日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 部 : 概念と方法
第 1 章:Macro-32コードの移植の準備
第 2 章:MACROコンパイラのプラットフォームごとの動作
第 3 章:ソースに対する推奨される変更と必要な変更
第 4 章:移植したコードの性能改善
第 5 章:MACROの64ビット・アドレッシングのサポート
第 2 部:リファレンス・セクション
付録 A :MACROコンパイラの修飾子
付録 B :専用の指示文
付録 C :MACROコンパイラ・ビルトイン
付録 D :VAXからAlphaまたはI64への移植用のマクロ
付録 E :64ビット・アドレッシング用のマクロ
索引
PDF
OpenVMS ホーム
HP OpenVMS MACRO コンパイラポーティングおよびユーザーズ・ガイド | HPE 日本

HP OpenVMS MACRO コンパイラ
ポーティングおよびユーザーズ・ガイド

索引


目次


主索引
6 A B C D E F G H I J L M N O P Q R S T
U V W X                                

         

6
64 ビット・アドレッシング
A
ADAWI 命令
    同期の保証
ADDRESSBITS シンボル
.ALIGN 指示文
Alpha MACRO コンパイラ
    MACRO コンパイラを参照
Alpha アセンブリ言語オブジェクト・コード
    コンパイラからの取得
Alpha アセンブリ言語コード
    Alpha 命令,Alpha アセンブリ言語オブジェクト・コード,コードを参照
ALPHA シンボル
Alpha 命令
    Alpha アセンブリ言語オブジェクト・コード,コードも参照
    細分性のために生成された
    使用 #1
    使用 #2
    不可分性のために生成された #1
    不可分性のために生成された #2
AP
    .JSB_ENTRY ルーチンからの参照
    からのオフセット
    相対の参照
    変更
ARCH_DEFS.MAR
$ARGn シンボル #1
$ARGn シンボル #2
.ASCIC
.ASCID 指示文
.ASCII データ
.ASCIZ
AST (非同期システム・トラップ)
    不可分性の維持
B
BBCCI 命令
    同期の保証
BBSSI 命令
    同期の保証
BICPSW
    条件コード Z と N に関する制限
BIGPAGE シンボル
.BRANCH_LIKELY 指示文 #1
.BRANCH_LIKELY 指示文 #2
    使用方法
.BRANCH_UNLIKELY 指示文 #1
.BRANCH_UNLIKELY 指示文 #2
    使用方法
BRNDIRLOC 警告メッセージ
BRNTRGLOC 警告メッセージ
BSBW 命令
    OpenVMS Alpha から OpenVMS I64 への移植
BUGx
$BYTES_TO_PAGES マクロ #1
$BYTES_TO_PAGES マクロ #2
.BYTE 指示文
C
$CALL64 マクロ #1
$CALL64 マクロ #2
    64 ビット値の受け渡し
CALLG 命令
    255 個を超える引数
    OpenVMS Alpha から OpenVMS I64 への移植
CALLS 命令
    OpenVMS Alpha から OpenVMS I64 への移植
CALL エントリ・ポイント
    宣言 #1
    宣言 #2
.CALL_ENTRY 指示文 #1
.CALL_ENTRY 指示文 #2
.CALL_ENTRY 指示文 #3
.CALL_ENTRY 指示文 #4
    $ARGn シンボル
    QUAD_ARGS パラメータ
        64 ビット値の宣言 #1
        64 ビット値の宣言 #2
    コンパイラの一時レジスタの使用
    引数のホーミング
.CALL_LINKAGE 指示文 #1
.CALL_LINKAGE 指示文 #2
    OpenVMS Alpha から OpenVMS I64 への移植
CASE 命令
    変更が必要な
D
/DEBUG 修飾子
    ALL オプション
    NONE オプション
    SYMBOLS オプション
    TRACEBACK オプション
.DEFAULT 指示文
.DEFINE_LINKAGE 指示文 #1
.DEFINE_LINKAGE 指示文 #2
    OpenVMS Alpha から OpenVMS I64 への移植
.DEFINE_PAL 指示文
DEVICELOCK 演算子
DEVICEUNLOCK 演算子
/DIAGNOSTICS 修飾子
.DISABLE ABSOLUTE 指示文
.DISABLE TRUNCATION 指示文
.DISABLE 指示文 #1
.DISABLE 指示文 #2
    FLAGGING オプション
    OVERFLOW オプション
    QUADWORD オプション #1
    QUADWORD オプション #2
/DISABLE 修飾子
    FLAGGING オプション #1
    FLAGGING オプション #2
    OVERFLOW オプション #1
    OVERFLOW オプション #2
    QUADWORD オプション #1
    QUADWORD オプション #2
DRAINA 命令
DV (10 進オーバフロー・トラップ有効)
D_floating 形式
    OpenVMS Alpha システムでの
E
ELF オブジェクト・ファイル形式
EMODx 浮動小数点命令
.ENABLE ABSOLUTE 指示文
.ENABLE TRUNCATION 指示文
.ENABLE 指示文 #1
.ENABLE 指示文 #2
    FLAGGING オプション
    OVERFLOW オプション
    QUADWORD オプション #1
    QUADWORD オプション #2
/ENABLE 修飾子
    FLAGGING オプション
    OVERFLOW オプション
    QUADWORD オプション #1
    QUADWORD オプション #2
ESCD 命令
ESCE 命令
ESCF 命令
EV6 Alpha プロセッサ #1
EV6 Alpha プロセッサ #2
EVAX_* ビルトイン
EVAX_CALLG_64 ビルトイン
    64 ビット・アドレスのサポート #1
    64 ビット・アドレスのサポート #2
EVAX_LQxL ビルトイン
EVAX_SEXTL ビルトイン
    64 ビット・アドレス・サポートのための符号拡張
    64 ビット・アドレスのサポートのための符号拡張
EVAX_STxC ビルトイン
.EVEN 指示文
.EXCEPTION_ENTRY 指示文 #1
.EXCEPTION_ENTRY 指示文 #2
.EXCEPTION_ENTRY 指示文 #3
.EXCEPTION_ENTRY 指示文 #4
EXE$REI_INIT_STACK
    モードを変更するための使用
F
FEN (浮動小数点有効) ビット
/FLAG 修飾子 #1
/FLAG 修飾子 #2
/FLAG 修飾子 #3
/FLAG 修飾子 #4
FORKLOCK 演算子
FORKUNLOCK 演算子
FP
    Alpha のレジスタ
    正のオフセット
    ゼロ・オフセット #1
    ゼロ・オフセット #2
    ゼロ・オフセット #3
    ゼロ・オフセット #4
    ゼロ・オフセット #5
    ゼロ・オフセット #6
    負のオフセット
    変更
    ローカルなストレージの参照


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡