日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 部 : 概念と方法
第 1 章:Macro-32コードの移植の準備
第 2 章:MACROコンパイラのプラットフォームごとの動作
第 3 章:ソースに対する推奨される変更と必要な変更
第 4 章:移植したコードの性能改善
第 5 章:MACROの64ビット・アドレッシングのサポート
第 2 部:リファレンス・セクション
付録 A :MACROコンパイラの修飾子
付録 B :専用の指示文
付録 C :MACROコンパイラ・ビルトイン
付録 D :VAXからAlphaまたはI64への移植用のマクロ
付録 E :64ビット・アドレッシング用のマクロ
索引
PDF
OpenVMS ホーム
HP OpenVMS MACRO コンパイラポーティングおよびユーザーズ・ガイド | HPE 日本

HP OpenVMS MACRO コンパイラ
ポーティングおよびユーザーズ・ガイド


目次 索引

G
.GLOBAL_LABEL 指示文
H
HOME_ARGS 引数
    .CALL_ENTRY 指示文
HPARITH 条件コード
H_floating 命令
I
IA64 シンボル
input レジスタ・セット #1
input レジスタ・セット #2
input レジスタ・セット #3
input レジスタ引数
input レジスタ・マスク
IPL
IPR
$IS_32BITS マクロ
    符号拡張のチェック #1
    符号拡張のチェック #2
    符号拡張のチェック #3
$IS_DESC64 マクロ
    記述子が 64 ビット形式であるかのチェック #1
    記述子が 64 ビット形式であるかのチェック #2
Itanium アーキテクチャ
Itanium のレジスタ・マッピング
Itanium 命令
    使用
IV (整数オーバフロー・トラップ有効)
J
JMP 命令
    外部モジュールへの
.JSB32_ENTRY 指示文 #1
.JSB32_ENTRY 指示文 #2
.JSB32_ENTRY 指示文 #3
    コンパイラの一時レジスタの使用
JSB エントリ・ポイント
    32 ビット・モード
    宣言 #1
    宣言 #2
    宣言 #3
JSB パラメータ
    暗黙的な
JSB 命令
    OpenVMS Alpha から OpenVMS I64 への移植
.JSB_ENTRY 指示文 #1
.JSB_ENTRY 指示文 #2
.JSB_ENTRY 指示文 #3
.JSB_ENTRY 指示文 #4
    $ARGn シンボル
    コンパイラの一時レジスタの使用
JSR 命令
L
LDPCTX 命令
LDxL/STxC シーケンス
LDx_L 命令 #1
LDx_L 命令 #2
LDx_L 命令 #3
LIB.MLB
LIB$MOVC3 ルーチン
LIB$MOVC5 ルーチン
LIBOTS ルーチン
/LIBRARY 修飾子
.LINKAGE_PSECT 指示文
.LINK 指示文
/LIST 修飾子
Load Locked 命令
    LDx_L 命令を参照
$LOCKED_PAGE_END
$LOCKED_PAGE_END マクロ
$LOCKED_PAGE_START
$LOCKED_PAGE_START マクロ
LOCK 演算子
$LOCK_PAGE
$LOCK_PAGE マクロ
$LOCK_PAGE_INIT
$LOCK_PAGE_INIT マクロ #1
$LOCK_PAGE_INIT マクロ #2
M
/MACHINE 修飾子 #1
/MACHINE 修飾子 #2
Macro-32 コード
    コードと VAX MACRO ソース・コードを参照
MACRO-64
    Alpha 命令と Alpha アセンブリ言語オブジェクト・コードを参照
MACRO/MIGRATION コマンド
MACRO コンパイラ
    64 ビット・アドレッシングのサポート #1
    64 ビット・アドレッシングのサポート #2
    アセンブラとの違い
    アラインメントの想定
    一時レジスタの使用 #1
    一時レジスタの使用 #2
    一時レジスタの使用 #3
    一時レジスタの使用 #4
    エミュレーション・ルーチン・ライブラリ
    概要
    起動 #1
    起動 #2
    機能
    指示文
    修飾子
    条件分岐の想定
    制限
    制限事項
    専用の指示文 #1
    専用の指示文 #2
    定義
    ビルトイン
    メッセージ
    レジスタの一時的な使用
.MASK 指示文
MAX_ARGS 引数
    .CALL_ENTRY 指示文
MB 命令
    不可分性の維持
MEMACCLOC 警告メッセージ
MFPR 命令
MOVC3 命令
MOVC5 命令
MOVPSL 命令
MTPR 命令
N
$NEXT_PAGE マクロ #1
$NEXT_PAGE マクロ #2
/NOSYMBOLS 修飾子
/NOTIE 修飾子
O
/OBJECT 修飾子
.ODD 指示文
.OPDEF 指示文
OpenVMS Alpha 用の MACRO コンパイラ
    VAX の SP と PC へのクォドワードの移動
    問題と制限事項
OpenVMS の呼び出し規則
/OPTIMIZE=VAXREGS
/OPTIMIZE 修飾子 #1
/OPTIMIZE 修飾子 #2
    ADDRESSES オプション #1
    ADDRESSES オプション #2
    PEEPHOLE オプション #1
    PEEPHOLE オプション #2
    REFERENCES オプション #1
    REFERENCES オプション #2
    SCHEDULING オプション #1
    SCHEDULING オプション #2
    VAXREGS オプション #1
    VAXREGS オプション #2
OTS$MOVE3 ルーチン
OTS$MOVE5 ルーチン
output レジスタ・セット #1
output レジスタ・セット #2
output レジスタ・セット #3
output レジスタ引数
P
$PAGES_TO_BYTES マクロ #1
$PAGES_TO_BYTES マクロ #2
PALcode
    ビルトインを参照
PD_DEC_OVF シンボル
PD_INT_OVF シンボル
PIC
    位置独立コードを参照
POLYx 浮動小数点命令
$POP64 マクロ
POPR 命令
.PRESERVE 指示文
    ATOMICITY オプション #1
    ATOMICITY オプション #2
    ATOMICITY オプション #3
    GRANULARITY オプション #1
    GRANULARITY オプション #2
    GRANULARITY オプション #3
    GRANULARITY オプション #4
/PRESERVE 修飾子
    ATOMICITY オプション #1
    ATOMICITY オプション #2
    ATOMICITY オプション #3
    GRANULARITY オプション #1
    GRANULARITY オプション #2
    GRANULARITY オプション #3
preserve レジスタ・セット #1
preserve レジスタ・セット #2
preserve レジスタ・セット #3
$PREVIOUS_PAGE
$PREVIOUS_PAGE マクロ
PSL (プロセッサ・ステータス・ロングワード)
$PUSH64 マクロ
PUSHR 命令
$PUSH_ARG64 マクロ #1
$PUSH_ARG64 マクロ #2
    64 ビット値の受け渡し


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項