日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS

クラスタ


クラスタの究極の形態

Tru64 Unixの概要
OpenVMS Cluster
OpenVMS Galaxy

OpenVMS Galaxyは約15年にわたる経験と実績の集大成です。 OpenVMS Galaxyは、OpenVMS Clusterを置き換えるものではなく補完する関係にあります。

OpenVMS Galaxyは負荷分散に「資源移動モデル」(リソースバランシング・モデル)を採用したコンピューティング・ソフトウエア・アーキテクチャです。 CPU、メモリ、ストレージ機器などノードの資源を複数のインスタンス分割し、負荷に応じてインスタンス間で動的に資源を割り当てる「活適性」(ダイナミック・アダプタビリティ)を提供します。「活適性」が提供されている環境では、処理負荷に対応し資源の適応が素早く行われます。これによりシステム資源の無駄を極限まで減らし、TCO削減に貢献します。

現在のシステム障害の多くはソフトウェアに起因していますが、 OpenVMS Galaxyでは各インスタンスで独立して処理が行なわれるため、ひとつのインスタンスに異常があっても他のインスタンスで処理を継続でき、ソフトウェア面からより高い可用性を1台のシステム内で実現できます。またひとつのアプリケーションを複数のインスタンスに分割して同時に実行したり、負荷の重い処理に対し動的に多くの資源を利用することができるので、 SMPの処理性能をより無駄なく利用でき高度なスケーラビリティを実現することが可能となります。
 
OpenVMS Galaxy

OpenVMS Galaxyの特長


OpenVMS Galaxyは、以下のような特長があります。

「活適性」(ダイナミック・アダプタビリティ)の実現

システムの資源(CPU、メモリ、ストレージなど)を複数のインスタンスに分割し、負荷の重さに応じてインスタンス間で動的に処理を移動することが可能。この処理の移動は自動でも手動でも可能です。Galaxy V1.0ではCPUのみ移動が可能です。

ソフトウェア可用性を向上

各インスタンスは独立して稼動するため、ひとつのインスタンスに異常があっても他に影響することがなく、ノード全体の障害につながることはありません。したがって1台のノード上でより高度な可用性を実現することができます。

スケーラビリティを向上

アプリケーションをインスタンスに分割することにより大規模SMPで処理しているのと同様な効果を持たせたり、資源の動的な移動や共有メモリの設定により、負荷に応じてスケーラブルな処理能力を利用することができます。

柔軟な構成が可能

OpenVMS Galaxyは利用形態に合わせて以下のように柔軟に構成することができます。

  • 無共有モデル
    各インスタンスは完全に独立しており、別々のオペレーティング・システムで稼動可能です。

  • 部分共有モデル
    各インスタンス間に共有メモリを設定した構成であり、OpenVMSでのみ構成可能。異なる環境下のアプリケーションのデータ共有と通信を高速に行うことが可能です。

  • 完全共有モデル
    各インスタンスをOpenVMS Clusterとして設定します。これにより、 1台のハードウェア上でクラスタ構成をとることができるようになります。インスタンス間のクラスタ通信に共有メモリを使用するので、メモリのI/O速度でクラスタ間通信が行われます。またディスク/テープなどのストレージの共有やバッチ/プリント・キューの共有も可能になります。 Galaxy-Cluster内でのジョブのフェィルオーバーもできるようになります。

その他のOpenVMS Galaxyの情報


OpenVMS - High Availability/Disaster Tolerance USサイト
  Alpha 21364プロセッサ(EV7)サポート、ポーティング、FAQ等があります。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡