Jump to content 日本-日本語
≫ お問い合わせ


HP OpenVMS CIFS Version 1.1: 管理者ガイド

≫ 

OpenVMSドキュメント・ライブラリ

目次
まえがき
第1章:HP CIFS Server について
第2章:インストールおよび構成
第3章:導入モデル
第4章:LDAP統合のサポート
第5章:winbindのサポート
第6章:ユーザ,グループ,ファイル・アクセスの管理
第7章:ツール・リファレンス
付録A:実行例
索引
PDF
OpenVMS ホーム
ここから本文が始まります

第 1.0 版

2009年2月


目次

まえがき
1 本書の対象読者
2 本書の構成
3 本書の表記法
1 HP CIFS Server について
1.1 HP CIFS Server について
1.1.1 CIFS プロトコルとは?
1.2 オープンソース・ソフトウェア Samba Suite
1.2.1 オープンソース・ソフトウェア
1.2.2 Samba Server の概要と機能
1.3 HP CIFS Server のドキュメント: オンライン
1.4 HP CIFS Server のディレクトリ構成
2 HP CIFS Server のインストールおよび構成
2.1 HP CIFS Server の要件と制約
2.1.1 必要なディスクスペース
2.1.2 ソフトウェアの要件
2.2 リリース・ノートについて
2.3 インストール前の作業
2.4 OpenVMS Cluster 環境でのインストールについて
2.5 HP CIFS Server ソフトウェアのインストール
2.6 HP CIFS Server ソフトウェアのアップグレード
2.7 SAMBA$ROOT ディレクトリの移動
2.8 インストール後の作業
2.9 HP CIFS Server の構成
2.9.1 共通の SAMBA$ROOT ディレクトリを持つクラスタでの構成作業
2.9.2 Samba Web Administration Tool (SWAT) による HP CIFS の構成
2.9.3 HP CIFS 構成ファイル
2.9.4 サポートされるバックエンド
2.9.5 クラスタ環境における SMB.CONF ファイルの構成
2.9.6 OpenVMS ファイルフォーマット・サポートのための SMB.CONF の構成
2.10 各国語文字対応のための設定
2.11 HP CIFS Server の起動と停止
2.11.1 HP CIFS Server を手動で起動
2.11.2 HP CIFS をシステム・ブート時に起動
2.11.3 OpenVMS クラスタで CIFS を起動する方法
2.11.4 HP CIFS Server の停止
2.12 インストールおよび構成に関するトラブルシュート
2.12.1 クライアント接続の確認
2.13 HP CIFS Server の構成に関するその他の問題
2.13.1 性能のチューニング
2.13.2 HP CIFS Server で NFS を使用している場合の接続
2.13.3 NetBIOS 名は ポート 445 ではサポートされない
2.13.4 OpenVMS 特有の構成
2.14 HP CIFS Server ソフトウェアのアンインストール
3 HP CIFSの導入モデル
3.1 ドメインの役割
3.1.1 プライマリ・ドメインコントローラー
3.1.2 バックアップ・ドメインコントローラー
3.1.3 ドメイン・メンバーサーバ
3.2 Samba ドメインモデル
3.2.1 Samba ドメインのコンポーネント
3.2.2 スタンドアロン・サーバーとして HP CIFS Server を構成
3.2.3 PDC として HP CIFS Server を構成
3.3 Windows ドメインモデル
3.3.1 Windows ドメインモデルのコンポーネント
3.3.2 ADS ドメインモデルの例
3.4 信頼関係
3.4.1 信頼されるドメインでの信頼の確立
3.4.2 信頼するドメインでの信頼の確立
3.4.3 信頼関係の表示
3.4.4  HP CIFS ドメインと Windows Active Directory ドメイン間の双方向の信頼関係の確立
3.4.5 信頼関係を有効にする
4 LDAP統合のサポート
4.1 概要
4.1.1 HP CIFS Serverの特長
4.2 ネットワーク環境
4.2.1 ドメインモデルのネットワーク
4.2.2 ワークグループモデルのネットワーク
4.2.3 LDAP統合によるCIFS認証
4.3 Directory Serverのインストールと構成
4.3.1 Directory Serverのインストール
4.3.2 Directory Server の構成
4.4 HP CIFS Serverの構成
4.4.1 LDAP構成パラメーター
5 winbindのサポート
5.1 概要
5.2 winbindの特長
5.3 winbindの処理フロー
5.4 winbindの機能
5.5 ユーザーとグループのマッピング
5.5.1 ユーザー認証とホストマッピングの処理フロー
5.5.2 グループマッピング処理フロー
5.6 winbindを無効にする
5.7 winbindを使用したHP CIFS Serverの構成
5.7.1 winbindの構成パラメーター
5.8 LDAPバックエンドのサポート
5.9 wbinfoユーティリティ
6 ユーザー,グループ、およびファイルアクセスの管理
6.1 はじめに
6.2 メンバーサーバーあるいはPDCあるいはBDCにおけるローカルユーザーの管理
6.2.1 メンバーサーバーにおけるローカルグループの管理
6.2.2 PDCあるいはBDCにおけるグループの管理
6.2.3 ユーザー名のマッピング
6.3 HP CIFSセキュリティの管理
6.3.1 ファイルおよびディレクトリ・プロテクションの管理
6.3.2 ファイルおよびディレクトリACLの管理
7 ツール・リファレンス
7.1 HP CIFS管理ツール
7.1.1 smbpasswd
7.1.2 pdbedit
7.1.3 net
7.1.4 wbinfo
7.1.5 smbclient
7.1.6 smbstatus
7.1.7 nmblookup
7.1.8 smbshow
7.1.9 Smbver
7.1.10 SAMBA$DEFINE_COMMANDS.COM
7.1.11 SAMBA$GATHER_INFO.COM
7.1.12 testparm
7.1.13 tdbbackup
7.1.14 tdbdump
7.1.15 smbcontrol
A インストレーションと削除の実行例
A.1 OpenVMS Integrity システムでのインストール実行例
A.2 OpenVMS Integrity システムでの削除実行例
索引
印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項
© 2009 Hewlett-Packard Development Company, L.P.