日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 部 : 概念と方法
第 1 章:Macro-32コードの移植の準備
第 2 章:MACROコンパイラのプラットフォームごとの動作
第 3 章:ソースに対する推奨される変更と必要な変更
第 4 章:移植したコードの性能改善
第 5 章:MACROの64ビット・アドレッシングのサポート
第 2 部:リファレンス・セクション
付録 A :MACROコンパイラの修飾子
付録 B :専用の指示文
付録 C :MACROコンパイラ・ビルトイン
付録 D :VAXからAlphaまたはI64への移植用のマクロ
付録 E :64ビット・アドレッシング用のマクロ
索引
PDF
OpenVMS ホーム
HP OpenVMS MACRO コンパイラポーティングおよびユーザーズ・ガイド | HPE 日本

HP OpenVMS MACRO コンパイラ
ポーティングおよびユーザーズ・ガイド


目次 索引

第 4 章
4 移植したコードの性能改善
     4.1     データのアラインメント
         4.1.1         アラインメントの想定
         4.1.2         アラインメントの想定を変更する指示文と修飾子
         4.1.3         アラインメント制御の優先順位
         4.1.4         データのアラインメントでの推奨事項
     4.2     コード・フローと分岐予測
         4.2.1         デフォルトのコード・フローと分岐予測
         4.2.2         コンパイラの分岐予測の変更
         4.2.3         .BRANCH_LIKELY の使用方法
         4.2.4         .BRANCH_UNLIKELY の使用方法
         4.2.5         ループへの前方ジャンプ
     4.3     コードの最適化
         4.3.1         VAXREGS を使用した最適化 ( OpenVMS Alpha のみ)
     4.4     共通ベース参照
         4.4.1         共通ベース参照のためのプレフィックス・ファイルの作成
             4.4.1.1              OpenVMS I64 システムでのコード・シーケンスの相違点
第 5 章
5 MACRO の 64 ビット・アドレッシングのサポート
     5.1     64 ビット・アドレッシングの構成要素
     5.2     64 ビット値の受け渡し
         5.2.1         固定サイズの引数リストを使用した呼び出し
         5.2.2         可変サイズの引数リストを使用した呼び出し
     5.3     64 ビット引数の宣言
     5.4     64 ビット・アドレス計算の指定
         5.4.1         ロングワード演算のラップ動作への依存
     5.5     符号拡張とチェック
     5.6     Alpha 命令ビルトイン
     5.7     ページ・サイズに依存する値の計算
     5.8     64 ビット・アドレス空間内でのバッファの作成と使用
     5.9     64 KB を超える移動のコーディング
第 2 部
第 2 部 リファレンス
付録 A
付録 A MACRO コンパイラの修飾子
    コマンド 1     MACRO/MIGRATION
付録 B
付録 B 専用の指示文
     B.1     VAX MACRO アセンブラの指示文
     B.2     MACRO コンパイラ専用の指示文
    コマンド 2     .BRANCH_LIKELY
    コマンド 3     .BRANCH_UNLIKELY
    コマンド 4     .CALL_ENTRY
    コマンド 5     .CALL_LINKAGE ( OpenVMS I64 のみ)
    コマンド 6     .DEFINE_LINKAGE ( OpenVMS I64 のみ)
    コマンド 7     .DEFINE_PAL ( OpenVMS Alpha のみ)
    コマンド 8     .DISABLE
    コマンド 9     .ENABLE
    コマンド 10     .EXCEPTION_ENTRY ( OpenVMS Alpha のみ)
    コマンド 11     .GLOBAL_LABEL
    コマンド 12     .JSB_ENTRY
    コマンド 13     .JSB32_ENTRY
    コマンド 14     .LINKAGE_PSECT ( OpenVMS Alpha のみ)
    コマンド 15     .PRESERVE
    コマンド 16     .SET_REGISTERS
    コマンド 17     .SYMBOL_ALIGNMENT
    コマンド 18     .USE_LINKAGE ( OpenVMS I64 のみ)
付録 C
付録 C MACRO コンパイラ・ビルトイン
     C.1     Alpha 命令ビルトイン ( OpenVMS Alpha システムおよび OpenVMS I64 システム向け)
     C.2     Itanium 命令ビルトイン ( OpenVMS I64 システム向け)
付録 D
付録 D VAX から Alpha または I64 への移植用のマクロ
     D.1     ページ・サイズ値の計算
    コマンド 19     $BYTES_TO_PAGES
    コマンド 20     $NEXT_PAGE
    コマンド 21     $PAGES_TO_BYTES
    コマンド 22     $PREVIOUS_PAGE
    コマンド 23     $ROUND_RETADR
    コマンド 24     $START_OF_PAGE
     D.2     64 ビット・レジスタの保存と復元
    コマンド 25     $POP64
    コマンド 26     $PUSH64
     D.3     ワーキング・セットへのページのロック
         D.3.1         イメージ初期化時のロックダウン
    コマンド 27     $LOCK_PAGE_INIT
    コマンド 28     $LOCKED_PAGE_END
    コマンド 29     $LOCKED_PAGE_START
         D.3.2         オンザフライのロックダウン
    コマンド 30     $LOCK_PAGE
    コマンド 31     $UNLOCK_PAGE
付録 E
付録 E 64 ビット・アドレッシング用のマクロ
     E.1     64 ビット・アドレスを操作するためのマクロ
    コマンド 32     $SETUP_CALL64
    コマンド 33     $PUSH_ARG64
    コマンド 34     $CALL64
     E.2     符号拡張と記述子の形式をチェックするためのマクロ
    コマンド 35     $IS_32BITS
    コマンド 36     $IS_DESC64
索引
索引
2-1 OpenVMS I64のリスト・ファイルでの行番号の例
2-1 OpenVMS VAX / OpenVMS Alphaから OpenVMS I64へのレジスタ・マッピング
3-1 イメージ初期化時のロックダウン
3-2 オンザフライのロックダウン
3-3 同じコードのイメージ初期化時のロックダウン
5-1 64 ビット・アドレッシング用の構成要素
5-2 固定サイズの引数リストを使用した 64 ビット値の受け渡し
A-1 コンパイラ修飾子
B-1 オペランド記述子
C-1 Alpha 命令ビルトイン ( OpenVMS Alphaシステムおよび OpenVMS I64システム向け)
D-1 シフト値

目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項