日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 部 : 概念と方法
第 1 章:Macro-32コードの移植の準備
第 2 章:MACROコンパイラのプラットフォームごとの動作
第 3 章:ソースに対する推奨される変更と必要な変更
第 4 章:移植したコードの性能改善
第 5 章:MACROの64ビット・アドレッシングのサポート
第 2 部:リファレンス・セクション
付録 A :MACROコンパイラの修飾子
付録 B :専用の指示文
付録 C :MACROコンパイラ・ビルトイン
付録 D :VAXからAlphaまたはI64への移植用のマクロ
付録 E :64ビット・アドレッシング用のマクロ
索引
PDF
OpenVMS ホーム
HP OpenVMS MACRO コンパイラポーティングおよびユーザーズ・ガイド | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

HP OpenVMS MACRO コンパイラ
ポーティングおよびユーザーズ・ガイド


目次 索引




一時的な名前付きリンケージまたは匿名リンケージを確立します。これは,コンパイラによって,字句解析の順で次に処理される CALLS,CALLG,JSB,BSBB, BSBW 命令に対して使用されます。この指示文は,次の CALLS,CALLG,JSB,BSBB, BSBW のいずれかの命令のターゲットが名前でなく,実行時の値 (たとえば CALLS #0, (R6)) である場合に使用します。コンパイラが次の CALLS,CALLG,JSB,BSBB, BSBW のいずれかの命令を見つけると,関連付けられているリンケージを使用して,呼び出しの前後で保存と復元が必要なレジスタを決定します。命令の処理を終えると,一時リンケージはヌルにリセットされます。

形式

.USE_LINKAGE [linkage_name] [,input] [,output] [,scratch] [,preserve]


パラメータ



linkage_name

.DEFINE_LINKAGE 指示文で定義済みのリンケージの名前です。 linkage_name を指定すると, input 句,output 句,scratch 句, preserve 句は指定できません。

input=<>

次の CALLS,CALLG,JSB,BSBB, BSBW のいずれかの命令で呼び出されるルーチンが入力値を受け取るレジスタを示すレジスタ・セットです。

output=<>

次の CALLS,CALLG,JSB,BSBB, BSBW のいずれかの命令で呼び出されるルーチンが,その呼び出し元に返す値を代入するレジスタを示すレジスタ・セットです。このレジスタ・セットに含まれるレジスタは,呼び出しの前後で保存されません。

scratch=<>

次の CALLS,CALLG,JSB,BSBB, BSBW のいずれかの命令で呼び出されるルーチンの中で使用しているレジスタを示すレジスタ・セットです。このパラメータは,文書化のためにのみあります。

preserve=<>

次の CALLS,CALLG,JSB,BSBB, BSBW のいずれかの命令で呼び出されるルーチンが保護するレジスタを示すレジスタ・セットです。このレジスタ・セットに含まれるレジスタは,ルーチンの呼び出しの前後で保存と復元が行われません。この作業は,呼び出されるルーチンで行うためです。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項