日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 部 : 概念と方法
第 1 章:Macro-32コードの移植の準備
第 2 章:MACROコンパイラのプラットフォームごとの動作
第 3 章:ソースに対する推奨される変更と必要な変更
第 4 章:移植したコードの性能改善
第 5 章:MACROの64ビット・アドレッシングのサポート
第 2 部:リファレンス・セクション
付録 A :MACROコンパイラの修飾子
付録 B :専用の指示文
付録 C :MACROコンパイラ・ビルトイン
付録 D :VAXからAlphaまたはI64への移植用のマクロ
付録 E :64ビット・アドレッシング用のマクロ
索引
PDF
OpenVMS ホーム
HP OpenVMS MACRO コンパイラポーティングおよびユーザーズ・ガイド | HPE 日本

HP OpenVMS MACRO コンパイラ
ポーティングおよびユーザーズ・ガイド


目次 索引


並列スレッド
    不可分性の維持
ベース・アドレス
    共通ベース参照を参照
ベクタ
    シンボル
    転送
ページ・サイズ
    64 ビット・アドレッシングのマクロ・パラメータ #1
    64 ビット・アドレッシングのマクロ・パラメータ #2
    依存
    に基づく計算 #1
    に基づく計算 #2
    に基づく計算 #3
ページ数
    バイト数への変換
ページのロック
    イメージの初期化
    オンザフライ
    システム・ワーキング・セット
    他の言語で記述されたコード
ページ・マクロの QUAD パラメータ
ページ・ロック
    システム・ワーキング・セット
ホーミングされた引数リスト
    $ARGn シンボル
    検出
方法
    移植
        OpenVMS Alpha から OpenVMS I64 へ
        OpenVMS VAX から OpenVMS Alphaまたは OpenVMS I64 へ
ポインタ型宣言
マクロ
    64 ビット・アドレッシング
    VAX から Alpha または I64 への移植のための
マクロ・ライブラリ
未熟なプログラマのロックダウン
ミューテクス
    同期の保証
命令
    Alpha #1
    Alpha #2
    Alpha #3
    Alpha アセンブリ言語のコンパイラ・ビルトイン
    Alpha の使用
    Alpha 命令の使用
    Alpha を使用
    Itanium 命令の使用
    インターリーブ
    インターロックされるメモリ
    パック 10 進数
    不完全な
    浮動小数点
命令スケジューリング
    最適化
命令ストリーム
    に埋め込まれたデータ #1
    に埋め込まれたデータ #2
    変更
命令のスケジューリング
    VAX と Alpha/I64 の違い
命令サイズ
    への依存
メッセージ
    解釈
    報告の無効化 #1
    報告の無効化 #2
メッセージ出力
    指定
    無効化 #1
    無効化 #2
    無効化 #3
    有効化 #1
    有効化 #2
メモリ
    アラインされていない参照
    アラインされていない参照の検出
    一度の操作での変更
メモリ・バリア
    インターロックされる命令での暗黙的な提供
戻りアドレス
    スタックからの削除 #1
    スタックからの削除 #2
    スタックへのプッシュ #1
    スタックへのプッシュ #2
    変更 #1
    変更 #2
優先順位
    アラインメント制御
    細分性
    不可分性
呼び出しフレーム
    手動作成
予約オペランド・フォルト
ラベル
    グローバル・ラベルの定義
リスト
    アセンブリ・コードの取得
リスト・ファイル
    VAX MACRO コンパイラ
    行番号
リンカ・オプション・ファイル
リンケージ・セクション
    検索
    命名
リンケージ・セクション,Alpha システム
リンケージ・ペア,Alpha システム
ルーチン呼び出し
    コード生成
ルーチン・リンケージ,Alpha システム
ループ
    ネスト
例外,算術
例外エントリ・ポイント
    宣言 #1
    宣言 #2
例外ハンドラ
    変更
レジスタ
    Alpha,Itanium,VAX の違い
    Macro-32 コードで使用可能な
    エントリ・ポイント
        指定のヘルプ
    スタック上への保存と復元
    制限事項
    内容の復元 #1
    内容の復元 #2
    内容の復元 #3
    内容の復元 #4
    内容の復元 #5
    内容の保護 #1
    内容の保護 #2
    内容の保護 #3
    内容の保護 #4
    内容の保護 #5
    内容の保存 #1
    内容の保存 #2
    内容の保存 #3
    内容の保存 #4
    内容の保存 #5
    プロローグ・コードとエピローグ・コードでの保護 #1
    プロローグ・コードとエピローグ・コードでの保護 #2
    ルーチンのエントリ・ポイントでの宣言 #1
    ルーチンのエントリ・ポイントでの宣言 #2
レジスタ・セットの保護
レジスタ宣言
    input 引数
    output 引数
    preserve 引数
    scratch 引数
レジスタ・マッピング
    Itanium での
ロケーション・カウンタ
    操作
ロック・マネージャ
    同期の保証
ロングワード演算
    アラインされたロングワード
論理名
    コンパイラが必要とする

目次 索引
印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項