日本-日本語

製品 >  HPE Integrity サーバー >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HPE OpenVMS for Integrity Servers

HPE OpenVMS for Integrity Servers
アップデート・キット VMS84I_UPDATE V1200 リリース・ノート


目次

第3章 VMS84I_UPDATE-V1200 キットで提供される新機能および解決される問題

この章では、VMS84I_UPDATE-V1200 アップデートキットに含まれている各パッチキットで提供される機能、および修正される問題について説明しています。

なお、この章では、 VMS84I_UPDATE-V1200 アップデートキットで新たに提供されるパッチキットによる修正点のみを説明します。 VMS84I_UPDATE-V1200 アップデートキットは累積キットになっているため過去にリリースされたすべてのパッチキットが含まれていますが、以前のバージョンのアップデートキットで提供されたパッチキットによる修正については、それぞれのバージョンのアップデートキットのリリースノートを参照してください。

過去のアップデートキットのリリースノートについては、 第 4 章 を参照してください。



3.1 新機能

VMS84I_UPDATE-V1200 アップデートキットにより提供される新機能を以下に示します。なお以降の各項の冒頭に、当該機能を提供するアップデートキット内のパッチキット名を示しています。

キット名:VMS84I_MANAGE-V0200

新機能の説明:

新しい SSL1 のスタートアップ・プロシージャが VMS$LPBEGIN-050_STARTUP.COM に追加され、システム起動時に SSL1 のスタートアップが行われます。

関係するイメージ:
・ [SYS$STARTUP]VMS$LPBEGIN-050_STARTUP.COM



3.2 解決される問題

VMS84I_UPDATE-V1200 アップデートキットにより解決される問題を以下に示します。なお以降の各項の冒頭に、当該問題を解決するアップデートキット内のパッチキット名を示しています。

キット名:VMS84I_BACKUP-V0200

問題の説明:

追加型バックアップの復元操作中に、ファイル名にクォート文字を含むODS-5ファイルを処理すると、BACKUPで次のエラーが発生します。

%RMS-F-SYN, file specification syntax error 


この問題は修正されました。

関係するイメージ:
・ [SYSEXE]BACKUP.EXE
・ [SYSLIB]BACKUPSHR.EXE

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001272689


3.2.2 BACKUP/INTERCHANGEで、BACKUP-E-CREDIRERRエラー

キット名:VMS84I_BACKUP-V0200

問題の説明:

BACKUP/INTERCHANGEでバックアップ操作中に、ファイルをODS-5からODS-2に変換していると、以下のエラーが発生します。

%BACKUP-E-CREDIRERR, error creating directory $1$DKA100:[TEST]NEW.DIR;1 


この問題は修正されました。

関係するイメージ:
・ [SYSEXE]BACKUP.EXE
・ [SYSLIB]BACKUPSHR.EXE

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001305995


3.2.3 バックアップは、大きなディレクトリではODS-5をODS-2に完全に変換できません。

キット名:VMS84I_BACKUP-V0200

問題の説明:

90ブロック以上の大きなディレクトリファイルの場合、ODS-5ファイル名をODS-2ファイル名に完全に変換することができません。変換後、ANALYZE/DISKで以下のエラーが報告されます。

%ANALDISK-W-BADDIR, directory [DIRECTORY2] has invalid format 
-ANALDISK-I-BAD_DIRTYPE, invalid type code in directory record 


この問題は修正されました。

関係するイメージ:
・ [SYSEXE]BACKUP.EXE
・ [SYSLIB]BACKUPSHR.EXE

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001355889


3.2.4 イメージバックアップで、ターゲットディスクへの復元後にマウントポイントを複製しない

キット名:VMS84I_BACKUP-V0200

問題の説明:

マウントポイントはメモリ上でファイルヘッダーのデータのみを変更し、マウントポイントファイルのディレクトリ構成のデータは変更しないため、BACKUPはイメージバックアップをターゲットディスクに復元した後、元のマウントポイントを複製することはできません。さらに、1つのディレクトリが複数のディスクにまたがってマウントされることもあります。そのため、BACKUPはイメージバックアップを復元しても元のマウントポイントを複製することができません。マウントポイントの設定は手動で行う必要があります。
BACKUPがマウントポイントに関するメッセージを出すように修正されました。

関係するイメージ:
・ [SYSEXE]BACKUP.EXE
・ [SYSLIB]BACKUPSHR.EXE
・ [SYSMSG]SYSMGTMSG.EXE

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001385027


3.2.5 BACKUPで/input_files修飾子に指定されたファイル名に特殊文字があると正しく解析できない問題

キット名:VMS84I_BACKUP-V0200

問題の説明:

この問題は、BACKUPの/input_files修飾子に指定されたファイルリストの中に非 ASCII文字を含むファイル名があった場合に発生します。BACKUPは、非ASCII文字以外は正常にファイル名を解析しますが、これらの特殊文字はスペースとして分類されていたため、その位置でファイル名が切り捨てられていました。このため、これらの特殊文字をファイル名に含むファイルのバックアップに失敗していました。
この問題は修正されました。

関係するイメージ:
・ [SYSEXE]BACKUP.EXE
・ [SYSLIB]BACKUPSHR.EXE

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001387451


3.2.6 追加型バックアップの復元で %BACKUP-E-INCDELERR エラー

キット名:VMS84I_BACKUP-V0200

問題の説明:

追加型バックアップの復元において、65535を超えるファイルIDを持つディレクトリやファイルを削除する必要がある場合に正常に機能しません。以下に示すエラーが発生し、追加型バックアップの復元は失敗します。

%BACKUP-E-INCDELERR, error deleting $15$DKA100:[CSL.DATA.BILL_IMAGE.0016.00016652]0023.DIR;1 
-SYSTEM-F-DIRNOTEMPTY, directory file is not empty 


この問題は修正されました。

関係するイメージ:
・ [SYSEXE]BACKUP.EXE
・ [SYSLIB]BACKUPSHR.EXE

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001419706


3.2.7 追加型バックアップの復元で %RMS-F-SYN エラー

キット名:VMS84I_BACKUP-V0200

問題の説明:

追加型バックアップの復元において、ODS-5ディスクの特殊文字を含むファイル名を持つディレクトリやファイルを削除する必要がある場合に正常に機能しません。以下に示すエラーが発生し、追加型バックアップの復元は失敗します。

%RMS-F-SYN, file specification syntax error 


この問題は修正されました。

関係するイメージ:
・ [SYSEXE]BACKUP.EXE
・ [SYSLIB]BACKUPSHR.EXE

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001433337


3.2.8 ファイルヘッダーの不完全なファイル名の訂正

キット名:VMS84I_F11X-V0300

問題の説明:

ディスクの変換などにより、ディレクトリエントリ内のファイル名が正しいものの、対応するファイルヘッダーにあるファイル名が空または不完全または切り捨てられているようなファイルが存在することがあります。
例:次の2つのファイルで問題が発生しています。

TEST$DISK:[TEST.INCOMPLETE_FILES]EMPTY_FILE.TXT 
TEST$DISK:[TEST.INCOMPLETE_FILES]TRUNC_FILE.TXT 


DIRECTORYコマンドは、これに対して正しいファイル名を表示します。しかし、 DUMP/HEADERコマンドは、空ファイル名または切り詰めたファイル名を出力します。

$ DIR TEST$DISK:[TEST.INCOMPLETE_FILES]EMPTY_FILE.TXT, 
TEST$DISK:[TEST.INCOMPLETE_FILES]TRUNC_FILE.TXT 
 
Directory TEST$DISK:[TEST.INCOMPLETE_FILES] 
 
EMPTY_FILE.TXT;1    TRUNC_FILE.TXT;1 
 
Total of 2 files. 
$ 
 
$ DUMP/HEADER/BLOCK=COUNT=0 TEST$DISK:[TEST.INCOMPLETE_FILES]*_FILE.TXT 
 
Dump of file TEST$DISK:[TEST.INCOMPLETE_FILES]EMPTY_FILE.TXT;1 on 7-NOV-2012 10:27:59.92 
 
        . 
        File name: 
        . 
 
Dump of file TEST$DISK:[TEST.INCOMPLETE_FILES]TRUNC_FILE.TXT;1 on 7-NOV-2012 10:27:59.93 
 
        . 
        File name:       .TXT 
        . 


このような場合には、システム管理者が、動的SYSGENパラメータXQPCTLD7のビット4 (ビット0から開始、値16)を設定した後にRENAMEコマンドを使うことで、そのようなファイルを修正できるようにしました。

        $ MCR SYSGEN 
        SYSGEN> USE ACTIVE 
        SYSGEN> SET XQPCTLD7 16 
        SYSGEN> WRITE ACTIVE 
        SYSGEN> EXIT 
        $ 


もしリブートする場合には以下も可。

        $ MCR SYSGEN 
        SYSGEN> USE CURRENT 
        SYSGEN> SET XQPCTLD7 16 
        SYSGEN> WRITE CURRENT 
        SYSGEN> EXIT 
        $ 


それから、ファイルヘッダーの名前を次のRENAMEコマンドにより訂正します:

    $ RENAME <ABSOLUTE_FILE_PATH> <ABSOLUTE_FILE_PATH> 


関係するイメージ:
・ [SYS$LDR]F11BXQP.EXE
・ [SYS$LDR]F11BXQP.STB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001238105


3.2.9 F11BXQPでのスタック破壊によるSSRVEXCEPTバグチェック

キット名:VMS84I_F11X-V0300

問題の説明:

まれに、F11BXQPにおいて"SSRVEXCEPT, Unexpected system service exception"というシステムクラッシュが起きます。このクラッシュはF11BXQPのスタック破壊のために発生します。スタックは、XQP(ファイルシステム)によって呼び出された$ENQ操作の Lock Statusブロック(LKSB)によって破損することがありました。
この問題は修正されました。

関係するイメージ:
・ [SYS$LDR]F11BXQP.EXE
・ [SYS$LDR]F11BXQP.STB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001359636


3.2.10 ボリュームの拡張に対してILLBLKNUMエラー

キット名:VMS84I_F11X-V0300

問題の説明:

ディスクボリュームを1.00TB(1024GB)以上に動的に拡張すると、"ILLBLKNUM, illegal logical block number"エラーが発生し、GPT.SYSのマップエリアに問題が発生することがあります。

$ set volume/size dsa55: 
%SET-E-NOTSET, error modifying _DSA55: 
-SYSTEM-F-ILLBLKNUM, illegal logical block number 


この問題は修正されました。

関係するイメージ:
・ [SYS$LDR]F11BXQP.EXE
・ [SYS$LDR]F11BXQP.STB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001410966

回避策:
ボリュームの拡張が1TB未満の場合には正しく動作します。


3.2.11 I/OデータベースのMutex競合によるパフォーマンスの低下

キット名:VMS84I_F11X-V0300

問題の説明:

負荷が大きな場合、I/OデータベースのMutex競合が高くなっていました。ファイルシステムのI/OデータベースのMutexの使用が、競合を減らすように最適化されました。その結果、Mutexの競合が大幅に軽減され、全体の実行時間が改善されています。

関係するイメージ:
・ [SYS$LDR]F11BXQP.EXE
・ [SYS$LDR]F11BXQP.STB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001396751
PTR 75-126-431


3.2.12 ディスククォータ使用の場合にF11BXQPでXQPERRバグチェック

キット名:VMS84I_F11X-V0300

問題の説明:

ディスククォータ機能が有効で、ディスククォータのロックが非常に多い場合、クォータの古いLock IDを使用してXQPERRバグチェックでクラッシュすることがありました。

        Bugcheck Type:     XQPERR, Error detected by file system 
        VMS Version:       V8.4 
        Failing PC:        FFFFFFFF.80864F50    WRITE_QUOTA_C+00AE0 
        Failing PS:        00000000.00000002 
        Module:            F11BXQP    (Link Date/Time: 24-AUG-2012 14:23:12.47) 
        Offset:            0008BD50 


クォータのキャッシュエントリ構造体で共通のロックステータスブロック(LKSB)を使用しており、ファイルシステムが古いLock IDを取得して使用しようとするため、このバグチェックが発生することがありました。
この問題は修正されました。

関係するイメージ:
・ [SYS$LDR]F11BXQP.EXE
・ [SYS$LDR]F11BXQP.STB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001412060


3.2.13 ANALYZE/DISK 実行中にアクセス違反が発生

キット名:VMS84I_F11X-V0300

問題の説明:

OpenVMS V8.4では、ディレクトリ・エントリに不正なFile-IDが含まれていると、 ANALYZE/DISKコマンドでアクセス違反が発生することがありました。
この問題は修正されました。

関係するイメージ:
・ [SYSEXE]VERIFY.EXE

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001337051


3.2.14 Intel 1Gカードを搭載したIntegrityサーバーシステムで、ジャンボパケットを受信するとシステムクラッシュ

キット名:VMS84I_LAN-V0500

問題の説明:

特定のIntel 1ギガビットデバイス用の受信バッファーサイズが正しくないため、巨大サイズのフレームを受信するとノンページプールが破壊されました。
この問題は修正されました。

関係するイメージ:
・ [SYS$LDR]SYS$EI1000.EXE
・ [SYS$LDR]SYS$EI1000_MON.EXE
・ [SYS$LDR]SYS$EI1000.STB
・ [SYS$LDR]SYS$EI1000_MON.STB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001428049


3.2.15 論理LANデバイスで、手動LANフェイルオーバーを実行すると、時々プライマリデバイスが起動しない

キット名:VMS84I_LAN-V0500

問題の説明:

"MC LANCP SET DEVICE <論理LANデバイス名> /SWITCH" コマンドで手動LANフェールオーバーを実行すると、時々プライマリデバイスがDOWN状態のままになることがありました。
この問題は修正されました。

関係するイメージ:
・ [SYS$LDR]SYS$EW5700.EXE
・ [SYS$LDR]SYS$EW5700.STB
・ [SYS$LDR]SYS$EW5700_MON.EXE
・ [SYS$LDR]SYS$EW5700_MON.STB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001393174
QXCM1001420138

回避策:
この問題を回避するには、"MC LANCP UPDATE DEVICE/RESET <デバイス名>" コマンドでデバイスのリセットを行います。


3.2.16 VCモジュールの電源をオフ/オンすると、一部のLANリンクがアップしない

キット名:VMS84I_LAN-V0500

問題の説明:

VCモジュールの電源がオフにされてからオンになると、一部のLANリンクが ONLINE にならないことがあります。この問題は、LANリンクが論理LANフェールオーバーセットの一部として構成されている場合に発生します。
この問題は修正されました。

関係するイメージ:
・ [SYS$LDR]SYS$EW57711.EXE
・ [SYS$LDR]SYS$EW57711DRIVER.STB
・ [SYS$LDR]SYS$EW57711_MON.EXE
・ [SYS$LDR]SYS$EW57711DRIVER_MON.STB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001402827

回避策:
この問題を回避するには、"MC LANCP UPDATE DEVICE/RESET <デバイス名>" コマンドでデバイスのリセットを行います。


目次

個人情報保護方針 ご利用条件・免責事項