日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 部 : 概念と方法
第 1 章:Macro-32コードの移植の準備
第 2 章:MACROコンパイラのプラットフォームごとの動作
第 3 章:ソースに対する推奨される変更と必要な変更
第 4 章:移植したコードの性能改善
第 5 章:MACROの64ビット・アドレッシングのサポート
第 2 部:リファレンス・セクション
付録 A :MACROコンパイラの修飾子
付録 B :専用の指示文
付録 C :MACROコンパイラ・ビルトイン
付録 D :VAXからAlphaまたはI64への移植用のマクロ
付録 E :64ビット・アドレッシング用のマクロ
索引
PDF
OpenVMS ホーム
HP OpenVMS MACRO コンパイラポーティングおよびユーザーズ・ガイド | HPE 日本

HP OpenVMS MACRO コンパイラ
ポーティングおよびユーザーズ・ガイド


目次 索引


警告メッセージ
    BRNDIRLOC
    BRNTRGLOC
    MEMACCLOC
    RETFOLLOC
    RTNCALLOC
    STCMUSFOL
    報告の無効化
コーディング規約
コーディング・スタイル
    移植性のない
    移植性のないコードの修正
コード
    VAX,Alpha,I64 で共通な #1
    VAX,Alpha,I64 で共通な #2
    移動 #1
    移動 #2
    移動 #3
    インターリーブされた命令
    最適化 #1
    最適化 #2
    再配置 #1
    再配置 #2
    削除
    自己変更 #1
    自己変更 #2
    実行時の生成
    デバッグ
    複製
    命令のスケジューリング
コードのスケジューリングによる最適化
    有効化
コルーチン
コンパイラ
    MACRO コンパイラを参照
コンパイラとアセンブラの違い
    インターリーブされた命令 #1
    インターリーブされた命令 #2
    命令のスケジューリング #1
    命令のスケジューリング #2
    予約オペランド・フォルト
コンパイラ・メッセージ
コンパイル
    必要なファイル
コンパイルされたコードのデバッグ
    $ARGn シンボル
コンパイルされたコードのデバッグ
    アセンブルされたコードのデバッグとの違い
    パック 10 進数データを使用した
    浮動小数点データを使用した
    ルーチンの引数の扱い
    ルーチン引数のシンボル
最適化
    VAX レジスタ
    アドレス #1
    アドレス #2
    共通ベース参照
    コード
    データのアラインメント
    複数のデータ参照
    分岐予測
    命令
    レジスタの使用の宣言
細分性
    維持
    インターロックされる命令
    バイトとワードの書き込み操作 #1
    バイトとワードの書き込み操作 #2
    バイトとワードの書き込み操作 #3
細分性の制御
    不可分性よりも低い優先順位
算術トラップ #1
算術トラップ #2
シグナル値
    SS$_DECOVF
    SS$_FLTDIV
    SS$_INTOVF
    SS$_ROPRAND
指示文 #1
指示文 #2
    サポートされていない #1
    サポートされていない #2
修飾子
初期化
    静的な
        外部シンボルを使用した
診断メッセージ
    解釈
    報告の無効化
シンボリック変数
    ルーチンの引数のデバッグ
シンボル
    アーキテクチャ固有
シンボル・ベクタ
自己変更コード #1
自己変更コード #2
    検出
ジャンプ
    ループへ
条件コード
    ルーチン間通信
    Z と N に関する制限
条件付きコード
条件ハンドラ #1
条件ハンドラ #2
    .CALL_ENTRY ルーチン内での設定
    変更
情報メッセージ
    報告の無効化
スタック
    アラインされていない参照
    アラインされていない参照の検出
    からの戻りアドレスの削除
    現在のスタック・フレーム外のデータの参照
    データ構造の構築
    戻りアドレスの削除
    戻りアドレスのプッシュ #1
    戻りアドレスのプッシュ #2
    ラベルのプッシュ
    領域の割り当て
スタックの使用
    必要な変更
スタック・ベース
    例外サービス・ルーチンの #1
    例外サービス・ルーチンの #2
スタック・ポインタ (SP)
    SP を参照
スピンロック
    同期の保証
スレッド
    不可分性の維持
生成コード
    検出
生成されたコード
静的な初期化
静的なデータ
    上書き
性能
    最適化を参照
接頭辞ファイル
専用の指示文 #1
専用の指示文 #2
ソース・コード
    VAX MACRO ソース・コードを参照
ソースの変更
    必要な
ダーティ・ゼロ
転送ベクタ
データ
    上書き
    コードに埋め込まれた #1
    コードに埋め込まれた #2
    データのアラインメントも参照
データのアラインメント #1
データのアラインメント #2
    アラインメント制御の優先順位
    コンパイラのアラインメントの想定
    推奨事項
    不可分性の留意事項
トラップ
    算術 #1
    算術 #2
    パック 10 進数命令
    浮動小数点命令
同期
    不可分性も参照
内部プロセッサ・レジスタ
    IPR を参照
のぞき穴式最適化
    有効化
バイト数
    ページ数への変換
バイトの細分性
    維持 #1
    維持 #2
    維持 #3
パススルー出力テクニック
パススルー入力テクニック
パック 10 進数データ
    を使用したコードのデバッグ
パック 10 進数命令
引数
    クォドワードの宣言
    最大数 #1
    最大数 #2
    シンボリック変数
引数ポインタ (AP)
    AP を参照
引数リスト
    FP ベースの参照 #1
    FP ベースの参照 #2
    可変サイズ
    クォドワード参照の指示
    固定サイズ
    ホーミングされた
    ホーミングされたことの判断
    ホーミングの強制
    ホーミングの適用
    ホーミングの抑止
引数レジスタ #1
引数レジスタ #2
ヒント
    有効化 #1
    有効化 #2
    レジスタの指定 #1
    レジスタの指定 #2
ビルトイン
    Alpha PALcode ルーチン
    Alpha アセンブリ言語命令 #1
    Alpha アセンブリ言語命令 #2
    Alpha 命令
    EVAX_*
    EVAX_LQ<strong>x</strong>L
    EVAX_ST<strong>x</strong>C
    PALcode の定義
フォルト
    予約オペランド
不可分性
    アラインメントの留意事項
    維持 #1
    維持 #2
    維持 #3
    インターロックされる命令
    同期も参照
    バイトとワードの書き込み操作 #1
    バイトとワードの書き込み操作 #2
    バイトとワードの書き込み操作 #3
    保証できない場合
    読み取り-変更-書き込み操作 #1
    読み取り-変更-書き込み操作 #2
    読み取り-変更-書き込み操作 #3
不可分性の制御
    細分性よりも高い優先順位
符号拡張
    EVAX_SEXTL ビルトインの使用
    $IS_32BITS マクロによるチェック #1
    $IS_32BITS マクロによるチェック #2
浮動小数点データ
    を使用したコードのデバッグ
浮動小数点命令
フレーム・ポインタ (FP)
    FP を参照
フロー制御メカニズム
    JSB ルーチンからの分岐
    条件コード
分岐
    JSB ルーチンから CALL ルーチンへ
    不確定な分岐先
    ラベル+オフセットへ #1
    ラベル+オフセットへ #2
    ルーチン間での分岐の検出
    ループへ
    ローカル・ルーチン間での
分岐予測 #1
分岐予測 #2
分岐予測 #3
    .BRANCH_LIKELY 指示文
    .BRANCH_UNLIKELY 指示文
    コンパイラの分岐予測の変更
プログラム状態ワード (PSW)
プログラム・セクション (psect)
    コードの線引き
プロシージャ記述子
プロシージャ記述子,Alpha システム
プロローグ・コード
    レジスタ内容の保護
    レジスタの保護


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡