Jump to content 日本-日本語
≫ お問い合わせ

HP OpenVMS CIFS Version 1.1 ECO1: リリース・ノート

第3章 修正された問題

≫ 

OpenVMSドキュメント・ライブラリ

目次
まえがき
第 1 章:はじめに
第 2 章:CIFS の機能
第 3 章:修正された問題
第 4 章:既知の問題
第 5 章:制限事項
PDF
OpenVMS ホーム
ここから本文が始まります

目次

3.1 HP OpenVMS CIFS V1.1 ECO1で修正された問題
3.1.1 ODS-2ディスク上のホーム共有にアクセスできない問題
3.1.2 組み込みグループあるいはリソース識別子cifs$usersに設定されたパーミッションが機能しない問題
3.1.3 ホスト所有者にパーミッションがない場合にファイル名の変更あるいは削除ができない問題
3.1.4  username.mapファイルでユーザーがマップされている場合にファイルにアクセスできないという問題
3.1.5 Computer Managementを使用して共有のパーミッションを設定できない問題
3.1.6 共有におけるファイルの作成/修正/削除時にSMBDプロセスがクラッシュする問題
3.1.7 HP OpenVMS CIFS Serverがvms path namesパラメーターの値noを無視する問題
3.1.8 SMBDプロセスが複数の場所でクラッシュする問題
3.1.9 HP OpenVMS CIFS V1.0 TDB移行時のTDB移行ユーティリティのクラッシュ
3.1.10 バッファサイズを超えるドキュメントを印刷できない問題
3.1.11 グローバル・グループメンバーをリストする際にNET RPC GROUP MEMBERSがクラッシュする問題
3.1.12 ファイルにパーミッションを設定する際にユーザー・パーミッションが見えなくなる問題
3.1.13 プロセス作成時にAuditログメッセージが出力される問題
3.1.14 Windowsからディレクトリを列挙する際にSMBDプロセスがループする問題
3.1.15 ファイルアクセス時にAudit/アラームメッセージが生成される問題
3.1.16 ユーザーアカウントの移行時にNET RPC VAMPIREユーティリティがクラッシュする問題
3.1.17 2つのユーザーセッションをサービスする際にSMBDプロセスがクラッシュする問題
3.1.18 SYSUAFファイルでREADアクセスがWORLDに設定されている場合にSMBDプロセスがクラッシュする問題
3.1.19 通常のドメインアカウントからHP OpenVMS CIFS Serverへ印刷できない問題
3.1.20 クラスタ環境でのbrowse.datファイルの累積
3.2 HP OpenVMS CIFS V1.1で修正された問題
3.2.1 Oplock Break の問題
3.2.2 トラステッド・ドメイン環境へのログインの問題
3.2.3 ログインパスワードの有効期限に関する問題
3.2.4 権限リストから権限エントリが消失する問題
3.2.5 「OPTIONS=DEFAULT」および「DEFAULT_PROTECTION」ACE が継承されない問題
3.2.6 他社製アプリケーションで Postscript ファイルを作成した場合の問題
3.2.7 VARVFC ファイルを持つ共有を参照する場合のパフォーマンスの問題
3.2.8 共有へのアクセス時の不適切なエラーメッセージ
3.2.9 新規ディレクトリ作成時に所有者の継承が期待どおりに動作しない問題
3.2.10 NMBD プロセスに関するいくつかの問題
3.2.11 HP OpenVMS CIFS Server が VMS リソース識別子に基づくセキュリティ設定を持たない問題
3.2.12 バッチファイルを使用してファイルを継続的にコピーすると HP OpenVMS CIFS Server がクラッシュする問題
3.2.13 ファイルのタイムスタンプの表示の誤り

この章では,本リリースの HP OpenVMS CIFS Server で修正された問題について説明します。

3.1 HP OpenVMS CIFS V1.1 ECO1で修正された問題

ここでは,HP OpenVMS CIFS V1.1 ECO1で修正された問題について説明します。

3.1.1 ODS-2ディスク上のホーム共有にアクセスできない問題

ログインディレクトリでODS-2ディスクをポイントしているOpenVMSユーザーが,ODS-2ディスク上にあるホーム共有にアクセスすることができないという問題が解決されています。

3.1.2 組み込みグループあるいはリソース識別子cifs$usersに設定されたパーミッションが機能しない問題

あらかじめ用意されているUsersグループあるいはそれに関連するリソース識別子であるcifs$usersにフルパーミッションが設定されているようなHP OpenVMS CIFS共有にユーザーがアクセスする場合に,そのユーザーがその共有にアクセスできないという問題が解決されています。

3.1.3 ホスト所有者にパーミッションがない場合にファイル名の変更あるいは削除ができない問題

2人のOpenVMSユーザーが同じUICグループに属し,そのグループにフォルダを削除するためのパーミッションがない場合,他方のユーザーが作成したファイルの削除あるいはファイル名変更はできませんが,リソース識別子でこれらのアカウントにフルパーミッションが設定されている場合にも変更できないという問題がありました。この問題は解決されています。

3.1.4  username.mapファイルでユーザーがマップされている場合にファイルにアクセスできないという問題

ドメインユーザーがusername.mapファイルを使用してVMSユーザーにマップされている場合に, そのユーザーが属するドメイングループのパーミッションが設定されても機能しないという問題が解決されています。

3.1.5 Computer Managementを使用して共有のパーミッションを設定できない問題

管理者がWindows上のComputer Managementユーティリティを使用して共有のパーミッションを設定できないというHP OpenVMS CIFS Server V1.1の問題は解決されています。

3.1.6 共有におけるファイルの作成/修正/削除時にSMBDプロセスがクラッシュする問題

SMB.CONFファイルにchange notify = noが存在せずSMB.CONFファイル内の共有パス名が完全なVMSパス名でなく論理名の場合に,SMBDがクラッシュするという問題は解決されています。

3.1.7 HP OpenVMS CIFS Serverがvms path namesパラメーターの値noを無視する問題

ODS–5ディスク上にあるUNIXパスフォーマットの共有パス名が,たとえその共有でvmspath names = noが指定されていても,VMSパスフォーマットに変換されるという問題が解決されています。

3.1.8 SMBDプロセスが複数の場所でクラッシュする問題

メモリ破損のため複数の場所でSMBDプロセスがクラッシュするという問題が解決されています。

3.1.9 HP OpenVMS CIFS V1.0 TDB移行時のTDB移行ユーティリティのクラッシュ

HP OpenVMS CIFS Server Version 1.1キットのインストールの際,HP OpenVMS CIFS V1.0フォーマットのTDBをHP OpenVMS CIFS V1.1フォーマットのTDBに移行する時にTDB移行ユーティリティがクラッシュするという問題が解決されています。

3.1.10 バッファサイズを超えるドキュメントを印刷できない問題

ユーザーのバッファサイズを超えるデータを印刷する際,スプールファイルが作成された後,そのドキュメントが印刷できないという問題が解決されています。

3.1.11 グローバル・グループメンバーをリストする際にNET RPC GROUP MEMBERSがクラッシュする問題

$ NET RPC GROUP MEMBERSを実行したときに,時々NETユーティリティのクラッシュが発生する場合がありました。この問題は解決されています。

3.1.12 ファイルにパーミッションを設定する際にユーザー・パーミッションが見えなくなる問題

Windowsからファイルあるいはフォルダーにパーミッションを設定する際に既存のユーザー・パーミッションが見えなくなる問題は解決されています。

3.1.13 プロセス作成時にAuditログメッセージが出力される問題

SMBDプロセスが作成されるたびにAuditメッセージが記録され,ログメッセージが蓄積されるという問題は解決されました。

3.1.14 Windowsからディレクトリを列挙する際にSMBDプロセスがループする問題

HP OpenVMS CIFS Server V1.1で, Windowsからディレクトリを列挙する際,共有の選択で下記のSMB.CONFパラメーターが含まれている場合は,SMBDプロセスがループするという問題がありました。 この問題は解決されています。

[sharename]

vms path names = no

vfs objects = vtf

3.1.15 ファイルアクセス時にAudit/アラームメッセージが生成される問題

ファイル所有者ではない非特権ユーザーがREAD/WRITE/DELETE/EXECUTEプロテクションがWORLDに設定されているファイルにアクセスしようとすると,次のaudit/アラームメッセージが出力されるという問題は解決されています。

"%SYSTEM-F-NOPRIV, insufficient privilege or object protection violation"

3.1.16 ユーザーアカウントの移行時にNET RPC VAMPIREユーティリティがクラッシュする問題

ユーザーアカウントを移行するためにNET RPC VAMPIREユーティリティを実行した場合に,次のエラーメッセージを表示してユーティリティがクラッシュする問題は解決されています。

%SYSTEM-F-ACCVIO, access violation, reason mask=04,
virtual address=00000000000002EE, PC=00000000005C30A0, PS=0000001B
%TRACE-F-TRACEBACK

3.1.17 2つのユーザーセッションをサービスする際にSMBDプロセスがクラッシュする問題

HP OpenVMS CIFS PDCのメンバーであるWindowsクライアントからHP OpenVMS CIFS Serverに対して2つの異なるユーザーセッションを確立した場合に, これらのセッション要求をサービスするSMBDプロセスが異常終了する問題は解決されています。

3.1.18 SYSUAFファイルでREADアクセスがWORLDに設定されている場合にSMBDプロセスがクラッシュする問題

システム認証ファイルに対してデフォルトのプロテクションの代わりにREADパーミッションがWORLDに設定された環境で一般ユーザーがHP OpenVMS CIFS Serverに接続しようとした場合に,このユーザーセッションのために作成したSMBDプロセスが異常終了するという問題は解決されています。

3.1.19 通常のドメインアカウントからHP OpenVMS CIFS Serverへ印刷できない問題

通常のドメインユーザーアカウントでHP OpenVMS CIFS Serverへのセッションが確立され,このアカウントが,username map ファイルにより最低限の特権でVMSホストアカウントにマップされている場合,HP OpenVMS CIFS Serverへ印刷できないという問題は解決されています。

3.1.20 クラスタ環境でのbrowse.datファイルの累積

HP OpenVMS CIFS Serverが共通のsamba$rootディスクを使用するクラスタ内の複数のノードで構成されている場合, HP OpenVMS CIFS Serverが稼動するすべてのノードは同じbrowse.datファイルを使用します。 browse.datファイルへの書き込みは同期がとられないため,browse.datファイルの累積が発生していました。この問題は解決されています。

3.2 HP OpenVMS CIFS V1.1で修正された問題

ここでは,HP OpenVMS CIFS V1.1で修正された問題について説明します。

3.2.1 Oplock Break の問題

oplocks が有効になっている場合,あるクライアントですでに開いている Word 文書を別のクライアントから開こうとすると時間がかかるという問題がありました (約 60 秒)。この問題は解決されています。

3.2.2 トラステッド・ドメイン環境へのログインの問題

HP OpenVMS CIFS Server が,他の Windows ドメイン (たとえば,W2K3DOM) によって信頼されるドメイン (たとえば,NTDOM) のメンバーサーバーとして設定されているとします。 また,1 つの Windows XP クライアントが W2K3DOM でワークステーションとして構成されており,ユーザーが W2K3DOM ADS 資格情報を使用して Windows XP にログインしたとします。 このような場合,この Windows XP クライアントから VMS CIFS サーバーへのログインが失敗するという問題がありました。 この問題は修正されています。

3.2.3 ログインパスワードの有効期限に関する問題

HP OpenVMS CIFS Server が PDC として構成されている環境で Windows XP クライアントからドメインにログインしようとすると,次のようなメッセージが表示されていました。

Your password expires today. Do you want to change it?

この問題は修正されています。

3.2.4 権限リストから権限エントリが消失する問題

Windows Explorer を使用してファイルに対する既存の権限リストにエントリを追加しようとすると,既存のドメイン・ユーザー/グループが権限エントリから消失するという問題がありました。 この問題は解決されています。

3.2.5 「OPTIONS=DEFAULT」および「DEFAULT_PROTECTION」ACE が継承されない問題

OpenVMS の共有ディレクトリに割り当てられている ACE (Access Control Entry) が正しく継承されないという問題がありましたが,この問題は解決されています。

ただし,ACL で "OPTIONS=DEFAULT" および "DEFAULT_PROTECTION" のサポートが必要な場合は,特定の共有に対し明示的に "inherit acls=yes" を設定する必要があります。

3.2.6 他社製アプリケーションで Postscript ファイルを作成した場合の問題

他社製のアプリケーションを使用して Postscript ファイルを作成した場合に,クライアントによるファイル書き込み時間は通常より長くかかるという問題が解決されています。

3.2.7 VARVFC ファイルを持つ共有を参照する場合のパフォーマンスの問題

ODS-5 ディスク上で,VARVFC ファイルを持つ共有へのアクセスやリフレッシュの際にWindows Explorer にディレクトリのファイルを一覧表示するのに通常より長い時間がかかるという問題が解決されています。

3.2.8 共有へのアクセス時の不適切なエラーメッセージ

権限のないユーザーが共有にアクセスしようとした場合に,間違ったエラーメッセージが表示されるという問題が解決されています。

3.2.9 新規ディレクトリ作成時に所有者の継承が期待どおりに動作しない問題

共有に新規ディレクトリを作成した場合に,ディレクトリの所有者が正しく継承されないという問題が解決されています。

3.2.10 NMBD プロセスに関するいくつかの問題

以下に示すような,NMBD プロセスに関するいくつかの問題がありましたが,これらは解決されています。

  • NMBD プロセスの実行中に,CPU 使用率と I/O 頻度が高くなります。

    この問題を回避するには,SMB.CONF の store dgpackets パラメータを No に設定します。

  • クラスタ環境では,NMBD プロセスが作成するノード固有のログファイルを識別できません。

  • HP OpenVMS CIFS Server が ODS-2 ディスクにインストールされていると,ODS-2 の制約のために,NMBD プロセスが一時的なブラウズ・リスト・ファイルを作成する際に問題が発生します。

  • NMBD プロセスのメモリ・リークが原因で NMBD プロセスの異常終了が引き起こされます。

3.2.11 HP OpenVMS CIFS Server が VMS リソース識別子に基づくセキュリティ設定を持たない問題

HP OpenVMS CIFS Server がファイルにアクセスしようとしても,VMS リソース識別子が付与されないという問題がありました。 この場合,ドメインユーザーとグループに基づいて設定された権限だけが付与されていました。 この問題は解決されています。

3.2.12 バッチファイルを使用してファイルを継続的にコピーすると HP OpenVMS CIFS Server がクラッシュする問題

バッチファイルを使用して 3 つの異なるクライアントから継続的にファイルをコピーするとHP OpenVMS CIFS Server がクラッシュするという問題が解決されています。

3.2.13 ファイルのタイムスタンプの表示の誤り

テキスト以外のファイルが作成,変更,アクセスされた場合に,そのファイルのタイムスタンプが正しく表示されないという問題がありました。 たとえば,あるファイルを変更すると,作成時刻と変更時刻が変更タイムスタンプで更新されていました。 この問題は解決されています。

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項
© 2009 Hewlett-Packard Development Company, L.P.