日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  システム管理

HP gWLM Agent for OpenVMS

HP Global Workload Manager Agent for OpenVMS


HP gWLM Agent for OpenVMS

HP Global Workload Manager (gWLM) は、インテリジェント・ポリシー・エンジンを組み込んだマルチシステム/マルチ OS 対応のワークロード管理機能です。

gWLM は、リソース管理 (単一のオペレーティング・システム内で CPU 単位でワークロードにプロセッサ・リソースを割り当てるメカニズム) とパーティショニング技術を統合し、 アプリケーション性能とビジネスポリシーに基づいて、 アプリケーションに対してリソースの動的な再割り当てを行います。 これにより、多数のサーバーのサービスレベルを維持および監視しながら、 サーバーの利用率を向上させることが可能になります。

 

gWLM を使用する利点

gWLM を使用する利点は以下のとおりです。
  • 既存のサーバーの能力をより効率的に使用
    多くの場合、1 つのワークロードに対して、 需要のピークに対応可能な十分な能力を持つサーバーが用意されます。 一方 gWLM を利用すると、 異なる需要パターンの複数のワークロードを組み合わせて、 1 つのサーバーで複数のワークロードを処理することができ、 ミッションクリティカルなワークロードで CPU を必要としていない時の処理能力の余剰を有効活用するすることができます。

  • ミッションクリティカルなワークロードに必要なリソースを確実に確保
    1 つのサーバーで複数のワークロードを処理するような設定を行っても、 ミッションクリティカルなワークロードで必要とする CPU リソースを確実に確保できるように構成できます。 gWLM は、CPU リソースに余剰がある場合はそれを共有し、 特定のワークロードで CPU リソースの需要が急増したらそちらに割り当てるように、 自動的にリソースの割り当てを調整します。

  • システム管理コストの低減
    gWLM により、より少ないサーバーの組み合わせで、 より多くのワークロードを処理できます。 サーバーの集約が可能になるため、管理コストを低減できます。
 

中央管理サーバー(CMS)

OpenVMS システムにインストールされた各 gWLM エージェントは、 Microsoft Windows Server システム上で稼動する中央管理サーバー (CMS) により管理されます。 中央管理サーバーでは、HP Matrix Operating Environment (HP Matrix OE) と HP System Insight Manager (SIM) が稼動しています。

注意: HP Matrix Operating Environment は、以前は Insight Dynamics - VSE (ID-VSE) と呼ばれていました。

gWLM アプリケーションは HP Matrix OE のコンポーネントとして提供されており、 HP Matrix OE と HP SIM は一体で動作します。 なお、HP SIM は無料で利用できますが HP Matrix OE はライセンスが必要な製品です。

また、HP Matrix OE および HP SIM は、 HP Insight Management 製品の一部として提供されています。
下記のページから、HP Insight Management の DVD ISO イメージがダウンロード可能です。
» HP Insight Management ダウンロード

注意: HP Insight Management は、以前は HP Insight Software と呼ばれていました。

HP Insight Management および HP Insight Software の各バージョンでサポートする管理対象ハードウェアや管理対象 OS バージョンについては、 下記のページで公開しているサポートマトリックスを参照してください。
» Proliant ソフトウェア・マニュアル

gWLM Agent for OpenVMS のダウンロード

gWLM Agent のキットは、OpenVMS Integrity の Layered Products Library に含まれています。
また、下記のページからダウンロードすることも可能です。
» HP OpenVMS gWLM Agent キットおよびドキュメントのダウンロード

なお OpenVMS V8.4 以降、gWLM Agent のライセンスは HA-OE に含まれています。

また管理対象の OpenVMS システムでは、gWLM Agent に加えて、WBEM Services が実行されている必要があります。 WBEM Services はオペレーティング・システムとともにインストールされますが、利用には構成作業が必要です。 詳細は HP OpenVMS インストレーション・ガイド[翻訳版]』 のインストール後の作業の章 を参照してください。

 

gWLM Agent for OpenVMS 日本語ドキュメント

» 『HP Global Workload Manager Agent for OpenVMS インストレーションおよびユーザ・ガイド』

 
プライバシー ご利用条件・免責事項