日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS for Integrity Servers | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

HP OpenVMS for Integrity Servers
アップデート・キット VMS84I_UPDATE-V1000 リリース・ノート


最初へ

目次 (まとめ)
まえがき まえがき
第 1 章 キットの概要
第 2 章 インストレーションに関する注意事項
第 3 章 VMS84I_UPDATE-V1000 キットで提供される新機能および解決される問題
第 4 章 OpenVMS Integrity V8.4 用の以前のアップデートキットについての情報
付録 A 本アップデートキットで修正されるファイル一覧
 


目次


まえがき
まえがき まえがき
第 1 章
1 キットの概要
  1.1   本アップデートキットの概要
  1.2   キット名
  1.3   キットの説明
    1.3.1      インストレーションの必要性
    1.3.2      リブートの必要性
    1.3.3      このキットを適用する OpenVMS のバージョン
    1.3.4      新機能および新しいハードウェアのサポート
  1.4   本キットにより旧版となるキット
  1.5   依存するキット
  1.6   本アップデートキットに含まれるパッチキット
第 2 章
2 インストレーションに関する注意事項
  2.1   テストイメージおよびデバッグイメージのバックアップ
  2.2   圧縮ファイルの展開
  2.3   インストレーションのためのコマンド
  2.4   インストレーション時のプロンプト表示の制御
  2.5   VMS84I_LOGINPLUS アップデートキットのインストールについて
第 3 章
3 VMS84I_UPDATE-V1000 キットで提供される新機能および解決される問題
  3.1   新機能
    3.1.1      異なるドメインのユーザーを認証する機能
  3.2   解決される問題
    3.2.1      SPC-4のHDD/SSDが正常に接続されていても、OpenVMSで"offline"と認識されてしまう問題
    3.2.2      論理名DECC$TERM_REC_CRLFが定義されている場合、 FTN (Fortran single carriage-control format) ファイルの1行目がブランク行となる問題
    3.2.3      IA64プラットフォームでNAMESER_COMPAT.Hを使っているアプリケーションが "Undefined or invalid BYTE_ORDER" エラーになる問題
    3.2.4      論理名 DECC$ACL_ACCESS_CHECK が定義されている場合、access() にディレクトリを指定できない問題
    3.2.5      lstat() にシンボリック・リンクを指定できない問題
    3.2.6      setenv() でデフォルト環境変数の再設定ができない問題
    3.2.7      vfork() と execve() が DCL コマンド・プロシージャを実行できない問題
    3.2.8      共有メモリAPI shmat() でアタッチアドレスにデタッチしたアドレスを与えるとEINVALエラーとなる問題
    3.2.9      rmdir()がエラーになった場合に、ディレクトリのファイル保護を変更する問題
    3.2.10      Fortran Carriage Control フォーマットファイルの可変長レコードと Print Carriage Control フォーマットファイルのVFCレコードが CIFSを通してPCで正しく表示されない問題
    3.2.11      相対パスを使用するとdecc$to_vms()とglob()はワイルドカードが正しく処理できない問題
    3.2.12      lstat()が、ディレクトリを指しているシンボリックリンクに対して参照ディレクトリの情報を返す問題
    3.2.13      fread() が正しくない結果を返す問題
    3.2.14      wait付きシステムサービスでイベントフラグ"0"の代わりにEFN$C_ENFを使用
    3.2.15      isnormal()を使用しているC/C++のプログラムがIEEEモードでコンパイルできない問題
    3.2.16      クローズされたファイルに対して ferror()、clearerr()、および feof() を使うとACCVIOになる問題
    3.2.17      UN.H ヘッダーファイルが TCP/IP 5.7 ECO2 の Unix Domain Sockets機能をサポート
    3.2.18      shmget()がキーにIPC_PRIVATEを使えない問題
    3.2.19      DECdtmサービスを使っているアプリケーションで "%SYSTEM-F-ARG_GTR_32_BITS" エラーが出る問題
    3.2.20      TP_SERVERプロセスによるシステムハング
    3.2.21      SANからのブート時にI/Oデータベースの不整合によるシステムクラッシュ
    3.2.22      HP 3PAR ディスクのイニシャライズ時に "%INIT-F-MEDOFL" エラーが出る問題
    3.2.23      ユーザー認証にACME LDAPを使うと、ログインセッションがタイムアウトする問題
    3.2.24      SYSMANのDISKQUOTA SHOWコマンドで "SYSTEM-F-NOIOCHAN" エラーが出る問題
    3.2.25      SYSMANでエラーメッセージが出ない問題
    3.2.26      SYSMANがメッセージの表示なく長いコマンドを切りすてる問題
    3.2.27      SYSMANINI論理名が定義されている場合のSYSMANのクラッシュ
    3.2.28      RMSにおけるアラインメントフォールト
    3.2.29      NFSディスクでのRMSディレクトリパスキャッシュの問題
    3.2.30      ファイルへのレコード書き出し中に、プロセスが消える問題
    3.2.31      FALでのアラインメントフォールト
    3.2.32      CONVERTコマンドで "%CONVERT-F-INP_FILES" エラーが出る問題
    3.2.33      DECnetプロキシを削除しようとすると、セキュリティサーバーがリスタートする問題
    3.2.34      リモートノードへのRUN/EXTENTの問題
    3.2.35      MMGとPCB spinlocksによるCPUSPINWAITデッドロック
    3.2.36      Mutexスラッシングの低減
    3.2.37      ページプールlookasideリストの有効化
    3.2.38      RMSグローバル・バッファの削除時のINCONMMGST bugcheckの問題
    3.2.39      内部モード特別カーネルAST待ちのハング
    3.2.40      rx2620でクラッシュ・ダンプの書き込み後の再帰的なbugcheck
    3.2.41      プロセスがEXE$CRMPSC_PFN_64でループし、削除できない問題
    3.2.42      プロセスのBYTCNT待ちのハング
    3.2.43      周期的な時刻更新によるリアルタイムデータ収集の妨害
    3.2.44      SYSGENパラメータDUMPSTYLEへの新しいビットの追加
    3.2.45      まれなINVSECURESTATE bugcheckによるシステム・クラッシュ
    3.2.46      フォーク処理でのタイム・スタンプの追加
    3.2.47      シャドウイングされたシステムディスクからサテライトノードをブートする時のINCONSTATE bugcheck
    3.2.48      特定の条件で、XFCはクラスタ環境のファイルをキャッシュせず、性能が低下する問題
    3.2.49      XFCでの"INVEXCEPTN, Exception while above ASTDEL"でクラッシュ


目次

プライバシー ご利用条件・免責事項