Jump to content
日本-日本語

HP Integrity NonStop サーバー

 製品 
 サポート 
 ソリューション 

Java - NonStop Servlets for JavaServer Pages(NSJSP)

Content starts here

業界標準のApache Tomcatを移植、それがNonStop Servlets for JavaServer Pagesです

今日のWebアプリケーションは、Java Platform Enterprise Edition (Java EE) 準拠のJava ServletおよびJavaServer Pages APIに基づいたアプリケーションが主流となり、そのアプリケーションの稼働にはWebコンテナと呼ばれる実行環境が必要となります。

そこでNonStopサーバーではWebコンテナとして業界標準となるApache Tomcat (Tomcat)を、NonStop Servlets for JavaServer pages (NSJSP)として、NonStopアーキテクチャに最適に移植しています。NSJSPのバージョンは、下表の通り規準となるTomcatのバージョンに合わせて、それぞれのバージョンをリリースしています。

Apache Tomcatバージョン NSJSPバージョン サポートJavaバージョン
6.0(Servlet 2.5/JSP 2.1/EL 2.1) 6.0 Java SE 5以降
7.0(Servlet 3.0/JSP 2.2/EL 2.2) 7.0, 7.1※ Java SE 6以降

※最新のNSJSP 7.1では従来の32ビット用に加えて新たに64ビット用として提供され、エンタープライズ向けアプリケーションに要求される大容量のメモリー空間利用もサポートしています。

最新情報

NSJSPの特長となる3つのキーワード

  • 標準
  • 最適化
  • 連携

キーワード(1)標準

NSJSPは業界標準のTomcatをWebコンテナとしてご利用いただけます。

Webアプリケーションを新規で開発するケースだけでなく、他プラットホームで既に稼働している既存アプリケーションの移行においても、標準のWebコンテナであることがアプリケーションをホスティングする最大の特長となります。

キーワード(2)最適化

NSJSPは実装の段階で最適化しています。

他プラットホームでTomcatをWebサーバー(Apache httpd)と連携するケースでは、通常WebサーバーとTomcat間の通信はAJPによるTCPソケット通信を利用します。NonStopサーバーでは、NonStopサーバー専用Webサーバー(iTP WebServer)とNSJSP間の通信がシステムローカルでのプロセス間通信となるため、その間の通信をTCPソケット通信からNonStopサーバー共通のプロセス間通信(IPC)に置き換えることで最適化しています。

NonStopサーバー共通のプロセス間通信に置き換えたことにより、NSJSPではTCPソケット通信のための待ち受けポートを必要としません。さらにNonStopサーバーでは、冗長化されたロードバランサーのような外部のネットワーク機器を利用することなく、Webサーバーに1つのIPアドレス/ポートの組み合わせにおいて、複数のWebサーバープロセス間で共有することが可能です。しかもWebサーバーとNSJSPを、どちらも複数のプロセスによる冗長化した構成が、一組の設定ファイルに定義するだけで実現しています。

またNSJSPの複数プロセスに対する負荷分散は、NonStopサーバー共通のプロセス間通信機能にて最適なプロセスに送信されますが、複数のWebサーバープロセス間においてもHTTPリクエストをラウンドロビンで受信する(ラウンドロビン・フィルタリング機能)ことによって、NonStopサーバーのリソースを効果的に活用しています。

キーワード(2)最適化

キーワード(3)連携

NSJSPはオリジナルのTomcatを機能拡張して、NonStopサーバーの様々な機能と密接に連携しています。

拡張機能 目的
iTP WebServerとの統合 NonStopサーバー専用Webサーバーとの通信を可能にします
NonStop TS/MPとの統合 Tomcatに可用性、拡張性を付加します
NSJSP Manager 管理用Webアプリケーションを提供します
セッション情報の格納オプション NonStop SQL/MXデータベースの操作を軽減します
アプリケーション・ログファイルの統合 Webアプリケーション単位で出力するログファイルを統合します
NSJSP用ログハンドラーおよびフォーマッター EMS※へメッセージを出力します
セキュリティ・オプション セキュリティ機能Safeguardと連携します

※EMSはEvent Management Serviceの略称で、NonStopサーバーにおけるシステムのイベントログ管理を行い、例えばUNIX系OSにおけるsyslog相当のサブシステムです。

ご相談窓口

※機器のお見積については、代理店、または弊社営業にご相談下さい。


 このページのトップへ戻る
Intel、インテル、Intelロゴ、Itanium、Itanium Inside、Xeon、Xeon Insideは、アメリカ合衆国およびその他の国におけるIntel Corporationの商標です。