日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS | HPE 日本

日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS
システム管理者ガイド


目次 索引

第2章 プリンタの設定

DECprint Supervisor を初めてインストールする場合,または新しいプリンタをインストールする場合は,この章を参照してください。既存のプリンタの設定を変更する場合も,この章が役立ちます。次の節では, DECprint Supervisor を使用してプリンタを作動させる方法を説明します。

  注意
すでに DCPS キューが存在するプリンタの設定を変更する場合は,まず STOP /QUEUE /NEXTコマンド,または STOP /QUEUE /RESETコマンドを使用して,関連のキューを停止する必要があります。

DECprint Supervisorソフトウェアで使用できる装置は,『ソフトウェア仕様書 (SPD)』に記載されています。

2.1 ネットワーク・プリンタ

プリンタは,ネットワーク・インタフェース・カード(NIC)が用意されているか,ターミナル・サーバのプリント・サーバ経由でネットワークにアクセスできます。

プリンタは,次の場合にネットワーク・プリンタとして構成できます。

  • プリンタがNIC,プリント・サーバ,またはターミナル・サーバに接続されている。

  • プリンタを使用しているすべてのホスト・システムで, DECprint Supervisor ソフトウェアが稼動している。いずれかのホスト・システムが他の手段でプリンタにアクセスする場合は,プリンタ・システムが失敗することがある。

ネットワーク・プリンタは,次のように動作します。

  • プリンタが,複数のシステムで使用できる。

  • プリンタの集中アカウンティング処理は行われない。それぞれのシステムがそのシステムで実行される印刷について,別々のアカウンティング情報を管理する。

  • DECprint Supervisor ソフトウェアを実行する複数のシステムが同じプリンタについて競合する。

  • プリンタの集中プリント・キューは存在しない。そのため,次のことが生じる。

    • SHOW QUEUEコマンドは,ネットワーク上の他のノードにあるキューは表示しない。

    • システムは,プリント・ジョブのスケジューリングもネットワーク上のプリンタやノードの間の負荷分散も行わない。

DCPS では,LPD 接続の場合を除き, OpenVMS システムとプリンタの間の通信パス全体が,双方向通信でなければなりません。ネットワーク・プリンタの場合,この通信パスには,プリンタとネットワーク装置の間の接続と,ネットワーク装置と OpenVMS システムの間の接続も含まれます。

LAT および AppleTalk のネットワーク装置,およびシリアル・インタフェースは通常,双方向通信を行います。 raw TCP/IP ネットワーク装置,プリンタのパラレル・ポート,ターミナル・サーバ,またはプリント・サーバは,この要件を満たしていないことがあります。 DCPS ソフトウェアは,LPD 接続を除き,ステータス・メッセージなどの情報をプリンタから OpenVMS システムに送信できない接続では動作しません。

2.1.1 TCP/IP プリンタ

TCP/IP 上で利用できるプリンタ・プロトコルは,raw TCP,LPD, Telnet,および CPAP です。 DCPS は CPAP を使用して,DIGITAL PrintServer プリンタと通信します。 DCPS は,Telnet プロトコルはサポートしていません。

TCP/IP経由でプリンタと通信できるようにするには,そのIPアドレスを定義する必要があります。また,アドレスに名前を関連づけることもできます。プリンタのIPアドレスの設定については,プリンタのドキュメントを参照してください。 OpenVMSシステムのTCP/IP環境の構成については, HP TCP/IP Services for OpenVMS,Process Software MultiNet for OpenVMS,またはProcess Software TCPware のドキュメントを参照してください。

プリンタがプリント・サーバまたはターミナル・サーバによって接続されている場合,サーバのIPアドレスを構成する必要があります。また,プリンタとサーバの間の接続も構成しなければなりません(たとえば,LATプリンタの場合, 第 2.1.2.2 項 の説明と同様の設定が必要になることがあります)。ネットワークおよびプリンタのインタフェースの構成については,ターミナル・サーバまたはプリンタ・サーバのドキュメントを参照してください。

raw TCP/IP は,TCP データ・ストリームを解釈することなく, TCP/IP プロトコルを直接使用するネットワーク・プロトコルです。これは,多くのプリンタのネットワーク・インタフェース・カード (NIC),プリント・サーバ,ターミナル・サーバ,およびリモート LPD キューを使用するその他のシステムでサポートされています。

raw TCP/IP を使用してプリンタと通信を行うには,プリンタをネットワークに接続するために使用する NIC,プリント・サーバ,またはターミナル・サーバが, raw TCP/IP ポートを持っている必要があります。さらに,この raw TCP/IP ポートでは,プリンタと OpenVMS システムの間の双方向通信をサポートしていなければなりません。 DCPS は,DEClaser 3500 や 5100 の NIC,RapidPrint 200,および (MIO ではなく) XIO スロットを介してプリンタとインタフェースする Hewlett-Packard JetDirect カードに見られるような単方向ポートでは動作しません。

LPD は,多くのプリンタのネットワーク・インタフェース・カード (NIC),プリント・サーバ,ターミナル・サーバ,および PrintServer プリンタでサポートされているネットワーク・プロトコルです。 DCPS がサポートしている他のプロトコルと異なり,LPD は単方向通信です。 LPD によって多くのプリンタがサポートされますが,エラー・メッセージやステータス・メッセージなどの,プリンタから返される情報に依存する機能は使用できません。

CPAP (Common Printer Access Protocol) は, DIGITAL PrintServer プリンタがサポートしているネットワーク・プロトコルです。 CPAP は,TCP/IP 上で PrintServer プリンタに印刷するのに適したプロトコルです。また,DECnet では必須のプロトコルです。

2.1.2 LAT プリンタ



シリアル・プリンタをLATによってEthernetに接続されるネットワーク・プリンタとして構成するには,次の設定を変更します。

  1. ターミナル・サーバ経由で接続されたシリアル・プリンタを使用している場合,必要なポート属性およびサーバ属性をプリンタに設定します (DECserver 装置については, 第 2.1.2.2 項 を参照してください)。

  2. SYS$STARTUP:LAT$SYSTARTUP.COMに必要な変更を行います ( 第 2.1.2.3 項 を参照してください)。

  3. 通信速度を設定します( 第 2.1.2.4 項 を参照してください)。

プリンタのパスワードとプリンタ名も変更できます。これらの変更はオプションで, 第 2.3.3 項 および 第 2.3.4 項 で説明されています。

  注意
ここでは,DECserver以外のLAT 装置を構成する手順については説明しませんが,多くの LAT 装置が DECserver 装置で使用されるものと同じコマンドを使用します。詳細については,NIC,ターミナル・サーバ,またはプリントサーバのオンライン・ヘルプその他のドキュメントを参照してください。

DECserverのポート属性を変更するには,DECserver 装置での特権が必要です。特権を持っている場合は,DEFINE PORTおよびSET PORTコマンドを使用します。

DEFINEコマンドは,サーバのパーマネント・データベースにおけるポート属性を変更します。変更内容は,次にそのポートでログインするまで有効になりません。

SETコマンドは,その場で有効になりますが,現在のセッションについてのみ,ポート属性を変更できます。たとえば,(DECserver 200で) PORT_6のINPUT SPEED およびOUTPUT SPEEDを19200ボーに変更するには,コンソール・サーバ・マネージャから次のコマンドを入力します。

LOCAL> SET PRIVILEGED
PASSWORD> password
 
LOCAL> SET PORT 6 SPEED 19200
LOCAL> DEFINE PORT 6 SPEED 19200

  注意
LATを使用する場合, DECprint Supervisor には,このためのサンプル・コマンド・ファイルが用意されています。このコマンド・ファイルは,ターミナル・サーバ・マネージャ(TSM)を使用して, DECserverの属性を設定し,データをTSMデータベースに記録します (TSMというソフトウェア製品は,弊社から別途入手してください)。コマンド・ファイルは,次のとおりです。

SYS$COMMON:[SYSHLP.EXAMPLES.DCPS]DCPS$CONFIG-PRINTER-PORT.COM 

このコマンド・ファイルは, DECserver 100,DECserver 200,およびDECserver 500 装置について,属性の例を示します。

DECserver 装置のコマンドおよび手続きについての詳細は, DECserverの管理ガイドを参照してください。

DECserverのポート属性がプリンタの設定と一致していることを確認します。 表 2-1 および 表 2-2 に,プリンタの設定と一致する必要があるDECserverのポート属性を示します

表 2-1 DECserverのポート属性
キャラクタ・サイズ 8
パリティ なし
入力速度 9600
出力速度 9600

キュー・リミットを0に設定していないことを確認します。 0に設定すると,キュー登録ができなくなります。

表 2-2 プリンタが要求するDECserverのポート属性
属性 省略時の設定
ACCESS REMOTE
AUTOBAUD DISABLED
AUTOCONNECT DISABLED
AUTOPROMPT DISABLED
BREAK DISABLED
BROADCAST DISABLED
FLOW CONTROL XON
INPUT FLOW CONTROL 1 ENABLED
OUTPUT FLOW CONTROL 1 ENABLED
INACTIVITY LOGOUT DISABLED
LOSS NOTIFICATION DISABLED
MESSAGE CODES DISABLED
QUEUING ENABLED
VERIFICATION DISABLED

1DECserver 500サーバでサポートされていない属性。

  注意
DECserver 装置の多くのバージョンでは, QUEUINGはポート属性ではなくサーバ属性で,省略時の値はENABLEDです。



LAT構成ファイル(SYS$STARTUP: LAT$SYSTARTUP.COM) は,ホスト・ノード・サービス属性を定義します。プリント・キューを起動する前に,LATドライバが動作しており,ポートが利用可能であることを確認します。

  注意
この項で参照するコマンドは,LATCPコマンドです。LATCPコマンドについての詳細は,『 HP OpenVMS システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル』を参照してください。

  1. LAT$SYSTARTUP.COMを編集して次のコマンドを追加し,プリンタをサポートするホスト・ノード(サービス・ノード)上にアプリケーション・ポートを作成します。

    $ CREATE PORT LTAd:/NOLOG/APPLICATION 
    


    このコマンド形式では,dのアプリケーション・ポートの数を指定します。これは,1〜9999までのユニークな数でなければなりません。

      注意
    LTA 装置は,常にプリンタ専用というわけではなく,他の装置と共有することもあります。他の装置からLTA 装置への接続は,優先順位が最も低いポートの間で動的に確立されます。プリンタに大きなポート番号を割り当てると,そのポートをプリンタ用に確保しやすくなり,他の装置への接続から生じる干渉を避けることができます。


  2. LAT$SYSTARTUP.COM に次のコマンドを追加して,アプリケーション・ポートをサーバ上のリモート・ポートに関連づけます。

    $ SET PORT LTAd:/NODE=server_name/PORT=port_name/QUEUE/APPLICATION 
    


    このコマンド形式では,次の値を指定します。

    LTA d: アプリケーション・ポート名
    server_name LAT装置に割り当てる名前
    port_name LAT装置のポート名


    次の例は,LTA9000:というアプリケーション・ポートを LN03RDS:という名前のリモートDECserver 200のPORT_7に関連づけます。

    $ SET PORT LTA9000:/NODE=LN03RDS/PORT=PORT_7/QUEUE/APPLICATION 
    


    LAT装置が印刷サービス専用であれば,プリンタ用のLAT接続をDCPS$STARTUP.COMファイルで定義することができます。これにより,すべての情報が1つのファイルに存在するので,構成についての問題解決が容易になります。ただし,LAT装置がプリンタ以外の装置も同時にサポートする場合は,ポートをLAT$SYSTARTUP.COMファイルに定義する必要があります。

  3. LAT接続を正しく行うためには,次のリストのグループが,少なくとも1つのLATグループを共通に持っていることを確認する必要があります。

    • LATポート上の許可されたグループおよび現在のグループ

    • サービス・ノード上の有効なグループ


    これらのグループが正しく設定されていない場合,プリント・ジョブをキューに登録したときに,次のエラー・メッセージが出力されます。

    %DCPS-E-LRJACCESSDENIED, Access denied 
    


    LATCPコマンドを使用して,必要なLATグループ指定を含めることができます。詳細については,『 HP OpenVMS システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル』を参照してください。

      注意
    この情報は,DECserver 90Lには不要です。



シリアル・プリンタの通信速度が省略時の値 (9600ボー)に設定されていることを確認します。これとは異なるボー・レートでプリンタを作動させる場合は,次の手続きを使用します。

プリンタがDECserver装置上にある場合,次の手順に従います。

  1. プリンタを適切なボー・レートに設定します (プリンタのインストレーション・ガイドを参照してください)。

  2. DECserverの通信速度を設定します (ターミナル・サーバのインストレーション・ガイドを参照してください)。

  3. プリンタの電源を投入します。プリンタが電源投入テスト・ページを印刷するのを待って,そのテスト・ページの内容が行った設定どおりであることを確認します。



2.1.3 DECnet プリンタ

DCPS は,DIGITAL PrintServer プリンタへの印刷を行う場合のみ, DECnet 上で CPAP を使用します。

DECnet 経由で DIGITAL PrintServer プリンタと通信するには,プリンタに DECnet アドレスを割り当てなければなりません。また,アドレスに名前を対応付けることもできます。

プリンタの DECnet アドレスの設定については, PrintServer のドキュメントを参照してください。

DECnet ノード名をプリンタの DECnet アドレスに対応付けるには, NCP コマンドを使用する (DECnet フェーズ IV ソフトウェアを実行している場合) か, DECNET_REGISTER コマンドを使用します (以前は DECnet/OSI と呼ばれていた DECnet-Plus ソフトウェアを実行している場合)。ノード名とこれらのコマンドについての詳細は, DECnet のドキュメントを参照してください。

2.1.4 AppleTalk プリンタ

プリンタをAppleTalkネットワークで使用する場合,AppleTalkネットワークにおけるプリンタのアドレスは,通常,プリンタのPostScriptプリンタ名になります。複数のプリンタが同じプリンタ名を持ち, AppleTalkネットワークの同じゾーンにある場合,これらのプリンタの実際のノード名は,プリンタの電源が投入された順序に依存します。同じ製品タイプのプリンタは,明示的に変更されない限り,プリンタ名が同じになります。したがって,プリンタがネットワーク上で,ユニークかつ一貫して識別されるようにするには,プリンタのプリンタ名を変更する必要があります。プリンタの名前の変更は,プリンタや Macintoshに付属のツールを使用して行います。


目次 索引

プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡