF.PLI

  • [SYSHLP.EXAMPLES.ENCRYPT]ENCRYPT_DEF.R32

この問題を報告しているQuixケース:

QXCM1001168670


目次

プライバシー ご利用条件・免責事項