Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

過去のFAQ: ソフトウェア、管理ツール等

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む

RSO: Recovery Server Option

同時に HDDへアクセスする事はないのか?
   2台のサーバが SACS(SmartArray Cluster Storage)へ同時にアクセスする事はありません。各 ProLiantサーバは SACSに対して、別々の SCSI busで接続されています。primary側の cpqssdを #killし、primary側を起動したままにしておいても、recovery側に制御が移行する時点で、SACSの SCSI busへのアクセス権も recovery側に切り替わります。
 
 例えば、DIGITAL Cluster for NTの様な SCSIの portドライバでのアクセスブロッキングと SCSIの reserveコマンドで相手サーバの存在確認を行う等のソフトウェア方式とは異なり、ハードウェアレベルでの制御を行っています。
03-OCT-02
どうしても MAC addressを一緒にしたいが?
   USB-FDをサポートしているディストリビューションに於いては /dev/sdaとしてあたかもローカルの FDであるかの様に扱う事が可能です。現時点に於いて Linuxで安定動作が可能なのは読込みに関してのみであり、書込みに関しては動作を保証しません。
03-OCT-02
毎回 kudzuが起動するが?
   RIB-LOE/2を primary側にだけ装着している場合、サーバが切り替わる度に kudzuが起動します。これは kudzuが primary側である ProLiantに装備されている RIB-LOE/2の videoコントローラと secondary側の ProLiant本体に装備されている videoコントローラが異なる場合に発生します。
 kudzuが自動で起動するシステム環境であっても、RSOでサポートされている ProLiantが装備している videoコントローラと RIB-LOE/2の videoコントローラは共に ATI Mach64 XFree86 Serverを利用するため、Linux側で設定を変更する等の作業は特に不要です。但し、ProLiant本体が装備する video memory容量と RIB-LOE/2が装備する video memory容量が異なる場合には、少ない方の video memory量迄の解像度で運用してください。
 kudzuは起動時に一定時間表示されるだけで無視しても構いませんが、起動時間の短縮化のため kudzuの起動をさせてくない場合 #chkconfig --level 2345 kudzu offを行ってください。
03-OCT-02
旧版からのアップグレード方法は?
   v1.0.0-12のインストーラは旧版が導入されているかのチェック(This installed application is NEWER than the available application on the CD.. Upgrade it? [y/n])を行っていますので、そのまま v1.0.0-12を上書きインストールする事で、アップグレードが可能です。
28-AUG-03
過去のFAQインデックス: ソフトウェア、管理ツール等
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項