Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

FAQ: ソフトウェア、管理ツール等

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む

SPP(Servicer Pack for ProLiant) - SPPメディア自体関連のみ

USB Key Utilityとは?
   Service Pack for ProLiant(SPP), Intelligent Provisioning(IP)のリカバリメディア等の isoイメージを USB-key上から起動可能とする Windows x64専用ユーティリティです。syslinuxを利用して isoイメージを起動可能にするよりも簡便です。isoイメージは 1GBより大きなものもサポートします。USB-keyは 32GB迄の容量に対応しています(32GB超デバイスはユーティリティ内でリストされません)。SPPの ISO:/usb/hpusbkeyに配置されています。
11-DEC-2015
ダウンロード時にカスタム化するには?
   Service Pack for ProLiant(SPP)の入手時にカスタムダウンロードが利用可能になり、ダウンロード時とデプロイ時のサイズと時間の短縮化が可能です。含めたいパッケージを個別に取捨選択したり、MSB(maintenance support bundle)、SPP Hot Fix、OS Supplementを含める事が可能です。ISOイメージからの起動も BIOS, UEFIの両モードに対応します。詳細はサイト外リンクwww.hpe.com/servers/spp/customから。
06-OCT-2016
オフライン版 hpdiagsがないが?
   Service Pack for ProLiant(SPP)の ISOメディアからシステムを起動した際の、オフライン版 Insight Diagnostics(hpdiags)のサポートは 2017.04が最後のバージョンとなります。 Production(現行製品 - Gen9, Gen10向け)版としてリリースされた最初の SPPとなる 2017.07以降には同梱されていません(画像リンク2017.10.1)ので、ProLiant Gen9の場合には UEFIユーティリティ内のハードウェア診断ツールを利用してください。なお、ProLiant Gen10では hpdiagsのサポートは online, offline共に提供されていませんのでご注意ください。
 ProLiant G7, Gen8向けの Post-Production版となる SPP G7.0版、Gen8.0版には、従来同様にオフライン版 Insight Diagnosticsが同梱(画像リンクGen8.0)されています。
04-DEC-2017
FAQインデックス: ソフトウェア、管理ツール等
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項