Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

VCA: Version Control Agent

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
■-■-04
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。
 Version Control Agentは、サーバにインストールされている各種ソフトウェアのバージョン管理を支援するマネジメントソフトウェアです。

本ソフトウェアの紹介

 サーバにインストールされるのは OSだけではありません。各種ドライバ、管理エージェント、管理ツール、システムのファームウェア等があります。kernelだけでなく、これらのモジュール全ても最新に保つ事が、システムを安定稼動させるのに必要な作業です。

 これらモジュールのリリース形態には様々なパターンがあります。OSに含まれているもの、HPの SoftPaqサイトから個別に提供されるもの、PSP(ProLiant Support Pack)として複数の RPMパッケージが一括して提供されるもの等、様々です。

 VCAはこれらのチェックと、最新バージョンのダウンロードの自動化を行います。
VCA and VCRM

機能紹介

VCA
 稼動中のシステムで利用可能なモジュール一覧が表示されます。
VCA
 実際に導入されているバージョンと最新バージョンの対応状況が一括表示できます。
VCA
 最新バージョン情報を管理するレポジトリサーバに対し、必要なモジュールの自動ダウンロードを行わせる事が可能です。

VCA, VCRMの構成の詳細について

 VCAを利用するには、VCAに対してバージョンコントロール情報を配信する VCRM(version control repository manager)サーバが別途必要になります。 VCA, VCRMシステム構成の詳細な情報、Systems Insight Managerとの連携に関しては、サイト外リンク導入する前のワンポイントアドバイスをご参照ください。

技術情報について

 動作可能な環境情報、技術情報、バイナリのダウンロード、インストール方法等は、サイト内リンクこちらをご参照ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項