日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS
ユーザーズ・ガイド


目次 索引

第7章 Imageインタプリタの使用によるDDIFイメージ・ファイルの印刷

DECprint Supervisor for OpenVMS ソフトウェアは,これまで使用されていた DEC Image Print-PLUS Client Servicesに代わる製品であり * ,Imageインタプリタを使用して,PrintServer 17,PrintServer 20, PrintServer 32 プリンタで DDIF 2値イメージ・ファイルを高速で印刷できるようになりました。

  注意
PostScript レベル2インタプリタが存在する場合には,Imageインタプリタは使用されません。

ただし,プリント・ジョブに次のいずれかのパラメータが含まれている場合には,文書を印刷するためにImageインタプリタは使用されません。

/PARAMETERS=LAYUP_DEFINITION 
/PARAMETERS=NUMBER_UP 

この場合,パラメータ値によって指定された機能を提供できるように,ファイルが PostScript に変換されます。

脚注

* DECprint Supervisor for OpenVMS 製品は,以前にインストールされている DEC Image Print-PLUS Client Servicesのすべてのバージョンと互換性がありません。



7.1 イメージ印刷の改善

標準的なネットワーク環境では,次の 2 つの理由により,イメージの印刷にかなり時間がかかります。

  1. 標準環境では PrintServer が PostScript ファイルしか取り扱わないため,ユーザのノードでファイルを PostScript 形式に変換した後, PrintServer で PostScript インタプリタ・ソフトウェアによって処理しなければなりません。

  2. PostScript レベル1 言語のイメージ・ファイルが大きいため,ネットワークを介してプリンタに送信するのに時間がかかります。

DECprint Supervisor for OpenVMS ソフトウェアでは,次の理由により,イメージ印刷がこれまでより高速になります。

  • イメージ処理機能を持つプリンタでは,DDIF 2値イメージを印刷することができ, PostScript レベル 1 への変換および PostScript インタプリタの処理が不要です。

  • プリンタに組み込まれた圧縮解除ハードウェアを使用します。

  • 圧縮されたデータをネットワークを経由して送信することができます。圧縮されたデータは,より高速にプリンタに転送されます。



7.2 イメージ・ファイルの印刷例

次のPRINTコマンドを使用すると,イメージ・ファイルはプリンタに直接送信されます。

$ PRINT /QUEUE=queue-name /NOTIFY file-name.DDIF

次のPRINTコマンドでは,イメージ・ファイルは PostScript に変換されて印刷されます。

$ PRINT /QUEUE=queue-name /NOTIFY /PARAMETERS=NUMBER_UP=1 file-name.DDIF


目次 索引

プライバシー ご利用条件・免責事項