日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  History of OpenVMS

VAX製品のあゆみ


VAX-11/780(1977)
VAX-11/780(1977)
VAX-11/730(1982)
VAX-11/730(1982)

製品名/概要

備考

1975 32bit製品 開発提案
1976 VAXプログラムオフィスの開発 Starlet(VMS)プロジェクトスタート
1977 VAX-11/780誕生 DEC最初の32ビット製品
1979 Venusプロジェクト VAX8600プロジェクトスタート
1980 VAX-11/750 LSI技術を採用した業界初の32ビットミニコンピュータ
1981 Gemini/Nautilus(VAXBI)
VAX11/782
プロジェクトスタート
デュアルプロセッサシステム
1982 VAX-11/730 最初のシングルキャビネット型VAX
1983 VAX cluster
Micro VAX I 、VAX-11/725
システムの発表
1984 VAX-11/785
VAX8600、VAX StationI
25,000台のVAXシステムを出荷
1985 Micro VAX II、VAX StationII
VAX8650、VAX Station500
発表
1986 VAX8200、VAX8300、VAX8800
VAX mate、VAX StationII/GPX
VAX8500、VAX8550、VAX8700
VAXBIシステム
1987

VAX8978
VAX8974
VAX Station 2000、Micro VAX 2000、
VAX8250、VAX8350、VAX8530、
Micro VAX 3500/3600、VAX Station 3200/3500

VAX11/780の50倍を誇る
100,000台のVAXを出荷
1988 VAX8840
VAX6210、VAX6220、VAX6230、 VAX6240(SMPタイプの小型機)
4CPU搭載のSMPシステム
VAX6200シリーズの発表
1989 VAX Station3100、
Micro VAX3800/3900、MicroVAX3100
VAX6200・300・400
発表
VAX6000シリーズ/VAX9000シリーズの発表
1990 MicroVAX3100、VAX Station3100-76、
VAX4000-300、VAX6000-400・500、
VAX ft Model 310
発表
フォールトトレラントVAX発表
1991 VAX4000、VAX6000 -Model600
DEC Station5100、VAX4500、
VAX Staion4000、
Personal DEC Station5000
VAX ft 4機種、
15,000台のVAX6000システムを出荷
発表
1992 MicroVAX3130/3140/3180、
DEC Station5133/5240
VAX Station4090、Micro VAX3190
VAX4100 /4400 /4600 /7600 /10600
Personal DEC Station5033
発表
1993 VAX4000-100A/500A/600A/700A、
VAX ft810
発表
1994 Micro VAX3100 Model85、
VAX4000 Model505A/705A、
VAX7000 Model700
発表
1995 MicroVAX3100 Model96、
VAX Station4000 Model96
発表
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項