日本-日本語

製品 >  HP Integrity サーバー >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HPE OpenVMS for Integrity Servers

HPE OpenVMS for Integrity Servers
アップデート・キット VMS84I_UPDATE V1100 リリース・ノート


目次

第3章 VMS84I_UPDATE-V1100 キットで提供される新機能および解決される問題

この章では、VMS84I_UPDATE-V1100 アップデートキットに含まれている各パッチキットで提供される機能、および修正される問題について説明しています。

なお、この章では、 VMS84I_UPDATE-V1100 アップデートキットで新たに提供されるパッチキットによる修正点のみを説明します。 VMS84I_UPDATE-V1100 アップデートキットは累積キットになっているため過去にリリースされたすべてのパッチキットが含まれていますが、以前のバージョンのアップデートキットで提供されたパッチキットによる修正については、それぞれのバージョンのアップデートキットのリリースノートを参照してください。

過去のアップデートキットのリリースノートについては、 第 4 章 を参照してください。

3.1 新機能

VMS84I_UPDATE-V1100 アップデートキットで提供する新機能はありません。

3.2 解決される問題

VMS84I_UPDATE-V1000 アップデートキットにより解決される問題を以下に示します。なお以降の各項の冒頭に、当該問題を解決するアップデートキット内のパッチキット名を示しています。

3.2.1 LAVC$FAILURE_ANALYSISが,問題のあったネットワークコンポーネントの動作再開時に,OPCOM "%LAVC-S-WORKING.."を表示しない問題

キット名:VMS84I_DRIVER-V0300

問題の説明:

OpenVMS クラスタのネットワークコンポーネントの障害が発生すると、障害解析プログラムは疑いのあるコンポーネントのリストを "%LAVC-W-PSUSPECT" または "%LAVC-I-ASUSPECT" として表示します。そして疑いのあるコンポーネントが、再び作動すると,OPCOM "%LAVC-S-WORKING" を表示します。しかし、このOPCOMが表示されませんでした。

関係するイメージ:
・ [SYS$LDR]SYS$PEDRIVER.EXE
・ [SYS$LDR]SYS$PEDRIVER.STB
・ [SYS$LDR]SYS$PEDRIVER_MON.EXE
・ [SYS$LDR]SYS$PEDRIVER_MON.STB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001241765


3.2.2 特定のインタフェースで、LAVCプロシージャーがクラスタ通信を開始する時に、バグチェック "INVEXCEPTN, Exception while above ASTDEL"でシステムがクラッシュする問題

キット名:VMS84I_DRIVER-V0300

問題の説明:

LAVCコマンドが使われて、 LANインタフェースでクラスタ通信が開始される時に、以下のログのようにシステムがクラッシュすることがあります。

Bugcheck Type:  INVEXCEPTN, Exception while above ASTDEL 
CPU Type:       HP BL860c i2  (1.60GHz/5.0MB) 
VMS Version:    V8.4 
Current Image:  DSA21:[SYS0.SYSCOMMON.][SYSHLP.EXAMPLES]LAVC$START_BUS.EXE;1 
Failing PC:     FFFFFFFF.81315430    INIT.DOES_BUS_EXIST_C+002B0 


LAVCコマンドの処理の一部として、クラスタ通信ドライバーはLANとIPインタフェースの両方をスキャンして,すでに初期化されているかチェックします。 Cluster over IP(IPCI)が使用可能でない場合、 IPCI関連のセルは NULLに初期化されます。それゆえ、コマンド処理の一部としてドライバーが、 IPインタフェースキューをスキャンしようとすると、システムはクラッシュしました。

関係するイメージ:
・ [SYS$LDR]SYS$PEDRIVER.EXE
・ [SYS$LDR]SYS$PEDRIVER.STB
・ [SYS$LDR]SYS$PEDRIVER_MON.EXE
・ [SYS$LDR]SYS$PEDRIVER_MON.STB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001276513


3.2.3 IPL8 フォークキューの破壊のため,バグチェック "INVEXCEPTN, Exception while above ASTDEL" でシステムがクラッシュする問題

キット名:VMS84I_DRIVER-V0300

問題の説明:

IPL8フォークキューの破壊のため,システムクラッシュします。タイミングにより PEdriverが LAN転送に同じ "helloメッセージ”パケットを再度キューに入れる事がありました。この操作のため IPL8フォークキューを破壊していました。この問題は修正されました。

関係するイメージ:
・ [SYS$LDR]SYS$PEDRIVER.EXE
・ [SYS$LDR]SYS$PEDRIVER.STB
・ [SYS$LDR]SYS$PEDRIVER_MON.EXE
・ [SYS$LDR]SYS$PEDRIVER_MON.STB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001322832


3.2.4 SCS/IOLOCK8 スピンロック競合の問題

キット名:VMS84I_DRIVER-V0300

問題の説明:

このキットは、SCS/IOLOCK8 スピンロック競合の問題を防ぐための変更が含まれます。これは、クラスター通信パケットの処理中にスピンロックの取得とリリースが頻繁に発生することを避けるための変更です。

関係するイメージ:
・ [SYS$LDR]SYS$PEDRIVER.EXE
・ [SYS$LDR]SYS$PEDRIVER.STB
・ [SYS$LDR]SYS$PEDRIVER_MON.EXE
・ [SYS$LDR]SYS$PEDRIVER_MON.STB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001327997


3.2.5 AVIO ストレージドライバーでのアラインメントフォールトの問題

キット名:VMS84I_FIBRE_SCSI-V0800

問題の説明:

HPVMゲスト時に AVIO ストレージドライバーでカーネルモードのアラインメントフォールトが発生していました。この問題は修正されました。

関係するイメージ:
・ [SYS$LDR]SYS$GSPDRIVER.EXE
・ [SYS$LDR]SYS$GSPDRIVER.STB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001277678


3.2.6 2TB を超えるディスクで,ディスク初期化が失敗する問題

キット名:VMS84I_FIBRE_SCSI-V0800

問題の説明:

ディスクサイズ 2TB 以上のディスクで, "medium is offline" または "bad parameter value" のエラーで初期化が失敗します。

関係するイメージ:
・ [SYS$LDR]SYS$DKDRIVER.EXE
・ [SYS$LDR]SYS$DKDRIVER.STB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001339201


3.2.7 テープデバイスを構成するときに、INVEXCEPTN バグチェックで OpenVMS システムクラッシュする問題

キット名:VMS84I_FIBRE_SCSI-V0800

問題の説明:

ドライバーがテープ・ドライブ・コンフィギュレーションの間に初期設定されなかったデータにアクセスしていた時に、OpenVMSシステムはPGQDRIVERにおけるINVEXCEPTN バグチェックでクラッシュします。

関係するイメージ:
・ [SYS$LDR]SYS$PGQDRIVER.EXE
・ [SYS$LDR]SYS$PGQDRIVER.STB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001339414, 75-126-393


3.2.8 PKMDRIVERによって引き起こされるノンページプール破損のため OpenVMSシステムはINVEXCEPTN バグチェックでクラッシュする問題

キット名:VMS84I_FIBRE_SCSI-V0800

問題の説明:

SC11Xe SCSIコントローラーを介して接続されたテープデバイスで、大きな BLOCK_SIZEを使って BACKUP操作を行っていると, PKMDRIVERによるノンページプール破損のため rx2800 i2システムは INVEXCEPTN バグチェックでクラッシュします。この問題は修正されました。

関係するイメージ:
・ [SYS$LDR]SYS$PKMDRIVER.EXE
・ [SYS$LDR]SYS$PKMDRIVER.STB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001370714

回避策:
この問題は、修正されたSYS$PKMDRIVERイメージがインストールされるまでは,バックアップコマンドの/BLOCK_SIZE修飾子で8,192 バイト以下に制限することで回避することができます。


3.2.9 デバイスのプライマリ・パスが MSCPに設定されていると、 SDA拡張コマンド FC PERFORMANCEは、データの表示に失敗する問題

キット名:VMS84I_FIBRE_SCSI-V0800

問題の説明:

デバイスに対する MSCPパスの機能には制限事項があり、パフォーマンスデータの収集はサポートしていません。現在,パフォーマンスデータの収集には、デバイスのプライマリパスが使われます。そのため、 MSCPパスがデバイスのプライマリパスだと、 FC PERFORMANCEはパフォーマンスデータの表示に失敗します。この問題は、パフォーマンスデータの表示のため、デバイスのカレントパスを変更することで修正されます。デバイスのカレントパスが MSCPであり、パフォーマンスデータ収集が必要ならば、 SDA>FC PERFORMANCEを利用する前にカレントパスを使用可能な物理パスに設定する必要があります。

関係するイメージ:
・ [SYSLIB]FC$SDA.EXE

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001377677, 75-126-422


3.2.10 LTT ソフトウェアは、QLOGIC ISP2532 (8G FC)カードを介して接続されているデバイスをスキャンし検出することができない問題

キット名:VMS84I_FIBRE_SCSI-V0800

問題の説明:

LTT ソフトウェアは、QLOGIC ISP2532 PCIe Fibre HBAを介して接続されているデバイスをスキャンし検出することができません。OpenVMS SNIA HBA API サポートがこのカードで利用出来ません。この問題は修正されました。

関係するイメージ:
・ [SYS$LDR]SYS$PGQDRIVER.EXE
・ [SYS$LDR]SYS$PGQDRIVER.STB
・ [SYSLIB]HBA_VMS.EXE
・ [SYSLIB]HBAAPITEST.EXE

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001386644


3.2.11 LSI 1030 SCSI アダプターを介して接続されたMSA30エンクロージャ内のディスクから OpenVMS をブートするとハングする問題

キット名:VMS84I_FIBRE_SCSI-V0800

問題の説明:

OpenVMSは、 rx3600/rx2660/rx6600サーバー内で LSI 1030 SCSIアダプターに接続されているMSA30 ストレージエンクロージャー内のディスクから起動できません。システムはブート中に以下のエラーによってハングします:

          PKM - Target Reset not supported in this Port Type 1 
          PKM - Target Reset not supported in this Port Type 1 


この問題は修正されました。

関係するイメージ:
・ [SYS$LDR]SYS$PKMBTDRIVER.EXE
・ [SYSEXE]IPB.EXE

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001193068


3.2.12 論理 LANデバイスでジャンボフレームを有効にすると、バッファーサイズが不正な値となる問題

キット名:VMS84I_LAN-V0400

問題の説明:

EW57711 10Gをフェイルオーバーデバイスとして含む論理 LANデバイスでジャンボフレームを有効にする場合、 LANユーザーに対して不正なバッファーのサイズが反映されます。反映されたバッファーのサイズは 7.5 KB ではなく 1.5 KB です。結果として LAN アプリケーションは、ジャンボサイズのバッファーを使用できません。

EW57711 デバイスのジャンボフレームサイズ制限に関する以下のカスタマーアドバイザリを参照してください。

http://h41302.www4.hp.com/km/saw/view.do?docId=emr_na-c03499018 

関係するイメージ:
・ [SYS$LDR]SYS$ER57711.EXE
・ [SYS$LDR]SYS$ER57711_MON.EXE
・ [SYS$LDR]SYS$EW57711.EXE
・ [SYS$LDR]SYS$EW57711_MON.EXE
・ [SYS$LDR]SYS$EW57711DRIVER.STB
・ [SYS$LDR]SYS$EW57711DRIVER_MON.STB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001225887, QXCM1001240914, 75-126-270


3.2.13 OpenVMS 8.4 LAT 制御プログラム(LATCP)がハングする問題

キット名:VMS84I_LAN-V0400

問題の説明:

ブート時に、リンクステータスが DOWNである物理ポート上でのLATリンクの作成は永久にハングし、LATCPコマンドを応答を待ち続けます。この問題は修正されました。

関係するイメージ:
・ [SYS$LDR]SYS$LAN_CSMACD.EXE
・ [SYS$LDR]SYS$LAN.EXE
・ [SYS$LDR]SYS$LAN_CSMACD.STB
・ [SYS$LDR]SYS$LAN.STB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001227049

回避策:
LAN_FLAGSビット14を使ってください。

  SYSGEN> SET LAN_FLAGS 16384 
  SYSGEN> W C 
  SYSGEN> W A 


注: このパッチを適用すると、この回避策は必要ありません。


3.2.14 相互接続モジュールがない場合に,NC364モジュールでリンクのフラップが発生する問題

キット名:VMS84I_LAN-V0400

問題の説明:

NC364クアッドポートモジュールで、1つのポートだけが物理的に接続され,他のポートが接続していない時に、ランダムなポートにリンクフラップが発生します。

関係するイメージ:
・ [SYS$LDR]SYS$EI1000.EXE
・ [SYS$LDR]SYS$EI1000_MON.EXE
・ [SYS$LDR]SYS$EI1000.STB
・ [SYS$LDR]SYS$EI1000_MON.STB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001272578, QXCM1001265662, 75-126-359


3.2.15 UCBリストの処理中に"INVEXCEPTN, Exception while above ASTDEL"でシステムクラッシュする問題

キット名:VMS84I_LAN-V0400

問題の説明:

802.2パケットを受信して UCBにマッピングする間に、 UCBリストが壊れます。同期の問題が原因でした。この問題は修正されました。

関係するイメージ:
・ [SYS$LDR]SYS$LAN_CSMACD.EXE
・ [SYS$LDR]SYS$LAN.EXE
・ [SYS$LDR]NET$CSMACD.EXE
・ [SYS$LDR]SYS$LAN_CSMACD.STB
・ [SYS$LDR]SYS$LAN.STB
・ [SYS$LDR]NET$CSMACD.STB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001289986, QXCM1001268175, 75-126-307


3.2.16 待機状態の論理LAN Failoverセットのデバイスが、ブロードキャストパケットを受信する問題

キット名:VMS84I_LAN-V0400

問題の説明:

論理 LANフェイルオーバセットにおいて、プライマリ物理デバイスからスタンバイモードに切り換える時に、同報メッセージ (すなわち MACアドレス FF-FF-FF-FF-FF-FFに送られたメッセージ)を受け取り続けます。ネットワーク問題によるリンクダウン、またはユーザーがデバイスリセットコマンド MC LANCPを使って、強制的に変更する時、デバイスはこの切り替えを行います。これらの両方のケースにおいて、初期設定ルーチンはデバイスの受信モードを誤ってノーマルモードに設定し、それがブロードキャストパケットを受け取り続けることを可能にします。

関係するイメージ:
・ [SYS$LDR]SYS$EW57711.EXE
・ [SYS$LDR]SYS$EW57711_MON.EXE
・ [SYS$LDR]SYS$EW57711DRIVER.STB
・ [SYS$LDR]SYS$EW57711DRIVER_MON.STB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001351981, 75-126-405

回避策:
システムをリブートします。


3.2.17 システムブート後に特定の論理LANデバイスが作成されない問題

キット名:VMS84I_LAN-V0400

問題の説明:

システムブートの間に使われた LANプリミティブデータベースは、ブートディスクの SYSEXEパスに存在すると想定されています。アップデートする間のプリミティブデータベースへのアクセスは SYS$SYSROOT論理名に依存します。従って、 SYS$SYSROOT論理名が、複数のデバイスを指すように定義され、その最初の項目が現在ブートしているデバイス以外のデバイスを指している環境において、新しく作成された論理 LANデバイスはブート後に利用できないことがあります。この問題は修正されました。

関係するイメージ:
・ [SYSEXE]LANCP.EXE

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001326476

回避策:
運転システムの上の SYS$SYSTEMディレクトリから SYS$SPECIFIC:[SYSEXE](正しいブートデバイス)に LAN$DEVICE_DATABASE.SEQファイルをコピーすることにより、ブート中に参照されるプリミティブデータベースファイルが適切な内容である事を保証できます。


3.2.18 特定の問題がある LDAPサーバーに接続しようとすると, TLS/SSLモードを使っているアプリケーションが無期限にハングする問題

キット名:VMS84I_LDAP-V0200

問題の説明:

特定のまれな状況下で、 LDAPサーバーが応答しなくなった時に、LDAP$SHR を使っているアプリケーションは無期限にハングします。これは、接続の確立に TLS/SSLモードを使用している場合にのみ発生します。この問題は修正されました。

関係するイメージ:
・ [SYSLIB]LDAP$SHR.EXE

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
75-126-423


3.2.19 C++アプリケーションプログラムにおいて、long doubleの除算が存在する場合、指定と異なる丸めによる結果が出る問題

キット名:VMS84I_LIBOTS-V0100

問題の説明:

浮動小数点ステータスレジスター(fpsr) 中の丸めについてのコントロールビットは、 long double 除算のために呼ばれた LIBOTSルーチンの中で変更されます。そのため、丸めのモードは Nearest(デフォルト) から Truncated に変更されます。 long double 除算ルーチンから戻った後も、この変更がfpsrに保持されていました。この問題はルーチンの出口において、fpsrの状態を訂正する事で修正されました。

関係するイメージ:
・ [SYSLIB]LIBOTS.EXE
・ [SYSLIB]LIBOTS.OLB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001334450


3.2.20 LMF の再起動中に %LICENSE-F-INTERINJ エラーとなる問題

キット名:VMS84I_LMF-V0100

問題の説明:

再起動において、すべてのライセンスがアンロードされない事があり、以下のエラーが起こることがありました:

%LICENSE-F-INTERINJ, internal LMF error was encountered. Checkpoint 16419 
-SYSTEM-F-SUBLOCKS, cannot dequeue a lock with sublocks 


この問題は修正されました。

関係するイメージ:
・ [SYSLIB]SMI$OBJSHR.EXE
・ [SYSEXE]LMF.EXE

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:
QXCM1001235585, QXCM1000925790


目次

個人情報保護方針 ご利用条件・免責事項