日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  システム管理

HP Operations Manager Agents for OpenVMS

以前の HP OpenView Operations (OVO) Agents for OpenVMS


製品概要

HP Operations Manager は、管理下にある IT コンポーネントの監視および制御、 修正措置の自動化、状態報告などの処理を包括的に行うためのマルチプラットフォーム対応の管理ソリューションです (HP Operations Manager は、以前は OpenView Operations (OVO) と呼ばれていました)。

OpenVMS システムに HP Operations Manager Agents をインストールすることで OpenVMS システムを HP Operations Manager 環境に統合することができ、 さまざまな情報源から情報の収集、集約、監視を行う 総合的な管理ソリューションが提供されます。

最新リリース情報

HP Operations Manager HTTPS Agents および Smart Plug-in (SPI) の最新バージョン、ドキュメント、およびキットについての情報は、 下記のサイトを参照してください。

» HP Operations Manager Agents for OpenVMS 概要 USサイト
» HP Operations Manager HTTPS Agents および Smart Plug-In (SPI) for OpenVMS
   製品情報およびドキュメント
USサイト

なお、以前提供していた DCE Agents は、HTTPS Agents の提供に伴い開発を終了しています。

» OpenView Operations DCE Agents for OpenVMS US サイト (開発終了) USサイト

機能概要

HP Operations Manager Agents for OpenVMS は、 HP Integrity サーバーおよび AlphaServer システムの管理作業を HP Operations Manager Server ソフトウェアにシームレスに統合します。

具体的には、下記のような機能を提供します。

  • HP OpenVMS が稼動する AlphaServer システムおよびIntegrity サーバーの管理と、アプリケーション・イベントの管理
  • オブジェクトの管理
  • OpenVMS サーバー・オブジェクトの自動検出
  • 管理オブジェクトのユーザー定義サービス・ビュー
  • HP Operations Manager コンソールからの手動コマンド実行および自動コマンド実行
  • OpenVMS Cluster の認識 (クラスター・メンバーの追加/削除)
  • PCSI キットによるインストール
  • HP Operations Manager との密な統合
  • 監視期間およびタイムインターバルの制御

HP Operations Manager Agents for OpenVMS は、 ネイティブの HP Operation Agents と Smart Plug-ins (SPI) テクノロジを利用して、 OpenVMS システムの状態情報を HP Operations Manager コンソールに表示させます。

監視機能

HP Operations Manager Agents for OpenVMS は、 OpenVMS が稼動する AlphaServer システムおよび Integrity サーバーの 性能の監視、障害の検出、可用性に関するレポートを行います。 これらの機能は、システム、セキュリティ、パフォーマンスのそれぞれの SPI で実現されます。

各SPIで、以下のような情報を扱います。

  • System SPI (システム・データ)
    • 各デバイスのハードウェア・エラー・カウントの変化
    • CPU およびメモリ
    • プロセスの利用状況
    • ディスクの状態
    • 空きディスク容量
    • シャドウセット
    • バッチ・キューおよびプリント・キューの状態
    • バッチ・ジョブの利用状況
    • クラスター構成の変化(クラスター・メンバーの追加/削除)
    • システムへの侵入情報
  • Security SPI (リアルタイム・セキュリティ・イベント)
    • ログイン、ログアウト、およびログインの失敗
    • ユーザー認証、権限リスト、ネットワーク・プロキシ・ファイルに対する変更
    • 保護されたオブジェクト(ファイル、デバイス、グローバル・セクション、キュー)へのアクセス
    • 保護されたオブジェクトのセキュリティ属性の変更
  • Performance SPI (リソース利用データ)
    • CPU の使用状況
    • アクティブ CPU
    • メモリの使用状況
    • ページおよびスワップ・ファイルの使用状況
    • システム・ページ・フォルト
    • LAN デバイスにおけるスループット
    • ダイレクト I/O スループットとディスク上のキューの長さ
    • バッファード I/O およびダイレクト I/O のカウント数
    • ループ中のプロセス
    • プロセス総数
    • プロセス・クォータの使用状況
    • 種々の待ち状態のプロセス
    • COM あるいは COMO 状態のプロセス
    • Non-paged プールの拡張
    • リソース・ハッシュ・テーブルの利用状況

イベント管理機能

HP Operations Manager Agents for OpenVMS は、 重大なシステム・イベントおよびパフォーマンス・イベントを選択してフィルタリングする機能を提供します。 HP Operations Manager はフィルタリング基準をもとにポリシーを作成することができ、 特定のニーズに合うように警告を簡単にカスタマイズし、イベント重大度を割り当てることができます。 またイベント管理機能により、OpenVMS システム・プロセスと 関連するイベントを、特定のサービス・ビューに割り当てることができます。

その他の情報

» OVO Agents for OpenVMS データシート USサイト


印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項