日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  History of OpenVMS

64ビットAlpha CPUのあゆみ


VAX-11/780(1977)
VAX-11/780(1977)
VAX-11/730(1982)
VAX-11/730(1982)

概要

1988 21世紀に向けてのシステム要件についてのプロジェクト開始
「32bitアドレッシングでは21世紀になる前にアドレスがなくなる」
ことを踏まえてRISCの採用を決定
  1. ハードウェア、ソフトウェアチームによりアーキテクチャ決定
  2. セミコンダクタグループはマイクロプロセッサ及びバイナリトランスレーション技術、
    OSグループは、ULTRIXとVMSのポーティングを、
    コンパイラグループはスーパスケーラコード作成技術のそれぞれの仕様とデザインを決定。
1989 Alphaの開発プロジェクトを正式にスタート
1990 Alpha製品開発プロジェクとを正式にスタート
RISCシリコン(CMOS3)を完成
1992 DECの最初の64bit RISCマイクロプロセッサDEC chip 21064 200MHzを発表
DEC最初の64bit製品DEC3000 Model400・500、DEC4000、DEC7000、DEC9000を発表
Guiness Book of Recordsに世界最速のシングルマイクロプロセッサとして掲載
1994 1BIPSを超えるAlphaチップ21164 300MHzを発表
1995 Alpha21164(BIPSチップ) Alpha21064A
1996 2BIPSを超えるAlphaチップ21164:第3世代Alphaチップ21264発表
400MHz ・500MHz
1997 Alphaチップ21164 600MHz発表
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項