日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS

OpenVMS Management Station


Management Station

OpenVMS Management Station は、Microsoft Windows PC 上で利用できる管理ツールです。 OpenVMS Management Station には、 システム管理者やシステム管理を行うその他のユーザーのために、 強力で使いやすいユーザー・インタフェースが用意されています。

システム管理
Management Station
Disk File Optimizer
RAID Software
Archive Backup System
Media Robot Utility
Operations Manager Agents

OpenVMS Management Station を利用すれば DCL 構文やコマンド・プロシージャを覚えなくても OpenVMS システムを管理できるため、 システム管理者やヘルプデスクのスタッフによる システム管理作業がはるかに簡単になります。

OpenVMS Management Station の機能

OpenVMS Management Station を使用すると、 ご使用の環境に最適な方法で管理できるようにシステムを整理し、 ユーザーアカウント、プリンター、およびストレージを効率的に 管理することができます。

包括的なユーザーインタフェースが提供されているため、 複数の OpenVMS システムのユーザーアカウント、プリンター、 およびストレージを簡単に管理することができます。 たとえば、複数の異なる OpenVMS Cluster システムにアカウントがある場合、 OpenVMS Management Station を使用すると、 そのアカウントの各インスタンスに対してプロセス・クォータの変更、 特権の追加、権限識別子の付与などが簡単に実行できます。


ストレージ管理

OpenVMS Management Station を使用すると、 ご使用のストレージ環境を制御するために複雑なコマンドファイルを管理する 必要がなくなります。 使いやすい Windows インタフェースでストレージの作成、削除、管理が可能です。

OpenVMS Management Station により、複数の OpenVMS Cluster システム間で さまざまなストレージ・デバイスを簡単に管理することが可能になります。 システム起動時に自動的にシステムのストレージ構成の判断および構成を 可能にするデータベースが用意されます。

OpenVMS Management Station により、 以下のようなストレージ管理作業を実行できます。

  • ストレージ構成の監視
  • ストレージ属性の確認および修正
  • ボリュームの作成
  • リブート時のストレージ構成情報の保管

OpenVMS Volume Properties


プリンター管理

OpenVMS Management Station により、 複数の OpenVMS Cluster システムおよび OpenVMS ノードで使用されている さまざまなプリンターおよびプリンターキューを簡単に管理することが 可能になります。 また、プリンター監視機能により、プリンターに関する問題を すばやく検知して対処することができます。

プリンター環境を制御するために 複雑なコマンドファイルを管理する必要はなくなります。 使いやすい Windows インタフェースにより、 プリンターおよびプリンターキューの作成、削除、管理に加え、 それらのプリンターのプリントジョブの管理が可能です。

以下のようなプリンター管理作業を実行できます。

  • プリンターの監視
  • プリンター属性の確認および修正
  • プリンターとプリンタキューの削除
  • プリンターとプリンタキューの作成
  • キュー属性の確認と修正
  • ジョブ属性、再キューイング・ジョブ、削除ジョブの確認と修正

OpenVMS.msc - OpenVMS printers


アカウント管理

OpenVMS Management Station を使用すると、 OpenVMS のユーザーアカウントを効率的に管理することができます。 たとえばアカウントを作成する際、 OpenVMS Management Station で ユーザー認証ファイル (UAF) のエントリーの追加、権限 ID の付与、 OpenVMS ディレクトリの作成、ディスククォータの設定、 OpenVMS Mail 属性の設定などが可能です。

また、複数の OpenVMS システムのユーザーアカウントを 簡単に管理することができます。 たとえば、3 つの異なる OpenVMS Cluster システムにアカウントがある場合、 OpenVMS Management Station を使用すると、 アカウントの各インスタンスごとに プロセスクォータの変更、特権の追加、権限 ID の付与などを 簡単に行うことができます。

OpenVMS Management Station を使用して以下の OpenVMS リソースを管理できます。

  • SYSUAF.DAT ユーザー認証ファイル
  • RIGHTSLIST.DAT ユーザー権限ファイル
  • ネットワークプロキシ・データベース
  • アカウントのログイン・ディレクトリツリー
  • ユーザーアカウントのディスククォータ
  • OpenVMS Mail の VMSMAIL_PROFILE.DATA ファイル
OpenVMS Management Station\TEST01\Accounts

インストールと設定、ダウンロードキット、最新情報について


インストールおよび設定

OpenVMS Management Station のサーバーソフトウェアは、 オペレーティング・システムともにインストールされます。 クライアントソフトウェアのファイルについても、 オペレーティング・システムのインストール時に OpenVMS システムのディスク上へ置かれます。

ご利用の前に、サーバーソフトの設定と、PCへのクライアントソフトの インストールが必要になります。 詳細については、『HP OpenVMS インストレーション・ガイド[翻訳版]』の OpenVMS Management Station に関する付録を参照してください。


ダウンロードキットおよび最新情報

OpenVMS Management Station についての最新情報やダウンロードキットについては、下記のページを参照してください。
OpenVMS Management Station USサイト
  
なお、OpenVMS Integrity 用のダウンロードキットについては 上記のページでは提供されていません。 OpenVMS Integrity 用の OpenVMS Management Station のキットは、 OS と共にインストールされるもの、 あるいは OE メディアに含まれているものをご使用ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項