日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS for Integrity Servers | HPE 日本

HP OpenVMS for Integrity Servers
アップデート・キット VMS84I_UPDATE-V1000 リリース・ノート


目次



キット名:VMS84I_LDAP-V0100

問題の説明:

ユーザー認証にSSL対応LDAPを使用する場合、SSLバッファが全部読まれずにACME LDAP ログインセッションがタイムアウトしていました。この問題は修正されています。

関係するイメージ:

  • [SYSLIB] LDAP$SHR.EXE

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:

QXCM1001321693

3.2.24 SYSMANのDISKQUOTA SHOWコマンドで "SYSTEM-F-NOIOCHAN" エラーが出る問題

キット名:VMS84I_MANAGE-V0100

問題の説明:

存在しないUICを指定した DISKQUOTA SHOWコマンドは、以下のように、 "SMI-E-INVUIC" エラーとなります。

SYSMAN> DISKQUOTA SHOW [存在しないUIC] 
%SYSMAN-I-NODERR, error returned from node FDSD08 
-SMI-E-INVUIC, invalid UIC specified 

このコマンドが繰り返し実行され、繰り返しの数がCHANNELCNTシステムパラメータの値を越えた場合、SYSMANは"SYSTEM-F-NOIOCHAN"エラーで失敗します。

SYSMAN> DISKQUOTA SHOW [存在しないUIC] 
%SYSMAN-I-NODERR, error returned from node FDSD08 
-SYSTEM-F-NOIOCHAN, no I/O channel available 

この問題は修正されています。

関係するイメージ:

  • [SYSLIB]SMI$OBJSHR.EXE

  • [SYSLIB]SMI$SHR.EXE

  • [SYSEXE]SYSMAN.EXE

  • [SYSEXE]SMISERVER.EXE

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:

QXCM1001198007

3.2.25 SYSMANでエラーメッセージが出ない問題

キット名:VMS84I_MANAGE-V0100

問題の説明:

SYSMANで以下の場合にエラーメッセージが出ません。

  1. RESERVED_MEMORY EXTENDコマンドを /RAD修飾子なしで実行

  2. IO CREATE_WWIDコマンドによるデバイス名の作成がエラー

この問題は修正されています。

関係するイメージ:

  • [SYSLIB]SMI$OBJSHR.EXE

  • [SYSLIB]SMI$SHR.EXE

  • [SYSEXE]SYSMAN.EXE

  • [SYSEXE]SMISERVER.EXE

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:

QXCM1001198066、 QXCM1001202702

3.2.26 SYSMANがメッセージの表示なく長いコマンドを切りすてる問題

キット名:VMS84I_MANAGE-V0100

問題の説明:

SYSMANプロンプトに入力された255バイトより長いコマンドは、ステータスメッセージの表示なしに切りすてられます。

例:

SYSMAN> do define/system lengthtest 
"DISK$12[COMMON.INTDRV.ENG_IMAGES], 
DISK$12:[COMMON.INTDRV.ENG_IMAGES.TEST_DIRECTORY1], 
DISK$12:[COMMON.INTDRV.ENG_IMAGES.TEST_DIRECTORY1], 
DISK$12:[COMMON.INTDRV.ENG_IMAGES.TEST_DIRECTORY1], 
DISK$12:[COMMON.INTDRV.ENG_IMAGES.TEST_DIRECTORY1], 
DISK$12:[COMMON.INTDRV.ENG_IMAGES.TEST_DIRECTORY1], 
DISK$12:[COMMON.INTDRV.ENG_IMAGES.TEST_DIRECTORY1]" 
%SYSMAN-I-OUTPUT, command execution on node BANFF 
%DCL-I-SUPERSEDE, previous value of LENGTHTEST has been superseded 
SYSMAN> do sh log lengthtest 
%SYSMAN-I-OUTPUT, command execution on node BANFF 
"LENGTHTEST" = "DISK$12:[COMMON.INTDRV.ENG_IMAGES], 
DISK$12:[COMMON.INTDRV.ENG_IMAGES.TEST_DIRECTORY1], 
DISK$12:[COMMON.INTDRV.ENG_IMAGES.TEST_DIRECTORY1], 
DISK$12:[COMMON.INTDRV.ENG_IMAGES.TEST_DIRECTORY1], 
DISK$12:[COMMON.INTDRV.ENG_IMAGES.TE" (LNM$SYSTEM_TABLE) 
SYSMAN> 

この問題は修正されています。

関係するイメージ:

  • [SYSLIB]SMI$OBJSHR.EXE

  • [SYSLIB]SMI$SHR.EXE

  • [SYSEXE]SMISERVER.EXE

  • [SYSEXE]SYSMAN.EXE

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:

QXCM1001279879

3.2.27 SYSMANINI論理名が定義されている場合のSYSMANのクラッシュ

キット名:VMS84I_MANAGE-V0100

問題の説明:

VMS84I_SYS-V0400またはVMS84A_SYS-V0400をインストールした後に、有効な初期設定ファイルを論理名 SYSMANINIに定義すると、その後のSYSMAN コマンドは以下のように、クラッシュします:

$TYPE SYS$LOGIN:SYSMANINI_FILE.COM 
set profile/priv=all 
$ 
$MCR SYSMAN 
SYSMAN> SET ENVIRONMENT 
 
%SYSTEM-F-ACCVIO, access violation, reason mask=04, virtual address=0000000020202020, 
PC=0000000000053792, PS=0000001B Improperly handled condition, image exit forced. 
Signal arguments:   Number = 0000000000000005 
Name   = 000000000000000C 
         0000000000000004 
         0000000020202020 
         0000000000053792 
         000000000000001B 
Register dump: 
R0  = 0000000000000000  R1  = FFFFFFFF843C6A00  R2  = 0000000000000238 
R3  = 0000000020202020  R4  = 000000007FFCF818  R5  = 000000007FFCF8B0 
R6  = 0000000010000001  R7  = 0000000000000001  R8  = 000000000000000C 
R9  = 0000000000000005  R10 = 0000000000000000  R11 = 0000000000107130 
SP  = 000000007ACF3900  TP  = 000000007B4EE1C8  R14 = FFFFFFFF800EAB00 
R15 = 000000000000000C  R16 = 0000000000000004  R17 = 0000000020202020 
R18 = 0000000000000000  R19 = FFFFFFFF800EA830  R20 = FFFFFFFF8034A570 
R21 = 0000000000000003  R22 = 0000000000053792  R23 = 0000000020202027 
R24 = 0000000000000001  R25 = 0000000000000005  R26 = 000000000001F124 
R27 = 000000007ACF383C  R28 = 0000000000000040  R29 = 0000000000000001 
R30 = 000000000001F128  R31 = 0000000000000003  PC  = 0000000000053792 
BSP/STORE = 000007FDBFFD4740 / 000007FDBFFD4740 PSR = 0000141308026010 
IIPA = FFFFFFFF800EA480 
B0  = 00000000000537A0  B6  = FFFFFFFF8034A570  B7  = FFFFFFFF821B9510 
Interrupted Frame RSE Backing Store, Size = 14 registers 
R32 = 000000000001E3BC  R33 = 0000000000053EC0  R34 = C00000000000099B 
R35 = 000000007FFCF818  R36 = 000000007FFCF8B0  R37 = 0000000010000001 
R38 = 000000007ACF3870  R39 = 0000000000000007  R40 = 000000000001E3BC 
R41 = 00000000000540E0  R42 = C00000000000099B  R43 = 00000000002F0000 
R44 = 0000000020202020  R45 = 0000000000000001 

関係するイメージ:

  • [SYSEXE]SYSMAN.EXE

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:

QXCM1001319241

3.2.28 RMSにおけるアラインメントフォールト

キット名:VMS84I_RMS-V0500

問題の説明:

一定の条件の下で、RMSの $PARSE でアラインメントフォールトが発生します。

アラインメントフォールトはPC値、RMS+01DCEE0で見られます。この問題は修正されています。

関係するイメージ:

  • [SYS$LDR]RMS.EXE

  • [SYS$LDR]RMS.STB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:

QXCM1001264814

3.2.29 NFSディスクでのRMSディレクトリパスキャッシュの問題

キット名:VMS84I_RMS-V0500

問題の説明:

NFSディスクにおいて、サーバーノードもしくはNFSクライアントノードからディレクトリが削除された場合、以前にそのディレクトリにアクセスしたノードからのディレクトリ操作が失敗する事があります。

この問題は、NFSクライアントノードでRMSディレクトリパスキャッシュを使用不可にすることによって解決されます。

NFSディスクでRMSディレクトリパスキャッシュを使用不可にするには、 SYSGENパラメータRMSD1のビット1(値は2)を設定します。例えば、SYSGEN paramter RMSD1の現在の値が0であるならば、RMSD1は2に設定します。値が1であるならば、RMSD1は3に設定します。

関係するイメージ:

  • [SYS$LDR]RMS.EXE

  • [SYS$LDR]RMS.STB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:

QXCM1001278472、 QXCM1001256670

3.2.30 ファイルへのレコード書き出し中に、プロセスが消える問題

キット名:VMS84I_RMS-V0500

問題の説明:

特定の条件で、1TBより大きいサイズのファイルにレコードを追加あるいは書きこむ場合、プロセスが削除されます。オペレータメッセージ "%RMS-F-BUG, fatal RMS condition (FFFFFFEF), process deleted" がコンソールに表示されます。この問題は修正されています。

関係するイメージ:

  • [SYS$LDR]RMS.EXE

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:

QXCM1001319462、75-126-373

3.2.31 FALでのアラインメントフォールト

キット名:VMS84I_RMS-V0500

問題の説明:

V8.4 Itaniumシステムで以下のような操作により、FALでアラインメントフォールトが発生します。

$ DIRECTORY FOO"user password"::FOO:[*...]*.*;*/OUT=NL: 

この問題は修正されています。

関係するイメージ:

  • [SYSEXE]FAL.EXE

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:

QXCM1001310615

3.2.32 CONVERTコマンドで "%CONVERT-F-INP_FILES" エラーが出る問題

キット名:VMS84I_RMS-V0500

問題の説明:

CONVERTコマンドにおいて、多くの二次キーを定義したFDLファイルを /FDL修飾子で指定した場合、一定の条件で、"%CONVERT-F-INP_FILES" エラーが発生します。

例:

$ convert/nosort/fdl=FOO.FDL INPUT.DAT OUTPUT.DAT 
%CONVERT-F-INP_FILES, too many input files 

FOO.FDLにおいて40の二次キーを指定しています。この問題は修正されています。

関係するイメージ:

  • [SYSLIB]CONVSHR.EXE

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:

QXCM1001324989、75-126-375

3.2.33 DECnetプロキシを削除しようとすると、セキュリティサーバーがリスタートする問題

キット名:VMS84I_SECSRV-V0100

問題の説明:

AUTHORIZEユーティリティで REMOVE/PROXYコマンドを使ってデフォルトプロキシではないDECnetプロキシを削除しようとすると、セキュリティサーバーがリスタートし、プロキシは削除されません。

UAF> show/proxy devel1::abcxyz 
Default proxies are flagged with (D) 
 
DEVEL1::ABCXYZ 
ABCXYZ (D)                             SYSTEM 
 
UAF> remo/proxy devel1::abcxyz system 
%%%%%%%%%%%  OPCOM  24-OCT-2013 15:34:30.37  %%%%%%%%%%% 
Message from user SYSTEM on TEST10 
%SECSRV-F-PROXYTERMINATED, an error caused proxy processing to terminate 
%%%%%%%%%%%  OPCOM  24-OCT-2013 15:34:33.38  %%%%%%%%%%% 
Message from user SYSTEM on TEST10 
%SECSRV-I-CIASHUTDOWN, breakin detection and evasion processing is shutting down 
%%%%%%%%%%%  OPCOM  24-OCT-2013 15:34:33.68  %%%%%%%%%%% 
Message from user SYSTEM on TEST10 
%SECSRV-I-SERVERRESTART, security server restarting 
%%%%%%%%%%%  OPCOM  24-OCT-2013 15:34:33.70  %%%%%%%%%%% 
Message from user SYSTEM on TEST10 
%SECSRV-I-CIAEXISTCLU, security server using existing cluster intrusion database 
%%%%%%%%%%%  OPCOM  24-OCT-2013 15:34:33.70  %%%%%%%%%%% 
Message from user SYSTEM on TEST10 
%SECSRV-I-PROXYSTARTINGUP, proxy processing now starting up 
%%%%%%%%%%%  OPCOM  24-OCT-2013 15:34:33.70  %%%%%%%%%%% 
Message from user SYSTEM on TEST10 
%SECSRV-I-SERVERSTARTINGU, security server starting up 
%%%%%%%%%%%  OPCOM  24-OCT-2013 15:34:33.70  %%%%%%%%%%% 
Message from user SYSTEM on TEST10 
%SECSRV-I-CIASTARTINGUP, breakin detection and evasion processing now starting up 
%UAF-E-NAFREMERR, error removing proxy from DEVEL1::ABCXYZ to SYSTEM 
-SECSRV-F-SRVREPLYTIMEOUT, timed out waiting for reply from security server 
UAF> 
UAF> show/proxy devel1::abcxyz 
Default proxies are flagged with (D) 
 
DEVEL1::ABCXYZ 
ABCXYZ (D)                             SYSTEM 
 
UAF> 

この問題は修正されています。

関係するイメージ:

  • [SYSEXE]SECURITY_SERVER.EXE

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:

QXCM1001318555

3.2.34 リモートノードへのRUN/EXTENTの問題

キット名:VMS84I_SYS-V0400

問題の説明:

ユーザーがリモートノードの上のイメージを動かす時に、 /EXTENT修飾子で渡される WSEXTENTの値が有効になりません。例えば、ユーザーが以下のコマンドを実行する時に、入力値が正当な範囲であっても、実際のWSEXTENT値は入力値と同じになりません。

$ RUN <image> /EXTENT = <wsextent_value> /ON = <remote_node> 

この問題は修正されています。

関係するイメージ:

  • [SYS$LDR]PROCESS_MANAGEMENT.EXE

  • [SYS$LDR]PROCESS_MANAGEMENT.STB

  • [SYS$LDR]PROCESS_MANAGEMENT_MON.EXE

  • [SYS$LDR]PROCESS_MANAGEMENT_MON.STB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:

QXCM1001239289

3.2.35 MMGとPCB spinlocksによるCPUSPINWAITデッドロック

キット名:VMS84I_SYS-V0400

問題の説明:

マルチスレッドプロセスのページフォールトでノンページプール変数リストと64バイトlookasideリストが枯渇した場合、 MMGとper PCB spinlockに関係し、 CPUSPINWAITデッドロックによるbugcheckが起こる場合があります。

関係するイメージ:

  • [SYS$LDR]SYS$VM.EXE

  • [SYS$LDR]SYS$VM.STB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:

QXCM1000828776、QXCM1001242216、QXCM1001307634、75-74-378

回避策:

不足がないように、適当なノンページプールを提供します。

3.2.36 Mutexスラッシングの低減

キット名:VMS84I_SYS-V0400

問題の説明:

多数のプロセスが書き込みアクセスのために、同時に同じmutexを取得しようとする場合、スラッシングがCPU時間を消費して、システム全体の性能を低下させます。このようなスラッシングを低減します。

関係するイメージ:

  • [SYS$LDR]SYSTEM_PRIMITIVES.EXE

  • [SYS$LDR]SYSTEM_PRIMITIVES_MIN.EXE

  • [SYS$LDR]SYSTEM_PRIMITIVES.STB

  • [SYS$LDR]SYSTEM_PRIMITIVES_MIN.STB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:

75-74-398

3.2.37 ページプールlookasideリストの有効化

キット名:VMS84I_SYS-V0400

問題の説明:

この修正では、Paged dynamic pool variable freelistのフラグメンテーションを減らし、ページプールの割り当てと割り当て解除の性能改善のため、ページプール lookasideリストをデフォルトで有効にします。

SYSGENパラメータPAGED_LAL_SIZEのデフォルト値は0から512バイトに変更されました。 512バイト以下のパケットはlookasideリストから取得されます。より大きなパケットは、引き続きPaged dynamic pool variable freelistから取得されます。 PAGED_LAL_SIZEを0に設定する事により、Paged dynamic pool lookasideリストを使用しないようにできます。

関係するイメージ:

  • [SYS$LDR]SYS$BASE_IMAGE.EXE

  • [SYSLIB]SDA$SHARE.EXE

  • [SYSEXE]SYSGEN.EXE

  • [SYSEXE]SYSBOOT.EXE

  • [SYSEXE]SYSMAN.EXE

  • [SYSEXE]SMISERVER.EXE

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:

75-74-330

回避策:

SYSGENパラメータPAGED_LAL_SIZEを新しい値に変更します。

3.2.38 RMSグローバル・バッファの削除時のINCONMMGST bugcheckの問題

キット名:VMS84I_SYS-V0400

問題の説明:

RMSグローバル・バッファの削除時にMMG$FIND_GSTE においてINCONMMGST bugcheckが起こることがまれにありました。

この問題は再現可能ではなく、現時点で解明されていません。それが解析され対応されるまで、修正イメージにより問題が回避できます。

関係するイメージ:

  • [SYS$LDR]SYSTEM_PRIMITIVES.EXE

  • [SYS$LDR]SYSTEM_PRIMITIVES_MIN.EXE

  • [SYS$LDR]SYSTEM_PRIMITIVES.STB

  • [SYS$LDR]SYSTEM_PRIMITIVES_MIN.STB

  • [SYS$LDR]SYS$VM.EXE

  • [SYS$LDR]SYS$VM.STB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:

QXCM1001108110、QXCM1001152913、QXCM1001209305、QXCM1001247907、QXCM1001261385、 QXCM1001264869、QXCM1001271968、QXCM1001272536、QXCM1001278413、75-13-2520

回避策:

1つのファイルがbugcheckを引き起こしているならば、RMSグローバルバッファをそのファイルから取り除きます。

3.2.39 内部モード特別カーネルAST待ちのハング

キット名:VMS84I_SYS-V0400

問題の説明:

まれなタイミングの問題で、内部モードの特別カーネルASTがキューイングされたまま処理されないことがあります。プロセスがロックしているものによって、プロセス、システム、あるいはクラスタのハングを起こします。この問題は修正されています。

関係するイメージ:

  • [SYS$LDR]PROCESS_MANAGEMENT.EXE

  • [SYS$LDR]PROCESS_MANAGEMENT.STB

  • [SYS$LDR]PROCESS_MANAGEMENT_MON.EXE

  • [SYS$LDR]PROCESS_MANAGEMENT_MON.STB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:

QXCM1001287896、QXCM1001019926、QXCM1000956271、75-13-2368

回避策:

別のカーネルモードASTをプロセスに周期的に提供することで開放する事が可能です。例えば、SDAに入りプロセスチャンネルのリストを得るなどです:

$ ANALYZE/SYSTEM 
SDA> SET OUTPUT NL: 
SDA> SHOW PROCESS/CHANNEL ALL 
SDA> EXIT 



3.2.40 rx2620でクラッシュ・ダンプの書き込み後の再帰的なbugcheck

キット名:VMS84I_SYS-V0400

問題の説明:

システムファームウェアv4.29を持つrx2620で、シャットダウンの最終段階で再帰的なbugcheckが起こり、システムハングになることがあります。この問題は、クラッシュ・ダンプがディスクに書き込まれた後に発生します。

問題が起こる時、以下のメッセージがコンソールに表示されます:

**** Recursive bugcheck after system halted. 
**** Use console to reset system. 

この問題は修正されています。

関係するイメージ:

  • [SYS$LDR]EXCEPTION.EXE

  • [SYS$LDR]EXCEPTION.STB

  • [SYS$LDR]EXCEPTION_MON.EXE

  • [SYS$LDR]EXCEPTION_MON.STB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:

QXCM1001149674

3.2.41 プロセスがEXE$CRMPSC_PFN_64でループし、削除できない問題

キット名:VMS84I_SYS-V0400

問題の説明:

プロセスが既存のPFNマップセクションをオーバーレイして、かつダイレクトI/Oを行っている時に、EXE$CRMPSC_PFN_64でループすることがあります。ループしているプロセスは停止や削除ができません。この問題は修正イメージにより回避されます。

関係するイメージ:

  • [SYS$LDR]SYS$VM.EXE

  • [SYS$LDR]SYS$VM.STB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:

QXCM1001082239、QXCM1001171119、QXCM1001230187、75-120-149

3.2.42 プロセスのBYTCNT待ちのハング

キット名:VMS84I_SYS-V0400

問題の説明:

ASTの実行要求をブロックするIPLで、プロセスがバイトカウントクォータ待ちでハングすることがあります。ASTの実行要求のブロックにより、I/O完了後にプロセスにそのバイトカウントクォータを渡す正常なメカニズムもブロックします。プロセスがファイルシステムロックを保持している場合は、ノードまたはクラスタのハングを起こします。この問題は修正されています。

関係するイメージ:

  • [SYS$LDR]SYSTEM_PRIMITIVES.EXE

  • [SYS$LDR]SYSTEM_PRIMITIVES.STB

  • [SYS$LDR]SYSTEM_PRIMITIVES_MIN.EXE

  • [SYS$LDR]SYSTEM_PRIMITIVES_MIN.STB

この問題を報告しているQuIXとPTRケース:

QXCM1001243088

回避策:

この潜在的問題を避けるため、BYTLMが不足しないよう、プロセスに十分なBYTLM を設定します。


目次

プライバシー ご利用条件・免責事項