日本-日本語

製品 >  HP Integrity サーバー >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HPE OpenVMS for Integrity Servers

HPE OpenVMS for Integrity Servers
アップデート・キット VMS84I_UPDATE V1100 リリース・ノート


最初へ

目次 (まとめ)
まえがき まえがき
第 1 章 キットの概要
第 2 章 インストレーションに関する注意事項
第 3 章 VMS84I_UPDATE-V1100 キットで提供される新機能および解決される問題
第 4 章 OpenVMS Integrity V8.4 用の以前のアップデートキットについての情報
付録 A 本アップデートキットで修正されるファイル一覧
 


目次


まえがき
まえがき まえがき
第 1 章
1 キットの概要
  1.1   本アップデートキットの概要
  1.2   キット名
  1.3   キットの説明
    1.3.1      インストレーションの必要性
    1.3.2      リブートの必要性
    1.3.3      このキットを適用する OpenVMS のバージョン
    1.3.4      新機能および新しいハードウェアのサポート
  1.4   本キットにより旧版となるキット
  1.5   依存するキット
  1.6   本アップデートキットに含まれるパッチキット
第 2 章
2 インストレーションに関する注意事項
  2.1   テストイメージおよびデバッグイメージのバックアップ
  2.2   圧縮ファイルの展開
  2.3   インストレーションのためのコマンド
  2.4   インストレーション時のプロンプト表示の制御
  2.5   VMS84I_LOGINPLUS アップデートキットのインストールについて
第 3 章
3 VMS84I_UPDATE-V1100 キットで提供される新機能および解決される問題
  3.1   新機能
  3.2   解決される問題
    3.2.1      LAVC$FAILURE_ANALYSISが,問題のあったネットワークコンポーネントの動作再開時に,OPCOM "%LAVC-S-WORKING.."を表示しない問題
    3.2.2      特定のインタフェースで、LAVCプロシージャーがクラスタ通信を開始する時に、バグチェック "INVEXCEPTN, Exception while above ASTDEL"でシステムがクラッシュする問題
    3.2.3      IPL8 フォークキューの破壊のため,バグチェック "INVEXCEPTN, Exception while above ASTDEL" でシステムがクラッシュする問題
    3.2.4      SCS/IOLOCK8 スピンロック競合の問題
    3.2.5      AVIO ストレージドライバーでのアラインメントフォールトの問題
    3.2.6      2TB を超えるディスクで,ディスク初期化が失敗する問題
    3.2.7      テープデバイスを構成するときに、INVEXCEPTN バグチェックで OpenVMS システムクラッシュする問題
    3.2.8      PKMDRIVERによって引き起こされるノンページプール破損のため OpenVMSシステムはINVEXCEPTN バグチェックでクラッシュする問題
    3.2.9      デバイスのプライマリ・パスが MSCPに設定されていると、 SDA拡張コマンド FC PERFORMANCEは、データの表示に失敗する問題
    3.2.10      LTT ソフトウェアは、QLOGIC ISP2532 (8G FC)カードを介して接続されているデバイスをスキャンし検出することができない問題
    3.2.11      LSI 1030 SCSI アダプターを介して接続されたMSA30エンクロージャ内のディスクから OpenVMS をブートするとハングする問題
    3.2.12      論理 LANデバイスでジャンボフレームを有効にすると、バッファーサイズが不正な値となる問題
    3.2.13      OpenVMS 8.4 LAT 制御プログラム(LATCP)がハングする問題
    3.2.14      相互接続モジュールがない場合に,NC364モジュールでリンクのフラップが発生する問題
    3.2.15      UCBリストの処理中に"INVEXCEPTN, Exception while above ASTDEL"でシステムクラッシュする問題
    3.2.16      待機状態の論理LAN Failoverセットのデバイスが、ブロードキャストパケットを受信する問題
    3.2.17      システムブート後に特定の論理LANデバイスが作成されない問題
    3.2.18      特定の問題がある LDAPサーバーに接続しようとすると, TLS/SSLモードを使っているアプリケーションが無期限にハングする問題
    3.2.19      C++アプリケーションプログラムにおいて、long doubleの除算が存在する場合、指定と異なる丸めによる結果が出る問題
    3.2.20      LMF の再起動中に %LICENSE-F-INTERINJ エラーとなる問題
    3.2.21      SHOW SHADOW コマンドが間違った HBMM ステータスを表示する問題
    3.2.22      SET SHADOW/POLICYコマンドのエラーメッセージが表示されない問題
    3.2.23      ミニコピーが DISMOUNT修飾子と共にMULTIUSEビットマップに使われる時、シャドウセットのメンバー間にデータの不整合が生じる問題
    3.2.24      NPAGEDYNの大きな値を割り当てる場合のS0/S1スペースの損失の問題
    3.2.25      プロセスコントロール領域が破損する問題
    3.2.26      アラインメントフォールト処理の性能低下の改善
    3.2.27      RAD.COMによる不正確な RADメモリー配置の表示の問題
    3.2.28      プロセス終了時の間欠的な DELCONPFN bugcheckの問題
    3.2.29      FILCNTNONZ問題解析のための診断情報の追加
    3.2.30      デバイスにスプールされた LTA ポートを削除するときに誤ったデバイス名が表示される問題
    3.2.31      "SDA> CLUE FRU"コマンドは、アクティブな CPU の数を誤る問題
    3.2.32      SYS$UTC_SERVICES モジュールでのアラインメントフォールトの問題
    3.2.33      "ERRFMT - I bring you bad news..."を送信した後に ERRFMT プロセスが停止する問題
    3.2.34      DELETE/TREEは、ディレクトリの削除に失敗する問題
    3.2.35      VMSINSTAL.COMが VMSINSTAL$STATSプロセスを LEF状態のまま残す問題
    3.2.36      マルチスレッドのJDBCプロセスはV7.3 RDB$COSIPイメージを使う場合に、 Oracle Rdb (tm)と接続しようとして、ハングする問題
    3.2.37      プロセスをハングさせる可能性のあるタイミングウィンドウの修正
    3.2.38      SECURITY_RIGHTS パケットのメモリリークの修正
    3.2.39      OpenVMS バージョン V8.4 で、システムのシャットダウン中または起動中にまれにクラスターハングする問題
    3.2.40      Infoserver からのブート/インストールのプロセスがハングする問題
    3.2.41      内部モードの特殊なカーネル AST を待っているプロセスがハングする問題
    3.2.42      OpenVMS V8.4が EXE$INFORM_TM_AST_C+00730 で INCON_SCHED クラッシュする問題
    3.2.43      Integrity上のゲストOSとして実行されているOpenVMSは、ブートに失敗する問題
    3.2.44      受信 LCKMGR メッセージの処理を PEドライバーfastpath CPU以外の CPUで処理する選択肢の提供
    3.2.45      TDF は完全なタイムゾーンルールを読み取れず、タイムゾーン設定に失敗する問題


目次

個人情報保護方針 ご利用条件・免責事項