Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

FAQ: Linux ソリューション

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む

バックアップソフトウェア - Mondo Rescue

リカバリイメージが DL385G5pで起動しないが?
   本機でリカバリイメージを CDブートする際に必要な sata_svwドライバが足りなかったため起動に失敗しており、v2.2.9.2で追加されています。
24-NOV-2010
Mindiとは何か?
   Mondo Rescueでリカバリーする際に利用する Mini distributionで、メモリと CDイメージだけで稼動するレスキュー CDの役割を果たします。この Mindi Linuxは Mondo Rescueでバックアップする際の HDD上にある kernelやライブラリを吸い上げて利用します。これにより、kernelの違いによるハードウェアサポートの差異について基本的に気にする必要が無い事を意味します。
07-DEC-2010

バックアップソフトウェア - NetVault

NetVaultを利用すると tarが利用できなくなるが?
   NetVault利用後に tarや dumpが利用できなくなります。これは NetVaultがデバイスの設定に可変長ブロックサイズから固定長ブロックサイズに変更しているために発生する仕様となります。DDS4 Autoloaderの場合、backup/restoreのいずれかの操作をした後に、Ultrium 230/460では NetVaultのサービスを起動している場合に発生します。tar, dumpの利用をしたい場合、TAPEの機種に関係なく下記の方法で回避可能です。
#/etc/init.d/netvault stop(もしくは #/usr/netvault/etc/startup.sh)
#mt -f /dev/st0 setblk 0
再度 NetVaultを利用する際には、下記の手順で NetVaultのサービスを起動してください。
#/etc/init.d/netvault start (もしくは #/usr/netvault/etc/startup.sh start)
08-MAR-2005
FAQインデックス: Linux ソリューション
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項