Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

FAQ: ソフトウェア、管理ツール等

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む

SIM(Systems Insight Manager)

SIMをアップグレードしても #rpm -qaでのバージョンは変わらないが?
   例えば SIM5.0 Update1キットを利用して初期インストールを行った場合には #rpm -qaによるバージョンと実際に導入されているバージョンは一致しますが、既存の SIMをアップグレードした 場合、RPMパッケージではなくアップグレード用ツールを利用しているため #rpm -qaで表示されるバージョンはインストール時のバージョンがそのまま表示されます。実際に導入されている SIMのバージョンを確認するには mxversionを利用してください。
#/opt/mx/bin/mxversion
Systems Insight Manager 5.0 with Update 1 - Linux C.05.00.01.00(2006-01-05 16:27)
10-OCT-2006
SIMにトラップが飛んできているのに表示されないが?
   NICポートが複数あるサーバの IMAから SNMPトラップを飛ばす際、パケットに記述される agent addressと SIMに登録された addressが異なる場合があります。 SIMはこの2つが一致しているかチェックしています。このチェックに引っかかっているかどうかを サイト内リンクデュアルホーミングだと trapが飛ばないが?に記載してある`trapIf`で `eth0`を指定してある事を確認してください。
21-OCT-2008
IMAからのトラップを複数の SIMで受ける事ができるか?
   監視対象とするサーバの snmpdの設定でトラップの飛ばし先を複数指定する事が可能です。但し、SIMはパケット内の agent addressと UDPの送信元 IP addressの比較をしていますので、監視対象とするサーバの同一の NICポートから送信する必要があります。これは、監視対象サーバのNICの複数のポートがある場合、ポート別にトラップを飛ばしても SIMでは受ける事が出来ないと云う事を意味しています。複数ある SIMが Ethernetの別セグメントに設置されている場合、パケットを目的の segment向けにルーティングしてください。
22-OCT-2008
SIMが利用するMIB定義ファイルはどこにあるのか?
   SIMが利用するMIB定義ファイルは /opt/mx/mibs/下に'*.mib'として存在します。なお、同ディレクトリにある拡張子のみ異なる'*.cfg'ファイルは、 SIMデータベースに MIBをロードできるよう、 MIB定義ファイルを変換したものです。
29-OCT-2008
SIMはどこでダウンロードできるのか?
   Systems Insight Managerは v7.0より単体でのダウンロードはできなくなりました。Insight Management DVDに同梱されてリリースする様に変更されています。ダウンロード先は従来のダウンロードサイトではなく HP Passportでの登録が必要なサイト外リンク専用サイトに変更されています。

[12-JAN-2017] MIB単体での提供が HPE Passportが不要な形でサイト外リンクこちらから提供されています。
06-JUL-2012, revised 12-JAN-2017
Gen8を管理するにはどのバージョンが必要か?
 SIM v7.0以降より iLO4の agent-lessモード、AMSモードによる管理が可能になっています。
10-AUG-2012
FAQインデックス: ソフトウェア、管理ツール等
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項