本文に進む 日本−日本語
日本ヒューレット・パッカードホーム 製品とサービス お客様サポート/ ダウンロード ソリューション ご購入の方法
≫ お問い合わせ
日本ヒューレット・パッカードホーム
HP OpenVMS CIFS Version 1.1: 管理者ガイド

第1章 HP CIFS Server について

≫ 

OpenVMSドキュメント・ライブラリ

目次
まえがき
第1章:HP CIFS Server について
第2章:インストールおよび構成
第3章:導入モデル
第4章:LDAP統合のサポート
第5章:winbindのサポート
第6章:ユーザ,グループ,ファイル・アクセスの管理
第7章:ツール・リファレンス
付録A:実行例
索引
PDF
OpenVMS ホーム
ここから本文が始まります

この章では,HP CIFS Server について概要を説明します。 以下の項目について説明します。

1.1 HP CIFS Server について

HP CIFS Server は,OpenVMS 上で Microsoft Common Internet File System (CIFS) プロトコルに基づいた分散ファイルシステム機能を提供します。

本バージョンの HP CIFS Server は,オープンソース・ソフトウェアである Samba version 3.0.28a をベースにしており,Windows 2000,2003,XP,および Vista の CIFS クライアントに対してファイル・サービスとプリント・サービスを提供します。

1.1.1 CIFS プロトコルとは?

CIFS (Common Internet File System) は,リモート・ファイルアクセスのための Windows の仕様です。

CIFS は,1980 年代後半,当時開発されていた Ethernet などのローカル・エリア・ネットワーク技術を利用して PC 向けに開発されたファイル共有のための Server Message Block (SMB) プロトコルとも呼ばれるネットワークプロトコルを起源に持ちます。 SMB は Microsoft Windows システムのネイティブのファイル共有プロトコルで,社内ネットワークで多数の PC ユーザーがファイルおよびプリンタを共有するための標準的な方法です。

CIFS は SMB を単に名称変更したもので,CIFS と SMB は実質的には同じものです (Microsoft は,現在も SMB と呼ぶこともありますが,最近では CIFS と呼ぶことが増えています)。 CIFS は,UNIX,OpenVMS,Macintosh,その他のプラットフォームで広く利用できます。

その名称にも関わらず,CIFS は実際にはファイルシステムではありません。 より正確に言うならば,CIFS は,リモート・システム上のファイルへのアクセスを提供するリモート・ファイルアクセス・プロトコルです。 CIFS は,ホスト・システムのファイルシステム上に存在し,そのファイルシステムに対して機能します。 CIFS はサーバーとクライアントを定義し,CIFS クライアントを使用して CIFS サーバー上のファイルにアクセスします。

HP CIFS は OpenVMS 上で CIFS プロトコルを提供し,Windows クライアントから OpenVMS ディレクトリおよびプリンタにアクセスするのを可能にします。

1.2 オープンソース・ソフトウェア Samba Suite

HP CIFS Server のソースは,1991 年にオーストラリアの Andrew Tridgell によって開発されたオープンソース・ソフトウェア (OSS) である Samba をベースにしています。 この節では,Samba 製品について概要を説明します。 Samba については多数の書籍が出版されており,オンラインでも情報が提供されていますので,Samba の詳細についてはこれらのドキュメントを参照することをお勧めします。 いくつかの情報は Samba の開発メンバー自身によって書かれています。

1.2.1 オープンソース・ソフトウェア

Samba は,GNU Public License (GPL) の規約のもとで利用できます。 Samba はフリーソフトウェアであり,著作権上の制限を受けません。 このタイプのソフトウェアの目的は,新しいソフトウェアの共同開発を促すことです。

GNU Public License についての詳細は下記の URL を参照してください。

http://www.fsf.org

1.2.2 Samba Server の概要と機能

Samba プログラムにより,OpenVMS やその他のオペレーティング・システムが稼働するシステムは,Microsoft ネットワークプロトコルを使用してサービスを提供することができます。 この機能により,Microsoft が提供するネイティブのネットワーク・クライアントを使用して Windows マシンから OpenVMS ファイルシステムあるいは OpenVMS プリンタにアクセスすることが可能になります。

OpenVMS ファイルシステムをドライブ名あるいはアイコンとして参照することができ,ローカル・システムに保存されている場合と同じ用に Windows プログラムから OpenVMS ファイルをオープンすることができます。

これを実現するために,Samba は Server Message Block (SMB) ネットワークプロトコルを実装しています。

Samba およびそのプロトコルの詳細については,Robert Eckstein,David Collier Brown,および Peter Kelly らによる『Using Samba』を参照してください。

Samba の Web サイトは次の URL で参照できます。

http://www.samba.org

1.3 HP CIFS Server のドキュメント: オンライン

HP CIFS Server のドキュメントは以下のサイトで参照できます。

http://h50146.www5.hp.com/products/software/oe/openvms/network/cifs/

また,HP CIFS Server のドキュメント以外に参照をお勧めする一般の Samba ドキュメントは以下のとおりです。

  • 『The Official Samba-3 HOWTO and Reference Guide』 by John H. Terpstra and Jelmer R. Vernooij, ISBN: 0-13-145355-6

  • 『Samba-3 by Example Practical Exercises to Successful Deployment』 by John H. Terpstra, ISBN: 0-13-147221-6

  • 『Using Samba, 2nd Edition』 by Robert Eckstein, David Collier-Brown, Peter Kelly and Jay Ts. (O'Reilly, 2000), ISBN: 0-596-00256-4

  • 『Samba, Integrating UNIX and Windows』 by John D Blair (Specialized Systems Consultants, Inc., 1998), ISBN: 1-57831-006-7

  • Samba の Web サイト: http://www.samba.org/samba/docs.

HP CIFS Server を使用する際には,『The Samba HOWTO Collection』,『Samba-3 by Example』,および『Using Samba, 2nd Edition』を参照することをお勧めします。 これらのドキュメントは,Samba Web Administration Tool (SWAT) でも参照することができます。

重要: Using Samba, 2nd Edition』は,Samba の以前のバージョンである Samba V.2.0.4 について説明しています。 ただし,『Using Samba, 2nd Edition』で説明されている情報の多くは,本バージョンの HP CIFS Server にも適用できます。 HP CIFS Server についての最新の情報は SWAT のヘルプ機能で確認することができます。
注記:
  • HP が作成したものでない一般の Samba のドキュメントには,Saamba の将来のリリースでサポートされる機能について説明している場合があります。 これらのドキュメントの著者は,既存の Samba リリースで提供している機能と将来の Samba リリースで提供する予定の機能とを明確に区別して記述しているとは限りません。

  • UNIX/Linux 版 Samba で提供しているすべての機能が HP OpenVMS CIFS でサポートされているわけではありません。 OpenVMS 版で提供している機能については,『HP OpenVMS CIFS リリース・ノート』を参照してください。

1.4 HP CIFS Server のディレクトリ構成

HP CIFS Server 製品のデフォルトのベース・インストレーション・ディレクトリは SAMBA$ROOT です。 HP CIFS 構成ファイルは SAMBA$ROOT:[LIB] ディレクトリにインストールされます。 HP CIFS Server のログ・ファイルおよび一時ファイルは SAMBAS$ROOT:[VAR] ディレクトリに作成されます。

表 1-1 に HP CIFS Server の重要なディレクトリとファイルを示します。

表 1-1 HP CIFS のファイルとディレクトリ

ファイル/ディレクトリ

説明

SAMBA$ROOT:[000000]

HP CIFS Server のベース・ディレクトリです。

SAMBA$ROOT:[SRC]

HP CIFS Server のソース・コードが含まれているディレクトリです。

SAMBA$ROOT:[BIN]

HP CIFS Server のデーモンおよびユーティリティなどのバイナリが含まれているディレクトリです。 システム・ブート時に HP CIFS Server を起動し,システム・シャットダウン時に HP CIFS Server 停止させるためのコマンド・スクリプトも含まれています。

SAMBA$ROOT:[DOC]

PS (PostScript) など種々のフォーマットで HP CIFS Server のドキュメントが含まれています。

SYS$COMMON:[SYSHLP]

HP CIFS Server のリリース・ノートが含まれています。

SAMBA$ROOT:[SWAT]

SWAT (Samba Web Administration Tool) の html およびイメージファイルが含まれています。

SAMBA$ROOT:[VAR]

HP CIFS Server のログ・ファイル,および HP CIFS Server が使用するロック・ファイルなどのその他の動的に作成されるファイルが含まれています。

SAMBA$ROOT:[LIB]SMB.CONF

HP CIFS Server の構成ファイルです。

SAMBA$ROOT:[UTILS]

SWAT ユーティリティの OpenVMS 用セーブセットが含まれています。

 

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項
© 2009 Hewlett-Packard Development Company, L.P.