日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS | HPE 日本

日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS
ユーザーズ・ガイド


目次 索引

第10章 List データ・タイプの使用

Listデータ・タイプはリスト・ナンバリング・ツールであり,行単位のテキストを読みやすい形式で印刷します。Listデータ・タイプは次のような出力を作成します。

  • 各ページの上部にファイル名の印刷

  • 各ページの上部にページ番号の印刷

  • ファイルの各行に行番号の印刷

  • 各ページに水平方向の網かけ領域の印刷

  • ファイルの最後を示すエンド・マーカの印刷

図 10-1 はListデータ・タイプを使用して印刷したページの例を示しています。

図 10-1 Listデータ・タイプの出力




Listデータ・タイプを使用してテキストを印刷するには,次のPRINTパラメータを使用します。

/PARAMETERS=DATA_TYPE=LIST 

たとえば,Listデータ・タイプを使用してXREPORT.TXTファイルを印刷するには,次のコマンドを入力します。

$ PRINT XREPORT.TXT /PARAMETERS=DATA_TYPE=LIST

省略時の設定では,ファィル拡張子が次のいずれかのときに, DECprint Supervisor for OpenVMS プリンタは Listデータ・タイプを使用して印刷します。

    B32    BAS    BLI    C      CBL    COM    CPP    CXX    FOR 
    H      HXX    MAR    MMS    PAS    PLI    R32    REQ 

このリストの変更方法については,『日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS システム管理者ガイド』を参照してください。

10.2 Listデータ・タイプに対するOpenVMSフォームの使用

Listデータ・タイプでは,ページを書式化するときに,マージンやページ幅などのフォーム設定が無視されます。 A (レター)およびA4サイズの用紙と互換性のあるサイズで最大サイズのページが作成されます。

ポートレート(縦長) - 80桁,70行
ランドスケープ(横長)方向 - 132桁,55行

ただし,フォーム定義によって起動されるセットアップ・モジュールは,プリント・ジョブに適用されます。


目次 索引

プライバシー ご利用条件・免責事項