Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

FAQ: ソフトウェア、管理ツール等

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む

iLO4: Agentless Management, Agenetless Management Service

iLO4搭載機種に IMAを導入する意味はあるか?
   iLO4での agent-less構成で監視した場合、NICのリンク監視ができません(AMSモードなら可)。また、OS経由での情報として /proc等の情報やファイルシステム利用量等の情報を拾う場合には IMAの導入が必要となります。また、NIC以外にも Fibre Channel等の一部デバイスも agent-lessでは拾う事ができません。また、/var/log/messagesに障害ログを記録する事もできません。あくまで iLO4の agent-less監視モードは OSに一切依存しない監視構成となります。システムの監視したいデバイス状況、障害状況の取得方法を考慮し、監視方法を決定してください。

[2013-APR-08] iLO4 v1.05と hp-amsの組合せにより /var/log/messagesへの記録が可能になりました。SmartArray関連は iLO4 v1.10から記録可能です。
11-MAY-2012, revised 08-APR-2013
iLO4で監視する場合、OS側の snmpサービスは必要か?
   iLO4の agent-less構成でハードウェア監視を行う場合、 OS側にはインストールする必要はありません。iLO4自身が SNMP Trapの発報を行います。
14-MAY-2012, revised 15-MAY-2012
iLO4で RHEV-Hを稼働させているハードウェア監視は可能か?
   可能です。iLO4の agent-less構成での監視は OSに依存しませんので、OS側の改変が基本的に行えない RHEV-Hや組込みシステム等に最適な障害監視ソリューションです。
16-MAY-2012, revised 31-MAY-2012
iLO4が検知した障害を mailで通知できるか?
   iLO4自身はメール送信機能を内包していませんので、iLO4の機能だけでは実現できません。障害時の mail送信は別途、IMAの導入が必要です。もしくは SNMP Trapを受ける SIM(Systems Insight Manager)等の管理サーバからメールを発報させる必要があります。
17-MAY-2012
iLO4が送信した SNMP Trapを受けるにはどうすればいいか?
   snmptrapdで受信する事が可能ですが、そのままでは logに記録されるだけとなります。Linux標準のソフトウェアだけで行うには traptoemailと連携する等のある程度の作り込みが必要になります。もしくは Zabbix等の管理ソフトウェアの利用が便利です。HPとしては、弊社が無償提供している SIM(systems insight manager)の利用を推奨します。SIMを利用する事により、HP製サーバだけでなく様々なシステムの統合監視が可能となります。また、SIMの一部として提供されている MIB kitを Zabbix等に MIB compiler等で取り込む事により、受報したトラップの内容を説明表示させる事が可能です。
24-MAY-2012, revised 01-OCT-2012
iLO4が検知した障害を logに記録できるか?
   iLO4のみでハードウェア監視を行う agent-lessモードでは障害情報を /var/log/messagesには記録しません。hp-amsを OS上で稼働させる AMS(agent-less management service)モードで実現可能です。この場合 iLO4のファームウェアは v1.05以上、hp-amsのバージョンは PSP v9.10に同梱されている v1.1.0-604以降が必要となります。

 なお、この AMSモードは全てのハードウェア障害を記録できる訳ではなく、SmartArray関連の障害情報は記録できません。このため、ログに記録された特定の文字列で障害監視を行うには、従来通り IMAを一式導入する必要があります。

[2013-APR-08] iLO4 v1.10より SmartArrayの障害も記録可能になりました。ちなみに、数秒程度で障害情報が記録される他のデバイスとは異なり、SmartArray関連の障害は 40秒程度掛かります。
15-JUN-2012, revised 08-APR-2013
hp-amsと IMAを同時稼働させる意味はあるのか?
   障害監視を行うデバイスやログ記録が必要か否かにより hp-amsや IMAの必要度合いが変わります。

・agent-lessモード(iLO4のみでの監視)
OS上に一切の管理エージェント等を導入したくない場合
- 障害情報の OS上へのログ記録が不要な場合*
IMAや hp-amsが提供されていない FreeOSを利用する場合
NICの障害情報取得が不要な場合
HPCコンピューティングの様に CPU処理を障害監視に利用したくない場合
IMAでは監視できないデバイス(SmartBattery)*

・AMSモード(hp-ams稼働)
NICの障害情報を取得したい場合
SATA直結ストレージや FCストレージ等の利用で SmartArrayを利用しないため障害情報の OS上へのログ記録が限定的で構わない場合
IMAを OSに導入したくない場合
iLO4専用 IPではなく、ホスト名を SIMへ引き渡したい場合
iLO4だけでは取得できない OS情報を SIM(Systems Insight Manager)に引き渡したい場合
hp-amsでしか情報を取得できないデバイス(SmartBattery)

・AMSモード+IMAの一部稼働
SmartArrayの障害情報を OS上へのログに記録したい場合*

・IMAのフル稼働
従来通りハードウェア障害のログを記録したい場合*
多岐に渡るデバイスの障害情報を取得したい場合
障害発生時に mailを送信させたい場合*

* iLO4の新しいファームウェアで対応しました。詳細はサイト内リンク製品ページをご覧ください。
25-JUN-2012, revised 20-MAY-2015
AHSログを取得する方法は?
   ハードウェア障害が疑われる場合、HPのサポートチームに AHSログを送付し解析依頼を行う必要があります。システムの稼働中に AHSログを取得する方法としては、iLO4の WEB I/F経由で取得する方法と、AHSdownload CLIツール(サイト内リンク技術文書)を利用して取得する(iLO v1.15以降が必要)方法があります。オフラインでの取得は POSTから Intelligent Provisioingを起動して入手が可能です。

[2015-OCT-14] ProLiant Gen9のファームウェア v1.40(05/06/2015)から RBSUの Embedded Applications ⇒ Active Health System Logもしくは、Sytem Health ⇒ Download Active Health System Logと、RBSUの Embedded Application ⇒ UEFI Shellでの ahsdownloadコマンドで AHSログの採取が可能になりました。どちらの方法も UEFI, Legacy(BIOS)モードで利用可能です。
13-AUG-2012, revised 14-OCT-2015
使っていない NICポートが障害扱いになるが?
   hp-amsは起動しているネットワーク I/Fを監視しますので、利用しない I/Fは停止する必要があります。例えば、Ethernetポートを 1ヶしか利用しない場合、eth0以外の I/Fは停止し #ifconfigで表示されない様に設定する必要があります。

[2014-SEP-12] #ifconfig|grep ethで認識可能な NICポートは iLO4の WEB I/F上では `OK`として表示され、一度ケーブルが接続され link upした NICポートが後に link downに変化した場合に `リンクダウン`と表示されます。#ifconfig|grep ethで認識されない NICポートは iLO v1.20/1.30では `その他`として表示されていましたが、iLO4 v1.51では `不明`と表示されます。
24-SEP-2012, revised 12-SEP-2014
hpiloを v1.3にする必要性は?
   hpilo v1.3より通信可能なインターフェース数が増加しました。これにより hp-amsと IMAを同時稼働させる際の sub-agent数の制限が無くなります。インターフェース数の指定は /etc/modprobe.d/hpilo.confの options hpilo max_ccb=16としてデフォルト記載されます。詳細は #man hpiloをご覧ください。
06-NOV-2012
iLO4がサポートする MIB一覧はどこにあるのか?
   ホワイトペーパー `Linux Best Management Practice`の SNMP elements supported by HP AMSセクションに iLO4の agent-lessモードと hp-amsを利用した AMSモードがサポートするリストが記載されています。詳細はサイト内リンクLinux関連 Whitepaperをご覧ください。
07-NOV-2012
iLO4の agent-lessモードでの CPU負荷はどの程度減ったのか?
   従来のソフトウェアベースである IMA(Insightm Management Agent)に比べ、iLO4の agent-lessモードは CPU処理サイクルの 95%を iLO4側で受け持たせます。このため CPU負荷を障害監視のために極力利用したくない HPC環境でも導入の敷居が低くなっています。
08-NOV-2012
Dynamic SmartArrayモードは agent-lessモードで監視可能か?
   iLO4の agent-lessモードで Dynamic SmartArrayの監視が可能です。但し、hpvsaドライバが稼働している必要があります。即ち、SATAのモードを RAIDモードにしていても、間違って hpvsaドライバを利用していない場合には監視できません。また、SATAのモードを AHCIや Legacyモードにしている場合にも監視できません。
09-SEP-2013
HBAモードの状況の確認は WEB I/Fから可能か?
   SmartArray P440arを HBAモードにした場合でも、iLO4の WEB I/Fにあるストレージ情報で `物理ビュー`で状況確認は可能です。但し、P440arの RAIDモードとは異なり、HDD等を抜いた場合には、物理ビューからはデバイス自体が削除されますので、抜く前の情報は分からなくなります。
09-MAR-2015
/etc/init.d/hp-amsが無いが?
   Red Hat Enterprise Linux 7向けの hp-amsは v2.1.1より systemdに対応したため従来の制御スクリプトである /etc/init.d/hp-amsはなくなりましたので、#systemctlで制御する事となります。SUSE Linux Enterprise Server 12向けの hp-amsはリリース当初から systemdに対応していたため当該ファイルは存在しません。なお、#serviceコマンドによる制御は従来通り利用可能です。
15-JUL-2015
hotplug NVMeデバイスの確認は WEB I/Fから可能か?
   iLO4の v2.40の agent-lessモードでは、WEB I/Fの `システム情報` ⇒ [温度]で `Exp Bay Drive`として温度情報が表示されます。また、[デバイスインベントリ]では `NVM Express Controller`と `Express Bay X Switch Card`がリストされます。
 hp-ams v2.4.0を稼働させた AMSモードでは hotplug NVMeデバイスの NANDの疲弊状況変化に対し cpqIdeAtaDiskSSDWearStatusChangeの値を変化させます。
11-MAY-2016
AHCIデバイスの確認は WEB I/Fから可能か?
   従来、iLO4の WEB I/Fの `システム情報` ⇒ [ストレージ]では Dynamic/SmartArrayとその配下のデバイスだけがデバイスステータスの取得対象デバイスでしたが、iLO4 v2.10以降と hp-ams v2.1.0以降を稼働させた AMSモードに於いて AHCIコントローラと SATAデバイスの情報が表示される様になりました。対象となる構成は、ProLiant Gen8の SATAコントローラが AHCIモード構成の場合と、ProLiant Gen9の AHCIモード構成の場合です。
25-MAY-2016
FAQインデックス: ソフトウェア、管理ツール等
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項