Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS

HP OpenVMS

OpenVMS 誕生 30 周年

コンテンツに進む

はじめに

» 過去

» 現在

» 将来

» プレゼント

Life begins at 30!

2007年10月25日,HP OpenVMS オペレーティング・システムが VMS V1.0 として世に出てから30周年の節目を迎えました。 この 30 年間に 3 つのハードウェア・プラットフォームで実績を重ね,OpenVMS はより優れたオペレーティング・システムへと成長し,さらに将来に向けて着々と進化しています。

VMS V1.0 のリリース以来,OpenVMS は世界中の重要なアプリケーションを支えてきました。 たとえば、

  • 何兆ドルもの金融トランザクションを処理してきました。
  • 世界中を飛び交うテキスト・メッセージの3分の2以上を送信してきました。
  • 鉄道網の安全を維持し,時刻どおりの運行を支えてきました。
  • 発電所からの電力の供給を支えてきました。
  • 病院の運営を支え,そこで使用される臨床システムを稼動させてきました。
  • 米国政府と軍の活動を支援してきました。
  • 世界中で生産されるマイクロプロセッサーの約90パーセントの製造を制御してきました。

現在 OpenVMS は,最新の HP Integrity ブレード・サーバーを含め,先進テクノロジーを搭載した HP Integrity サーバー・シリーズで稼動します。

このサイトでは,HP OpenVMS オペレーティング・システム,そのアプリケーション,そして最も重要である OpenVMS ユーザーの皆様の,過去,現在,そして未来をお祝します。

OpenVMS: the future is secure
» 30周年を迎えた OpenVMS の概要および今後の戦略について説明したホワイトペーパー (PDF)

OpenVMS firsts

OpenVMS の歴史には,以下のようないくつかのすばらしい業績が含まれています。
  • 高いスケーラビリティを備えた初めてのオペレーティング・システム— 元 Digital および Compaq の Windows NT および OpenVMS Systems グループの副社長である Wes Melling によると, OpenVMS は,同一システムでデスクトップからデータセンタまでをカバーするのがいかに実用的かを証明し,クラスター化されたシステムがメインフレームあるいはフォールト・トレラント・システムを超えるレベルの可用性を達成することを実証した最初のオペレーティング・システムです。
  • 米国初の VAX-11/780 システム—1977年,米国で最初の VAX-11/780 システムがカーネギーメロン大学に納入されました。
  • エラー訂正コードが組み込まれた初めてのシステム・メモリ—1977年,VAX-11/780 は,そのメモリ・デザインにエラー訂正および検知コード (ECC) を組み込んだ最初のシステムでした。
  • 初めてのコンピュータ化されたリモート診断施設—1977年,Digital は業界で初めて,コンピュータ化されたリモート診断のための施設としてコロラド州コロラド・スプリングスに Digital Diagnosis Center (DDC) を開設しました。
  • ヨーロッパ初の VAX 11/780 システム—1978年,ヨーロッパで最初の VAX 11/780 システムが スイスの CERN とドイツのマックス・プランク研究所に納入されました。
  • ソフトウェア・アップデートの初めてのリモート配信—1983年,Digital のコロラド・スプリングの施設で,業界で初となるソフトウェア・アップデートのリモート配信が始まりました。
  • 初めての音声出力—1983年,主要なコンピュータ・メーカーが提供する初めてのデバイスとなる,RS232C ターミナル・ポートから ASCII テキストを受け取りそのテキストを印字する代わりに音声で出力する装置,DECtalk をスティービー・ワンダーが導入しました。
  • インターネット・ドメインを取得した最初の企業—1985年,Digital はインターネット・ドメインを取得した最初のコンピュータ企業となりました。 そのドメイン dec.com は現在も有効ですが,現在は HP.com Web サイトにリダイレクトされています。
  • 初めての電子機器リサイクル処理—1996年,使用済み電子機器のリサイクルおよび廃棄を行うために,ニューハンプシャー州 Contoocook にある Digital のリソース・リカバリ・センターがいち早く環境に責任を持つ施設となりました。 Digital は年間 3000万ポンドの電子機器廃棄物を処理し,そのうちごみ廃棄場に送ったものは1パーセントにも達しませんでした。

30周年記念ゲストブック

» ゲストブックを見る (US)
» OpenVMS ストーリを送る (US)

関連サイト

» OpenVMS.org (US) — システム管理者,開発者,データベース管理者,技術部門のマネージャに HP OpenVMS に関連する最新の業界ニュース,イベント,リンクを紹介するための Web サイト。 このサイトは独立組織が運営するもので HP とは関係ありません。
» OpenVMS on Wikipedia (US) — OpenVMS に関する Wikipedia の記事
» OpenVMS on ウィキぺディア — OpenVMS に関する Wikipedia の記事(日本語)
» OSdata on OpenVMS (US) — OpenVMS に関する大学レベルの紹介
» Alpha: The History in Facts and Comments (US) —Alasir Enterprises による VAX および Alpha の歴史。 Alpha 関連のプレスリリースと発表記事 がアーカイブされています。
» Gorden Bell's personal history site (US) — Gordon の Digital Equipment Corporation (DEC) サイバー・ミュージアムで, Digital の最初の 35 年を紹介した 266 ページの本 "Digital at Work" が紹介されています。
» As OpenVMS nears 30, users dredge up videos from DEC's heyday (US) — 2007年8月13日の Computerworld の記事。
» VAXMAN (US) — おそらく世界で一番熱い VAX のファン。ドイツのフランクフルトの VAX ミュージアムが紹介されています。
» Voronezh School No.1 (US) — "OpenVMS は難しくない" というモットーを掲げているロシアの OpenVMS サイト。

 

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項