Jump to content 日本-日本語

製品 > ソフトウェア

HP NonStop OS

HP Integrity NonStop サーバー

アドバンテージ
コンテンツに進む
システム担当者様が抱える悩みを解決!HP NonStopソリューションセミナー開催中!!

HP NonStop OS 無停止型超並列アーキテクチャーのための基盤ソフトウェア
 

HP NonStop OSは、疎結合マルチCPU構成をベースとした、“無停止型超並列アーキテクチャー”をサポートするHP Integrity NonStop サーバー専用OSです。HP NonStop OSは連続可用性、直線的性能拡張性、データ整合性保障機能、UNIX/Linux互換インターフェイスのサポートといった特徴を有しており、ビジネス・アプリケーションに対する理想的な基盤を提供します。

HP NonStop OSアーキテクチャー

HP Integrity NonStop サーバーは、独立したメモリを持った複数のプロセッシングユニット(CPUブレード)をServerNet技術(高速システムエリア内ネットワーク技術。詳細は後述)によって接続したHW構成で成り立っています。その全体を統合されたシングルシステムとして動作させるため、各CPUブレードのメモリにはHP NonStop OSのコピーが稼動し、相互に通信を行っています。(図1)

図1

上図は、3枚のCPUブレードが強調処理を実施していることを表現しています。CPUブレードは、物理的にはマイクロプロセッサー(Itaniumチップ)とメモリを実装した電気的に独立している1枚のボードを意味しており、HP Integrity NonStop NBシリーズではブレード筐体そのものになります。

HP NonStop OSは、各CPUブレード上に稼動するコア部分(マイクロカーネル)と、数多くのシステムプロセスから成り立っています。分散したHWリソースを活用して並列処理を実行するため、ディスクやEthernetなどをアクセスする機能はプロセスとして実装され、デバイスが割り当てられたCPUブレードに必要に応じて起動されます。
HP NonStop NB50000c CPUブレード
それらのプロセスは、HP NonStop OSのコア機能に実装された、メッセージシステムと呼ばれるデータ交換機能によって、その位置を意識することなく自由にアクセスすることができるようになっています。

ユーザーアプリケーションは他の一般的なプラットフォームと同様に、ディスクファイルをアクセスし、ネットワーク通信を行い、アプリケーションプロセス同士で通信を実行しますが、実際のアクセスはメッセージシステムによって転送され、並列処理が実行されるのです。

HP NonStopソリューションセミナーでシステム担当者様が抱える問題解決策が体験できます!

日頃抱えている業務継続性に対する悩み・疑問を紐解いてみませんか。HP NonStopソリューションセミナーでは業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策を実体験していただきます。ぜひお申し込みください。


ご相談窓口

※機器のお見積については、代理店、または弊社営業にご相談下さい。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。

Executive Briefing Center


印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項