日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS

クラスタ


HP OpenVMS Cluster ソフトウェア

HP OpenVMS は、誕生以来変わらず高可用環境のパイオニアとしての評価を受け続けています。その OpenVMSの開発の歴史の中で最も大きなイノベーションの1つが OpenVMS Clsuter です。

OpenVMS Cluster は最大96ノード、プロセッサー数 3,000 以上をサポートし、事実上 100 パーセントの稼動率を可能にし、 コンピューティング環境のマルチプロセシング能力を強化します。

HP OpenVMS Cluster ソフトウェアは OpenVMS オペレーティング・システムに完全に統合されているソフトウェア・コンポーネントで、 OpenVMS のエンタープライズ・ソリューションで利用されるさまざまな機能の インフラストラクチャとしての役割を果たします。 すべてを共有するシングルシステム・イメージのクラスタ・デザインにより、 ミッションクリティカルなアプリケーションに最大限の拡張性と可用性を提供します。

概要

OpenVMS Cluster ソフトウェアは、 複数のサーバーが高度に統合されたコンピューティング環境によって 高い可用性、拡張性、柔軟性を提供します。 クラスタ環境にはあらゆるサイズおよび能力の システムを接続することが可能で、 管理が容易な単一仮想システムを構築することができ、 アプリケーションを複数のノードで同時に実行することが可能です。 また、あるノードで障害が発生した場合は、 別のノードでシームレスに処理を継続することが可能です。

最新情報

OpenVMS V8.4 では、クラスタ機能に関して次のような拡張が行われています。

  • TCP/IP によるクラスタ通信
  • スケーラビリティの改善
  • 性能の改善

Cluster over TCP/IP
OpenVMS V8.4 では業界標準の TCP/IP によるクラスタ通信をサポートします。 これにより、マルチサイトの OpenVMS Cluster で、 高価な LAN ブリッジやレイヤー2接続サービスによる 専用のシステム通信サービスを使用する必要がなくなります。

すべてのクラスタ通信に TCP/IP を使用することにより、 マルチサイトのクラスタ環境を簡単および低コストで導入できます。

性能と拡張性の強化

  • DLM (Distributed Lock Manager)
    ロック操作の実行に専用の CPU リソースを使用することで、 分散ロックマネージャ (DLM) を利用するクラスタアプリケーションあるいは リレーショナルデータベースの性能が改善されています。

  • PEdriver
    OpenVMS PEdriver は、OpenVMS クラスタでシステム間のクラスタ通信を提供するネットワーク・インターコネクト・システム通信アーキテクチャを実装したものです。 この PEdriver の拡張により、クラスタ通信に複数のチャネルを使用することで、 アプリケーション性能の大きな向上が期待できます。 あるテスト環境では、バックアップ処理で 50パーセント以上の性能向上が見られました。

OpenVMS V8.4 で追加あるいは変更されたクラスタ機能の詳細については、『OpenVMS V8.4 新機能説明書』を参照してください。

日本語ドキュメント

最新版である OpenVMS Cluster V8.4の日本語ドキュメントは以下のとおりです。

OpenVMS Clsuter 日本語ドキュメント

OpenVMS Cluster ソフトウェア仕様書   PDF
OpenVMS Cluster システム HTML PDF
OpenVMS Cluster 構成ガイド HTML PDF

キットおよびライセンス

OpenVMS Cluster ソフトウェアのキットは、OpenVMS オペレーティング・システムとともに提供されます。

OpenVMS Cluster ソフトウェアを利用するためには、 OpenVMS Cluster ソフトウェアのライセンスが必要です。

なお、OpenVMS Integrity の HA-OE (High-Availability OE) には、 OpenVMS Cluster ソフトウェアのライセンスが含まれています。 HA-OE およびオペレーティング環境についての詳細は、下記の情報を参照してください。

» HP OpenVMS オペレーティング環境
» 『HP OpenVMS オペレーティング環境ソフトウェア仕様書』

アーキテクチャ混成クラスタ

HP OpenVMS Cluster は、VAX および HP AlphaServer システム、あるいは AlphaServer および HP Integrity サーバーのいずれかの組み合わせで、アプリケーション、オペレーティング・システム、ストレージ・デバイスが高度に統合された環境です。 サーバーは相互に接続され、また、ビジネス・ニーズに合わせてさまざまな方法でストレージ・コンポーネントを接続することができます。

OpenVMS Cluster

OpenVMS Cluster システムは、高度な可用性、スケーラビリティ、柔軟性を備えた究極のコンピューティング環境を提供します。 OpenVMS Cluster 環境にはありとあらゆる規模および能力のシステムを接続することができ、管理が容易な単一仮想システムを提供します。 OpenVMS Cluster の標準機能で、最大800kmの距離でクラスタ環境を構築することができます。

ご使用のAlphaServer クラスタ環境に Integrity サーバーを導入する方法については、次のホワイトペーパを参照してください。

» HP Integrity サーバーでのHP OpenVMS Cluster のサポート

OpenVMS クラスタ関連資料

»  OpenVMSディザスタ・トレラント・リファレンス・アーキテクチャー
このホワイトペーパーでは、OpenVMSディザスタ・トレラント・アーキテクチャーの構成例を説明しています。

»  マルチ・オペレーティング・システム対応の HP Integrity サーバーで提供する高可用および耐災害環境
このドキュメントでは、 マルチ・オペレーティング・システム対応のHP Integrity サーバーで高可用性および耐障害性がどのように実現されるかを説明しています。 HP Integrity サーバーでサポートしている4 つのオペレーティング・システム(HP-UX 11i,HP OpenVMS,Linux,Microsoft Windows Server)の他,HP Integrity NonStop サーバー環境についても説明しています。

関連ソリューション

以下のようなさまざまなソリューションを利用して、 OpenVMS Cluster の高可用環境をさらに強化することができます。

  • Volume Shadowing for OpenVMS
    Volume Shadowing for OpenVMS は、ストレージ環境の複数のコピーを提供するソフトウェア・ベースのミラーリング機能で、 クラスタ環境における可用性と性能をさらに向上させます。

  • OpenVMS バックアップ・ソリューション
    OpenVMS Cluster 環境における重要なコンポーネントとして、 アプリケーション・データのバックアップおよびリストアのためのソリューションが用意されています。 さまざまなデータ保護ソリューションにより、 アプリケーション・データを柔軟にかつ業務を妨げないで管理することができます。
  • HP Storage ソリューション
    データストレージ・インフラストラクチャとなる、 さまざまなハードウェアおよびソフトウェア・ソリューションを提供しています。
  • OpenVMS Galaxy (OpenVMS Alpha でのみサポート)
    OpenVMS Galaxy は、多くの OpenVMS クラスタ環境で利用されている機能です。 複数の Galaxy パーティションを持つ単一のシステム内で、共有メモリ・クラスタ・インターコネクトを使用し、 それらのパーティションを個々のクラスタ・メンバーとして相互接続することができます。 また、それぞれのクラスタ・メンバーを他のクラスタ・ノードと接続することもできます。

関連情報

» OpenVMS Cluster US サイト

 

プライバシー ご利用条件・免責事項